Congratulations!

[Valid RSS] This is a valid RSS feed.

Recommendations

This feed is valid, but interoperability with the widest range of feed readers could be improved by implementing the following recommendations.

Source: http://blog.heartfield-web.com/xml-rss1.php

  1. <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><rss version="2.0"
  2. xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/"
  3. xmlns:wfw="http://wellformedweb.org/CommentAPI/"
  4. xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
  5. xmlns:atom="http://www.w3.org/2005/Atom"
  6. xmlns:sy="http://purl.org/rss/1.0/modules/syndication/"
  7. xmlns:slash="http://purl.org/rss/1.0/modules/slash/"
  8. >
  9.  
  10. <channel>
  11. <title>Heartfield</title>
  12. <atom:link href="https://blog.heartfield-web.com/feed/" rel="self" type="application/rss+xml" />
  13. <link>https://blog.heartfield-web.com</link>
  14. <description>What’s so bad about feeling good?</description>
  15. <lastBuildDate>Thu, 04 Apr 2024 02:08:38 +0900</lastBuildDate>
  16. <language>ja</language>
  17. <sy:updatePeriod>hourly</sy:updatePeriod>
  18. <sy:updateFrequency>1</sy:updateFrequency>
  19. <generator>https://wordpress.org/?v=6.5.2</generator>
  20. <item>
  21. <title>WordPressでAmazon PA-APIを利用する - アソシエイト用の画像を表示</title>
  22. <link>https://blog.heartfield-web.com/tips/wordpress-amazon-associate-api.html</link>
  23. <pubDate>Sun, 14 Jan 2024 04:33:28 +0000</pubDate>
  24. <dc:creator><![CDATA[pushman]]></dc:creator>
  25. <category><![CDATA[Tips]]></category>
  26.  
  27. <guid isPermaLink="false">https://blog.heartfield-web.com/?p=137259</guid>
  28. <description><![CDATA[<div><img width="800" height="450" src="https://blog.heartfield-web.com/media/wordpress-amazon-associate-api-thumb.png" alt="" decoding="async" fetchpriority="high" loading="lazy" /></div>ある日突然Amazonアソシエイトのために使用している画像が表示されなくなっていた。今まではASINコードで画像を取得できていたけれど、今後はAPI経由で取得する必要があるらしい。調べてみると事前に通知が来ていたようだけど、読んだ記憶はない。僕はAmazonで販売されている商品を紹介する場合、Lazy Blocksで独自のブロックを作成し、ASINコードを入力することで画像情報とアソシエイトID付きのURLを直接取得していたので、API——]]></description>
  29. </item>
  30. <item>
  31. <title>本にだって雄と雌があります - 要するに、おもろいんです。</title>
  32. <link>https://blog.heartfield-web.com/book/hon-ni-datte-osu-to-mesu-ga-arimasu.html</link>
  33. <pubDate>Tue, 08 Aug 2023 10:44:52 +0000</pubDate>
  34. <dc:creator><![CDATA[pushman]]></dc:creator>
  35. <category><![CDATA[読書]]></category>
  36. <category><![CDATA[小田雅久仁]]></category>
  37.  
  38. <guid isPermaLink="false">https://blog.heartfield-web.com/?p=130576</guid>
