Congratulations!

[Valid RSS] This is a valid RSS feed.

Recommendations

This feed is valid, but interoperability with the widest range of feed readers could be improved by implementing the following recommendations.

Source: http://trendhunter.dtiblog.com/?xml

  1. <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2. <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns="http://purl.org/rss/1.0/" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/" xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/" xmlns:cc="http://web.resource.org/cc/" xml:lang="ja" >
  3. <channel rdf:about="http://trendhunter.dtiblog.com/?xml">
  4. <title>トレンドハンターデイトレード養成塾</title>
  5. <link>http://trendhunter.dtiblog.com/</link>
  6. <description>独自のスタイルで日経225にリアルタイムで挑戦しています、実績は日々専用チャットにて公開しています。</description>
  7. <dc:language>ja</dc:language>
  8. <items>
  9. <rdf:Seq>
  10.             <rdf:li rdf:resource="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1103.html" />
  11. <rdf:li rdf:resource="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1337.html" />
  12. <rdf:li rdf:resource="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1336.html" />
  13. <rdf:li rdf:resource="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1335.html" />
  14. <rdf:li rdf:resource="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1334.html" />
  15. <rdf:li rdf:resource="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1333.html" />
  16. <rdf:li rdf:resource="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1332.html" />
  17. <rdf:li rdf:resource="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1331.html" />
  18. <rdf:li rdf:resource="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1330.html" />
  19. <rdf:li rdf:resource="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1329.html" />
  20. </rdf:Seq>
  21. </items>
  22. </channel>
  23.  
  24.     <item rdf:about="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1103.html">
  25. <link>http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1103.html</link>
  26. <title>基本のマスターは全てに通じる道</title>
  27. <description>勝つための基本----トレードマニュアル
  28. 実戦で身に付ける-----リアルタイムチャット
  29. さらに上を目指す方に----実戦添削指導
  30.  
  31. オプション、デイトレードに挑戦♪ 
  32. 資金100万円前後で6ヶ月1000万円に挑戦、OPでも先物でも、株、FXでも、全てにト</description>
  33. <content:encoded><![CDATA[ <span style="color:#0000ff">勝つための基本----トレードマニュアル
  34. <br />実戦で身に付ける-----リアルタイムチャット
  35. <br />さらに上を目指す方に----実戦添削指導</span>
  36. <br />
  37. <br />オプション、デイトレードに挑戦♪ 
  38. <br />資金100万円前後で6ヶ月1000万円に挑戦、OPでも先物でも、株、FXでも、全てにトレンドハンターの手法でトレードができます。
  39. <br />
  40. <br />12月の戦績+1,940,000円
  41. <br /> 1月の戦績+6,750,000円
  42. <br /> 2月の戦績+2,290,000円
  43. <br />
  44. <br />2月中途で目標額を達成しました総合計+10,980,000円
  45. <br />
  46. <br />STトレード結果
  47. <br />
  48. <br />20日間合計+1,270,000円<span style="color:#ff00ff">
  49. <br />
  50. <br /> ]]></content:encoded>
  51. <dc:subject>日経225オプションでまったり投資</dc:subject>
  52. <dc:date>2020-08-05T08:07:26+09:00</dc:date>
  53. <dc:creator>H.B</dc:creator>
  54. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  55. </item>
  56. <item rdf:about="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1337.html">
  57. <link>http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1337.html</link>
  58. <title>ブログ休止と移転のお知らせ</title>
  59. <description>3年あまりの間ご利用頂いた,このブログもESの延長と大証処理スピードの向上など,幾多の考慮すべき点を鑑みて、あくまで初級者のための支援ブログとしてやって参りましたが、転換期を迎えたようです。
  60. 以前試みました、オプションのデイトレードを含めた、新しい展開を模索しブログも移転し新しく始めることにしました。
  61.  
