Congratulations!

[Valid Atom 1.0] This is a valid Atom 1.0 feed.

Recommendations

This feed is valid, but interoperability with the widest range of feed readers could be improved by implementing the following recommendations.

Source: http://nlogn.ath.cx/atom.xml

  1. <?xml version="1.0" encoding="EUC-JP"?>
  2. <?xml-stylesheet type="text/css" href="/styles-atom.css"?>
  3. <feed xmlns="http://www.w3.org/2005/Atom">
  4.  <title>nlog(n)</title>
  5.  <subtitle type="html">Vine Linux, Movable Type, デジカメ日記</subtitle>
  6.  <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/" />
  7.  <link rel="self" type="application/atom+xml" href="http://nlogn.ath.cx/atom.xml"/>
  8.  <updated>2016-12-16T12:24:26Z</updated>
  9.  <id>tag:nlogn.ath.cx,2017://1</id>
  10.  <generator uri="http://www.movabletype.org/" version="2.661">Movable Type</generator>
  11.  <rights>Copyright (c) 2016, n</rights>
  12.  <icon>http://nlogn.ath.cx/mticons/nlogn.gif</icon>
  13.  <entry>
  14.    <title type="html">ハワイ出張で結局のところ英語はどうだったのか</title>
  15.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001955.html" />
  16.    <updated>2016-12-16T12:24:26Z</updated>
  17.    <published>2016-12-16T21:24:26+09:00</published>
  18.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1955</id>
  19.    <summary type="html">
  20.      今回のハワイ出張での一番の問題は英語だった。プレゼンは成功。Google 翻訳ありがとう。会話は微妙だった。...
  21.    </summary>
  22.    <author>
  23.      <name>n</name>
  24.      
  25.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  26.    </author>
  27.    <category term="English" />
  28.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  29.      <![CDATA[<p>今回のハワイ出張での一番の問題は英語だった。プレゼンは成功。Google 翻訳ありがとう。会話は微妙だった。</p>]]>
  30.      <![CDATA[<h2>プレゼン準備編</h2>
  31.  
  32. <p>今回のハワイ出張の目的は,仕事の成果を英語でプレゼンすることだった。出張の件は1年前から頼まれていたので,準備期間は十分にあった。逆にありすぎて持て余した。</p>
  33.  
  34. <h3>プレゼン原稿の準備</h3>
  35.  
  36. <p>仕事のまとめ原稿を作り始めたのは半年前くらいで,最初にレポートとして書いて有料の英文校閲を受けた。しかし,このままではプレゼン原稿にはならない,ということが分かったのはプレゼン原稿を作り始めてからである。レポート形式とスライドで説明する形式では表現がかなり違ってくるのだ。こねくり回して完全に原型を留めなくなってしまったが,そう何回も有料の英文チェックをしてもらうわけにもいかない。</p>
  37.  
  38. <p>残り1か月となったところで,Google 翻訳の精度が大きく改善された (<a href="https://japan.googleblog.com/2016/11/google.html" title="Google Japan Blog: Google 翻訳が進化しました。">Google Japan Blog: Google 翻訳が進化しました。</a>)。これはありがたかった。ディープラーニングによる成果らしい (<a href="http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/032300106/090700005/?rt=nocnt" title="「Google翻訳」の精度が劇的に向上したワケ - 日経トレンディネット">「Google翻訳」の精度が劇的に向上したワケ - 日経トレンディネット</a>)。</p>
  39.  
  40. <p>言いたいことがきちんと翻訳されているかどうかは,日本語→英語の後,英語→日本語に翻訳しなおしてチェックした。そして,翻訳機にかけるときは,表現にぶれがないように注意した。例えば,「風呂に入った」は,普通は湯船に浸かったり体を洗ったりすることを意味するが,字面だけを見れば,服を着たまま風呂場に立ち入っただけというようにも読める。人間は文脈に依存して解釈するのを当然としているが,機械はそうではないので配慮してやらなければならない。そこで「風呂に入った」ではなく「入浴した」と表現して翻訳機にかけるようにした。</p>
  41.  
  42. <p>原稿ができたら何度も音読し,手直ししてまた音読ということを繰り返し,結局発表の前日まで修正は続いた。音読を数十回繰り返していると,無理に覚えようとしなくてもだいたい覚えてしまう。</p>
  43.  
  44. <h3>会話の練習</h3>
  45.  
  46. <p>会話の練習はほとんどしなかったが,オンライン英会話の体験コースに申し込んで試すことはした。<a href="https://www.rarejob.com/" title="オンライン英会話なら会員数No.1のレアジョブ英会話!スカイプで格安マンツーマンレッスンが毎日受けられます!">レアジョブ英会話</a>で30分の体験を2回やってみた。人との会話は難しく,言いたいことが口からでてこないというもどかしさを感じた。これにはまた別のトレーニングが必要なようだった。「あー」「えー」が多いという指摘を受けた。凹んだが,自分自身で注意しなければならない点が明確になってよかった。</p>
  47.  
  48. <h2>プレゼン本番編</h2>
  49.  
  50. <h3>いよいよプレゼン</h3>
  51.  
  52. <p>プレゼン資料は PowerPoint で用意し,本番は「発表者ツール」を使って台本をちら見しながら発表した。「発表者ツール」を使うと,会場にはスライドのみが映し出され,発表者にはスライドと台本の両方が表示されるのだ。緊張で頭が真っ白になるという事態が起こっても,台本をガン見しながら読んでしまえば切り抜けられるという寸法だ。</p>
  53.  
  54. <p>発表をなんとか乗り切り,質疑応答も予想以上に上手くいった。寝ずに考えたジョークで笑いもとれたのが嬉しかった。</p>
  55.  
  56. <p>プレゼンはネット配信もされて,世界各国の関係者に見られてしまった。想定外だったのは,ネットには,発表者ツールの「発表者が見る台本」の方が流れてしまったということだ。すべてのセリフが読まれてしまった。途中に挟んだ冗談も,実は台本通りだったことがバレてしまった (冷汗)。</p>
  57.  
  58. <h3>積極的に質問</h3>
  59.  
  60. <p>他のプレゼンターにも質問を積極的にしてみた。せっかく遠くから来たのだから,この機会を有効活用しようと思ったわけである。その場で考えた英語で質問し,通じたのはよかった。しかし,ひとつ気になったのは,私の質問を司会者が言い直すことだった。「彼の質問はつまり,これこれこういうことだ。」と言うのである。要するに,質問の意図は伝わっているものの,表現が自然ではないということなのだ。</p>
  61.  
  62. <h2>その他</h2>
  63.  
  64. <p>その他に印象に残ったことがもうひとつ。日が経つにつれ顔見知りも増えてきて,最終日の前日あたりにレクリエーションで歌を歌う機会があった。次はオレが好きな歌,その次はアタシが好きなあの曲,のように次々と思いついた歌を歌っていく。そして皆で声を合わせて歌うのだ。メロディーは知っているものが多かったが,歌詞がまったく分からん。自分も若い頃好きだった歌があるが,それはすべて日本語である。そこで強く感じたのは,英語を話すということは,英語を知っているのはもちろん,英語圏の文化を知っていることも必要だし,それに加えて英語文化圏での経験をしているということなのだ。この点,英語圏で過ごしたことのない私にとっては,まったくと言っていいほど経験がない。子供の頃にマザーグースの歌を聞いて育ってもいないし,テレビやラジオから流れてくる音楽がすべて洋楽だったわけでもないのだ。アメリカの音楽と言えば,1980年代にベストヒットUSAを見ていたが,それは一週間に一度だけ。圧倒的に経験が少ないということを思い知らされたのだった。</p>]]>
  65.  
  66.  
  67.    </content>
  68.  </entry>
  69.  <entry>
  70.    <title type="html">ハワイ出張中に見た映画</title>
  71.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001954.html" />
  72.    <updated>2016-12-15T08:11:46Z</updated>
  73.    <published>2016-12-15T17:11:46+09:00</published>
  74.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1954</id>
  75.    <summary type="html">
  76.      ハワイ出張中に見た映画は,Terminator Genisys, Knock Knock, Secretary, Ghostbusters, 君の名は。。
  77.    </summary>
  78.    <author>
  79.      <name>n</name>
  80.      
  81.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  82.    </author>
  83.    <category term="Photo" />
  84.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  85.      <![CDATA[<p>ハワイ出張中に見た映画は,Terminator Genisys, Knock Knock, Secretary, Ghostbusters, 君の名は。だった。</p>]]>
  86.      <![CDATA[<h2>行きの飛行機</h2>
  87.  
  88. <p>行きの飛行機では,時差ボケ防止のためただひたすら寝た。映画を見ることはなかった。</p>
  89.  
  90. <h2>ドミトリー</h2>
  91.  
  92. <p>宿泊したドミトリーというか貸し部屋にはテレビがあった。</p>
  93.  
  94. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8285.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8285-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="Roku" /></a><br />
  95. ストリーミングサービス <a href="https://www.roku.com/index" title="Roku | Streaming TV & Media Player">Roku</a> が契約されていて,Amazon, NETFLIX, PANDRA などを見ることができた。ただし,すべてを見られるわけではなかった。例えば,映画をタイトルで検索すると,プロバイダの候補が複数出てきてその中から選ぶようになっているのだが,hulu なら無料で見られるが Amazon は追加料金が必要というものもあったのである。もちろん自分が契約しているわけではないので,無料のものしか選択できない。面倒なのは,リモコンでタイトルを選択していった先でないと無料か有料かが分からないところで,無料番組を探すのに手間がかかった。</p>
  96.  
  97. <p>日本のテレビのような,リアルタイムで流れていく放送はどうやって見るのか分からず,そういう放送があるのかないのかさえ最後まで分からなかった。ABC や CBS のニュースはすべてオンデマンドで,見たいタイトルだけを見るだけ。ニュースチャンネルをつけておけば垂れ流しでリアルタイムの放送を見られるかと思ったが,どうしてもできなかった。</p>
  98.  
  99. <p>見た映画は次の通り。</p>
  100.  
  101. <h3>Terminator Genisys (2015)</h3>
  102.  
