Congratulations!

[Valid RSS] This is a valid RSS feed.

Recommendations

This feed is valid, but interoperability with the widest range of feed readers could be improved by implementing the following recommendations.

Source: http://soccer1059.dtiblog.com/?xml

  1. <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2. <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns="http://purl.org/rss/1.0/" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/" xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/" xmlns:cc="http://web.resource.org/cc/" xml:lang="ja" >
  3. <channel rdf:about="http://soccer1059.dtiblog.com/?xml">
  4. <title>まぁちゃんの戯言・Part2</title>
  5. <link>http://soccer1059.dtiblog.com/</link>
  6. <description>宇宙船エンタープライズ船長
  7.     ジョナサン・アーチャーです。                「宇宙、それは最後のフロンティア」
  8. </description>
  9. <dc:language>ja</dc:language>
  10. <items>
  11. <rdf:Seq>
  12.             <rdf:li rdf:resource="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-32.html" />
  13. <rdf:li rdf:resource="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-31.html" />
  14. <rdf:li rdf:resource="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-30.html" />
  15. <rdf:li rdf:resource="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-29.html" />
  16. <rdf:li rdf:resource="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-28.html" />
  17. <rdf:li rdf:resource="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-27.html" />
  18. <rdf:li rdf:resource="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-26.html" />
  19. </rdf:Seq>
  20. </items>
  21. </channel>
  22.  
  23.     <item rdf:about="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-32.html">
  24. <link>http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-32.html</link>
  25. <title>襲われたんや!</title>
  26. <description>今日は、お袋はデイ・サービスで出かけたので、朝から頑張って仕事に集中していた。
  27.  
  28. お昼前、「おばちゃん元気にしてる」「今日、デイ・サービスやねん」「ホンマ!お昼のおかず持って来たんや」
  29. 「おおきにぃ!お皿出すわ」
  30. って事で、台所に案内・・・彼女は、おさな馴染みで後家さん
  31.  
  32. </description>
  33. <content:encoded><![CDATA[ 今日は、お袋はデイ・サービスで出かけたので、朝から頑張って仕事に集中していた。<br>
  34. <br /><br>
  35. <br />お昼前、「おばちゃん元気にしてる」「今日、デイ・サービスやねん」<br>「ホンマ!お昼のおかず持って来たんや」<br>
  36. <br />「おおきにぃ!お皿出すわ」<br>
  37. <br />って事で、台所に案内・・・彼女は、おさな馴染みで後家さん<br>
  38. <br /><br>
  39. <br />「コーヒーでも入れようか?」とσ(・_・)<br>
  40. <br />「うん!また、独身に戻ったんやて?」「そやで!」と答える<br>
  41. <br />女性も、歳を取ると図々しくなるもんで、「若い彼女は、どうしてるん?<br>「えっ?」「この前見たで!」「どこでよ?」<br>
  42. <br />「私、あそこのHOTELで働いてるねんで」「あっ!そう・・」<br>
  43. <br /><br>
  44. <br />「相変わらず、ここ元気やねんね」って、触られて・ファスナー下ろされて・半分元気になりかけてるモノを出してパクッ!<br>
  45. <br />「たまに、昔のように私にも頂戴!!」<br>
  46. <br />感じてくるモノが、σ(・_・)の意思に反して、硬く!大きく!<br>
  47. <br /><br>
  48. <br />彼女とは、若い頃から良く遊んだもんだった。<br>
  49. <br />襲われて、感じてしまった・・・・<br>
  50. <br /><br>