  62. どちらが優位性があるとかではなく、最近の先物の値動き</description>
  63. <content:encoded><![CDATA[ 3年あまりの間ご利用頂いた,このブログもESの延長と大証処理スピードの向上など,幾多の考慮すべき点を鑑みて、あくまで初級者のための支援ブログとしてやって参りましたが、転換期を迎えたようです。
  64. <br />以前試みました、オプションのデイトレードを含めた、新しい展開を模索しブログも移転し新しく始めることにしました。
  65. <br />
  66. <br />どちらが優位性があるとかではなく、最近の先物の値動きの悪さや,出来高の少なさ、処理スピードの向上による,板読みの難解さなどがあります。OPとして,特別な戦略を持ち込まず、デイトレとして買いのみでのトレードです。基本的な手法は、先物デイトレと変わりません。リスク限定でのトレードで大きなリターンも視野にいれながら,コツコツと日銭を稼いでいくと言った手法です。今年の初めから2ヶ月半ほど行いましたので,その延長として慣れた感じで始められそうです。ブログはライブドア−に移転しますが。このブログはこれからも閲覧出来る様に保存しておきますので,宜しくお願い致します。
  67. <br />今まで地道に応援して頂いた読者の皆様には,改めてお礼申し上げます。ありがとうございました@@
  68. <br />
  69. <br />メールフォーム不具合の場合は,
  70. <br />[email protected]まで・・・
  71. <br />
  72. <br />オプション先物デイトレードのブログはこちらです・・・・・・<span style="font-size:x-large;"><span style="color:#0000ff"><a href="http://op-sennint.doorblog.jp/" target="_blank" title="http://op-sennint.doorblog.jp/">
  73. <br />
  74. <br />http://op-sennint.doorblog.jp/</a></span></span><a href="http://op-sennint.doorblog.jp/" target="_blank" title="http://op-sennint.doorblog.jp/">
  75. <br />
  76. <br />http://op-sennint.doorblog.jp/</a> ]]></content:encoded>
  77. <dc:subject>未分類</dc:subject>
  78. <dc:date>2011-07-20T12:14:33+09:00</dc:date>
  79. <dc:creator>H.B</dc:creator>
  80. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  81. </item>
  82. <item rdf:about="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1336.html">
  83. <link>http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1336.html</link>
  84. <title>昨日の続き・・・・・・・・・</title>
  85. <description>昨日の続きとなるが、ではトレードの初心者というか、これからトレードを始めようとする人に対するアドバイスをと言うことでいくつか取り上げてみました。
  86. まず資金があろうと無かろうと、いきなり始めないということ、口座を開かないと言うくらいでよい。とにかくやってみて感じを掴みたい、と言う気持ちも強く、上がるか下がるか確率50%だろうと簡単に考えて、幾らくらいなら負けても平気だからと始めたくなる</description>
  87. <content:encoded><![CDATA[ 昨日の続きとなるが、ではトレードの初心者というか、これからトレードを始めようとする人に対するアドバイスをと言うことでいくつか取り上げてみました。
  88. <br />まず資金があろうと無かろうと、いきなり始めないということ、口座を開かないと言うくらいでよい。とにかくやってみて感じを掴みたい、と言う気持ちも強く、上がるか下がるか確率50%だろうと簡単に考えて、幾らくらいなら負けても平気だからと始めたくなる。そんな人が多いようです。
  89. <br />ひとたび相場の世界に足を踏み入れたなら、初心者もプロもないバトルロイヤルの世界で、いきなり殴り合いの修羅場でもある。否応なしにあなたの相場生活の第一歩は始まってしまう。町の書店で売っている相場の本を読みあさっても通用する世界ではない。冷静に相場に入っていけるまでに十分な準備をすべきですが,実際に相場で玉を持ってみて始めて分る事、実感として捉えることも重要です。しかし良い体験だけを選んで体験することはできません。まぁそんなに良い体験は出来ないでしょう。悪い体験は心に積み重なっていきます。つまり悪いことを先に学んでしまうと言うことです。人間は失敗や苦い経験を後に生かして成功を掴むものとしてポジティブに捉えていきますが、トレードに関しては,そう上手く運んでくれません。蓄積されたネガティブな体験は後のトレードの判断にもフラッシュバックしてきて判断を迷わせます。
  90. <br />事前にしっかりとした基本手法を学んで,どんな体験も客観的に収めるべき場所にしっかりとしまって行ければ問題はありません。
  91. <br />準備としてもトレンドのとらえ方を基本から頭にたたき込んでおかないと、実戦ではメンタルに振り回されて、場当たり的なトレードに成ってしまいます。それまでの思いは、何処かに飛んでしまいます。
  92. <br />仮に上がるも下がるも、2つにひとつとして考えて、勝率50%としても,トレンドがロングトレンドでは売りは負けてしまいます。ショートトレンドでは逆ですね。常に今のトレンドが,どういう方向かを確認しながら、またこれから先、幾らまでは転換しないだろう?伸びていくか、転換する可能性がどこまであるか?