  39. <description><![CDATA[<div><img src="https://blog.heartfield-web.com/media/hon-ni-datte-osu-to-mesu-ga-arimasu-1-medium.jpg" alt="『本にだって雄と雌があります』表紙" class="wp-image-137066"/></div>書かれていることがなんであれ、読みやすい文体なら、おもしろい文体なら、ずっと読み続けられるし、読んでいたいと思う。多分僕は、読みやすくておもしろい文体なら、その物語自体にあまり魅力がなくても読み通せるし、結構幸せな時間を過ごせる。でも、逆は無理だ。もちろん物語が魅力的であればより幸せになるし、場合によっては物語に深くハマる。 そんな僕にとって、『本にだって雄と雌があります』は、手放しで好きになってしまう類いの物語だ。 物語は父親から息子——]]></description>
  40. </item>
  41. <item>
  42. <title>管理釣り場のような渓流釣り - 釣れないよりは良いけれど</title>
  43. <link>https://blog.heartfield-web.com/fishing/like-a-area-fishing.html</link>
  44. <pubDate>Wed, 26 Jul 2023 13:21:49 +0000</pubDate>
  45. <dc:creator><![CDATA[pushman]]></dc:creator>
  46. <category><![CDATA[釣り]]></category>
  47.  
  48. <guid isPermaLink="false">https://blog.heartfield-web.com/?p=136588</guid>
  49. <description><![CDATA[<div><img src="https://blog.heartfield-web.com/media/like-a-area-fishing-01-medium.jpg" alt="18cmの養殖アマゴ" class="wp-image-136959"/></div>渓流釣りが解禁される3月。まだまだ寒いので魚の活性は低く、スプーンや毛鉤で釣果を期待することは難しい。そんなわけで、解禁直後からしばらくは餌釣りをされている方が多い。僕は餌釣りをする気はない、というか生き餌を触れないので、僕にとっての解禁は擬似餌にも反応し始めるゴールデンウェーク前後になる。でも、釣れる釣れない以前にあの環境——「自然」という言葉から連想するもので満たされた空間——に身を置きたくて、解禁直後で魚の反応が乏しい川にスプーン——]]></description>
  50. </item>
  51. <item>
  52. <title>MSS-20でスキートのダブルに挑戦 - 不要な技術の習得に挑むわけ</title>
  53. <link>https://blog.heartfield-web.com/hunting/skeet-double-with-mss-20.html</link>
  54. <pubDate>Sat, 22 Jul 2023 05:36:47 +0000</pubDate>
  55. <dc:creator><![CDATA[pushman]]></dc:creator>
  56. <category><![CDATA[狩猟]]></category>
  57. <category><![CDATA[MSS-20]]></category>
  58. <category><![CDATA[スキート]]></category>
  59.  
  60. <guid isPermaLink="false">https://blog.heartfield-web.com/?p=135437</guid>
  61. <description><![CDATA[<div><img src="https://blog.heartfield-web.com/media/skeet-double-with-mss-20-medium.jpg" alt="1番のダブルでプールを撃破した直後" class="wp-image-136929"/></div>MSS-20は平筒20番のスラッグ専用散弾銃だ。当然クレー射撃には向いていない。単独忍び猟をするために取り付けた1-6倍のスコープも、クレー射撃には邪魔なだけだ。でも、狩猟の練習としてスキートを楽しむのなら、スコープを載せたボルトアクションの散弾銃でも全く問題ない。スキートは簡易で安価なランニングターゲットの代替練習にもなるので、鳥撃ちはもちろん大物猟にも役立つ。据銃動作を有りにすれば咄嗟の頬付け肩付けが正確にできているかも確認できる。——]]></description>
  62. </item>
  63. <item>
  64. <title>巻狩中に至近距離で遭遇した鹿 - 「近いのに中らない」のには訳がある</title>
  65. <link>https://blog.heartfield-web.com/hunting/encountering-deer-at-close-range.html</link>
  66. <pubDate>Fri, 28 Apr 2023 10:10:10 +0000</pubDate>
  67. <dc:creator><![CDATA[pushman]]></dc:creator>
  68. <category><![CDATA[狩猟]]></category>
  69. <category><![CDATA[巻狩]]></category>
  70.  
  71. <guid isPermaLink="false">https://blog.heartfield-web.com/?p=136221</guid>