  103. <p>最初に見たのは Terminator Genisysである。会話が英語なので,ほとんど分からず,なんだかもう (笑)。このブログを書くのにあらすじを読んでみたが (<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%8D%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC:%E6%96%B0%E8%B5%B7%E5%8B%95/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%82%B9" title="ターミネーター:新起動/ジェニシス - Wikipedia">ターミネーター:新起動/ジェニシス - Wikipedia</a>),そんな複雑なことになっていたとは知らず驚いた。</p>
  104.  
  105. <p>過去に送り込まれる主役カイル役の男性 (<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%BC#frb-inline" title="ジェイ・コートニー - Wikipedia">ジェイ・コートニー - Wikipedia</a>) がゴツすぎて,感情移入できず。もっとも,言葉が分からないので感情移入とか以前の問題ではあるのだが (笑)。ジョン・コナーは見た目が悪役だし (<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AF" title="ジェイソン・クラーク - Wikipedia">ジェイソン・クラーク - Wikipedia</a>),敵の液体は今回は中華系を持ってきた…韓国人とのこと (<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%93%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%9B%E3%83%B3" title="イ・ビョンホン - Wikipedia">イ・ビョンホン - Wikipedia</a>)。サラ・コナー役は <a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%9F%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%AF" title="エミリア・クラーク - Wikipedia">エミリア・クラーク</a> で,「ターミネーター2」の <a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3" title="リンダ・ハミルトン - Wikipedia">リンダ・ハミルトン</a> に似た感じがあるので起用されたか。アーノルド・シュワルツェネッガーは,おじいさんなのに頑張った。若いころのシュワルツネッガーが出演しているのだが,どうやって撮影しているのかは分からなかった。</p>
  106.  
  107. <h3>Knock Knock (2015)</h3>
  108.  
  109. <p>英語がよく分からないのであれば,アクションものがいいのではないかと思って「ターミネーター・ジェネシス」を見たが,予想以上に複雑なストーリーだったため撃沈。そこで,次に選んだのはお色気である。Knock Knock (<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%83%E3%82%AF" title="ノック・ノック - Wikipedia">ノック・ノック - Wikipedia</a>) は,キアヌ・リーブスが若い2人の女性に誘惑される映画である。家族と幸せな生活を送っている父親 (キアヌ・リーブス) が留守番をしているところに,見知らぬ2人の若い女性が訪ねて来るところから話が始まる。ドアをノックするその音がこの映画のタイトルになっている。1977年製作の「メイク・アップ (<a href="https://en.wikipedia.org/wiki/Death_Game" title="Death Game - Wikipedia">Death Game</a>)」のリメイクとのこと。</p>
  110.  
  111. <p>男性は,突然押しかけてきた女性たちを家に入れないようにするが,雨でずぶ濡れになっているのを可哀想に思い,入れてしまう。風呂まで入ってくつろいだ女性たちは,今度は誘惑を始める。頑なに断り続けるが,<a href="http://www.modfetish.com/post/152872867022" title="ジェネシス - ロレンツァ・イッツォ">こんなのが</a>目の前にダブルでいたら,押し倒されてしまうのは無理もない。しかし,いい思いをしたのはここまで。翌朝からその既成事実を逆手にとって女たちの嫌がらせが始まる。思いつく限りの嫌がらせ,おちょくり,破壊,拘束,拷問,果ては殺人まで。過ちはあったにせよ,あまりにも大きな代償だ。逆の立場になれば,つまり女たちの立場になれば「痛快!」ということになるのだが,その行動の根拠となるものの描き方が弱いのだ。例えば,キアヌ・リーブスの妻役は芸術家だが,作品としては大したことがないので「えせ芸術家」っぽいし,子どもを大切にする幸せな家庭は「幸せを気取っている風」にも見える。しかし,「薄っぺらい作り物の幸せなんかクソ食らえ!」というほどには,軽薄だとか強欲だとかに描かれていないのだ。その点がどっちつかずになってしまっていて,映画の出来としては残念なものになっている。</p>
  112.  
  113. <p>やはりここでも英語が分からないのがネックで,どうして女たちがキアヌ・リーブスを責めているのか分からないのだ。会話のニュアンスも聞き取れないので,細かいところが拾えず,ストレスがたまる一方だった。</p>
  114.  
  115. <p>ブロンドの女性の役名は「ジェネシス」だが,先に見た「ターミネーター・ジェネシス」とのつながりはない。</p>
  116.  
  117. <h3>Secretary (2002)</h3>
  118.  
  119. <p>テレビの電源を入れると,Roku がいくつかのお勧め映画を表示するようになっていた。題名とジャケットが並んでいる。その中で選んだのは,またもやお色気もの。Secretary である (Wikipedia: <a href="https://en.wikipedia.org/wiki/Secretary_(2002_film)" title="Secretary (2002 film) - Wikipedia">英語</a>,<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC" title="セクレタリー - Wikipedia">日本語</a>)。Secretary とは秘書のことである。ジャケットだけでなく,映画の出だしからお色気を予感させる作りだった。首に鉄の棒を天秤のようにつけられ,その両端には手首が縛られている女性が登場する。女性はスーツを着ていて,その拘束が日常であるかのように,部屋を行き来して淡々と仕事をしているのだ (<a href="http://www.sheramag.com/fifty-shades-of-dull-sexy-films/" title="“Fifty Shades of Dull”: Try One of These Sexy Films Instead - SheRa">“Fifty Shades of Dull”: Try One of These Sexy Films Instead - SheRa</a>)。文芸的エロの予感。そしてその予感通り,アクションではなく会話主体でストーリーは展開していく。会話が中心ということは,英語が分からなければ話にならないこととイコールであり,玉砕。最初は頑張って観てみたが,途中から早送り (笑)。派手なお色気シーンはなく,そのまま終了した。</p>
  120.  
  121. <h2>帰りの飛行機</h2>
  122.  
  123. <p>帰りに関しては,その後に多少体調が崩れようが関係がないので,映画を見ることにした。とは言ってもあまり無理はできない。翌日から仕事だからだ。ハワイで土曜日の朝に飛行機に乗ると,成田の到着は日曜日の夕方になる。行きの1日得した感とは逆に,1日損した感じがする。</p>
  124.  
  125. <h3> Ghostbusters (2016)</h3>
  126.  
  127. <p><a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA_(2016%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)" title="ゴーストバスターズ (2016年の映画) - Wikipedia">ゴーストバスターズ (2016年の映画) - Wikipedia</a> は1984年の映画「ゴーストバスターズ」のリブート作品である。「リメイク」ではなく「リブート」となっているのは,主人公がもともとは男性だったのを女性に置き換えているからである。ただ,ストーリー自体は前作をそのままなぞっているので,新しさが感じられないのが残念なところ。</p>
  128.  
  129. <p>作品の内容はつまらないものだったが,英語は驚くほど聞き取れたのでよしとしよう。日本語字幕がついていたが,もしなかったとしてもほとんど完璧と言えるくらいである。コメディーという位置づけもあるためか,分かりやすい表現が使われていて,しかも発音が特別はっきりしているのだ。1週間英語漬けの環境の成果なのか,これは嬉しかった。</p>
  130.  
  131. <h3>君の名は。 (2016)</h3>
  132.  
  133. <p>英語聞き取りの達成感も得られたので,というより英語はもうウンザリなので,最後に話題の邦画「君の名は。」を見ることにした。わざわざ映画館まで行って見るほどではないものの,飛行機のサービスならば見ない手はない。</p>
  134.  
  135. <p>以下ネタバレを含むので未見の方は注意。</p>
  136.  
  137. <p>ストーリーもよくできているし,作画も丁寧。丁寧すぎるくらいだ。少年が少女の腕をつかんで走り出すところで,少女の腕が肩から抜けたように見えるのが気になったくらいである。彗星の軌道が変だという事前情報は知っていて注意して見ていたが,あやうく見逃すところだったくらい一瞬の映像だった。確かに太陽を回らない軌道はおかしいが,よく気がつく人がいるものだと感心した。映画の中の重大事件は,男女の体の入れ替わりとタイムスリップのコンボである。どちらも使い古されたネタだが両方を使っているというのが新しい。気になったのは,劇中で,どうして主人公たちは日付と曜日が違っているのに気がつかないのか,ということである。学校に行ったりアルバイトしたりするときに曜日はかなり重要なはずだからだ。映像表現では,引き戸を閉めるときに,見ている人が戸に挟まれるようなカメラ配置がされていた。戸の開閉が何回かあるので,何か意味があるのかと思って注意してみていたが,特別な意味はないようだった。</p>
  138.  
  139. <p>映画の題名は「君の名は。」だが,誤変換の「キミの縄」が頭の中をグルグルしてしまい,どこかで団鬼六的な表現が出てきたらどうしようとドキドキした。「なんでこんなところに縄の跡が…?」みたいな。そして「キミ! 変な趣味してない?」とノートに書いたりするんじゃないかと。物語への没入感を削ぐので,縄のことは考えない方がいい。</p>]]>
  140.  
  141.  
  142.    </content>
  143.  </entry>
  144.  <entry>
  145.    <title type="html">毎日通った Food Pantry の Coffee Bean</title>
  146.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001953.html" />
  147.    <updated>2016-12-14T10:39:26Z</updated>
  148.    <published>2016-12-14T19:39:26+09:00</published>
  149.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1953</id>
  150.    <summary type="html">
  151.      ワイキキに滞在している間,朝食は決まって Coffee Bean だった。温かいベーグルとたっぷりのコーヒーが嬉しい。
  152.    </summary>
  153.    <author>
  154.      <name>n</name>
  155.      
  156.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  157.    </author>
  158.    <category term="Photo" />
  159.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  160.      <![CDATA[<p>ワイキキに滞在している間,朝食は決まって Coffee Bean だった。温かいベーグルとたっぷりのコーヒーが嬉しい。</p>]]>
  161.      <![CDATA[<h2>The Coffee Bean &amp; Tea Leaf</h2>
  162.  