  93. <br />を常に予想しながら,一番確率の高い範囲でエントリーとエグジットをしていかなんければいけません。金銭ベースで幾ら勝ったから負けたと言っても本来の意味はありません。実際に自分が想定したトレンドが,どう動いたのか?その結果が重要で,もしも間違えたなら,素直に修正が出来たか,固執してLCが遅れたか,ドデンしてLCから利益の出る方向にチェンジ出来たか?その内容が重要なステップに繋がっていきます。100円200円と毎日勝ったり負けたりを繰り返す人よりも、30円しか勝てなくても毎日勝ち続ける人が,この世界の勝者と成ります。<span style="color:#ff00ff">
  94. <br />少しでも、何かお役に立てば応援クリックお願いします・・・</span>
  95. <br />ツイッターはこちらです。最近結構書いています・・・・・<a href="https://twitter.com/#!/deitoresennin" target="_blank" title="ツイッター">
  96. <br />
  97. <br />https://twitter.com/#!/deitoresennin</a>
  98. <br />
  99. <br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?624031"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>
  100. <br /><a href="http://futures.blogmura.com/225/"><img src="http://futures.blogmura.com/225/img/22588_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ" /></a>
  101. <br />
  102. <br /> ]]></content:encoded>
  103. <dc:subject>トレードの根っこ</dc:subject>
  104. <dc:date>2011-07-17T13:26:33+09:00</dc:date>
  105. <dc:creator>H.B</dc:creator>
  106. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  107. </item>
  108. <item rdf:about="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1335.html">
  109. <link>http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1335.html</link>
  110. <title></title>
  111. <description>昨日の続きとなるが、ではトレードの初心者というか、これからトレードを始めようとする人に対するアドバイスをと言うことでいくつか取り上げてみました。
  112. まず資金があろうと無かろうと、いきなり始めないということ、口座を開かないと言うくらいでよい。とにかくやってみて感じを掴みたい、と言う気持ちも強く、上がるか下がるか確率50%だろうと簡単に考えて、幾らくらいなら負けても平気だからと始めたくなる</description>
  113. <content:encoded><![CDATA[ 昨日の続きとなるが、ではトレードの初心者というか、これからトレードを始めようとする人に対するアドバイスをと言うことでいくつか取り上げてみました。
  114. <br />まず資金があろうと無かろうと、いきなり始めないということ、口座を開かないと言うくらいでよい。とにかくやってみて感じを掴みたい、と言う気持ちも強く、上がるか下がるか確率50%だろうと簡単に考えて、幾らくらいなら負けても平気だからと始めたくなる。そんな人が多いようです。
  115. <br />ひとたび相場の世界に足を踏み入れたなら、初心者もプロもないバトルロイヤルの世界で、いきなり殴り合いの修羅場でもある。否応なしにあなたの相場生活の第一歩は始まってしまう。町の書店で売っている相場の本を読みあさっても通用する世界ではない。冷静に相場に入っていけるまでに十分な準備をすべきですが,実際に相場で玉を持ってみて始めて分る事、実感として捉えることも重要です。しかし良い体験だけを選んで体験することはできません。まぁそんなに良い体験は出来ないでしょう。悪い体験は心に積み重なっていきます。つまり悪いことを先に学んでしまうと言うことです。人間は失敗や苦い経験を後に生かして成功を掴むものとしてポジティブに捉えていきますが、トレードに関しては,そう上手く運んでくれません。蓄積されたネガティブな体験は後のトレードの判断にもフラッシュバックしてきて判断を迷わせます。
  116. <br />事前にしっかりとした基本手法を学んで,どんな体験も客観的に収めるべき場所にしっかりとしまって行ければ問題はありません。
  117. <br />準備としてもトレンドのとらえ方を基本から頭にたたき込んでおかないと、実戦ではメンタルに振り回されて、場当たり的なトレードに成ってしまいます。それまでの思いは、何処かに飛んでしまいます。
  118. <br />仮に上がるも下がるも、2つにひとつとして考えて、勝率50%としても,トレンドがロングトレンドでは売りは負けてしまいます。ショートトレンドでは逆ですね。常に今のトレンドが,どういう方向かを確認しながら、またこれから先、幾らまでは転換しないだろう?伸びていくか、転換する可能性がどこまであるか?
