Congratulations!

[Valid RSS] This is a valid RSS feed.

Recommendations

This feed is valid, but interoperability with the widest range of feed readers could be improved by implementing the following recommendations.

Source: http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/index.rdf

  1. <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  2.  
  3. <rdf:RDF
  4.  xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
  5.  xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
  6.  xmlns:admin="http://webns.net/mvcb/"
  7.  xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/"
  8.  xmlns="http://purl.org/rss/1.0/"
  9. >
  10.  
  11. <channel rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/">
  12. <title>どろぼうひげの製作記</title>
  13. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/</link>
  14. <description>SFやアニメのプラモデル製作記です(^^)/</description>
  15. <items>
  16. <rdf:Seq>
  17. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-05-14" />
  18. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-05-08" />
  19. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-28" />
  20. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-27" />
  21. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-25" />
  22. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-24" />
  23. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-20" />
  24. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-21-1" />
  25. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-21" />
  26. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-19" />
  27. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-17" />
  28. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-16" />
  29. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-23" />
  30. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-20" />
  31. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-17" />
  32. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-13-1" />
  33. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-13" />
  34. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-11" />
  35. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-09" />
  36. <rdf:li rdf:resource="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-07" />
  37. </rdf:Seq>
  38. </items>
  39.  
  40. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  41. <dc:date>2018-05-14T20:22:01+09:00</dc:date>
  42. <dc:language>ja</dc:language>
  43. </channel>
  44.  
  45. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-05-14">
  46. <title>DORO☆OFF Ex. Ⅷ 開催決定!</title>
  47. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-05-14</link>
  48. <description>DORO☆OFF EXHIBITION Ⅷ の開催日をお知らせします(^^)/開催日 2018年9月22日(土)・23日(日)場所 浅草橋 東商センター3F 展示室A・B ※入場無料まだ開催日と場所しか決まっていませんが、参加の予定が立て易くなる様に、早々と告知させて頂きます。募集開始は7月末頃で、7月頭頃に、募集開始日時をお知らせします。実は今回は、DORO☆OFFとしてカウントされる前に行われたオフ会を含めると、ちょうど10周年に当たります。何か記念のイベントをしたいと思っておりますので、よろしくお願いします!今年もたくさんのご参加を、スタッフ一同お待ちしております!</description>
  49. <dc:subject>DORO☆OFF EXHIBITION</dc:subject>
  50. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  51. <dc:date>2018-05-14T20:22:01+09:00</dc:date>
  52. <content:encoded><![CDATA[
  53. DORO☆OFF EXHIBITION Ⅷ の開催日をお知らせします(^^)/<br />
  54. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E383AAE383BCE38395E383ACE38383E383882018.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E383AAE383BCE38395E383ACE38383E383882018.jpg" width="354" height="500" border="0" align="" alt="リーフレット2018.jpg" /></a><br />
  55. <br />
  56. 開催日 2018年9月22日(土)・23日(日)<br />
  57. 場所 浅草橋 東商センター3F 展示室A・B ※入場無料<br />
  58. <br />
  59. まだ開催日と場所しか決まっていませんが、参加の予定が立て易くなる様に、早々と告知させて頂きます。<br />
  60. 募集開始は7月末頃で、7月頭頃に、募集開始日時をお知らせします。<br />
  61. <br />
  62. 実は今回は、DORO☆OFFとしてカウントされる前に行われたオフ会を含めると、ちょうど10周年に当たります。<br />
  63. 何か記念のイベントをしたいと思っておりますので、よろしくお願いします!<br />