  51. <br />今、帰ったので記録ってことで・・・! <br>
  52. <br /><br><br> ]]></content:encoded>
  53. <dc:subject>Right Free</dc:subject>
  54. <dc:date>2007-05-25T17:10:31+09:00</dc:date>
  55. <dc:creator>アーチャー</dc:creator>
  56. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  57. </item>
  58. <item rdf:about="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-31.html">
  59. <link>http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-31.html</link>
  60. <title>久しぶりの人肌 パート?</title>
  61. <description>二人で一緒に逝った後、眠ってしまった二人が目覚めたのは、帰る予定の21時過ぎていたよ
  62. 風呂に、お湯を入れて一緒に入った。
  63. 彼女「逢いに来て良かった・・・」
  64. σ(・_・)「何で?」
  65. 彼女、良かったからだって、何が良かったんだろう?
  66.  
  67. お互いの体を洗いあって、湯船に入って</description>
  68. <content:encoded><![CDATA[ 二人で一緒に逝った後、眠ってしまった二人が目覚めたのは、帰る予定の21時過ぎていたよ<br>
  69. <br />風呂に、お湯を入れて一緒に入った。<br>
  70. <br />彼女「逢いに来て良かった・・・」<br>
  71. <br />σ(・_・)「何で?」<br>
  72. <br />彼女、良かったからだって、何が良かったんだろう?<br>
  73. <br /><br>
  74. <br />お互いの体を洗いあって、湯船に入ってると<br>
  75. <br />握ってくる、彼女「大きくなったら、入れてね・・・」<br>
  76. <br />そんなに簡単に、大きくならないぞっと、思いながら<br>
  77. <br />彼女のアナルに中指を、ゆっくりと入れていった。<br>
  78. <br />おめこには、親指を入れて・・・<br>
  79. <br />奥深く入ったところで、指先をこすってやる<br>
  80. <br />薄い壁越しに、中指と親指をすり合わせてると、彼女が
  81. <br />「うそ・・・!」「うそ・・・!」「変?」「変?」<br>
  82. <br /><br>
  83. <br />今までに無い感触だと言う<br>
  84. <br />クリトリスとおめこの中の愛撫だと、お腹から熱いのが感じるらしい<br>
  85. <br />でも、アナルとおめこの中の指先をこすると、お尻から背中に向かって
  86. <br />熱くなっていくらしい・・・<br>
  87. <br />また、湯船で逝ってしまった彼女、「帰れないよ」だって<br>
  88. <br /><br>
  89. <br />結局、日付が変わった1時に、帰っていった。<br>
  90. <br /><br>
  91. <br />翌日の夕方、TELで無事帰ったって連絡あり<br>
  92. <br />また、行って良いかな・・・?<br>
  93. <br />良いよ、いつでも(*^・ェ・)ノで・・・<br>
  94. <br /><br>
  95. <br />これでおしまいです。<br>
  96. <br />
  97. <br /> ]]></content:encoded>
  98. <dc:subject>Right Free</dc:subject>
  99. <dc:date>2007-05-13T22:17:29+09:00</dc:date>
  100. <dc:creator>アーチャー</dc:creator>
  101. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  102. </item>
  103. <item rdf:about="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-30.html">
  104. <link>http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-30.html</link>
  105. <title>久しぶりの人肌 パート?</title>
  106. <description>其の夜は、燃えに燃えたと思うでしょうが、そうでなかったんだな?
  107.  
  108. お互い、見たいTVがあって、大人しくTV観戦でした。
  109. 時折、手を伸ばして触っていたかな?触られていたのかな?
  110.  
  111. 年齢差15歳、其の差って結構夜に現れるのかも?
  112. 眠くなった俺は、うとうと・・・彼氏からTE</description>
  113. <content:encoded><![CDATA[ 其の夜は、燃えに燃えたと思うでしょうが、そうでなかったんだな?<br>
  114. <br /><br>
  115. <br />お互い、見たいTVがあって、大人しくTV観戦でした。<br>
  116. <br />時折、手を伸ばして触っていたかな?触られていたのかな?<br>
  117. <br /><br>
  118. <br />年齢差15歳、其の差って結構夜に現れるのかも?<br>
  119. <br />眠くなった俺は、うとうと・・・彼氏からTELらしく何やら、喋っている彼女<br>
  120. <br />俺も、しずかに待機状態・・・<br>
  121. <br /><br>
  122. <br />一緒に布団に入ったのが、2時過ぎだったかな?<br>
  123. <br />おっぱいを触りながら、眠りについていた。<br>
  124. <br /><br>