  119. <br />を常に予想しながら,一番確率の高い範囲でエントリーとエグジットをしていかなんければいけません。金銭ベースで幾ら勝ったから負けたと言っても本来の意味はありません。実際に自分が想定したトレンドが,どう動いたのか?その結果が重要で,もしも間違えたなら,素直に修正が出来たか,固執してLCが遅れたか,ドデンしてLCから利益の出る方向にチェンジ出来たか?その内容が重要なステップに繋がっていきます。100円200円と毎日勝ったり負けたりを繰り返す人よりも、30円しか勝てなくても毎日勝ち続ける人が,この世界の勝者と成ります。 ]]></content:encoded>
  120. <dc:subject>未分類</dc:subject>
  121. <dc:date>2011-07-17T13:23:23+09:00</dc:date>
  122. <dc:creator>H.B</dc:creator>
  123. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  124. </item>
  125. <item rdf:about="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1334.html">
  126. <link>http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1334.html</link>
  127. <title>良くある質問に答えて</title>
  128. <description>良くあるケースですが、初心者の方のために。あるいは初心を忘れてしまった方の為に、こんな話を掲載しておきます。
  129. 最近仕事を辞めて,専業主婦になった女性の質問メールです。
  130. 「私は最近、長年勤めていた教育関係の仕事を辞めて子育てと専業主婦の生活に入りました。今までの収入もなくなったので、何かアルバイトと探してみても、子供</description>
  131. <content:encoded><![CDATA[ 良くあるケースですが、初心者の方のために。あるいは初心を忘れてしまった方の為に、こんな話を掲載しておきます。
  132. <br />最近仕事を辞めて,専業主婦になった女性の質問メールです。<span style="color:#0000ff">
  133. <br />「私は最近、長年勤めていた教育関係の仕事を辞めて子育てと専業主婦の生活に入りました。今までの収入もなくなったので、何かアルバイトと探してみても、子供も小さいので、なかなか合う仕事というのもなくて、友人や夫とも相談したところ、FX(為替取引)というものを勧められました。最近人気があって沢山の主婦の方もやっておられるとのこと・・・・
  134. <br />名前くらいは知ってはいましたが,中身はさっぱりの状態でした。こんな私でも出来るのでしょうか?初心者ですので、初めから1つ1つ勉強していくのは当然ですが、その他のとり引きとして、株式、商品、先物取引などがあるようですが、1番効率が良いというか,私程度の知識でも始められて、利益が多く期待できるものはなんでしょうか?もちろん資金も限られていて,損失も限定的なものはあるでしょうか?そして最後に1ヶ月20万円くらいで良いのですが、可能でしょうか。</span>
  135. <br />こういった内容のメールは結構多いものです。配信サービスを提供しているブログでは,良いお客さんのようですが?
  136. <br />こちらからの質問として、仮にどの取引を始めるとしても、どうして自分が勝てると思うのですか?と聞いてみた。トレードには相手が居ます。普段は意識していないことでしょうが?あなたが買えば,当然その価格で売った人がいるはずです。あなたがこの価格は,まだ安い,もう少し上がるだろうと思って買う価格は,相手がもう上がらないだろうと思って売った価格です?