  64. <br />
  65. 今年もたくさんのご参加を、スタッフ一同お待ちしております!<br />
  66. <a name="more"></a>
  67. ]]></content:encoded>
  68. </item>
  69. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-05-08">
  70. <title>静岡ホビーショー参加します!</title>
  71. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-05-08</link>
  72. <description>今年もDORO☆OFFとして静岡ホビーショーへ参加します(^^)/2018年 5月12日~13日ツインメッセ静岡DORO☆OFFは昨年とほぼ変わらず、L-150(L列の一番奥です)です。毎年全国からたくさんのモデラーが集まる、日本最大の模型の祭典。我々も模型誌掲載作品を中心にラインナップを取り揃え、みなさんのお越しをお待ちしております。是非遊びに来て下さいね(^^)/さて、先日発売になった「STAR WARS MODELING ARCHIVE Ⅱ」も、好評発売中です!DORO☆OFFブースでは、書籍を展示して自由にご覧頂けますので、お手に取ってお確かめ下さい!んで、図々しくも出版記念としてサイン会を開催する事になりました(^_^*)----- どろぼうひげサイン会 -----5月12日 13:00~14:00大日本絵画ブース関連書籍(「電飾しましょっ!」「スペースネイビーヤード」などでも可)をお買い求め頂いた方へ整理券を配布致します。誰も来なかったら寂しくて死んでしまうので、この機会に、是非お買い求め下さいo(^_^)oよろしくお願い致します!ボクが今年展示する作品をご紹介します。1.バンダイ 1/2 BB-8大きくてキュートなBB-8。左右に首を振り、おしゃべりしながらお出迎えします。2.バンダイ 1/1000 ドレッドノート徹底的に電飾を組み込みました。ベースのスイッチで波動砲が撃てますので、お試し下さい。3.バンダイ 1/1000 宇宙戦艦ヤマト2202マッシブになった2202ヤマトも波動砲が撃てます。エンジンが停止し、照明が次々と消えて行き、波動砲を発射するシーケンスを再現しています。ベースのエンブレムが発射スイッチで、いつても撃てます。是非ご体感下さい。4.ハセガワ 1/1500 アルカディア号原作コミック版の、ブルーグリーンの美しいプロポーション。細部をディテールアップし、可能な限りの電飾を仕込みました。5.バンダイ メカコレ アンドロメダメカコレサイズでありながら、細部まで忠実に再現されています。自己照明まで加えた電飾を詰め込みました。こちらも気軽に波動砲が撃てます。お試し下さい!6.バンダイ ビーコレ AT-M6何気に組んでみたら、細部まで非常に良く出来たキットで、本気で作ってしまいました。ポーズ変え、電飾、ベースまで作って、キャノンはマイコン制御です。7.バンダイ ブルマのカプセルバイク小さいけ..</description>
  73. <dc:subject>静岡ホビーショー</dc:subject>
  74. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  75. <dc:date>2018-05-08T19:17:16+09:00</dc:date>
  76. <content:encoded><![CDATA[
  77. 今年もDORO☆OFFとして静岡ホビーショーへ参加します(^^)/<br />
  78. <br />
  79. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/EFBCA4EFBCAFEFBCB2EFBCAFE29886EFBCAFEFBCA6EFBCA6E38396E383BCE382B9-6d97d.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_EFBCA4EFBCAFEFBCB2EFBCAFE29886EFBCAFEFBCA6EFBCA6E38396E383BCE382B9-6d97d.jpg" width="500" height="500" border="0" align="" alt="DORO☆OFFブース.jpg" /></a><br />
  80. 2018年 5月12日~13日<br />
  81. ツインメッセ静岡<br />
  82. DORO☆OFFは昨年とほぼ変わらず、L-150(L列の一番奥です)です。<br />
  83. 毎年全国からたくさんのモデラーが集まる、日本最大の模型の祭典。<br />
  84. 我々も模型誌掲載作品を中心にラインナップを取り揃え、みなさんのお越しをお待ちしております。<br />
  85. 是非遊びに来て下さいね(^^)/<br />
  86. <br />
  87. さて、先日発売になった「STAR WARS MODELING ARCHIVE Ⅱ」も、好評発売中です!<br />
  88. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/STAR20WARS20MODELING20ARCHIVE20E285A1-f2309.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_STAR20WARS20MODELING20ARCHIVE20E285A1-f2309.jpg" width="500" height="353" border="0" align="" alt="STAR WARS MODELING ARCHIVE Ⅱ.jpg" /></a><br />
  89. DORO☆OFFブースでは、書籍を展示して自由にご覧頂けますので、お手に取ってお確かめ下さい!<br />
  90. んで、図々しくも出版記念としてサイン会を開催する事になりました(^_^*)<br />
  91. ----- どろぼうひげサイン会 -----<br />
  92. 5月12日 13:00~14:00<br />
  93. 大日本絵画ブース<br />
  94. 関連書籍(「電飾しましょっ!」「スペースネイビーヤード」などでも可)をお買い求め頂いた方へ整理券を配布致します。<br />
  95. 誰も来なかったら寂しくて死んでしまうので、この機会に、是非お買い求め下さいo(^_^)o<br />
  96. よろしくお願い致します!<br />
  97. <br />
  98. ボクが今年展示する作品をご紹介します。<br />
  99. 1.バンダイ 1/2 BB-8<br />
  100. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E585A8E4BD931-19773.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E585A8E4BD931-19773.jpg" width="375" height="500" border="0" align="" alt="全体1.jpg" /></a><br />
  101. 大きくてキュートなBB-8。<br />
  102. 左右に首を振り、おしゃべりしながらお出迎えします。<br />
  103. <br />
  104. 2.バンダイ 1/1000 ドレッドノート<br />
  105. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E585A8E699AFE38080E5B7A6E5898DE3818BE38289-26501.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E585A8E699AFE38080E5B7A6E5898DE3818BE38289-26501.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="全景 左前から.jpg" /></a><br />
  106. 徹底的に電飾を組み込みました。<br />
  107. ベースのスイッチで波動砲が撃てますので、お試し下さい。<br />
  108. <br />
  109. 3.バンダイ 1/1000 宇宙戦艦ヤマト2202<br />