  163. <p>The Coffee Bean &amp; Tea Leaf はコーヒーのチェーン店である (<a href="http://www.coffeebean.co.jp/" title="コーヒービーン&amp;ティーリーフ|The Coffee Bean &amp; Tea Leaf">日本語</a>,<a href="https://www.coffeebean.com/" title="Home | The Coffee Bean &amp; Tea Leaf">英語</a>)。1963年にロサンゼルスで創業,日本にも支店がある。ワイキキには3店舗ある。「コーヒー豆と紅茶の葉」という名前の通り,コーヒーや紅茶が飲める。</p>
  164.  
  165. <p>私が毎日通っていたのは <a href="http://www.shopsofhawaii.com/stores/food-pantry-waikiki-kuhio" title="Food Pantry Waikiki Kuhio">Food Pantry Waikiki Kuhio</a> の中にある <a href="http://www.coffeebeanhawaii.com/" title="The Coffee Bean & Tea Leaf Hawaii">The Coffee Bean &amp; Tea Leaf Hawaii</a> である。$1.99 のベーグルと,$2.29 のコーヒーがいつもの朝食だった。</p>
  166.  
  167. <p>最初はごく単純に注文していたのだが,回数を重ねていくと徐々にオプションがあることが分かってきた。デフォルトというか既定値というか標準の選択肢が決まっていて,何も言わなければ次のようになるのだ。</p>
  168.  
  169. <ul>
  170. <li>ベーグル用にクリームチーズをくれる</li>
  171. <li>コーヒーはライトになる</li>
  172. <li>レシートは捨てられる</li>
  173. </ul>
  174.  
  175. <h2>ベーグルいろいろ</h2>
  176.  
  177. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7927.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7927-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="プレーンベーグルとコーヒー" /></a><br />
  178. 最初に注文したのは,プレーンベーグルとコーヒーである。コーヒーはショートサイズを頼んだのだが,大きいカップに波なみと入っていて驚いた。日本の標準サイズの 1.5 倍くらいの量がある。飲みきれないほどだ。</p>
  179.  
  180. <p>ベーグルを注文すると,必ず「焼く?」と聞いてくれる。「焼いて」と言うと,半分にスライスしてオーブンに入れて両面を焼いてくれる。これが美味しいのだ。そしてクリームチーズを添えてくれる (<a href="http://www.kraftrecipes.com/philadelphia.aspx" title="Philadelphia Cream Cheese Products & Recipes | Kraft Recipes - Kraft Recipes">Philadelphia Cream Cheese Products &amp; Recipes | Kraft Recipes - Kraft Recipes</a>)。</p>
  181.  
  182. <p>会計を済ませると,レジのおねえさんはレシートをくしゃくしゃポイ! 「レシートをくれ!」という間もなく捨てられてしまった。確かに要らない人の方が多いだろうなと思った。そして,次回からはレジに打ち込んでいるときに「レシートをくれ」ということにしたのだった。</p>
  183.  
  184. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7928.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7928-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="ブルーベリーベーグル" /></a><br />
  185. プレーンベーグルの次に試したのはブルーベリー入りベーグルである。値段はプレーンベーグルと同じ。これはお得! と思ったが,味がそうでもなかった。</p>
  186.  
  187. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7961.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7961-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="オール・イン・ワン・ベーグル" /></a><br />
  188. そして残るはいつも気になっていたオール・イン・ワン・ベーグルつまり全部入りのベーグルである。何が「全部入り」なのかというと,「色んなタネ」である。ケシの実やヒマワリのタネ,その他よく分からないタネが上に貼り付けてある。ベーグルの中には練り込まれてはいない。値段はプレーンベーグルと同じ。味はというと,結構キツかった。食べるのは1回でいい。</p>
  189.  
  190. <p>3種類のベーグルを試してみて,最終的に気に入ったのは最初に注文したプレーンベーグルだった。その後はプレーンベーグルばかりを食べていた。</p>
  191.  
  192. <h2>コーヒーの種類</h2>
  193.  
  194. <p>何回か訪れていると,だんだん様子が分かってきた。コーヒーは,いつも出してくれるものをそのまま受け取っていたが,ボードをみると普段飲んでいるのは「ライト」で,他に「ダーク」という種類があるのが分かった。「ダーク」を注文してみると,強いのである。エスプレッソほど濃くはないが,かなりの濃さだった。しかも量はライトと同じカップに波なみと入っている。「ダーク」も1回試して,その後は「ライト」に戻った。</p>
  195.  
  196. <h2>ペーストの種類</h2>
  197.  
  198. <p>ベーグルに塗るものは無料で付けてくれる。普通はクリームチーズであるが,あるとき,店員が「クリームチーズ? ジャム?」と聞いてくれた。そういうオプションがあるのならということで「ジャム」と言ってみると,3個も付けてくれた。</p>
  199.  
  200. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8172.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8172-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="ベーグルとジャム" /></a><br />
  201. 味は普通のジャムだった。クリームチーズも美味しいので,一番いいのはクリームチーズとジャムの組み合わせだが,それができるかを聞いてみる勇気がなかった。</p>
  202.  
  203. <h2>ABC ストアのベーグル</h2>
  204.  
  205. <p>街なかのそこらじゅうにある「ABC ストア」でもベーグルは売っている。しかも Coffee Bean と値段は同じ。しかし,ABC ストアでは温めてくれないのだ。冷たいままを食べることになる。2回ほど試したが,焼いたものとは味が全然違うのだった。ベーグルを食べるのなら Coffee Bean に限る。</p>
  206.  
  207. <h2>まとめ</h2>
  208.  
  209. <p>ベーグルを食べるなら焼いてくれる店をお勧めしたい。レシートが欲しかったら,レジに入力している間に早めに言うこと。コーヒーもクリームチーズも,何も指定しないで出てくるものはハズレがない。</p>
  210.  
  211. <p>店長は白人男性でさすがにしっかりしていた。白人女性の店員は割と事務的。そしてハワイアンの男性店員は誠実な感じだった。ジャムのオプションを教えてくれたのもその男性店員だった。</p>]]>
  212.  
  213.  
  214.    </content>
  215.  </entry>
  216.  <entry>
  217.    <title type="html">本当にあった「あの室内灯」</title>
  218.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001952.html" />
  219.    <updated>2016-12-12T20:27:16Z</updated>
  220.    <published>2016-12-13T05:27:16+09:00</published>
  221.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1952</id>
  222.    <summary type="html">
  223.      心が汚れていると別のものに見えるという,「あの室内灯」の実物があった。
  224.    </summary>
  225.    <author>
  226.      <name>n</name>
  227.      
  228.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  229.    </author>
  230.    <category term="Photo" />
  231.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  232.      <![CDATA[<p>心が汚れていると別のものに見えるという,「あの室内灯」の実物があった。</p>]]>
  233.      <![CDATA[<p>ハワイの滞在も今日で終わり,というとき,部屋には例の室内灯があることに気がついた。</p>
  234.  
  235. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8287.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8287-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="The Lamp" /></a><br />
  236. これがその室内灯の実物である。</p>
  237.  
  238. <p><a href="https://www.moillusions.com/the-lamp-optical-illusion" title="The Lamp Optical Illusion">The Lamp Optical Illusion</a> として有名なランプ。心が汚れていると,そう見えてしまう錯視の一つである (<a href="https://www.google.co.jp/search?q=your+dirty+mind+room+light&newwindow=1&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwiEhcWb6-jUAhUMULwKHXNXAwYQ_AUICigB&biw=1280&bih=703#newwindow=1&tbm=isch&q=your+dirty+mind+illusions&imgrc=_" title="your dirty mind illusions - Google 検索">your dirty mind illusions - Google 検索</a>)。</p>
  239.  
  240. <p>フェイクだと思っていたが本当にあったのだった。</p>]]>
  241.  
  242.  
  243.    </content>
  244.  </entry>
  245.  <entry>
  246.    <title type="html">ハワイのシャワーのノブはどちらがお湯か</title>
  247.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001951.html" />
  248.    <updated>2016-12-12T12:30:44Z</updated>
  249.    <published>2016-12-12T21:30:44+09:00</published>
  250.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1951</id>
  251.    <summary type="html">
  252.      ハワイのシャワーもノブが2つある。片方がお湯,もう片方が水である。問題はどちらがお湯なのか分からないということである。と思ってよくよく目を凝らして見てみると…。
  253.    </summary>
  254.    <author>
  255.      <name>n</name>
  256.      
  257.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  258.    </author>
  259.    <category term="Photo" />
  260.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  261.      <![CDATA[<p>ハワイのシャワーもノブが2つある。片方がお湯,もう片方が水である。問題はどちらがお湯なのか分からないということである。と思ってよくよく目を凝らして見てみると…。</p>]]>
  262.      <![CDATA[<p>ハワイのワイキキで滞在したコンドミニアムには,自分専用のバスルームがついていた (キッチンは共用だったが)。バスルームにはトイレとバスがあり,バスにはシャワーがついていた。</p>
  263.  
  264. <p>シャワーには2つのノブがついていて,どちらかがお湯でどちらかが水だというのは想像がつく。問題は,どちらのノブも銀色で区別がつかないということだ。日本の我が家の風呂場にも2つのノブがあるが,赤と青の色で区別してあって,赤がお湯,青が水だということがすぐに分かる。ところがアメリカは…不親切である。</p>
  265.  
  266. <p>答は,「左がお湯,右が水」だった。ノブをひねって水を出してみたから分かったのである。これは日本と同じだった。世界共通なのだろうか。</p>
  267.  
  268. <p>さて,そうやって毎日シャワーを浴びていて,最終日になってようやく気がついたことがある。シャワーのノブをじっくりと見てみると,実は表示されていることが分かったのである。</p>
  269.  
  270. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8278.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8278-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="C" /></a><br />
  271. 上の写真は「水」の方のノブである。よく見ると,中央に描かれた円の一部が欠けていることが分かる。なぜ欠けているのか? オシャレなデザインにしようとしているのではない。実は「C」なのだ。「Cold」の「C」なのである。</p>
  272.  