  72. <description><![CDATA[<div><img width="640" height="360" src="https://blog.heartfield-web.com/media/encountering-deer-at-close-range-thumb.jpg" alt="" decoding="async" loading="lazy" /></div>狩猟の話で盛り上がるのは、獲物を見事に仕留めた話……ではなく、外した話。獲れて当たり前だろうと思われる状況であれば、より盛り上がる。遭遇した距離が近ければ近いほど、笑える。 「すぐ横を通った」「こっちに走ってきたからひょいと避けた」などなど、ほんまかいなと言いたくなるような距離で遭遇して、しかもそんなに近いのに中らないと、笑うしかない。「なんで中らんのかわからん」「弾入ってなかったんちゃうか」などとひとしきり盛り上がったあと、実際に至近——]]></description>
  73. </item>
  74. <item>
  75. <title>ミッチェル408のピニオンギアの外し方 - 常識なのかもしれないけれど</title>
  76. <link>https://blog.heartfield-web.com/fishing/mitchell-408-pinion-gear.html</link>
  77. <pubDate>Thu, 20 Apr 2023 10:11:27 +0000</pubDate>
  78. <dc:creator><![CDATA[pushman]]></dc:creator>
  79. <category><![CDATA[釣り]]></category>
  80. <category><![CDATA[ミッチェル]]></category>
  81. <category><![CDATA[釣り道具]]></category>
  82.  
  83. <guid isPermaLink="false">https://blog.heartfield-web.com/?p=135022</guid>
  84. <description><![CDATA[<div><img width="640" height="360" src="https://blog.heartfield-web.com/media/mitchell-408-pinion-gear-2.jpg" alt="ローターからピニオンギアを外そうとしている所" decoding="async" loading="lazy" /></div>初めて買ったミッチェル408に付いていた深溝のスプールが割れていた。使っていないのに。使っていないから別に困りはしないけれど、予備のスプールは持っておきたい。久しぶりにeBayやヤフオクで予備のスプールを探しているうちに、なぜか2代目の408を落札していた。1台目より程度が良くて安い。もちろん交換スプールもついている。買わない理由を見つけられなかった。 届いた408はそのままでも使える状態だったけれど、自分でメンテナンスするのも楽しみの——]]></description>
  85. </item>
  86. <item>
  87. <title>ミッチェル314で釣ったアマゴ - 使いたかったタックルで釣る喜び</title>
  88. <link>https://blog.heartfield-web.com/fishing/mitchell-314-amago.html</link>
  89. <pubDate>Fri, 10 Mar 2023 12:42:30 +0000</pubDate>
  90. <dc:creator><![CDATA[pushman]]></dc:creator>
  91. <category><![CDATA[釣り]]></category>
  92. <category><![CDATA[ミッチェル]]></category>
  93.  
  94. <guid isPermaLink="false">https://blog.heartfield-web.com/?p=135145</guid>
  95. <description><![CDATA[<div><img width="1200" height="710" src="https://blog.heartfield-web.com/media/mitchell-314-amago-1.jpg" alt="「ミッチェル314」とアマゴ" decoding="async" loading="lazy" /></div>初めて渓流釣りに行った年のオフシーズンに、300、408、314と、ミッチェルのリールを3つも買ってしまった。300は数回のウナギ釣り、ナマズ釣りで楽しんだ。408はもちろん渓流で堪能した。でも、314を使う機会が無かった。 314は独特の形状に一目惚れして購入したので、ちゃんと使って、ちゃんと釣りたい。でも、渓流で使うにはギア比が低く使いにくい。それを釣れない言い訳にしてしまいそうで、なかなか持ち出せなかった。昨年3年目*1にして40——]]></description>
  96. </item>
  97. <item>
  98. <title>ようやくおいしく食べられた鴨肉 - 3年ぶり3羽目のカルガモ</title>
  99. <link>https://blog.heartfield-web.com/hunting/delicious-duck-meat.html</link>
  100. <pubDate>Wed, 08 Mar 2023 05:45:42 +0000</pubDate>
  101. <dc:creator><![CDATA[pushman]]></dc:creator>
  102. <category><![CDATA[狩猟]]></category>
  103.  
  104. <guid isPermaLink="false">https://blog.heartfield-web.com/?p=136257</guid>