  110. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/YAMATO220220E38396E383ADE382B0E38388E38383E38397E794A8-931cd.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_YAMATO220220E38396E383ADE382B0E38388E38383E38397E794A8-931cd.jpg" width="500" height="227" border="0" align="" alt="YAMATO2202 ブログトップ用.jpg" /></a><br />
  111. マッシブになった2202ヤマトも波動砲が撃てます。<br />
  112. エンジンが停止し、照明が次々と消えて行き、波動砲を発射するシーケンスを再現しています。<br />
  113. ベースのエンブレムが発射スイッチで、いつても撃てます。是非ご体感下さい。<br />
  114. <br />
  115. 4.ハセガワ 1/1500 アルカディア号<br />
  116. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E889A6E6A98BE782B9E781AF-d8222.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E889A6E6A98BE782B9E781AF-d8222.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="艦橋点灯.jpg" /></a><br />
  117. 原作コミック版の、ブルーグリーンの美しいプロポーション。<br />
  118. 細部をディテールアップし、可能な限りの電飾を仕込みました。<br />
  119. <br />
  120. 5.バンダイ メカコレ アンドロメダ<br />
  121. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5BE8CE3828DE3818BE382892-9c60f.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5BE8CE3828DE3818BE382892-9c60f.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="後ろから2.jpg" /></a><br />
  122. メカコレサイズでありながら、細部まで忠実に再現されています。<br />
  123. 自己照明まで加えた電飾を詰め込みました。<br />
  124. こちらも気軽に波動砲が撃てます。お試し下さい!<br />
  125. <br />
  126. 6.バンダイ ビーコレ AT-M6<br />
  127. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5898DE3818BE38289-0141a.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5898DE3818BE38289-0141a.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="前から.jpg" /></a><br />
  128. 何気に組んでみたら、細部まで非常に良く出来たキットで、本気で作ってしまいました。<br />
  129. ポーズ変え、電飾、ベースまで作って、キャノンはマイコン制御です。<br />
  130. <br />
  131. 7.バンダイ ブルマのカプセルバイク<br />
  132. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5B7A6E382A6E382A4E383B3E382ABE383BC-24479.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5B7A6E382A6E382A4E383B3E382ABE383BC-24479.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="左ウインカー.jpg" /></a><br />
  133. 小さいけど、懐かしくて個人的に製作しちゃいました。<br />
  134. 地面が左右に傾き、ウインカーが点滅します。<br />
  135. タイヤも回転しますが、磨耗が激しいので展示している時は止めています。<br />
  136. <br />
  137. 8.バンダイ 1/144 ジム・スナイパーⅡ<br />
  138. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E6988E20E38182E3818AE3828AE381A73-9f9f9.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E6988E20E38182E3818AE3828AE381A73-9f9f9.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="明 あおりで3.jpg" /></a><br />
  139. MGジムスナイパーⅡのボックスアートがメッチャカッコ良くて、HGUCのキットで再現してみました。<br />
  140. あんまり似てないけど、楽しく製作した作品です。<br />
  141. <br />
  142. 9.wave 1/24 サクラ大戦 光武・改<br />
  143. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38182E3818AE3828AE381A7E380805-4f7d9.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38182E3818AE3828AE381A7E380805-4f7d9.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="あおりで 5.jpg" /></a><br />
  144. 今年の4月に開催された、16BitModels展示会に向けて製作しました。<br />
  145. あれから改良を加え、カメラアイを左右に動かしながら擬似的な歩行動作をします。<br />
  146. <br />
  147. 10.バンダイ 1/72 ミレニアム・ファルコン<br />
  148. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382A8E383B3E382B8E383B3-b648f.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382A8E383B3E382B8E383B3-b648f.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="エンジン.jpg" /></a><br />
  149. STAR WARS MODELING ARCHIVE Ⅱの表紙を飾らせて頂いたファルコンです。<br />
  150. 小さなキズや汚れまで、プロップを可能な限りトレースしました。<br />
  151. <br />
  152. 11.フルスクラッチ 1/800000 デススターⅡ<br />
  153. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E99BBBE9A3BEEFBCAFEFBCAE-fee25.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E99BBBE9A3BEEFBCAFEFBCAE-fee25.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="電飾ON.jpg" /></a><br />
  154. ツイッターで紹介したところ、4300リツィート、8400いいねを頂き、実物を展示する事になりました。<br />
  155. たぶん、展示するのはこれが最後です。<br />
  156. ちょうど、メカコレのデススターⅡも発表になり、ナイスタイミングです。<br />
  157. <br />
  158. 自分のばかりで恐縮ですが、他のメンバーの作品も多数取り揃えて展示します。<br />
  159. ぜひ、お立ち寄り下さいね(^^)/<br />
  160. お待ちしております!<br />