  273. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8279.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8279-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="H" /></a><br />
  274. その証拠に,もう一方のノブを見てみると,こちらには横棒が2本引いてある。メーカー名の「<a href="http://www.kohler.com/corporate/index.html" title="KOHLER: Kitchen & Bath, Decorative Products, Engines & Generators, Golf & Resort">KOHLER</a>」が正しく読める向きから見てみると,横棒ではなく縦棒であることが分かり,さらに目を凝らしてみるとほんの少しだけ縦棒の中央に横線が見えるではないか。そうなのだ。これは「Hot」の「H」だったのである。</p>
  275.  
  276. <p>ということで,試しに水を出してみなくてもどちらがお湯なのかは分かるようになっていた,ということに気がついたわけである。「色で区別してあるはず」という先入観を持っていたので,見逃していたのだ。</p>
  277.  
  278. <p>実際は,「どちらがお湯か」を試す必要はないが「お湯がちゃんと出るか」は試したほうがよい。若い頃にフランス旅行して泊まったコンドミニアムでは,直前の人がタンクに溜めてあったお湯を使いすぎたため,私が使ったときには水しか出てこなかった。あのときは寒くてツラかった。</p>]]>
  279.  
  280.  
  281.    </content>
  282.  </entry>
  283.  <entry>
  284.    <title type="html">12月のワイキキビーチは肌寒かった</title>
  285.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001950.html" />
  286.    <updated>2016-12-11T13:53:15Z</updated>
  287.    <published>2016-12-11T22:53:15+09:00</published>
  288.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1950</id>
  289.    <summary type="html">
  290.      ハワイは常夏の島とは言うけれど,季節はある。12月はそれほど暑くない。
  291.    </summary>
  292.    <author>
  293.      <name>n</name>
  294.      
  295.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  296.    </author>
  297.    <category term="Photo" />
  298.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  299.      <![CDATA[<p>ハワイは常夏の島とは言うけれど,季節はある。12月はそれほど暑くない。</p>]]>
  300.      <![CDATA[<h2>はじめに</h2>
  301.  
  302. <p>ハワイに来てから「これぞハワイ」ということをしていない。コンドミニアムとホテルの往復で終わっている。ハワイにいるのもあとわずか。これではいけない (いけないこともないのだが)。そこで,急ぎワイキキビーチに向かった。</p>
  303.  
  304. <h2>ワイキキ・ビーチ</h2>
  305.  
  306. <p>ワイキキといったらビーチである。金髪の美女で目の保養をすべく海岸に向かった。ハワイは常夏の島とはいえ,12月ともなれば朝夕は肌寒いくらいで,日中も汗をかくほど熱くはない。海岸では,日光浴をしている女性はいるが,海の中でキャッキャウフフしている姿は皆無であった。</p>
  307.  
  308. <p>「目の保養」は度が過ぎると「目の毒」にもなる。しかし,これは自分の気分の違いによるものなので,「目の保養」と「目の毒」はかなりの部分が重なっているように思われる。</p>
  309.  
  310. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8221.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8221-thumb.jpg" width="394" height="90" border="0" alt="ワイキキビーチ" /></a><br />
  311. iPhone のパノラマ機能でビーチの写真を撮ってみた。真正面に海が来るように撮影するのは難しい。</p>
  312.  
  313. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8223.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8223-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="公園の閉まる時間" /></a><br />
  314. ビーチは 2 PM から 5 AM まで閉鎖される。この時間帯に許可なく入ったら罰金だとか。</p>
  315.  
  316. <h2>スコールで濡れること</h2>
  317.  
  318. <p>天候について日本の感覚と違ったのが雨である。たまにスコールがあって,ドバーッと雨が降ってくる。トロリーバスに乗っていたときに直撃されたときは酷かった。しかし,街なかで傘をさしている人を見かけることはあまりなかった。すごい雨が降れば店に入るなどして雨宿りをするのだが,小降りのときは濡れても気にしないのだ。雨が上がればすぐに乾くということもあるのだろうが,それにしても気にしなさすぎる。全然平気という感じなのだ。へっちゃらなのだ。</p>
  319.  
  320. <h2>おわりに</h2>
  321.  
  322. <p>ワイキキビーチに行って,海の水を手のひらでチャパチャパした。「ハワイらしいこと」の体験はこれで終了した。</p>]]>
  323.  
  324.  
  325.    </content>
  326.  </entry>
  327.  <entry>
  328.    <title type="html">こんなところにトランプ・タワー</title>
  329.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001949.html" />
  330.    <updated>2016-12-10T09:38:53Z</updated>
  331.    <published>2016-12-10T18:38:53+09:00</published>
  332.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1949</id>
  333.    <summary type="html">
  334.      <![CDATA[ワイキキビーチのそばを歩いていたら Trump International Hotel &amp; Tower という高層の建物を見つけた。]]>
  335.    </summary>
  336.    <author>
  337.      <name>n</name>
  338.      
  339.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  340.    </author>
  341.    <category term="Photo" />
  342.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  343.      <![CDATA[<p>ワイキキビーチのそばを歩いていたら Trump International Hotel &amp; Tower という高層の建物を見つけた。</p>]]>
  344.      <![CDATA[<p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8224.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8224-thumb.jpg" width="90" height="120" border="0" alt="トランプ・タワー" /></a><br />
  345. こ,この高いビルは何だろうか?</p>
  346.  
  347. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8225.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8225-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="トランプ・タワー" /></a><br />
  348. Trump International Hotel &amp; Tower と書いてある (<a href="https://www.trumphotelcollection.com/jp/waikiki/waikiki-hotel-overview.php" title="ホノルル高級ホテル | トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ・ウォーク - ホテル概要 | ホノルル・ビーチ・ホテル">ホノルル高級ホテル | トランプ・インターナショナル・ホテル・ワイキキ・ビーチ・ウォーク - ホテル概要 | ホノルル・ビーチ・ホテル</a>)。つまり「トランプ・タワー」なのだった。</p>
  349.  
  350. <p>アメリカの次期大統領のトランプ氏は,ビジネスで大儲けしてトランプ・タワーをいくつも持っているとか。気になったので,近くにいた女性に声をかけてみた。まさかアジアのおっさんに声をかけられるとは思わなかったであろうその女性は,一瞬身構えたが,「多分違うわ。名前だけよ (英語)」と答えてくれた。しかし,Wikipedia によると,アメリカ次期大統領所有のものとなっている (<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC" title="トランプ・タワー - Wikipedia">トランプ・タワー - Wikipedia</a>)。</p>
  351.  
  352. <p>脅かすつもりじゃなかったんだよ,姐さん。でも間違っていたよ。やっぱり次期大統領のものだったよ。</p>]]>
  353.  
  354.  
  355.    </content>
  356.  </entry>
  357.  <entry>
  358.    <title type="html">ストリートライブで見つけたバンド EMKE</title>
  359.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001948.html" />
  360.    <updated>2016-12-09T11:55:21Z</updated>
  361.    <published>2016-12-09T20:55:21+09:00</published>
  362.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1948</id>
  363.    <summary type="html">
  364.      ハワイの街なかで遠くから聞こえてきた音楽は EMKE というバンドの演奏だった。
  365.    </summary>
  366.    <author>
  367.      <name>n</name>
  368.      
  369.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  370.    </author>
  371.    <category term="Photo" />
  372.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  373.      <![CDATA[<p>ハワイの街なかで遠くから聞こえてきた音楽は EMKE というバンドの演奏だった。</p>]]>
  374.      <![CDATA[<p>ハワイもこれで見納めかと街をぶらぶらしていたら,何やらバンド演奏の音楽が聞こえてきた。その音に引き寄せられてたどり着いたのはインターナショナル・マーケットプレイスの1階 (<a href="https://goo.gl/maps/4MW5t3gzvwz" title="インターナショナル・マーケットプレイス">インターナショナル・マーケットプレイス - Google Maps</a>)。</p>
  375.  
  376. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8267.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8267-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="EMKE" /></a><br />
  377. 演奏していたのは <a href="https://www.emkehawaii.com/home" title="EMKE">EMKE</a> (エムケー) という女性3人男性1人のバンドだった。バンド名の EMKE はバンド設立時のメンバーの頭文字をとったもので,Eri, Mari, Kira, それからドラマーの男性の E... 彼の名前は語りたくないらしいので不明である (<a href="http://www.j-popworld.com/Interviews/EMKE.php" title="J-Pop World - EMKE Interview">J-Pop World - EMKE Interview</a>)。現在は Payton という男性ドラマーなので,今の頭文字をとれば EMKP になる。</p>
  378.  
  379. <p>楽器の演奏技術もしっかりしているし,歌も上手い。カバー曲もやるし,オリジナル曲もやる。Journey の Don't Stop Believin' が印象的だった。</p>
  380.  
  381. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8269.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8269-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="Kira" /></a><br />
  382. ギターを弾く Kira。ソロのパートになると観客の近くに出てきてくれる。サービス精神も旺盛だ。</p>
  383.  
  384. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8272.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8272-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="Erzi" /></a><br />
  385. ベースを弾く Erzi。バンド内最年少で2000年生まれ。バンド結成2004年の当時は4歳だったというから驚きである (<a href="http://www.j-popworld.com/Interviews/EMKE.php" title="J-Pop World - EMKE Interview">J-Pop World - EMKE Interview</a>)。</p>
  386.  
  387. <p>曲によってメインボーカルが変わったり,楽器を持ち替えたりしていた。素晴らしい演奏だった。</p>]]>
  388.  
  389.  
  390.    </content>
  391.  </entry>
  392.  <entry>
  393.    <title type="html">Marukame だったハワイの丸亀製麺</title>
  394.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001947.html" />
  395.    <updated>2016-12-08T13:56:04Z</updated>
  396.    <published>2016-12-08T22:56:04+09:00</published>
  397.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1947</id>
  398.    <summary type="html">
  399.      ハワイにも讃岐うどんの丸亀製麺がある。日本では Marugame だがハワイでは Marukame となっていて濁らない店名になっていた。
  400.    </summary>
  401.    <author>
  402.      <name>n</name>
  403.      
