Congratulations!

[Valid RSS] This is a valid RSS feed.

Recommendations

This feed is valid, but interoperability with the widest range of feed readers could be improved by implementing the following recommendations.

Source: http://zxsw2k5.dtiblog.com/?xml

  1. <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2. <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns="http://purl.org/rss/1.0/" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/" xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/" xmlns:cc="http://web.resource.org/cc/" xml:lang="ja" >
  3. <channel rdf:about="http://zxsw2k5.dtiblog.com/?xml">
  4. <title>女子生徒の涙</title>
  5. <link>http://zxsw2k5.dtiblog.com/</link>
  6. <description>女の子の涙や泣き顔、泣く姿に萌える方のみ見てください。</description>
  7. <dc:language>ja</dc:language>
  8. <items>
  9. <rdf:Seq>
  10.             <rdf:li rdf:resource="http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-69.html" />
  11. <rdf:li rdf:resource="http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-68.html" />
  12. <rdf:li rdf:resource="http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-67.html" />
  13. <rdf:li rdf:resource="http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-66.html" />
  14. <rdf:li rdf:resource="http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-65.html" />
  15. </rdf:Seq>
  16. </items>
  17. </channel>
  18.  
  19.     <item rdf:about="http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-69.html">
  20. <link>http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-69.html</link>
  21. <title>公然泣き顔撮影会</title>
  22. <description>
  23. マニアックな撮影会に参加してきました。
  24.  
  25. ナカジマさんという方が主催しているのですが、どんなマニアックなリクエストでも受け付けますよということだったので、「女の子の泣き顔は撮影できますか」と聞いたところ、ぜんぜん問題ないですよということだったので参加したのです。
  26.  
  27. 参加者は他もいて、みんな女の子の泣き顔が撮りたいということらし</description>
  28. <content:encoded><![CDATA[
  29. <br />マニアックな撮影会に参加してきました。
  30. <br />
  31. <br />ナカジマさんという方が主催しているのですが、どんなマニアックなリクエストでも受け付けますよということだったので、「女の子の泣き顔は撮影できますか」と聞いたところ、ぜんぜん問題ないですよということだったので参加したのです。
  32. <br />
  33. <br />参加者は他もいて、みんな女の子の泣き顔が撮りたいということらしく、泣き顔マニアも意外にいるものだなということを改めて実感しました。
  34. <br />
  35. <br />早速、写真を紹介しましょうか。
  36. <br />
  37. <br />女子校生の女の子です。名前は忘れましたが、ツインテールが似合う幼さの残る女の子です。かなりの泣き虫らしく、こんな可愛い子の泣き顔が撮れるのかと思うと撮影前からあそこがやばかったですね。
  38. <br />
  39. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn1.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn1s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  40. <br />
  41. <br />自然な泣き顔を撮りたいというのが参加者全員の総意だったので、目薬などは使いません。
  42. <br />
  43. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn2.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn2s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  44. <br />
  45. <br />女の子が泣こうと頑張っているのがまた萌えましたね。
  46. <br />
  47. <br />
  48. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn3.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn3s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  49. <br />
  50. <br />歯を食いしばって涙をこぼそうとしているのですが・・・・涙は出てきません。
  51. <br />
  52. <br />10分くらいしても涙をこぼさないので、仕方なくいったん休憩。
  53. <br />
  54. <br />やっぱり、自然な泣き顔って無理なのかなと思って落胆しかけていたのですが・・・
  55. <br />
  56. <br />
  57. <br />
  58. <br />すると、マネージャーさんが女の子を説教していました。
  59. <br />
  60. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn4.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn4s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  61. <br />
  62. <br />「お前いつもそうだよな!」
  63. <br />「そんなことだと、撮影会に呼ばれなくなるぞ!」
  64. <br />「いつも、ピーピー泣きやがるくせに、何で今泣かないんだ!」
  65. <br />
  66. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn5.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn5s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  67. <br />
  68. <br />「いつ泣くの・・・・・?今でしょ!」
  69. <br />
  70. <br />どっかのCMで聞いたことがあるような決め台詞ですが・・・
  71. <br />
  72. <br />マネージャーさんから女の子の泣きスイッチが入ったので撮影再開してくださいとのこと。
  73. <br />