  161. <br />
  162. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  163. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  164. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  165. ]]></content:encoded>
  166. </item>
  167. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-28">
  168. <title>光武 完成画像</title>
  169. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-28</link>
  170. <description>サクラ大戦 光武・改 完成画像です(^^)/2018.04.14 コトブキヤ秋葉原館5F で開催された、16bitModels 展示会に向けて製作しました。16bitModelsは、レトロなゲームを題材とした模型の展示会で、今回で3回目です。たくさんの著名なモデラーがゲームの世界を見事な造型で立体化されている、とても見応えのある展示会です。今回のテーマは「SEGA」ということで、真っ先に頭に浮かんだのが、名作「サクラ大戦」でした。奇しくも、展示会当日にSEGAフェアで、サクラ大戦の続編発表のニュースがあり、とてもタイムリーな作品となりました。作品はwaveさんのキットを、ほぼ素組みで政策しています。キットに付属していた、真宮寺さくらのフィギュア(原型:林浩己氏)を添え、満開のサクラを飾り付けました。桜は、本物の桜の枝を使い、花びらを自作しています。激落ちくんを削って着色した花びらで、満開の桜を表現してみました。ちゃんと桜にみえるのか、不安な気持ちで展示しましたが、来場者のみなさんはみんな優しくて、桜に見えると言って下さって嬉しかったです。解像度の高い花びらの作り方は、他の製作にも応用が効くと思いますので、製作記の方で詳しくご紹介させて頂きました。キットのプロポーションは良好で、ほぼ無改造です。適度に合わせ目処理が必要な部分があり、プラモデル作りの楽しさを満喫できます。ピンクの機体を重く見せるため、色々と塗装を工夫しています。さくらちゃんのフィギュアも、とても良い造型で、合わせ目処理をして普通に塗装しただけで充分満足出来る仕上がりとなります。長いリボンを追加してみました。今回は、光らせる事より動かす事に重点を置いて製作しています。マイコン制御のモーターを内蔵させ、カメラアイが左右に動き、歩行動作も組み込んでみました。歩行動作は、その場で足踏みするだけですが、特殊なリンク機構を使う事でリアルな動きを持たせています。内部の構造や動作の様子は、動画で見て頂くのが一番だと思いますので、記事中で紹介した動画をここにも貼り付けておきます。カメラアイの動作カメラアイの動作の様子歩行動作の仕組み※BGMがあります歩行動作の様子※BGMがあります展示会では、たくさんの方々に見て頂けて嬉しかったです。壊れない限り、機会があればまた展示したいと思いますo(^_^)o現在、2つのブログランキングへ参加しています。1日1回、応援のワンクリッ..</description>
  171. <dc:subject>サクラ大戦 光武 製作記</dc:subject>
  172. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  173. <dc:date>2018-04-28T22:54:28+09:00</dc:date>
  174. <content:encoded><![CDATA[
  175. サクラ大戦 光武・改 完成画像です(^^)/<br />
  176. <br />
  177. 2018.04.14 コトブキヤ秋葉原館5F で開催された、16bitModels 展示会に向けて製作しました。<br />
  178. 16bitModelsは、レトロなゲームを題材とした模型の展示会で、今回で3回目です。<br />
  179. たくさんの著名なモデラーがゲームの世界を見事な造型で立体化されている、とても見応えのある展示会です。<br />
  180. 今回のテーマは「SEGA」ということで、真っ先に頭に浮かんだのが、名作「サクラ大戦」でした。<br />
  181. 奇しくも、展示会当日にSEGAフェアで、サクラ大戦の続編発表のニュースがあり、とてもタイムリーな作品となりました。<br />
  182. <br />
  183. 作品はwaveさんのキットを、ほぼ素組みで政策しています。<br />
  184. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E585A8E4BD932.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E585A8E4BD932.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="全体2.jpg" /></a><br />
  185. キットに付属していた、真宮寺さくらのフィギュア(原型:林浩己氏)を添え、満開のサクラを飾り付けました。<br />
  186. <br />
  187. 桜は、本物の桜の枝を使い、花びらを自作しています。<br />
  188. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E4B88AE3818BE38289-dc32d.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E4B88AE3818BE38289-dc32d.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="上から.jpg" /></a><br />
  189. 激落ちくんを削って着色した花びらで、満開の桜を表現してみました。<br />
  190. ちゃんと桜にみえるのか、不安な気持ちで展示しましたが、来場者のみなさんはみんな優しくて、桜に見えると言って下さって嬉しかったです。<br />
  191. 解像度の高い花びらの作り方は、他の製作にも応用が効くと思いますので、製作記の方で詳しくご紹介させて頂きました。<br />
  192. <br />
  193. キットのプロポーションは良好で、ほぼ無改造です。<br />
  194. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38182E3818AE3828AE381A7E380805-07a66.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38182E3818AE3828AE381A7E380805-07a66.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="あおりで 5.jpg" /></a><br />
  195. 適度に合わせ目処理が必要な部分があり、プラモデル作りの楽しさを満喫できます。<br />
  196. ピンクの機体を重く見せるため、色々と塗装を工夫しています。<br />
  197. さくらちゃんのフィギュアも、とても良い造型で、合わせ目処理をして普通に塗装しただけで充分満足出来る仕上がりとなります。<br />
  198. 長いリボンを追加してみました。<br />
  199. <br />
  200. 今回は、光らせる事より動かす事に重点を置いて製作しています。<br />
  201. マイコン制御のモーターを内蔵させ、カメラアイが左右に動き、歩行動作も組み込んでみました。<br />
  202. 歩行動作は、その場で足踏みするだけですが、特殊なリンク機構を使う事でリアルな動きを持たせています。<br />
  203. 内部の構造や動作の様子は、動画で見て頂くのが一番だと思いますので、記事中で紹介した動画をここにも貼り付けておきます。<br />
  204. <br />
  205. カメラアイの動作<br />
  206. <iframe width="500" height="280" src="https://www.youtube.com/embed/ApbvyPsKVWg?rel=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe><br />
  207. <br />