  404.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  405.    </author>
  406.    <category term="Photo" />
  407.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  408.      <![CDATA[<p>ハワイにも讃岐うどんの丸亀製麺がある。日本では Marugame だがハワイでは Marukame となっていて濁らない店名になっていた。</p>]]>
  409.      <![CDATA[<p>全国展開している讃岐うどんに丸亀製麺がある (<a href="https://www.marugame-seimen.com/" title="讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺">讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺</a>)。最近では世界にも手を広げていて海外に200店舗近くがあるとのこと (<a href="https://www.marugame-seimen.com/foreign_shop/" title="世界の丸亀|讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺">世界の丸亀|讃岐釜揚げうどん 丸亀製麺</a>)。そしてハワイにも2店舗がある。</p>
  410.  
  411. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8239.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8239-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="空いていることはマレな丸亀ワイキキ店" /></a><br />
  412. いつ見ても長蛇の列だったが,時間をずらしたからかすぐに入ることができた。丸亀製麺ワイキキ店。時刻は 16:30 だった。</p>
  413.  
  414. <p>看板をよく見ると「MARUKAME UDON」と書いてある。日本では「まるがめ」だが,ハワイでは「まるかめ」にしているようだ (<a href="http://www.toridollusa.com/" title="MARUKAME UDON">MARUKAME UDON</a>)。</p>
  415.  
  416. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8240.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8240-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="ハワイアンな店員" /></a><br />
  417. 店の中に入ると,厨房にいる店員はハワイアンな感じに満ちあふれている。</p>
  418.  
  419. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8242.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8242-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="釜揚げうどん" /></a><br />
  420. 注文したのは釜揚げうどん。値段は $3.75 税$0.18 の合計 $3.93 で,日本の 290円 よりは高いが,価格を抑えてある。</p>
  421.  
  422. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7993.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7993-thumb.jpg" width="90" height="120" border="0" alt="Marukame Udon のメニュー表" /></a><br />
  423. その他のメニューのお値段はこちら。</p>
  424.  
  425. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8243.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8243-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="割り箸" /></a><br />
  426. 割り箸は,日本からと中国からの取り寄せのようだ。</p>
  427.  
  428. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8244.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8244-thumb.jpg" width="90" height="120" border="0" alt=""Grated Wasabi" /></a><br />
  429. わさびのパッケージは英語だった。製造元は KINJIRUSHI (<a href="http://www.kinjirushi.co.jp/" title="わさびのおいしい食べ方レシピ公開中! |金印のわさび">金印のわさび</a>)。</p>
  430.  
  431. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8245.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8245-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="トレー返却システムの説明" /></a><br />
  432. トレイ返却は日本と同じ自分で下げるスタイルだった。説明は4か国語対応。「Please return your trays to shelf」「トレーを返却してください」それに韓国語と中国語である。</p>
  433.  
  434. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8249.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8249-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="日本語の説明" /></a><br />
  435. 驚いたのは壁の説明。「茹でたて麺をご堪能ください」と日本語で書いてあった。</p>]]>
  436.  
  437.  
  438.    </content>
  439.  </entry>
  440.  <entry>
  441.    <title type="html">ハワイでも Pok&amp;#233;mon GO </title>
  442.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001946.html" />
  443.    <updated>2016-12-07T12:09:04Z</updated>
  444.    <published>2016-12-07T21:09:04+09:00</published>
  445.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1946</id>
  446.    <summary type="html">
  447.      もしかするとレアポケモンと出会えるかも知れないと期待して,ハワイでも Pok&amp;#233;mon GO をやった。
  448.    </summary>
  449.    <author>
  450.      <name>n</name>
  451.      
  452.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  453.    </author>
  454.    <category term="Photo" />
  455.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  456.      <![CDATA[<p>もしかするとレアポケモンと出会えるかも知れないと期待して,ハワイでも Pok&#233;mon GO をやった。</p>]]>
  457.      <![CDATA[<p>せっかく海外に来たのだし,日本では出会えないレアポケモンを捕まえられるかも知れない。そう期待してハワイでも Pok&#233;mon GO を起動した。</p>
  458.  
  459. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8164.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8164-thumb.png" width="120" height="213" border="0" alt="野生のポッポが飛び出した" /></a><br />
  460. しかし,予想とはウラハラに,出てくるポケモンは日本でもおなじみのものばかりだった。ポッポ,コラッタ,ビードル,海の近くでコダック,少し珍しかったのはコイル,ビリリダマ。</p>
  461.  
  462. <p>ポケストップは沢山あった。街なかにも海岸沿いにもありまくり。</p>
  463.  
  464. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8063.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8063-thumb.png" width="120" height="213" border="0" alt="Fountain at Allure Waikiki" /></a><br />
  465. 上のポケストップは,アルーアワイキキにある噴水。</p>
  466.  
  467. <p>ポケストップに入っているのは,アメリカ人ぽい名前と日本人がつけそうな名前が半々くらいだった。ポケモンをやっている日本人は多い模様。</p>
  468.  
  469. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8021.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8021-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="白いハト" /></a><br />
  470. 珍しいポケモンを見かけることはなかったが,珍しいハトポッポはいた。スコールの後にできた水たまりに白いハトが水を飲みに来ていた。警戒心はあまり強くないようだった。</p>]]>
  471.  
  472.  
  473.    </content>
  474.  </entry>
  475.  <entry>
  476.    <title type="html">ハワイの Wi-Fi 事情</title>
  477.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001945.html" />
  478.    <updated>2016-12-06T13:09:38Z</updated>
  479.    <published>2016-12-06T22:09:38+09:00</published>
  480.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1945</id>
  481.    <summary type="html">
  482.      ハワイ旅行をしたときの無線 LAN についてまとめておく。ハワイと言ってもワイキキだけ。
  483.    </summary>
  484.    <author>
  485.      <name>n</name>
  486.      
  487.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  488.    </author>
  489.    <category term="Photo" />
  490.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  491.      <![CDATA[<p>ハワイ旅行をしたときの無線 LAN についてまとめておく。ハワイと言ってもワイキキだけ。</p>]]>
  492.      <![CDATA[<p>フリー Wi-Fi は,基本的に暗号化のない WEP 接続である。セキュリティが気になる場合は,https の通信にするか,いっそのこと使わないかのどちらかしかない。私は,フリーの Wi-Fi がある場合はそれを使い,通常のブラウジングなら http,セキュアな情報を扱うときは https 接続とした。</p>
  493.  
  494. <h2>空港</h2>
  495.  
  496. <h3>成田空港</h3>
  497.  
  498. <p>成田空港では,無料の Wi-Fi を使うことができる。Wi-Fi の SSID として「FreeWiFi-NARITA」を選択し,ブラウザを起動して画面の指示にしたがって進めると接続ができる (<a href="https://www.narita-airport.jp/jp/service/svc_33_wire" title="Wi-Fi / 電源コンセントスペース | 成田国際空港公式WEBサイト">Wi-Fi / 電源コンセントスペース | 成田国際空港公式WEBサイト</a>)。</p>
  499.  
  500. <h3>ホノルル空港</h3>
  501.  
  502. <p>現時点では Wi-Fi のサービスはない。</p>
  503.  
  504. <h2>航空機内</h2>
  505.  
  506. <h3>United Airlines</h3>
  507.  
  508. <p>インターネット接続サービスは有料 (<a href="https://www.united.com/web/ja-JP/content/travel/inflight/wifi/default.aspx" title="機内Wi-Fi | Wi-Fiサービス | United Airlines">機内Wi-Fi | Wi-Fiサービス | United Airlines</a>)。</p>
  509.  
  510. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7789.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7789-thumb.png" width="120" height="213" border="0" alt="Internet 利用は有料" /></a><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7790.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7790-thumb.png" width="120" height="213" border="0" alt="Entertainment は無料" /></a><br />
  511. 映画は無料で見ることができるが,同じタイトルは備え付けの液晶ディスプレイでも見ることができる。どうしても自分のスマホで観たいという人向け。</p>
  512.  
  513. <h3>ANA</h3>
  514.  
  515. <p>インターネット接続サービスは有料 (<a href="https://www.ana.co.jp/international/departure/inflight/wifi/" title="ANA Wi-Fiサービスのご案内 [国際線]|空港・機内で[国際線]|ANA">ANA Wi-Fiサービスのご案内 [国際線]|空港・機内で[国際線]|ANA</a>)。</p>
  516.  
  517. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8369.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8369-thumb.png" width="120" height="213" border="0" alt="ANA WiFi Service" /></a><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8370.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8370-thumb.png" width="120" height="213" border="0" alt="ANA WiFi Service ブラウザ画面" /></a><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8371.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8371-thumb.png" width="120" height="213" border="0" alt="ANA WiFi サービス利用料金" /></a><br />
  518. SSID は「ANA WiFi Service」。ブラウザの画面には天気,時刻,到着までの時間が表示される。30分プランが6.95USドル,3時間プランが16.95USドル,フルフライトプランが21.95USドルとなっている。</p>
  519.  
  520. <h2>ワイキキのフリー Wi-Fi</h2>
  521.  
  522. <p>ホノルル空港にはフリー Wi-Fi がないが,ワイキキにはある。荷物を預けるのにお世話になった JCB プラザラウンジ。手頃な価格とチップを気にせず注文ができるロイヤルハワイアンセンターのフードコート,それからトロリーバスにフリー Wi-Fi がある。スターバックスコーヒーも,日本と同じようにフリー Wi-Fi がある。ショッピング・センターでは,インターナショナルマーケットプレイスや T ギャラリア by DFS にもある。その他にもフリー Wi-Fi を提供している施設は多い (<a href="http://www.nakutemo-hawaii.com/kaigai-wifi/" title="ハワイWIFI・無料スポットと利用方法(地図と設定方法) 1/3">ハワイWIFI・無料スポットと利用方法(地図と設定方法)</a>)。</p>
  523.  
  524. <p>フリー Wi-Fi は,客寄せになり,時間つぶしとして引き止める役にも立つため,間接的に売上の向上につながることから,提供する商業施設が多いのだ。</p>
  525.  
  526. <h2>レンタルのモバイル Wi-Fi</h2>
  527.  