  125. <br />朝、一緒に何時もの行きつけの喫茶店で、モーニングCをして、午前中を過ごしてしまった。<br>
  126. <br /><br>
  127. <br />午後俺は仕事関係で出かけるので、彼女は近くに散歩するって事でしばしの別れ!<br>
  128. <br />昼飯が、回転すしだったので、夜は大した食事でもなかったかも?<br>
  129. <br />俺が準備するんだから、何時もは、お袋のリクエストだからなぁ・・・<br>
  130. <br /><br>
  131. <br />彼女が、東海地方の家に帰る時間を、21時と決めていたので、TV観戦しながらの愛撫だった。<br>
  132. <br />凄く感じるとの事、彼氏との営みより数段も感じたらしい・・・<br>
  133. <br /><br>
  134. <br />俺って、テクニシャン?<br>
  135. <br />後ろから、彼女を抱くように座ってる。<br>
  136. <br />彼女は、体を俺に預けるように座って、TV観戦<br>
  137. <br />手は、自然と胸を弄って、乳首を指に挟むだけで、彼女の体はピク!って反応する。<br>
  138. <br /><br>
  139. <br />なかなか、肝心なところを触らない俺に、待ちきれなかったのか?<br>
  140. <br />俺の手を取って、導く彼女・・・<br>
  141. <br />もう、凄い濡れ方のおめこだ!中指で、クリトリスを撫でる様に、下から上にと動かしてると、彼女の体の反応がより大きいものになってきていた。<br>
  142. <br /><br>
  143. <br />そのまま、横に寝かせて乳首を口に含み、右手を自由に彼女の体を這い回らせていた。<br>
  144. <br />時折、体が反応する、大きく反応するところを見つけては、意地悪のように<br>
  145. <br />時々そこを愛撫の通り道にして楽しんでいた。<br>
  146. <br /><br>
  147. <br />隣の部屋で寝ている、お袋に感ずかれないように、お互いの言葉が少ないけど、彼女の状態は、濡れに濡れて居る。<br>
  148. <br />中指と薬指を、中に入れて動かすと、溜まらず声が出る。<br>
  149. <br />往くって言う意味を何度も口にする彼女、構わず続けてると、手に異様なほどの濡れを感じた。<br>
  150. <br />そう・・・潮が吹いたのだ!<br>
  151. <br />彼女に言うと、え〜〜〜!そんなの初めてだそうだ<br>
  152. <br />「もうだめ!入れて・・・」何をどこに入れるんだと俺!<br>
  153. <br />握ってる手に力を入れて、これをあそこにだって、勿論そんなのでは、入れてやらない、「何をどこに入れるんだよ!」言えないよ!って彼女<br>
  154. <br />じゃ!入れてやらない、何度かこんな問答が続いて、ついに彼女の口から「このちんぽを私のおめこに入れて」言わせたぞ!満足・・・<br>
  155. <br /><br>
  156. <br />ゆっくりと挿入する俺、入っていく感触を楽しんでる様な彼女<br>
  157. <br /><br>
  158. <br />歳を取ると、なかなか硬くならないけど、中に入ると感触で、硬くなっていく俺の分身、でも、やっぱり若い頃と違って、長続きしない。<br>
  159. <br /><br>
  160. <br />時折、気持ちを変えるキスとおっぱいへの愛撫をしながら、出し入れしてると
  161. <br />さっきからの、感触で我慢の限界なのか?<br>
  162. <br /><br>
  163. <br />往っても良いって彼女!まだだよ、もう少し我慢しなさいって俺!<br>
  164. <br />出来ないようって言う彼女に、我慢できなくなるまで、我慢するんだ!<br>
  165. <br />どうすれば良いのって、彼女!おめこに力入れて我慢しろと、俺!<br>
  166. <br /><br>
  167. <br />で、我慢の限界なのか?だめ!往く・・・俺も、速度UPで間に合わせ、一緒にあ〜〜〜!<br>
  168. <br /><br>
  169. <br />後少しだけど、つづく<br>
  170. <br /><br>
  171. <br /><br> ]]></content:encoded>
  172. <dc:subject>Right Free</dc:subject>
  173. <dc:date>2007-05-08T00:55:51+09:00</dc:date>
  174. <dc:creator>アーチャー</dc:creator>
  175. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  176. </item>
  177. <item rdf:about="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-29.html">
  178. <link>http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-29.html</link>
  179. <title>久しぶりの人肌</title>
  180. <description>
  181. 昨晩、一年以上音信の無かったメル友の人妻さんから、TEL!
  182. 四国88ヶ所を制覇したので、和歌山の高野山に向かってフェリーの中との事
  183. その後、そっちに行くので、逢えるかなって・・・  
  184.  
  185. 逢う機会は、あったけど逢ってなかった。
  186.  
  187. 良いよって事で、連絡待ち・・・</description>
  188. <content:encoded><![CDATA[
  189. <br />昨晩、一年以上音信の無かったメル友の人妻さんから、TEL!<br>
  190. <br />四国88ヶ所を制覇したので、和歌山の高野山に向かってフェリーの中との事
  191. <br />その後、そっちに行くので、逢えるかなって・・・<br>  
  192. <br /><br>
  193. <br />逢う機会は、あったけど逢ってなかった。<br>