  208. カメラアイの動作の様子<br />
  209. <iframe width="500" height="280" src="https://www.youtube.com/embed/vxGPL_thrWY?rel=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe><br />
  210. <br />
  211. 歩行動作の仕組み<br />
  212. <iframe width="500" height="281" src="https://www.youtube.com/embed/lTQh35Mqjxc?rel=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe><br />
  213. <div style="text-align:right;">※BGMがあります</div><br />
  214. <br />
  215. 歩行動作の様子<br />
  216. <iframe width="500" height="281" src="https://www.youtube.com/embed/rj2iyMbXL-s?rel=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe><br />
  217. <div style="text-align:right;">※BGMがあります</div><br />
  218. <br />
  219. 展示会では、たくさんの方々に見て頂けて嬉しかったです。<br />
  220. 壊れない限り、機会があればまた展示したいと思いますo(^_^)o<br />
  221. <br />
  222. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  223. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  224. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  225. ]]></content:encoded>
  226. </item>
  227. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-27">
  228. <title>ベースとさくら</title>
  229. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-27</link>
  230. <description>今回はベースと満開のサクラを製作し、完成です(^^)/ベースとして、100均のプラスチックのトレイを逆さまにして使用しますが、光武とさくらちゃんフィギュアだけでは寂しいです。満開のサクラを添えて、華やかなベースにしたいと思いました。サクラの木を製作します。ちょうど製作している時は、サクラが咲き始める頃でした。落ちていたサクラの枝を拾ってきて、実物のサクラで表現します。生の木は水分を含んでいますので、カビが生えてくる可能性がありますし、雑菌もありますので、電子レンジでパチパチ音がし始める程度に、何度か加熱します。見映えの良い部分を組み合わせて枝を横に広げて、光武の上に覆いかぶさるレイアウトにしました。プラ板や爪楊枝を固定して、自立するようにしてあり、立てたまま作業が出来る様にしています。サクラの花は、激おちくんを使いました。スポンジや市販のパウダーなどでは、細かいフワッとした花の様子が表現出来なかったので、細かい粉を作る事からスタートです。ある程度弾力があり、静電気でくっ付き、安価で、加工も楽な素材ということで、激落ちくんを使っています。硬いものに#60のペーパーを貼り付け、ここに円を描きながら激落ちくんをこすり付けて削ります。8個くらい削りました。激落ちくんは、ほとんどが泡なので、1個削り切っても大した量になりません。8個ほど、ひたすら削って粉にしました。アクリル絵の具で着色します。白と赤で薄いピンクを作り、少し垂らして筆でかき混ぜます。激落ちくん同士がくっ付いて、小さなダマがたくさん出来て、やがて絵の具が無くなってきますので、また少し追加してかき回します。決してベタベタにしないのがコツです。全体に着色したら、絵の具が乾くまでかき回し続けますが、このかき回す早さでダマの大きさが変わってきます。ゆっくりかき回せば大きくなり、早くかき回すと細かくなります。自然乾燥させます。絵の具は、ほとんど激落ちくんに付着して乾燥しますが、そのまま一晩放置して、完全に乾燥させます。ドライヤーを使うと、全部吹き飛んでしまいますので、自然乾燥させてください。翌日、更にかき回すとダマが細かくなりますので、様子を見ながら調整します。サクラの花は、ピンクより白に近く、花びらの付け根がほんのりピンクになっているだけです。やっとピンクだと判断できる程度に、着色を抑えてあげました。ちなみに、ここまでに使った激落ちくん、#60ペーパー、カップ、絵の具..</description>
  231. <dc:subject>サクラ大戦 光武 製作記</dc:subject>
  232. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  233. <dc:date>2018-04-27T20:46:44+09:00</dc:date>
  234. <content:encoded><![CDATA[
  235. 今回はベースと満開のサクラを製作し、完成です(^^)/<br />
  236. <br />
  237. ベースとして、100均のプラスチックのトレイを逆さまにして使用しますが、光武とさくらちゃんフィギュアだけでは寂しいです。<br />
  238. 満開のサクラを添えて、華やかなベースにしたいと思いました。<br />
  239. サクラの木を製作します。<br />
  240. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E59C9FE58FB0E4BB98E38191.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E59C9FE58FB0E4BB98E38191.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="土台付け.jpg" /></a><br />
  241. ちょうど製作している時は、サクラが咲き始める頃でした。<br />
  242. 落ちていたサクラの枝を拾ってきて、実物のサクラで表現します。<br />
  243. 生の木は水分を含んでいますので、カビが生えてくる可能性がありますし、雑菌もありますので、電子レンジでパチパチ音がし始める程度に、何度か加熱します。<br />
  244. 見映えの良い部分を組み合わせて枝を横に広げて、光武の上に覆いかぶさるレイアウトにしました。<br />
  245. プラ板や爪楊枝を固定して、自立するようにしてあり、立てたまま作業が出来る様にしています。<br />
  246. <br />
  247. サクラの花は、激おちくんを使いました。<br />
  248. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38192E3818DE3818AE381A1E3818FE38293-a8ccf.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38192E3818DE3818AE381A1E3818FE38293-a8ccf.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="げきおちくん.jpg" /></a><br />
  249. スポンジや市販のパウダーなどでは、細かいフワッとした花の様子が表現出来なかったので、細かい粉を作る事からスタートです。<br />
  250. ある程度弾力があり、静電気でくっ付き、安価で、加工も楽な素材ということで、激落ちくんを使っています。<br />
  251. 硬いものに#60のペーパーを貼り付け、ここに円を描きながら激落ちくんをこすり付けて削ります。<br />
  252. <br />
  253. 8個くらい削りました。<br />
  254. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E7B289E381ABE38199E3828B-34f60.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E7B289E381ABE38199E3828B-34f60.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="粉にする.jpg" /></a><br />