  74. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn6.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn6s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  75. <br />
  76. <br />口をゆがめて瞳が潤んでいますよ。
  77. <br />
  78. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn7.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn7s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  79. <br />
  80. <br />いいね。鼻も頬も紅潮してきました。
  81. <br />
  82. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn8.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn8s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  83. <br />
  84. <br />ついに涙がポロリとこぼれてきました。
  85. <br />
  86. <br />いったん涙をこぼすと、女の子は、うえっ、うえっ、うえっ・・・と嗚咽を漏らし始めました。
  87. <br />
  88. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn9.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn9s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  89. <br />
  90. <br />手の甲で涙を拭く様が幼くて可愛らしさを一層際立てています。でも涙は拭かないで・・・
  91. <br />
  92. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn10.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn10s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  93. <br />
  94. <br />泣き出したときは、顔を上げていましたが、いったん泣くと下を向いたまま泣くので下から撮影です。
  95. <br />
  96. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn11.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn11s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  97. <br />
  98. <br />睫毛もしっとりと濡れていて、大量の涙が出ているのが分かると思います。上手く撮影できませんでしたが、床にもぽたぽたと涙の粒が落ちていましたよ。
  99. <br />
  100. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn12.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn12s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  101. <br />
  102. <br />結局、15分くらい泣いていましたね。
  103. <br />
  104. <br />
  105. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn13.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/tunn13s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  106. <br />
  107. <br />泣き止んだ後は、鼻の頭が艶やかだったのが印象的でしたよ。
  108. <br />
  109. <br />
  110. <br />
  111. <br />以上、某公然泣き顔撮影会の記録でした。
  112. <br />
  113. <br />
  114. <br />
  115. <br />最近、中国語を勉強し始めたので最後に中国語で締めましょうか。
  116. <br />
  117. <br />再見!
  118. <br />
  119. <br />
  120. <br />
  121. <br />順便、這個報道是邪念。
  122. <br />
  123. <br /> ]]></content:encoded>
  124. <dc:subject>日記</dc:subject>
  125. <dc:date>2013-05-28T20:27:09+09:00</dc:date>
  126. <dc:creator>泣き顔フェチ</dc:creator>
  127. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  128. </item>
  129. <item rdf:about="http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-68.html">
  130. <link>http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-68.html</link>
  131. <title>郭襄</title>
  132. <description>神雕剣侠のヒロインは小龍女ですが、もう一人、準ヒロインともいうべき重要な娘がいます。
  133.  
  134. それが、郭襄(かくじょう)という娘です。
  135.  
  136. 物語の後半、小龍女が一時姿を消した後に、ヒロインとして登場するわけですが、これがまたかわいらしい娘なんです。
  137.  
  138. 郭襄(かくじょう)の初登場時は赤ん坊です。
  139.  
  140. </description>
  141. <content:encoded><![CDATA[ 神雕剣侠のヒロインは小龍女ですが、もう一人、準ヒロインともいうべき重要な娘がいます。
  142. <br />
  143. <br />それが、郭襄(かくじょう)という娘です。
  144. <br />
  145. <br />物語の後半、小龍女が一時姿を消した後に、ヒロインとして登場するわけですが、これがまたかわいらしい娘なんです。
  146. <br />
  147. <br />郭襄(かくじょう)の初登場時は赤ん坊です。
  148. <br />
  149. <br />主人公の楊過と小龍女が既に成人しているときに生まれたので、親子ほども年齢が離れているわけですが、郭襄が16歳になったとき、楊過と知り合い、淡い恋愛感情を楊過に抱いてしまうのです。
  150. <br />
  151. <br />そのまま、おじ様との恋愛に発展するのかと思いきや、楊過が一途に小龍女を思い続けていると知ると、小龍女と再会して幸せになってほしいと涙をこぼしながら心から願うとっても心の優しい女の子なんです。
  152. <br />
  153. <br />そのシーンがこちら。
  154. <br />
  155. <br /><iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/MQ5PWCidchk" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
  156. <br />
  157. <br />説明が足りないので、理解できないかもしれませんが興味がある人は原作を読んでから見てみてくださいね。
  158. <br />
  159. <br />
  160. <br />そんなピュアな女の子ですが、武侠小説ですから、郭襄ちゃんもかなり強いのです。なにしろ、続編の倚天屠龍記では、峨嵋派という剣術流派の開祖となるのですから。
  161. <br />