  528. <p>モバイル Wi-Fi については,Wi-Fi ルータを国内で借りていった。数日前までに Web で予約し,成田空港で借りて成田空港で返すスタイルである。価格の比較には<a href="http://kakaku.com/mobile_data/world-wifi/" title="価格.com - 海外Wi-Fiレンタル22サービスの料金比較">価格.com</a>を使い,最安のフォートラベルの通常プラン (250MB/日) を選んだ。紛失や盗難などの補償はつけず,もしも失くした場合は海外旅行保険で弁償することにした。もちろん,紛失しないように肌身離さず持ち歩くようにしした。</p>
  529.  
  530. <h3>使用量チェック</h3>
  531.  
  532. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7846.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7846-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="モバイル Wi-Fi の通信量表示" /></a><br />
  533. ホノルル空港に到着してから,モバイル Wi-Fi の電源を入れて使用量をチェックしてみたところ,すでに 0.71GB 使ったことになっていた。前の使用者の記録が残っているのかも知れない。細かいことは分からないが,このモバイル Wi-Fi の画面で1日の使用量をチェックすることになる。</p>
  534.  
  535. <h3>仲間がいっぱい</h3>
  536.  
  537. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7851.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_7851-thumb.png" width="120" height="213" border="0" alt="Verizon-MiFi" /></a><br />
  538. ホノルル空港に到着してから,モバイル Wi-Fi の電源を入れてみると,周りにたくさんのお仲間がいることが判明した。自分と同じ「Verizon-MiFi」から始まる SSID を持つモバイル Wi-Fi がいくつも表示されたからだ。みなさん日本でレンタルしてきたのだろう。そして,他の人たちも周りに仲間がいることが分かったに違いない。</p>
  539.  
  540. <p>お仲間がいるのは嬉しい反面,問題もある。SSID の文字列が長すぎて後ろの方が表示されず,自分のモバイル Wi-Fi がどれか分からないのである。「Verizon-MiFi6620L-」の後ろに識別番号があるのだが,長過ぎるために省略されてしまっている。信号の一番大きいアクセスポイントに当たりをつけてみるしかないのだ。</p>
  541.  
  542. <h3>使用量チェックアプリが使い物にならない</h3>
  543.  
  544. <p>契約したプランでは,1日の通信量が 250 MB なので超過しないように注意しなければならない。モバイル Wi-Fi のソフトケースに同梱されていた説明書に,通信量チェックアプリが推奨されていた。My Data Manager (<a href="https://itunes.apple.com/jp/app/my-data-manager-%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%81%AE%E4%BD%BF%E7%94%A8%E7%8A%B6%E6%B3%81%E3%82%92%E8%BF%BD%E8%B7%A1%E3%81%97-%E3%81%8A%E9%87%91%E3%82%92%E7%AF%80%E7%B4%84%E3%81%99%E3%82%8B/id477865384?mt=8" title="My Data Manager - あなたのモバイルデータの使用状況を追跡し、お金を節約するを App Store で">iOS 版</a>,<a href="https://play.google.com/store/apps/details?id=com.mobidia.android.mdm&hl=ja" title="My Data Manager - Google Play の Android アプリ">Android 版</a>) というアプリである。現在のバージョンは 6.1.1。スマホでのデータ通信量を SIM, Wi-Fi, ローミングという種類別に計測して,1日にどれくらい使ったかを表示してくれる。</p>
  545.  
  546. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_3478.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_3478-thumb.png" width="120" height="213" border="0" alt="12月4日の通信量ログ" /></a><br />
  547. 例えば,上の図は12月4日の帰国した日のログである。モバイル (SIM) での通信に 57 MB,Wi-Fi に 197 MB 使用していることが分かる。1時間毎の使用量が分かるという優れものである。</p>
  548.  
  549. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_3477.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_3477-thumb.png" width="120" height="213" border="0" alt="12月1日の通信量ログ" /></a><br />
  550. しかし,実はハワイではあまり効果があるとは言えなかった。実際,使い物にならなかったのである。なぜか? それは,ハワイがフリー Wi-Fi 天国だったからである。上の図は12月1日の記録で,1日に 479 MB 使っていて,上限の 250 MB の2倍になってしまっている。しかし,通信制限は受けていないのだ。スマホとモバイル Wi-Fi 間の通信は Wi-Fi であるから,My Data Manager は Wi-Fi としてカウントする。これはよい。しかし,フリー Wi-Fi のアクセスポイントに接続して通信した場合も Wi-Fi としてカウントするので,区別がつかないのである。結局,通信量のチェックは,モバイル Wi-Fi の液晶表示で見るしかなかったのである。</p>
  551.  
  552. <h2>まとめ</h2>
  553.  
  554. <p>ワイキキにはフリー Wi-Fi を提供している施設が多くある。モバイル Wi-Fi は日本でレンタルしていった方がいいが,フリー Wi-Fi の利用はかなり有効。Wi-Fi 通信量チェックアプリは役に立たない。アクセスポイント別にチェックできるようになれば役に立つようになるだろう。</p>]]>
  555.  
  556.  
  557.    </content>
  558.  </entry>
  559.  <entry>
  560.    <title type="html">ハワイから無事帰国</title>
  561.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001944.html" />
  562.    <updated>2016-12-05T11:41:15Z</updated>
  563.    <published>2016-12-05T20:41:15+09:00</published>
  564.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1944</id>
  565.    <summary type="html">
  566.      大きな事件もなく,ハワイから無事帰国することができた。
  567.    </summary>
  568.    <author>
  569.      <name>n</name>
  570.      
  571.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  572.    </author>
  573.    <category term="Photo" />
  574.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  575.      <![CDATA[<p>大きな事件もなく,ハワイから無事帰国することができた。</p>]]>
  576.      <![CDATA[<h2>帰りは ANA</h2>
  577.  
  578. <p>行きの航空会社は United Airlines だったが (<a href="http://nlogn.ath.cx/archives/001937.html" title="nlog(n): 成田からホノルルへ">nlog(n): 成田からホノルルへ</a>),帰りは ANA になった。コードシェア便のいいところは,往復で別の航空会社のサービスを受けることができるということである。</p>
  579.  
  580. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8348.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8348-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="ANA" /></a><br />
  581. コードシェア便のよくないところは,航空会社によってサービスが違うところである。当たり前か (笑)。例えば,アレルギー持ちの場合は特別な食事を指定することができるが (搭乗の数日前までに),これをそれぞれの航空会社のウェブサイトで行わなければならず,二度手間になる。しかも,メニューは会社ごとに異なりさらに季節ごとに違うので,吟味する必要があり選ぶのに時間がかかるのだ。</p>
  582.  
  583. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8356.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8356-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="エンターテイメントサービス" /></a><br />
  584. ファーストクラスやビジネスクラスは当然だろうが,エコノミークラスの座席にも,一つ一つに専用のディスプレイが備え付けられていて,映画やビデオを楽しむことができる (<a href="https://www.ana.co.jp/serviceinfo/international/inflight/guide/movie/" title="エンターテイメント 映画・ビデオ|Service & Info[国際線]|ANA">エンターテイメント 映画・ビデオ|Service &amp; Info[国際線]|ANA</a>)。</p>
  585.  
  586. <p>行きと違って,帰りは時差ボケとか体調管理とかを気にする必要がないので,映画を見ることにした。見たのは「<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%9B%E3%81%AE%E5%90%8D%E3%81%AF%E3%80%82" title="君の名は。 - Wikipedia">君の名は。</a>」と「<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA_(2016%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)" title="ゴーストバスターズ (2016年の映画) - Wikipedia">ゴーストバスターズ (2016年の映画)</a>」である。新しい映画が見られるというのは嬉しい。「ゴーストバスターズ」は1984年封切りの「<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA" title="ゴーストバスターズ - Wikipedia">ゴーストバスターズ</a>」のリブート作品である。リブート作品というのは,重要部分は残すがその他は作り変えたものを指すそうだ (<a href="http://www.cdjournal.com/main/research/-/4642" title="“リブート”と“リメイク”の違いは? - CDJournal リサーチ">“リブート”と“リメイク”の違いは? - CDJournal リサーチ</a>)。この「ゴーストバスターズ」の場合,妖怪退治をするのが男から女に変わっている。逆に,違うのはそこだけで,ストーリー的にはほぼ同じ。安心して見られる反面,新しい展開はない。旧ゴーストバスターズの出演陣もちょっとだけ出てきて (<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%82%AA%E5%87%BA%E6%BC%94" title="カメオ出演 - Wikipedia">カメオ出演 - Wikipedia</a>),懐かしさも味わえる。ゴースト退治役だった <a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AC%E3%82%A4" title="ビル・マーレイ - Wikipedia">ビル・マーレイ</a> は,今回はゴーストを信じない役で出演している。日本のテレビ番組で言うなら,大槻教授の立ち位置である。英語ははっきりした丁寧な発音で,ハワイ生活の効果もあってか,かなりの部分を聞き取ることができたので,映画の内容よりもむしろそれの方が嬉しかったかも。</p>
  587.  
  588. <p>「君の名は。」については別の記事に書くことにしたい。</p>
  589.  
  590. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8395.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8395-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="PA 作動中" /></a><br />
  591. 映画の上映中でも,アナウンスがあるときは中断される。全員の画面に「PA 作動中」と表示される。</p>
  592.  
  593. <p>帰りの航空機内は,映画鑑賞もできて楽しめたが,体調的にはあまりいいとは言えなかった。成田にあと1時間で到着するという頃に,両耳の中が非常に痛くなったのである。時間にして15分ほども続いたので,死ぬかと思った。高速道路を運転しているときに,気圧の変化で耳がツーンとすることがあるが,あくびをして唾を飲み込めば大抵は解消する。今回は,いくらあくびをしても,いくら唾を飲み込んでも症状は改善しなかった。つらく厳しい時間だった。「早く着いてくれ」と心の中で叫んだ。</p>
  594.  
  595. <p>エコノミークラスは狭い。</p>
  596.  
  597. <p>それでも,落とし物もせず,忘れ物もせず,盗難にもあわず,物騒な事件にも巻き込まれず,病気や怪我もせず,飛行機も落下せずに帰って来られたので,それだけで十分である。</p>]]>
  598.  
  599.  