  255. 激落ちくんは、ほとんどが泡なので、1個削り切っても大した量になりません。<br />
  256. 8個ほど、ひたすら削って粉にしました。<br />
  257. <br />
  258. アクリル絵の具で着色します。<br />
  259. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E79D80E889B2-92e8d.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E79D80E889B2-92e8d.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="着色.jpg" /></a><br />
  260. 白と赤で薄いピンクを作り、少し垂らして筆でかき混ぜます。<br />
  261. 激落ちくん同士がくっ付いて、小さなダマがたくさん出来て、やがて絵の具が無くなってきますので、また少し追加してかき回します。<br />
  262. 決してベタベタにしないのがコツです。<br />
  263. 全体に着色したら、絵の具が乾くまでかき回し続けますが、このかき回す早さでダマの大きさが変わってきます。<br />
  264. ゆっくりかき回せば大きくなり、早くかき回すと細かくなります。<br />
  265. <br />
  266. 自然乾燥させます。<br />
  267. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38380E3839EE381ABE381AAE3828B-dddce.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38380E3839EE381ABE381AAE3828B-dddce.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="ダマになる.jpg" /></a><br />
  268. 絵の具は、ほとんど激落ちくんに付着して乾燥しますが、そのまま一晩放置して、完全に乾燥させます。<br />
  269. ドライヤーを使うと、全部吹き飛んでしまいますので、自然乾燥させてください。<br />
  270. 翌日、更にかき回すとダマが細かくなりますので、様子を見ながら調整します。<br />
  271. サクラの花は、ピンクより白に近く、花びらの付け根がほんのりピンクになっているだけです。<br />
  272. やっとピンクだと判断できる程度に、着色を抑えてあげました。<br />
  273. ちなみに、ここまでに使った激落ちくん、#60ペーパー、カップ、絵の具、すべて100均の商品です。<br />
  274. <br />
  275. 細かい枝を再現するため、オランダドライフラワーを使います。<br />
  276. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382AAE383A9E38389E383A9-4953a.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382AAE383A9E38389E383A9-4953a.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="オラドラ.jpg" /></a><br />
  277. さかつうさん(<a href="http://www.shopsakatsu.com/" target="_blank">http://www.shopsakatsu.com/</a>)で購入した、細かい枝の表現に最適なアイテム、オランダドライフラワーに着色して、小さく分けて使います。<br />
  278. スプレーのりを吹き付けて、サクラの花が入ったカップにチョンチョンと押し付けて接着し、トントンと叩いて余分な花びらを落とします。<br />
  279. どの程度のりを吹き付けるかで花びらのボリュームが変わります。<br />
  280. サクラの花は、枝に均等に咲くのではなく、かたまりが集まって咲きます。<br />
  281. また、咲いているのは一番外側になる表面だけで、枝の内部には咲きません。<br />
  282. <br />
  283. サクラの木に穴を開け、様子を見ながら瞬着で固定していきます。<br />
  284. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38193E38293E381AAE38282E381AEE3818BE38197E38289-c8964.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38193E38293E381AAE38282E381AEE3818BE38197E38289-c8964.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="こんなものかしら.jpg" /></a><br />
  285. サクラの場合、花は埋め尽くす様には咲きません。<br />
  286. 枝がチラ見えする程度に、カタマリが寄せ集まった感じに咲きます。<br />
  287. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382A2E38383E38397E381A7-aa5a4.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382A2E38383E38397E381A7-aa5a4.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="アップで.jpg" /></a><br />
  288. 小さな花びらが集まってカタマリを作り、枝が見える程度に集まっていて、表面だけに咲いていて中はスカスカという感じにレイアウトしました。<br />
  289. 粉から作っているので、高い解像度となり、ツブツブが集まっている質感も表現出来たのだと思います。<br />
  290. 市販のパウダーにはサクラ色が無いので、自作してみたい方は是非お試し下さい(^^)/<br />
  291. <br />
  292. さて、ベースの方を進めます。<br />
  293. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5A197E8A385-2a046.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5A197E8A385-2a046.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="塗装.jpg" /></a><br />
  294. 100均のトレーを逆さまにして、プラ板のベースを貼りました。<br />
  295. A リンク機構の先がスリットから出ています。<br />
  296.   ここに光武のかかとを接続します。<br />
  297. B サクラの木は、裏からネジでしっかりと固定しました。<br />
  298.   スキマにはプラ板を挟んで、グラグラしないように接着しています。<br />
  299. C 押しボタンスイッチを取り付ける穴も開口しました。<br />
  300. <br />
  301. 押しボタンは、押した間だけカメラアイを動作させるためのものです。<br />
  302. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382B9E382A4E38383E38381.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382B9E382A4E38383E38381.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="スイッチ.jpg" /></a><br />
  303. カメラアイの動作音がうるさかったので、他のモデラーのみなさんにご迷惑になると思い、押した間だけ動作する仕様にしました。<br />