  162. <br /><iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/fUz8QuBjblA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
  163. <br />
  164. <br />小龍女にこてんぱんにやられていた金輪法王おじさんが、郭襄ちゃんにもペちペちとやられていますw
  165. <br />
  166. <br />金輪法王おじさんある意味うらやましいw
  167. <br />
  168. <br />そんな郭襄ちゃんを演じているのが、またかわいらしい楊冪(ヤンミー)という女優さんです。
  169. <br />1986年生まれということで、劉亦菲(リューイーフェイ)よりも一歳年上ですね。
  170. <br />
  171. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/1172764689.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/1172764689s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  172. <br />
  173. <br />かわいい!
  174. <br />
  175. <br />ちなみに、楊冪(ヤンミー)と劉亦菲(リューイーフェイ)は、中国の四大若手女優(四小花旦)として人気だそうですよ。
  176. <br />
  177. <br /> ]]></content:encoded>
  178. <dc:subject>日記</dc:subject>
  179. <dc:date>2013-05-22T22:10:28+09:00</dc:date>
  180. <dc:creator>泣き顔フェチ</dc:creator>
  181. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  182. </item>
  183. <item rdf:about="http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-67.html">
  184. <link>http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-67.html</link>
  185. <title>小龍女的大哭シーン</title>
  186. <description>
  187. 神雕侠侶のなかで泣き顔フェチ的に最も見ごたえがあるシーンがこちら
  188.  
  189.  
  190.  
  191. 原作では、小龍</description>
  192. <content:encoded><![CDATA[
  193. <br />神雕侠侶のなかで泣き顔フェチ的に最も見ごたえがあるシーンがこちら
  194. <br />
  195. <br /><iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/xJXjZUPc2_E" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
  196. <br />
  197. <br />原作では、小龍女は袖をびしょびしょして大号泣しちゃうシーンです。たぶん鼻水も垂れ流しで、瞼も鼻も真っ赤に泣きはらしているはずです。
  198. <br />
  199. <br />ドラマ版ではそこまで泣いていませんが、それでもぽたぽたと涙をこぼすさまは可憐ですよね。
  200. <br />
  201. <br />愛する楊過が郭芙と結婚する約束をしていたと勘違いして、郭芙に剣を贈って幸せになってといい泣きながら去っていく小龍女。
  202. <br />
  203. <br />あまりに世間知らずであるがゆえに傷つきやすい乙女なんです。
  204. <br />
  205. <br />そして、小龍女がどうして泣いているのか。どうして大切な剣を私に渡したのか。どうして、私に幸せになってなんていうのか。
  206. <br />全く理解できない郭芙は楊過に問い詰めて、重大な過ちを犯してしまうのです・・・
  207. <br />
  208. <br />
  209. <br />
  210. <br />小龍女は、可憐な美少女ですが、それでいて、戦いにおける強さは女性キャラとしては圧倒的。
  211. <br />
  212. <br />神雕侠侶のキャラはもちろんのこと、金庸作品の中でも最も強いキャラの一人なんです。
  213. <br />
  214. <br /><iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/Br9lM1eo8sg" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
  215. <br />
  216. <br />大の男どもをばたばたと倒しちゃうんだぜw
  217. <br />
  218. <br /> ]]></content:encoded>
  219. <dc:subject>日記</dc:subject>
  220. <dc:date>2013-05-14T19:33:37+09:00</dc:date>
  221. <dc:creator>泣き顔フェチ</dc:creator>
  222. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  223. </item>
  224. <item rdf:about="http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-66.html">
  225. <link>http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-66.html</link>
  226. <title>神雕剣侠</title>
  227. <description>前回更新したのが去年ですねw
  228.  
  229. このブログをご覧になってくださっている方がいるかどうか分かりませんが、
  230.  
  231. 皆様、空けましておめでとうございますw
  232.  
  233. 最近更新していませんが、泣きフェチをやめたわけではなく、未だに女の子の泣き顔に一番興奮してしまいます。
  234.  
  235. たぶん、この性癖は一生直らないでし</description>
  236. <content:encoded><![CDATA[ 前回更新したのが去年ですねw
  237. <br />
  238. <br />このブログをご覧になってくださっている方がいるかどうか分かりませんが、
  239. <br />
  240. <br />皆様、空けましておめでとうございますw
  241. <br />
  242. <br />最近更新していませんが、泣きフェチをやめたわけではなく、未だに女の子の泣き顔に一番興奮してしまいます。
  243. <br />
  244. <br />たぶん、この性癖は一生直らないでしょうね。
  245. <br />
  246. <br />そんな私ですが、毎日、女の子の泣き顔のことばかりを考えているわけではありません。
  247. <br />
  248. <br />最近は、ある小説にどっぷりはまってしまっています。
  249. <br />
  250. <br />それは何かというと、金庸の小説なんです。
  251. <br />
  252. <br />金庸というのは、中華圏では知らない人はいないというくらい有名な作家なのですが、日本では知名度はいまいちですね。でも、三国志や水滸伝に匹敵するほど有名なんだそうです。
  253. <br />
  254. <br />どんな作家なのかは、金庸でぐぐって見てください。
  255. <br />
  256. <br />金庸の小説は泣き顔フェチにとっても意外におすすめなのです。
  257. <br />
  258. <br />美少女キャラがやたらと出てくるし、しかもよく泣く。映像化したらさぞ見ごたえがあるだろうなと思いながら、読んでいます。
  259. <br />
  260. <br />今読んでいるのが、射雕三部作と言われる小説なのですが、中でもどっぷりはまったのが、神雕剣侠です。
  261. <br />
  262. <br />ヒロインの小龍女という美少女がよく泣くので泣き顔フェチとしてはきゅんきゅんきゅんきゅんきゅんきゅんしてしまいます。