  600.    </content>
  601.  </entry>
  602.  <entry>
  603.    <title type="html">冷や汗をかいた帰りの空港行きのシャトルバス</title>
  604.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001943.html" />
  605.    <updated>2016-12-04T12:42:16Z</updated>
  606.    <published>2016-12-04T21:42:16+09:00</published>
  607.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1943</id>
  608.    <summary type="html">
  609.      空港行きのシャトルバスに乗るためにピックアップ時刻ちょうどについたところ,バスはすでに出た後だった。
  610.    </summary>
  611.    <author>
  612.      <name>n</name>
  613.      
  614.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  615.    </author>
  616.    <category term="Photo" />
  617.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  618.      <![CDATA[<p>空港行きのシャトルバスに乗るためにピックアップ時刻ちょうどについたところ,バスはすでに出た後だった。</p>]]>
  619.      <![CDATA[<h2>シャトルバスの予約</h2>
  620.  
  621. <p>ハワイから帰国するために,ワイキキから空港へのシャトルバスを手配しなければならない。ここで,懸命な読者は指摘するに違いない「なぜシャトルバスを往復で予約しなかったのか」と。その通りである。しかし,実は予約ができなかったのである。実際には見つけられなかっただけで,予約を先送りにした。</p>
  622.  
  623. <p>行きのシャトルバスは,<a href="https://www.veltra.com/jp/hawaii/oahu/" title="ハワイ(オアフ島)旅行の観光・オプショナルツアー予約 VELTRA(ベルトラ)">VELTRA(ベルトラ)</a> が扱っているいくつかのシャトルバスのうち,H.I.S.ハワイのサービスを使った。これが US$15.00 で一番安かったからである。</p>
  624.  
  625. <p>ところが,帰りを同じ H.I.S. のシャトルバスで予約しようとしたら,できなかったのである。「ワイキキ→空港プラン」は「9:40〜19:30にホノルルを出発するフライトをご利用のお客様のみが対象」となっていて,筆者の乗る飛行機 9:20 発はこの範囲に含まれていないのである。20分くらいいいじゃないかと思うが,申込時にはフライト番号を入力する必要があるのでバレてしまうのだ。</p>
  626.  
  627. <p>帰国する日が近づいてきたので,同じ VELTRA が扱っているシャトルバスで,9:20ホノルル発に対応しているバスを探したところ,安いバスを発見。ツアー催行会社はロバーツハワイで,料金は US$16.00 だった。申込時には,連絡先電話番号,フライト番号と空港発の時刻,ピックアップのホテル名の入力が必要である。</p>
  628.  
  629. <p>申し込んでしばらくしてから,VELTRA からメールが入った。飛行機の出発時刻が違うようだが,「登録電話番号にかけたが連絡がつかなかったので,ホテルに問い合わせたら宿泊客に該当がなかったのでメールで連絡している」と。連絡先電話番号としては Google Voice で取得したアメリカの電話番号を登録してあった。確かに,その電話番号に着信があったことは知っていた。Google が着信を音声認識して内容をメールで送ってくれていたからである。しかし,音声が不明瞭だったのか,意味不明の英文だったために間違い電話だろうと思って無視していたのである。ホテルについては確かにその通りで,ピックアップ場所にしていしただけで宿泊していたわけではなかったからである。滞在していたのは,「ピックアップ場所のホテルの近くのコンドミニアム」だったからである。問題の航空機出発時刻については,入力情報が間違っていたので訂正のメールを送って予約が完了した。</p>
  630.  
  631. <h2>バウチャーの印刷問題</h2>
  632.  
  633. <p>シャトルバスのウェブサイトには,予約が完了したらバウチャー (予約票) を印刷しておけとあった。ここで問題が発生。</p>
  634.  
  635. <p>会議の会場のホテルでは,プリンタを自由に使わせるサービスは提供していなかったのである。印刷するには,まず <a href="http://www.printeron.com/" title="Remote, Wireless & Secure Printing Solutions by PrinterOn">PrinterOn</a> に印刷ジョブを送り,印刷先のホテルを指定する。するとホテルのプリンタから出力されるので,それをカウンターで受け取れというのである。ぐぬぬ。ということは,印刷ジョブを送る前に PrinterOn なるサービスに登録をしなければならないではないか。決済は PrinterOn が行うらしいが,印刷物を受け取るまでの道のりが長すぎる。</p>
  636.  
  637. <p>ホノルルの初日にお世話になった <a href="http://www.jcb.jp/ws/plaza/lounge_honolulu.html" title="JCBプラザ ラウンジ・ホノルル | クレジットカードJCB 海外でも便利な優待特典やJCB PLAZA情報">JCBプラザ ラウンジ・ホノルル</a> でもプリントサービスがあるではないか。しかし,最終日ということでうっかり観光をしてしまったため,営業時間 9:00AM〜8:00PM 内にたどりつけなかったのだった。</p>
  638.  
  639. <p>仕方ないので,滞在中のコンドミニアムのホストに交渉して,自宅のプリンタを使わせてもらうことにした。「普通は印刷なんてしなくていいと思うけど?」と若干の嫌味ともつかぬコメントをもらいながら,印刷は完了した。Mac 用のプリンタドライバで出力できなかったため,Mac 内で VirtualBox を起動しその上で Windows を起動して Windows 用プリンタドライバをインストールして印刷出力ができたのだった。</p>
  640.  
  641. <h2>シャトルバスが来ない</h2>
  642.  
  643. <p>シャトルバスのピックアップ時刻は 5:45AM だったので,早起きして支度をした。前の晩の民泊のホストとの打ち合わせで,「鍵は机の上に置いて,オートロックで出ていってくれ」とのことだったので,忘れ物は絶対にできない。最悪の場合,電話してホストを起こすという最終手段が残ってはいるが使いたくない。念入りに部屋のチェックをして出発。</p>
  644.  
  645. <p>ピックアップ場所についたのが 5:45AM で,ジャスト予約時刻になってしまった。ところがシャトルバスがいない。他の宿泊客はいるがバスがない。ホテルマンに聞いてみるが,分からないとの回答。</p>
  646.  
  647. <p>このとき,例の印刷したバウチャーが役に立った。「このバスなんだけど,場所はここで合ってる?」という会話をするのに,印刷されているものだと便利に使えるのだ。スマホだと相手に渡すときに緊張するが,紙なら気にしなくてもいいからである。バウチャーに書いてある問い合わせ先は 7:30 からと書いてある。まだ営業していないのだ。ホテルの受付で聞いてあげるよとホテルマンについて行って聞いてみたりしているうちに,6:00AM を回ってしまった。</p>
  648.  
  649. <p>ホテルの正面入口などをチェックしてからシャトルバスの発着所に戻ってみると,先程の親切なホテルマンはもういなかった。どうやら 6:00AM に交代だったらしい。決められた時刻ぴったりに,数秒の狂いなく,交代していくようだ。</p>
  650.  
  651. <p>バウチャーをもう一度よく見ると,下の方に 5:30AM から有効な電話番号が書いてあることに気がついた。電話してみると,「運転手からは乗客が来ていないので出発する」という連絡を受けているとのこと。もしかすると,私が到着したのは 5:45AM30秒だったが,バスは5:45AM0秒丁度に出発してしまったのかも知れない…。ああこれで終わりか。気を取り直して何とかならないかと交渉してみると,「6:30AM にバスが行くがそれに乗るか?」というので,これに決定した。単純計算でホノルル空港の到着が45分遅くなるが,それ以外に打つ手はないのだ。</p>
  652.  
  653. <p>日本から持ってきたスマホで,ついに電話をかけてしまった。これって,もしかして日本からハワイへの国際電話? いくらになるのだろうか?</p>
  654.  
  655. <h2>やっときたシャトルバス</h2>
  656.  
  657. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8308.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8308-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="シャトルバスに乗り込む" /></a><br />
  658. やっとというか,予定通り 6:30AM にシャトルバスが到着した。筆者がそのバスの最初の乗客で,それからあっちのホテル,こっちのホテルとぐるぐるとワイキキ市内を回って,空港に到着したのが 7:30AM だった。航空機出発時刻は 9:20AM なので間に合ったのである。</p>
  659.  
  660. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8313.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8313-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="ヤシの木も見納め" /></a><br />
  661. チェックインすると,優先して通してくれるゲートのチケットをくれた。ありがたい。お土産のつまった手荷物の重量は 19.6 kg で,超過料金は不要だった。</p>
  662.  
  663. <h2>まとめ</h2>
  664.  
  665. <p>シャトルバスのバウチャーは面倒でも印刷しておくとよい。航空機を予約する時,日中の便利な時間帯に出発する飛行機にしておくと,シャトルバスの本数が増えるし,安いシャトルバスも予約できる。ただし,航空券は高くなることがあるので注意が必要である。</p>]]>
  666.  
  667.  
  668.    </content>
  669.  </entry>
  670.  <entry>
  671.    <title type="html">残念だったワイキキのハードロックカフェ</title>
  672.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001942.html" />
  673.    <updated>2016-12-02T09:14:06Z</updated>
  674.    <published>2016-12-02T18:14:06+09:00</published>
  675.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1942</id>
  676.    <summary type="html">
  677.      ハワイに来てからハワイらしいことを何もしてねぇ! というわけで向かったハードロックカフェ。しかし冷めたホットコーヒーが出てきた。
  678.    </summary>
  679.    <author>
  680.      <name>n</name>
  681.      
  682.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  683.    </author>
  684.    <category term="Photo" />
  685.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  686.      <![CDATA[<p>ハワイに来てからハワイらしいことを何もしてねぇ! というわけで向かったハードロックカフェ。しかし冷めたホットコーヒーが出てきた。</p>]]>
  687.      <![CDATA[<h2>はじめに</h2>
  688.  
  689. <p>ハワイに来てから「これぞハワイ」ということをしていない。コンドミニアムとホテルの往復で終わっている。これではいけない (いけないこともないのだが)。ハードロックカフェにでも行ってみるか,ということにした。</p>
  690.  
  691. <h2>ハードロックカフェ</h2>
  692.  