  137. <br />果してあなたが,その相手よりも上手なのか下手なのか?どうでしょうか?多くの取引は大口投資家が支配している世界です。あなたの相手は,あなたと同じ初心者ではないのです。
  138. <br />そして勝つための武器と成る情報を、どうして集めることが出来るでしょうか?
  139. <br />新聞やニュースですか?投資顧問の情報でしょうか?FXとなれば,どんな情報が必要でしょうか?国家の基本通貨の売買です。国策や事件事故、財政,気象や地政学的リスク、同盟多国間関係、GDP等。きりがありません。1社の株価を扱うものと比較しても膨大で複雑です。相対取引ですから2国間の比較と成ります。
  140. <br />レバレッジが高い,利息が入る。往来相場だから簡単などと安易に考えて居る方は
  141. <br />早々に退場と成るでしょう。情報に頼ってのトレードで成功はありません。
  142. <br />あるとしたらインサイダーの方でしょう・・・
  143. <br />誰よりも早く、誰も知らない、誰も気がつかない情報を一般のトレーダーが知ることはありません。例外としてどんな材料も、相場が織り込んで行くには,時間が必用です。欧州財政危機などのように解決の目処がたたずに、何度も取り上げられる問題もあり、事故のように瞬間的に織り込んでしまう場合もあります。当然遅れても間に合うケースもあります。ESが延長されて米国との情報ののギャップは解消されつつあります。夜間から前場の寄りまでのギャップはなくなりつつあります。情報自体に時間的較差が無くなると言うことでリスクも減る代わりにチャンスも減っていきます。ますますトレードのスキルが求められていくでしょう。
  144. <br />最初に資金有りの状態からスタートする方は,どうしても早く口座を開き、トレードのやり方、仕組みだけを知ってしまうと、先に始めてしまう方が多いものです。何も分からない状態で、取引ルールだけを知って始めてしまうと、サイコロ博打のようで勝率は50%に近いものでも、生半可の知識が身につくと、チャートや板の動きを追いかけて、LCが多くなります。買えば下がり、売れば上がる、というやつですが。それでも勝つこともあるので、何とか負けを小さくして、勝ちを伸ばせば、良い方向に行くと思います。負けを最小にしようとすると,金額に負けていくことになり、不用意なLCが多くなります。LCのあとに価格が戻ってしまうと言うことになります。LCは金額の大小ではなく、方向性の確認です。それには、そもそも仕掛ける時に,スキルというものが必用で、値頃感やチャートにつられて仕掛けるものではありません。ここが分からないと、どうしてLCなのかが分かりません。
  145. <br />本人は-20円になってしまったから,もっと下がると怖いからなどと、金額ベースや損益ベースでしかトレードをしていません。-20円になったらLC、+30円になったら利確などと、金額ベースでトレードしている人は多いものです。このレベルから抜け出て、トレンドの方向性に仕掛けていくトレードが出来ないと初心者のレベルから抜け出ることは出来ません。
  146. <br />良く+10円を大切にと繰り返し言ってきましたが、LCが-20円なのに、+10円の利確ではどうにもならない,最低+30円でないと無理なんて考えている人は,まだ先が見えないひとです。
  147. <br />+10円が取れる人が+20円に挑戦できるのです。嘘だと思ったら、前場+10円後場+10円で10日間連続して勝てるでしょうか?これが初心者の卒業レベルと考えて居ます。エントリーの位置がたまたま悪くて-20円になることもあるでしょう。しかし方向性が間違えてなければ、-20円下でも買い直しします。チャンスが増えたと思います?ナンピンではありません・・・・
  148. <br />逆に方向が間違えたと思えば,下りたり-10円でLCします。当然です・・・
  149. <br />ザラバの中で+30円取れるトレンドはありますが、ドローも多く、数時間持ち続けて+30円では意味がありません。数時間先のトレンドが読める方ならば,押し目も戻しも見えるわけで+50円にも70円にもなっているでしょう。
  150. <br />大半は+10円か+20円です。もっともチャンスの多い+10円を確実に勝っていかないと、安定したトレードはできません。どんな相場でも+10円は取れるのですから。
  151. <br />こんな話を書いていたら,どうも気が重くなってしまったようです・・・
  152. <br />まあ、安易に初めて損失を招くならば辞めることも選択肢です。充分勉強して練習してから挑むには、充分見返りのある,すばらしい世界ですが、資金があるから,これくらいまでは負けても構わないなどと,安易に始めて勝てるほど甘い世界ではないと言うことです。
  153. <br />こんなことを書いていると,養成塾に入る人はいなくなってしまいそうですが?