  263. <br />
  264. <br />それでいて、やたらと強いwww
  265. <br />
  266. <br />小説だけでも面白いのですが、映像化もされていると言うことで、検索してみました。
  267. <br />
  268. <br />何度も映像がされているそうですが、最新版の小龍女はこの娘。
  269. <br />
  270. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/U564P28T3D556443F326DT20041105162251_OBUxzg2wqwam.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/U564P28T3D556443F326DT20041105162251_OBUxzg2wqwams.jpg" alt="" border="0" /></a>
  271. <br />
  272. <br />劉亦菲(リューイーフェイ)という女優さんです。
  273. <br />
  274. <br /><a href="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/img_1010175_7370583_0.jpg" target="_blank"><img src="http://24.dtiblog.com/z/zxsw2k5/file/img_1010175_7370583_0s.jpg" alt="" border="0" /></a>
  275. <br />
  276. <br />いやー、か、か、かわゆいです。
  277. <br />
  278. <br />1987年生まれということで黒川芽以ちゃんと同じ年です。
  279. <br />
  280. <br />日本の女優さんでいえば、新垣結衣ちゃんクラスの人気女優さんだそうで。
  281. <br />
  282. <br />
  283. <br />
  284. <br />神雕剣侠は日本でもdvdで見ることができますが、youtubeに違法?動画が上がっていますので紹介しますね。(さすが著作権無視の中国だな。)
  285. <br />
  286. <br />
  287. <br /><iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/NOd_Qa1CTkA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
  288. <br />
  289. <br />
  290. <br />そして、小龍女の無双シーンはこちら。
  291. <br />
  292. <br /><iframe width="420" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/R8rR9xTrLkI" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
  293. <br />
  294. <br />強すぎですwww
  295. <br />
  296. <br />
  297. <br /> ]]></content:encoded>
  298. <dc:subject>日記</dc:subject>
  299. <dc:date>2013-05-08T22:17:28+09:00</dc:date>
  300. <dc:creator>泣き顔フェチ</dc:creator>
  301. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  302. </item>
  303. <item rdf:about="http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-65.html">
  304. <link>http://zxsw2k5.dtiblog.com/blog-entry-65.html</link>
  305. <title>13人泣きビデオ youtubeより</title>
  306. <description>
  307. 最近では、女の子の泣き顔がメインのCM等をよく見かけるようになりましたね。
  308.  
  309. 特に印象的だったのが、映画「雷桜」の泣きガール。
  310.  
  311. </description>
  312. <content:encoded><![CDATA[
  313. <br />最近では、女の子の泣き顔がメインのCM等をよく見かけるようになりましたね。
  314. <br />
  315. <br />特に印象的だったのが、映画「雷桜」の泣きガール。
  316. <br />
  317. <br /><iframe width="480" height="270" src="http://www.youtube.com/embed/lx9Hq58i7Y4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
  318. <br />
  319. <br />合計31本の動画のすべてが、女の子の泣き顔を正面から捉えているという事で、我々泣き顔フェチにとっては、至福の動画集でしたね。
  320. <br />
  321. <br />今でも見ることができるのはありがたいことです。
  322. <br />
  323. <br />こうしたタイプの動画がどんどん増えればいいな。と思っていたのですが、最近、似たような動画がアップされていましたよ。
  324. <br />
  325. <br />Ms.OOJAが「泣ける女性曲」をカバーしたアルバムを発表しましたが、収録曲にあわせて13人の女子が泣き顔を披露した映像がyoutubeにアップされているのです。
  326. <br />
  327. <br />その一つがこちらです。
  328. <br />
  329. <br /><iframe width="480" height="270" src="http://www.youtube.com/embed/qfSYbHRcX7A" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
  330. <br />映画「雷桜」の泣きガールに比べると、泣き顔が鮮明ではないし不満もありますが、それでも魅力的ですよね。
  331. <br />
  332. <br />「13人泣きビデオ」で検索すれば、他の動画も見られますから、チェックしてみてね。
  333. <br />
  334. <br /> ]]></content:encoded>
  335. <dc:subject>女の子の涙 動画</dc:subject>
  336. <dc:date>2012-10-31T21:31:34+09:00</dc:date>
  337. <dc:creator>泣き顔フェチ</dc:creator>
  338. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  339. </item>
  340. </rdf:RDF>

If you would like to create a banner that links to this page (i.e. this validation result), do the following:

  1. Download the "valid RSS" banner.

  2. Upload the image to your own server. (This step is important. Please do not link directly to the image on this server.)

  3. Add this HTML to your page (change the image src attribute if necessary):

If you would like to create a text link instead, here is the URL you can use:

http://www.feedvalidator.org/check.cgi?url=http%3A//zxsw2k5.dtiblog.com/%3Fxml

Copyright © 2002-9 Sam Ruby, Mark Pilgrim, Joseph Walton, and Phil Ringnalda