  194. <br /><br>
  195. <br />良いよって事で、連絡待ち・・・18時TEL、3〜40分位のところだと言う
  196. <br />詳しく聞いたら、遠回り!<br>
  197. <br />「戻って、広い道を走った方が良いよ」ナビを頼りに走っている模様だった。<br>
  198. <br /><br>
  199. <br />彼女は、東海地方に住んでる人妻、メールで知り合った人だった。<br>
  200. <br />その後、旦那さんの会社が潰れて、無職(もう2年も、働く意思見せないらしい)<br>
  201. <br />彼女は、介護の仕事に着いたんだけど、人間関係で辞めて、来月から、老人ホーム
  202. <br />での仕事が、決まってるらしい<br>
  203. <br /><br>
  204. <br />で、四国88ヶ所の完成のため、一人車で四国に渡ったらしい・・・<br>
  205. <br />詳しく、話を聞くと、四国に3年来の彼氏が居るって事だった。<br>
  206. <br /><br>
  207. <br />結局、19時に逢うことが出来て、我が家に招待<br>
  208. <br />食事がまだだったようなので、準備してあげたんだ!<br>
  209. <br /><br>
  210. <br />お袋には、友達の奥さんで、友達が迎えに来るまで、ここで待たせてくれって事だと説明しておいた。<br>
  211. <br /><br>
  212. <br />初めて逢うけどメールでは何かと話してたから、今回の四国の旅の話を聞いていた。<br>
  213. <br />大胆な行動だけど、話を聞いてると旦那が、働こうとしないから・・・だって!<br>
  214. <br /><br>
  215. <br />21時にお風呂に誘った。後で!σ(・_・)も一緒に入って良いか?の言葉を掛けて20分後、入っていった。<br>
  216. <br /><br>
  217. <br />彼女は、待っていたらしい!<br>
  218. <br />湯舟の中で、熱いキスから彼女の(・ )( ・)おっぱい♪を鷲掴みした・・・<br>
  219. <br /><br>
  220. <br />湯の中で、長く浸かっていたからか、のぼせてるところに、σ(・_・)の愛撫で・・・<br>
  221. <br />右手を、彼女のクリトリスを捜しあてて、しばらく遊んでいた。<br>
  222. <br /><br>
  223. <br />中指をホールに侵入させると、彼女の口から甘いため息が漏れていた。<br>
  224. <br />二本の指を、奥深く侵入させての愛撫に、彼女は早い限界を迎えて、昇天した。<br>
  225. <br /><br>
  226. <br />つづく・・・<br> ]]></content:encoded>
  227. <dc:subject>Right Free</dc:subject>
  228. <dc:date>2007-05-04T20:29:56+09:00</dc:date>
  229. <dc:creator>アーチャー</dc:creator>
  230. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  231. </item>
  232. <item rdf:about="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-28.html">
  233. <link>http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-28.html</link>
  234. <title>A8−3</title>
  235. <description></description>
  236. <content:encoded><![CDATA[ <div><embed src="http://widget-c5.slide.com/widgets/slideticker.swf" type="application/x-shockwave-flash" quality="high" scale="noscale" salign="l" wmode="transparent" flashvars="cy=un&il=1&channel=360287970193184709&site=widget-c5.slide.com" width="320" height="240" name="flashticker" align="middle"></embed></div>
  237. <br /><script type="text/javascript"><!--
  238. <br />adcat_shop = "BK";
  239. <br />adcat_format = "234";
  240. <br />adcat_textcolor = "#FFFFFF";
  241. <br />//--></script>
  242. <br /><script type="text/javascript"
  243. <br />  src="http://cat-fish-club.com/adcat/show_adcat.js" charset="shift-JIS">
  244. <br /></script> ]]></content:encoded>
  245. <dc:subject>Right Free</dc:subject>
  246. <dc:date>2007-04-09T19:33:17+09:00</dc:date>
  247. <dc:creator>アーチャー</dc:creator>
  248. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  249. </item>
  250. <item rdf:about="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-27.html">
  251. <link>http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-27.html</link>