  304. でも、実際に展示してみたら、会場の騒音で全く気にならなかったので、後程別の用途に変えています。<br />
  305. <br />
  306. 光武の本体を支える支柱を立てます。<br />
  307. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E694AFE69FB1-028da.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E694AFE69FB1-028da.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="支柱.jpg" /></a><br />
  308. 光武の本体は、歩行動作の重荷にならない様に、空中に浮いた状態にします。<br />
  309. 真鍮パイプの途中にプラ板を取り付け、高さを一定に保つ仕組みにしました。<br />
  310. <br />
  311. 支柱は、左右にはある程度の自由度を持たせます。<br />
  312. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382B9E38397E383AAE383B3E382B0-7a79f.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382B9E38397E383AAE383B3E382B0-7a79f.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="スプリング.jpg" /></a><br />
  313. ベース内部では、支柱にスプリングが繋がり、光武を支える前方向にテンションを掛けて固定しました。<br />
  314. これによって、光武ま本体は高さは一定でも前後左右には動く支え方になります。<br />
  315. 足の関節が歩いている感じに見える様に、テンションと方向を微調整しました。<br />
  316. 特に、ヒザがカックンという動きをするとロボットらしくなりましたので、かなりの時間を掛けて調整しています。<br />
  317. <br />
  318. サクラの木の根元には、根を造型しました。<br />
  319. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E6A0B9E58583-e099f.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E6A0B9E58583-e099f.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="根元.jpg" /></a><br />
  320. サクラの枝自体はネジで固定しましたが、やはり根っこは欲しいですね。<br />
  321. エポパテで形を作り、塗装で誤魔化しました(^_^*)<br />
  322. パテで造型する際、歯ブラシでトントン叩いて、細かい凹凸をたくさん付けてあげると、サクラらしくなります。<br />
  323. 着色は、パテの黄色を活かし、薄いブラックで少しずつ筆塗りして、黄色が残った茶色に仕上げています。<br />
  324. <br />
  325. これで完成となりました。<br />
  326. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5AE8CE68890-aa124.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5AE8CE68890-aa124.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="完成.jpg" /></a><br />
  327. 何とか開催日の前に仕上がり、たくさんの方々に見て頂く事が出来ました。<br />
  328. 来場してくれたみなさん、ありがとうございました(^^)/<br />
  329. <br />
  330. ところが、カメラアイの配線が断線するというトラブルに見舞われました。<br />
  331. ポリウレタン線のままでは、長時間の動きにより金属疲労に耐えられなかったみたいです。<br />
  332. 帰宅後、配線をビニール線に替えました。<br />
  333. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E694B9E4BFAE-4a4dc.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E694B9E4BFAE-4a4dc.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="改修.jpg" /></a><br />
  334. ある程度長く配線して、配線の一部に負担が集中しないようにしています。<br />
  335. 今度は大丈夫だと思いますが、せっかく修理するので、改良を加えました。<br />
  336. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E58685E983A8E381AEE6A798E5AD90-6906d.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E58685E983A8E381AEE6A798E5AD90-6906d.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="内部の様子.jpg" /></a><br />
  337. カメラアイの動作音が気にならない事が判明しましたので、マイコンとリレーを新たに追加して、まずはカメラアイが光って動き出してから歩行動作する様にしました。<br />
  338. 40秒経って、カメラアイが10秒単独で動いてから30秒歩行します。<br />
  339. 使わなくなったスイッチを利用して、待機している間でもスイッチを押せば、すぐ歩行を開始するプログラムを組みました(手動優先)<br />
  340. 動作は良好で、あとは歩行装置が壊れるまで、歩いてくれると思います。<br />
  341. 一番近い機会は静岡ホビーショーですが、どこかで見かける機会があれば、ぜひ遊んであげて下さいねo(^_^)o<br />
  342. <br />
  343. 完成状態でのカメラアイの動きや、歩行動作を動画にしました。<br />
  344. <iframe width="500" height="281" src="https://www.youtube.com/embed/rj2iyMbXL-s?rel=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe><br />
  345. <div style="text-align:right;">※BGMがあります</div><br />
  346. 実際の動きをお楽しみ頂ければ幸いです。<br />
  347. <br />
  348. 完成画像は、別の記事としてアップします。<br />
  349. <br />
  350. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  351. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  352. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  353. ]]></content:encoded>
  354. </item>
  355. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-25">
  356. <title>塗装と組み立て</title>
  357. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-25</link>