  105. <description><![CDATA[<div><img src="https://blog.heartfield-web.com/media/delicious-duck-meat-1-medium.jpg" alt="カルガモ" class="wp-image-136464"/></div>狩猟をする前から、イタリアンレストランの前菜などで年に数回は口にする機会があった鴨肉。特別おいしいと思わないまでも、普段食べている鶏肉とは違うという一点で、「今贅沢をしているなぁ」とうれしくなる食材だった。だから狩猟を始めようと思って以来、野生の鴨肉の味をとても楽しみにしていた。食に対する関心があまりなかったので、なんだって天然物の方がおいしいと思い込んでいたのだ。 初年度はなにも獲れず、2年目でようやくようやく手にした獲物であるカルガ——]]></description>
  106. </item>
  107. <item>
  108. <title>渓流釣りのウェーダー、ウエストハイか? チェストハイか? - ぼくがレイブンパンツを選んだわけ</title>
  109. <link>https://blog.heartfield-web.com/fishing/waist-high-wader-or-chest-high-wader.html</link>
  110. <pubDate>Tue, 28 Feb 2023 23:18:35 +0000</pubDate>
  111. <dc:creator><![CDATA[pushman]]></dc:creator>
  112. <category><![CDATA[釣り]]></category>
  113. <category><![CDATA[釣り道具]]></category>
  114.  
  115. <guid isPermaLink="false">https://blog.heartfield-web.com/?p=131953</guid>
  116. <description><![CDATA[<div><img src="https://blog.heartfield-web.com/media/waist-high-wader-or-chest-high-wader-1-medium.jpg" alt="レイブンパンツ" class="wp-image-136405"/></div>渓流釣りを始める為に買い揃えた道具で、すぐに失敗したと思ったのはウェーダーだ。初期投資を抑えるためにブーツタイプのチェストハイウェーダーを購入したけれど、自分が渓流釣りにどハマりするとわかっていたら、迷わずストッキングタイプのウェーダーを選んでいた。 ブーツタイプをおすすめしないわけ ブーツタイプは長靴と一体式の防水ズボンなので、とても安い。でも、サイズが大ぶりで長靴の中で足が動いて疲れる。そして、重たい。歩きっぱなし、そして岩を登った——]]></description>
  117. </item>
  118. <item>
  119. <title>幸運なネックショットで鹿を仕留める - 気取られないのには訳がある</title>
  120. <link>https://blog.heartfield-web.com/hunting/lucky-neck-shot.html</link>
  121. <pubDate>Tue, 31 Jan 2023 05:32:51 +0000</pubDate>
  122. <dc:creator><![CDATA[pushman]]></dc:creator>
  123. <category><![CDATA[狩猟]]></category>
  124. <category><![CDATA[巻狩]]></category>
  125.  
  126. <guid isPermaLink="false">https://blog.heartfield-web.com/?p=136159</guid>
  127. <description><![CDATA[<div><img src="https://blog.heartfield-web.com/media/lucky-neck-shot-medium.jpg" alt="MSS-20で鹿を撃つ直前" class="wp-image-136235"/></div>狩猟に関する知識を持たず、車も持たず、エースハンターを背中に担いでえっちらおっちら自転車を漕ぎ回って始めた狩猟も、今年で6年目。MSS-20も所持したし、車も所持したし、鳥撃ちだけでなく大物猟にも参加するようになった。振り返ってみると、鳥撃ちでも大物猟でも、今の知識があったら避けられた失敗は多い。つまりそれだけ、成長したのかもしれない。そうであって欲しい。 前回は走っている鹿に二の矢をかけるも仕留められなかった。GoProで撮影した動画——]]></description>
  128. </item>
  129. </channel>
  130. </rss>
  131.  

If you would like to create a banner that links to this page (i.e. this validation result), do the following:

  1. Download the "valid RSS" banner.

  2. Upload the image to your own server. (This step is important. Please do not link directly to the image on this server.)

  3. Add this HTML to your page (change the image src attribute if necessary):

If you would like to create a text link instead, here is the URL you can use:

http://www.feedvalidator.org/check.cgi?url=http%3A//blog.heartfield-web.com/xml-rss1.php

Copyright © 2002-9 Sam Ruby, Mark Pilgrim, Joseph Walton, and Phil Ringnalda