  154. <br />それでも構いません・・・・・ ]]></content:encoded>
  155. <dc:subject>トレードの根っこ</dc:subject>
  156. <dc:date>2011-07-16T14:09:22+09:00</dc:date>
  157. <dc:creator>H.B</dc:creator>
  158. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  159. </item>
  160. <item rdf:about="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1333.html">
  161. <link>http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1333.html</link>
  162. <title>7月15日の相場考察</title>
  163. <description>特に神経質になる材料もなくESの範疇から出ないものと、基本的に想定した。週末で連休前でもあり下振れの懸念はあるが,意外に週末に下げると言う経験は少ないように思っている。米国の債務上弦引き上げも、欧州のストレステストも無難な方向に舵は切られており、何となく騒いでは見るが結果は誰でも知っているはずの、無難な方向に行く。これの繰り返しで行き着くとこまでいこうと言う、コンセンサスは、とうの昔に出来ている。</description>
  164. <content:encoded><![CDATA[ 特に神経質になる材料もなくESの範疇から出ないものと、基本的に想定した。週末で連休前でもあり下振れの懸念はあるが,意外に週末に下げると言う経験は少ないように思っている。米国の債務上弦引き上げも、欧州のストレステストも無難な方向に舵は切られており、何となく騒いでは見るが結果は誰でも知っているはずの、無難な方向に行く。これの繰り返しで行き着くとこまでいこうと言う、コンセンサスは、とうの昔に出来ている。日本も何度となく財政赤字の縮小を唱えてきたが少しも前進はなく、増えているのが現状。戦争という極端な消費によってガラガラポンにできる世界ではなくなって、全ての都合の悪いものはかくして、先送りにして済ませてしまうと言うやり方を覚えて、世界中で決断と実行と言う言葉は消えていく。一生懸命やっているんだからしかない、と言う言葉に慣れて、善意だけが評価されるのが、民主主義のようだ。結果が出なくても、一生賢明、真面目にが大切だ。結果は個人の能力や運にもよる。そう言って居座っているのが何処かの国の首相かな・・・・・
  165. <br />何も決めない決められない民主主義の行き着く先はガラガラポンしかないか? ]]></content:encoded>
  166. <dc:subject>相場考察</dc:subject>
  167. <dc:date>2011-07-15T19:26:00+09:00</dc:date>
  168. <dc:creator>H.B</dc:creator>
  169. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  170. </item>
  171. <item rdf:about="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1332.html">
  172. <link>http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1332.html</link>
  173. <title>7月14日の相場考察</title>
  174. <description>為替の介入警戒であろうか?200日銭を売込んでいく気も見えず,かといって本格的な買い戻しの機運も見えずで、寄りからの安値9880円を底値に、ESの棚の中心となった9960円を高値にWBを描く、やや大きなトレンドと成った。後場為替の急進による,買い戻し圧力は強まったが,基本的な地合は変わらず。
  175. 後場の閑散相場を想定して休み休みのトレードと成ったが、間が抜けたところで参加して無駄なエネル</description>
  176. <content:encoded><![CDATA[ 為替の介入警戒であろうか?200日銭を売込んでいく気も見えず,かといって本格的な買い戻しの機運も見えずで、寄りからの安値9880円を底値に、ESの棚の中心となった9960円を高値にWBを描く、やや大きなトレンドと成った。後場為替の急進による,買い戻し圧力は強まったが,基本的な地合は変わらず。
  177. <br />後場の閑散相場を想定して休み休みのトレードと成ったが、間が抜けたところで参加して無駄なエネルギーを使ったようだ。こんな地合では目先の動きに注目して、+10円を確実に狙っていかないと、相場を取り巻く思惑に振り回されて、動きが取れなくなりそうである。
  178. <br />現在チャットとツイッターの両方に書き込んでいるが、ツイッターは重く重複しての書き込みが出来ないため,苦労するがもう少し頑張ってみよう。
  179. <br />ツイッターはこちらです。最近結構書いています・・・・・<a href="https://twitter.com/#!/deitoresennin" target="_blank" title="ツイッター">
  180. <br />
  181. <br />https://twitter.com/#!/deitoresennin</a>
  182. <br />
  183. <br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?624031"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>
  184. <br /><a href="http://futures.blogmura.com/225/"><img src="http://futures.blogmura.com/225/img/22588_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ" /></a>