  693. <p>ハードロックカフェは全世界展開しているアメリカンレストランである (<a href="https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7" title="ハードロックカフェ - Wikipedia">ハードロックカフェ - Wikipedia</a>)。日本でも東京や大阪など6店舗で営業されている。1号店はロンドンにあり,エリック・クラプトンやピート・タウンゼントのギターが飾ってあるそうだ (<a href="http://hardrockjapan.com/memorabilia/" title="MEMORABILIA | Hard Rock Cafe Japan &#8211; ハードロックカフェ・ジャパン">MEMORABILIA | Hard Rock Cafe Japan &#8211; ハードロックカフェ・ジャパン</a>)。そして世界中に120店舗以上あるそうだ。したがって,ワイキキのハードロックカフェが珍しいわけではない。</p>
  694.  
  695. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8227.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8227-thumb.jpg" width="90" height="120" border="0" alt="ハードロックカフェのギター" /></a><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8228.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8228-thumb.jpg" width="90" height="120" border="0" alt="ハードロックカフェのギター" /></a><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8229.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8229-thumb.jpg" width="90" height="120" border="0" alt="ハードロックカフェのギター" /></a><br />
  696. しかし,ワイキキのハードロックカフェが特別なのはその内装である。山ほどのギターが壁から天井にかけて貼り付けられているのである。壮観だが見上げていると首が疲れる。</p>
  697.  
  698. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8226.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8226-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="Hard Rock Cafe" /></a><br />
  699. ワイキキのハードロックカフェの開店は1987年 (<a href="http://www.hardrock.com/cafes/honolulu/" title="Hard Rock Cafe Honolulu, Hawaii - Live Music and Dining in Honolulu, Hawaii - Waikiki Restaurants">Hard Rock Cafe Honolulu, Hawaii</a>)。ティナ・ターナーのカツラも展示されている (<a href="http://www.hardrock.com/cafes/honolulu/memorabilia.aspx" title="Memorabilia">Memorabilia</a>)。</p>
  700.  
  701. <h2>ハードロックカフェのカフェ</h2>
  702.  
  703. <p>ハンバーガーが有名なようだが,店の名前が「カフェ」であるので,カフェを注文することにした。</p>
  704.  
  705. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8232.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8232-thumb.jpg" width="90" height="120" border="0" alt="ハードロックカフェのメニュー" /></a><br />
  706. メニューをもらって見てみると,困ったことに値段が書いてない。「温かい飲み物」に「コーヒー」はあるのだが,その値段が不明なのである。コーヒーの値段が異様に高いということはなかろうという見込みでホットコーヒーを注文した。</p>
  707.  
  708. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8235.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8235-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="ハードロックなカフェ" /></a><br />
  709. コーヒー1杯にかなり待たされ,ようやく出てきた。コーヒーの他に砂糖の詰め合わせとラージサイズのミルクが2本ついてきた。なかなか気前がよいではないか。ミルクを1本入れて飲む。</p>
  710.  
  711. <p>しかしこれがヌルい。ヌルすぎるのだ。「ホットコーヒー」のはずなのに「ホット」ではない。ミルクは冷えていたが,ミルクの温度だけではここまでヌルくはならないはずである。しかし,ミルクを入れればある程度は冷めもする。</p>
  712.  
  713. <p>これは失敗だった。ミルクを入れる前に一口飲んでみるべきだったのだ。問題があればそこで店員を呼べばよい。それにしても,コーヒー1杯に問題があるとは思わなかったのでウカツだった。残念だと思いながらもそのままゆっくりと飲み干した。</p>
  714.  
  715. <p>伝票には,コーヒーの値段 US$3.89 と税金 US$0.18 が書かれていた。そして「チップは含まれていない」とも明記されていた。しかも丁寧に 20% のチップなら US$0.78,18% なら US$0.70 と書いてあった。普通ならこのどちらかの額のチップを払うことになる。</p>
  716.  
  717. <p>支払い時,レジの女性に事情を説明し,ついてはチップについては払う気がないのだけれどもそれでいいかと聞いてみると,「ベリーソーリー」と言う言葉とともに了承してくれた。</p>
  718.  
  719. <h2>おわりに</h2>
  720.  
  721. <p>レストランなどでは,テーブルに担当がひとりついて最後までサービスするものだが,ハードロックカフェでは,席に案内する人,注文をとる人,コーヒーを持ってくる人がすべて違っていた。このような場合,チップは皆でまとめておいて分配するらしい。持ってきたのは白人男性だったが,何か気に食わないところでもあったのだろうか。レジのハワイアンな女性の感じはとてもよかった。</p>
  722.  
  723. <p>コーヒーを注文したときは,ミルクを入れる前にまず一口飲んでみることをお勧めする。</p>]]>
  724.  
  725.  
  726.    </content>
  727.  </entry>
  728.  <entry>
  729.    <title type="html">ワイキキドミトリーのコインランドリー</title>
  730.    <link rel="alternate" type="text/html" href="http://nlogn.ath.cx/archives/001941.html" />
  731.    <updated>2016-12-01T12:56:38Z</updated>
  732.    <published>2016-12-01T21:56:38+09:00</published>
  733.    <id>tag:nlogn.ath.cx,2016:%2F%2F1.1941</id>
  734.    <summary type="html">
  735.      ワイキキにあるドミトリーのコインランドリーで洗濯をする。
  736.    </summary>
  737.    <author>
  738.      <name>n</name>
  739.      
  740.      <email>&#110;@nlogn.ath.cx</email>
  741.    </author>
  742.    <category term="Photo" />
  743.    <content type="html" xml:lang="ja" xml:base="http://nlogn.ath.cx/">
  744.      <![CDATA[<p>ワイキキにあるドミトリーのコインランドリーで洗濯をする。</p>]]>
  745.      <![CDATA[<h2>はじめに</h2>
  746.  
  747. <p>今回のハワイの滞在期間は1週間。荷物を最小限にしたこともあり,途中で洗濯をすることを想定していた。滞在中のドミトリー (アパート) には,住民用のコインランドリーがあるのでこれを使わせてもらうことにした。洗剤は粉石けんを日本から持っていった。コインランドリーは街にもあるが値段が高かったり,値段が同じでも時間が短かったりするのだ。</p>
  748.  
  749. <h2>洗濯機</h2>
  750.  
  751. <h3>使い方</h3>
  752.  
  753. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8030.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8030-thumb.jpg" width="90" height="120" border="0" alt="洗濯機の使い方" /></a><br />
  754. 使い方は洗濯機のフタの裏側に書いてあった。</p>
  755.  
  756. <ol>
  757. <li>洗剤を入れる</li>
  758. <li>洗濯物を入れる</li>
  759. <li>フタを閉める</li>
  760. <li>コインを入れる</li>
  761. </ol>
  762.  
  763. <h3>洗う</h3>
  764.  
  765. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8031.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8031-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="洗濯物を入れる" /></a><br />
  766. 説明書通りに洗剤と洗濯物をイン。</p>
  767.  
  768. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8032.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8032-thumb.jpg" width="90" height="120" border="0" alt="コイン投入口を確認" /></a><br />
  769. コイン投入口を確認する。取っ手を引っ張ると,全体がスライドして手前に出てくる。</p>
  770.  
  771. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8033.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8033-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="コインをスロットにセット" /></a><br />
  772. コインをスロットにセットする。使用するコインは 25 セントコイン 4 枚。合計 1 ドルである。25 セントコインは,1 ドルの 1/4 であることからクォーターと呼ばれている。セットしたら,引き出しを押し込む。奥にガチャリと当たると,コインが落ちて水が出始める。</p>
  773.  
  774. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8034.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8034-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="ダイヤル設定" /></a><br />
  775. ダイヤルは洗濯物の種類や量によって変えるようになっているようだが,よく分からないので適当にセットする。洗濯物の量「Load size」は「Small」,種類は「Colors」にした。「Colors」は,上で見た説明書きだと,水温と回転数ともに「標準」ということらしい。</p>
  776.  
  777. <p>25分待てば洗濯が完了する。暇なので一旦部屋に戻ることにした。</p>
  778.  
  779. <h2>乾燥機</h2>
  780.  
  781. <h3>使い方</h3>
  782.  
  783. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8039.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8039-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="乾燥機使用上の注意" /></a><br />
  784. 乾燥機にも使い方が書いてある…ように見えたが,使い方ではなくて注意書きだった。「変なもの入れるな,子供をそばで遊ばせるな」ごもっとも。</p>
  785.  
  786. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8037.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8037-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="" /></a><br />
  787. 乾燥機は上下二段になっていて,コインの投入口は共通になっている。操作パネルも同じところにあるので,上下間違わないようにボタンを押す。洗濯物を上の段に入れて「Whites &amp; Colors」のボタンを押す。左側の黒い枠は残り時間表示パネルになっていて,見えづらいが「25」と表示されている。1クォーターコインを投入すると 25 分間回ってくれる。</p>
  788.  
  789. <h3>乾燥させる</h3>
  790.  
  791. <p><a href="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8036.html"><img src="http://nlogn.ath.cx/archives/201612/IMG_8036-thumb.jpg" width="120" height="90" border="0" alt="乾燥機" /></a><br />
  792. 洗濯物を入れて扉を閉めてスイッチオン! 後は待つだけ。</p>
  793.  
  794. <h2>まとめ</h2>
  795.  
  796. <p>ドミトリー住人専用のコインランドリーはお手頃価格である。使わせてもらったコインランドリーは,洗濯機 1 ドル (クォーター× 4),乾燥機 25 セント (クォーター) だった。洗濯機のコイン投入方法は特殊だが難しくはない。</p>]]>
  797.  
  798.  
  799.    </content>
  800.  </entry>
  801.  
  802. </feed>

If you would like to create a banner that links to this page (i.e. this validation result), do the following:

  1. Download the "valid Atom 1.0" banner.

  2. Upload the image to your own server. (This step is important. Please do not link directly to the image on this server.)

  3. Add this HTML to your page (change the image src attribute if necessary):

If you would like to create a text link instead, here is the URL you can use:

http://www.feedvalidator.org/check.cgi?url=http%3A//nlogn.ath.cx/atom.xml

Copyright © 2002-9 Sam Ruby, Mark Pilgrim, Joseph Walton, and Phil Ringnalda