  252. <title>A8−2</title>
  253. <description></description>
  254. <content:encoded><![CDATA[ <div><embed src="http://widget-b6.slide.com/widgets/slideticker.swf" type="application/x-shockwave-flash" quality="high" scale="noscale" salign="l" wmode="transparent" flashvars="cy=un&il=1&channel=360287970193185462&site=widget-b6.slide.com" width="320" height="240" name="flashticker" align="middle"></embed></div>
  255. <br /><script type="text/javascript"><!--
  256. <br />adcat_shop = "HC";
  257. <br />adcat_format = "234";
  258. <br />adcat_textcolor = "#FFFFFF";
  259. <br />//--></script>
  260. <br /><script type="text/javascript"
  261. <br />  src="http://cat-fish-club.com/adcat/show_adcat.js" charset="shift-JIS">
  262. <br /></script>
  263. <br /> ]]></content:encoded>
  264. <dc:subject>Right Free</dc:subject>
  265. <dc:date>2007-04-09T19:31:54+09:00</dc:date>
  266. <dc:creator>アーチャー</dc:creator>
  267. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  268. </item>
  269. <item rdf:about="http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-26.html">
  270. <link>http://soccer1059.dtiblog.com/blog-entry-26.html</link>
  271. <title>A8−1</title>
  272. <description></description>
  273. <content:encoded><![CDATA[ <div><embed src="http://widget-2e.slide.com/widgets/slideticker.swf" type="application/x-shockwave-flash" quality="high" scale="noscale" salign="l" wmode="transparent" flashvars="cy=un&il=1&channel=360287970193185582&site=widget-2e.slide.com" width="320" height="240" name="flashticker" align="middle"></embed></div>
  274. <br />
  275. <br /><script type="text/javascript"><!--
  276. <br />adcat_shop = "DK";
  277. <br />adcat_format = "234";
  278. <br />adcat_textcolor = "#FF0000";
  279. <br />//--></script>
  280. <br /><script type="text/javascript"
  281. <br />  src="http://cat-fish-club.com/adcat/show_adcat.js" charset="shift-JIS">
  282. <br /></script> ]]></content:encoded>
  283. <dc:subject>Right Free</dc:subject>
  284. <dc:date>2007-04-09T19:30:27+09:00</dc:date>
  285. <dc:creator>アーチャー</dc:creator>
  286. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  287. </item>
  288. </rdf:RDF>

If you would like to create a banner that links to this page (i.e. this validation result), do the following:

  1. Download the "valid RSS" banner.

  2. Upload the image to your own server. (This step is important. Please do not link directly to the image on this server.)

  3. Add this HTML to your page (change the image src attribute if necessary):

If you would like to create a text link instead, here is the URL you can use:

http://www.feedvalidator.org/check.cgi?url=http%3A//soccer1059.dtiblog.com/%3Fxml

Copyright © 2002-9 Sam Ruby, Mark Pilgrim, Joseph Walton, and Phil Ringnalda