  185. <br />
  186. <br /> ]]></content:encoded>
  187. <dc:subject>相場考察</dc:subject>
  188. <dc:date>2011-07-14T16:51:58+09:00</dc:date>
  189. <dc:creator>H.B</dc:creator>
  190. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  191. </item>
  192. <item rdf:about="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1331.html">
  193. <link>http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1331.html</link>
  194. <title>7月13日の相場考察</title>
  195. <description>寄りつき直前から意外な動きを感じ,本来売り目線であったものの、買い転換して見たが+10円取ったのみ9920円では売りを入れ、3回連続の踏み上げを食らってしまった。そんな筈はないという、固定観念から抜けでるのに時間がかかってしまったのと、買い方の大玉攻撃に入れ替える間もないと言ったところか。
  196. そうであれば、9980円から9990円までが既定路線と買い転換し(実際もロングトレンドに転換し</description>
  197. <content:encoded><![CDATA[ 寄りつき直前から意外な動きを感じ,本来売り目線であったものの、買い転換して見たが+10円取ったのみ9920円では売りを入れ、3回連続の踏み上げを食らってしまった。そんな筈はないという、固定観念から抜けでるのに時間がかかってしまったのと、買い方の大玉攻撃に入れ替える間もないと言ったところか。
  198. <br />そうであれば、9980円から9990円までが既定路線と買い転換し(実際もロングトレンドに転換しているので最良の方法だが)天井も捕らえることが出来た。PKOだろうと誰であろうと関係なく、理屈に合おうが合うまいが、何でもありがこの世界、結果はどんなときでも出さねばならない。1万円付近では,追い詰めてもとどめを刺さないと言った風で,それ以上無理に買い上がらないと言った感じである。
  199. <br />9900円台の攻防に入るレンジの手前までの押しで,こちらもそれ以上売込む様子も無し、以後何度も天井をつけては押し目を入れる大きなレンジ相場に入った。ここからは落ち着いて何度も同じパターンでの利益確定が可能となった。
  200. <br />
  201. <br />
  202. <br />ツイッターはこちらです。最近結構書いています・・・・・<a href="https://twitter.com/#!/deitoresennin" target="_blank" title="ツイッター">
  203. <br />
  204. <br />https://twitter.com/#!/deitoresennin</a>
  205. <br />
  206. <br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?624031"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>
  207. <br /><a href="http://futures.blogmura.com/225/"><img src="http://futures.blogmura.com/225/img/22588_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ" /></a>
  208. <br />
  209. <br /> ]]></content:encoded>
  210. <dc:subject>相場考察</dc:subject>
  211. <dc:date>2011-07-13T17:33:57+09:00</dc:date>
  212. <dc:creator>H.B</dc:creator>
  213. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  214. </item>
  215. <item rdf:about="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1330.html">
  216. <link>http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1330.html</link>
  217. <title>7月12日の相場考察</title>
  218. <description>ESで上手く織り込んでいたため、ザラバの動きは寄り値から+-30円と小さなものになった。今夜の欧州の動きを待つような,待ちのポジションだ。ダウはまだ余裕があり切迫感はないが,ユーロはボトムを割り込み油断は出来ない。先週からプット買いを勧めているが,まだ盛り上がるところまではきていない。
  219. いい加減くすぶっている材料だが拡大の懸念が広がってきているので,すぐに織り込む事はないと思うので,</description>
  220. <content:encoded><![CDATA[ ESで上手く織り込んでいたため、ザラバの動きは寄り値から+-30円と小さなものになった。今夜の欧州の動きを待つような,待ちのポジションだ。ダウはまだ余裕があり切迫感はないが,ユーロはボトムを割り込み油断は出来ない。先週からプット買いを勧めているが,まだ盛り上がるところまではきていない。
  221. <br />いい加減くすぶっている材料だが拡大の懸念が広がってきているので,すぐに織り込む事はないと思うので,もう少し先を見たい。また中国あたりが出しゃばってくるか?
  222. <br />悪材料も無視して、上げてきただけに,まだ下への警戒感も薄いのか押し目買いに期待する向きも多いだろう。9700円どころの節が崩れれば大きな押し目となるか?米国の債務上弦巾の話し合いも難航しているが,欧州問題とピークが重なるかな・・・・・・
  223. <br />ES延長で夜間の方がボラが大きくなるかも知れないが、夜型人間に改造しないと無理なようだ。年を取ると早寝早起きで辛いものがある・・・・
  224. <br />
  225. <br />ツイッターはこちらです。最近結構書いています・・・・・<a href="https://twitter.com/#!/deitoresennin" target="_blank" title="ツイッター">
  226. <br />
  227. <br />https://twitter.com/#!/deitoresennin</a>
  228. <br />
  229. <br /><a href="http://blog.with2.net/link.php?624031"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>
  230. <br /><a href="http://futures.blogmura.com/225/"><img src="http://futures.blogmura.com/225/img/22588_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ" /></a>
  231. <br />
  232. <br /> ]]></content:encoded>
  233. <dc:subject>相場考察</dc:subject>
  234. <dc:date>2011-07-12T15:03:26+09:00</dc:date>
  235. <dc:creator>H.B</dc:creator>
  236. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  237. </item>
  238. <item rdf:about="http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1329.html">
  239. <link>http://trendhunter.dtiblog.com/blog-entry-1329.html</link>
  240. <title>7月11日の相場考察</title>
  241. <description>米国が急落から大分戻して引けているので、日経も動きが悪くなりました。ESの取引時間が延長されると米国とのギャップも緩和され,その分寄りつきの慌ただしさも少なくなるのでしょうが、ザラバの動きは更に緩慢としたものになるでしょう?
  242. 日本独自の材料で動く事が少ないものですから、先物も大半は米国市場にリンクしたものとなり、トレーダーも時間的スタンスを、見直さなければ成らなくなりそうです。取引時</description>
  243. <content:encoded><![CDATA[ 米国が急落から大分戻して引けているので、日経も動きが悪くなりました。ESの取引時間が延長されると米国とのギャップも緩和され,その分寄りつきの慌ただしさも少なくなるのでしょうが、ザラバの動きは更に緩慢としたものになるでしょう?
  244. <br />日本独自の材料で動く事が少ないものですから、先物も大半は米国市場にリンクしたものとなり、トレーダーも時間的スタンスを、見直さなければ成らなくなりそうです。取引時間が延長されても、出来高や参加者が増えるとは思えず、日中ザラバは昼寝をして午後9時過ぎからやり直すといった、夜間シフトを取る人も出てくるでしょう。現在のチャットも、時間的変更をした方が良さそうですので、様子をみて組み直します。 ]]></content:encoded>
  245. <dc:subject>相場考察</dc:subject>
  246. <dc:date>2011-07-11T15:13:08+09:00</dc:date>
  247. <dc:creator>H.B</dc:creator>
  248. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  249. </item>
  250. </rdf:RDF>

If you would like to create a banner that links to this page (i.e. this validation result), do the following:

  1. Download the "valid RSS" banner.

  2. Upload the image to your own server. (This step is important. Please do not link directly to the image on this server.)

  3. Add this HTML to your page (change the image src attribute if necessary):

If you would like to create a text link instead, here is the URL you can use:

http://www.feedvalidator.org/check.cgi?url=http%3A//trendhunter.dtiblog.com/%3Fxml

Copyright © 2002-9 Sam Ruby, Mark Pilgrim, Joseph Walton, and Phil Ringnalda