  358. <description>今回は塗装と組み立ての様子をご紹介させて頂きます(^^)/カメラアイの電動化、歩行動作の製作と、メインディシュは終わってしまった感がありますが、製作記はもうちょっと続きます(^_^*)塗装の前に、ちょっとだけディテールアップしました。頭部に付いているオーバル型の突起物ですが、穴が抜けていなかったので開口しました。それだけなんですけどね(^_^*)実際に穴が開いていた方がリアルになりますねそれと、脇の下にちょっとしたメカを追加しています。ジャンクパーツから、それらしく追加してみたのですが、完成するとほとんど見えません(+_+)気分的なものですね・・・他にディテールアップした部分は無くて、古いキットなのに、とても完成度の高いキットですね。塗装します。薄いパーツが多くありますので、光の透過を防ぐのと、立体感を強調するために、ブラックでシャドー吹きしました。関節やエッジに、少しだけブラックを残す感じでピンクを吹いています。ピンクは、ビンのまま吹くとオモチャっぽくなるので、ピンク40%・クールホワイト55%・パープル5%で明るいけど重く見えるピンクに調色しました。小物はゴールドやシルバーなど、メタリック系が多いのですが、マスキングせずに筆塗りで仕上げています。本体は、突起物に開けた穴から内部が見えてしまうので、下地のブラックを残してあります。完成してみたら、中なんて全然見えなかったんですけどね(^_^;)後部には、支柱を挿す穴を開けておき、そこからカメラアイのための電源ラインを引き出してあります。スミ入れ後、汚しを加えました。スミ入れはエナメルで、ブラックとフラットアースのこげ茶を流しています。左側はスミ入れだけですけど、リアリティーが足りない気がしますよね。サクラ機は、あまり汚れていないイメージだったのですが、少し汚しを加えた方がよさそうだったので、軽く加えてみたのが右側です。この汚しは、綿棒にコゲ茶を含ませて、エッジでコロコロ転がして着色したものです。失敗しても溶剤で拭き取るだけですので、納得の行くまで何度でもトライ出来ます。んで、塗装が終了しました。背中に煙突がありますが、ここはウェザリングマスターのススをこすり付けて再現しています。スス汚れは関節などにも少々加えており、パウダーでなければ表現できない汚れを加えてみました。最後に、支柱を固定します。真鍮パイプを曲げて、固定するための溝を彫りました。パイプを綺麗に曲げる..</description>
  359. <dc:subject>サクラ大戦 光武 製作記</dc:subject>
  360. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  361. <dc:date>2018-04-25T19:40:16+09:00</dc:date>
  362. <content:encoded><![CDATA[
  363. 今回は塗装と組み立ての様子をご紹介させて頂きます(^^)/<br />
  364. <br />
  365. カメラアイの電動化、歩行動作の製作と、メインディシュは終わってしまった感がありますが、製作記はもうちょっと続きます(^_^*)<br />
  366. 塗装の前に、ちょっとだけディテールアップしました。<br />
  367. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38387E382A3E38386E383BCE383ABE382A2E38383E383971.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38387E382A3E38386E383BCE383ABE382A2E38383E383971.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="ディテールアップ1.jpg" /></a><br />
  368. 頭部に付いているオーバル型の突起物ですが、穴が抜けていなかったので開口しました。<br />
  369. それだけなんですけどね(^_^*)<br />
  370. 実際に穴が開いていた方がリアルになりますね<br />
  371. それと、脇の下にちょっとしたメカを追加しています。<br />
  372. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38387E382A3E38386E383BCE383ABE382A2E38383E383972-d8251.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38387E382A3E38386E383BCE383ABE382A2E38383E383972-d8251.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="ディテールアップ2.jpg" /></a><br />
  373. ジャンクパーツから、それらしく追加してみたのですが、完成するとほとんど見えません(+_+)<br />
  374. 気分的なものですね・・・<br />
  375. 他にディテールアップした部分は無くて、古いキットなのに、とても完成度の高いキットですね。<br />
  376. <br />
  377. 塗装します。<br />
  378. 薄いパーツが多くありますので、光の透過を防ぐのと、立体感を強調するために、ブラックでシャドー吹きしました。<br />
  379. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5A197E3828AE383AFE382B1-bf1eb.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5A197E3828AE383AFE382B1-bf1eb.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="塗りワケ.jpg" /></a><br />
  380. 関節やエッジに、少しだけブラックを残す感じでピンクを吹いています。<br />
  381. ピンクは、ビンのまま吹くとオモチャっぽくなるので、ピンク40%・クールホワイト55%・パープル5%で明るいけど重く見えるピンクに調色しました。<br />
  382. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5A197E3828AE383AFE382B12-c2db0.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5A197E3828AE383AFE382B12-c2db0.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="塗りワケ2.jpg" /></a><br />
  383. 小物はゴールドやシルバーなど、メタリック系が多いのですが、マスキングせずに筆塗りで仕上げています。<br />
  384. 本体は、突起物に開けた穴から内部が見えてしまうので、下地のブラックを残してあります。<br />
  385. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5A197E3828AE383AFE382B13-5308e.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5A197E3828AE383AFE382B13-5308e.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="塗りワケ3.jpg" /></a><br />
  386. 完成してみたら、中なんて全然見えなかったんですけどね(^_^;)<br />
  387. 後部には、支柱を挿す穴を開けておき、そこからカメラアイのための電源ラインを引き出してあります。<br />
  388. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5A197E3828AE383AFE382B14-5f3c1.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5A197E3828AE383AFE382B14-5f3c1.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="塗りワケ4.jpg" /></a><br />
  389. <br />
  390. スミ入れ後、汚しを加えました。<br />
  391. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E6B19AE38197-5f949.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E6B19AE38197-5f949.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="汚し.jpg" /></a><br />
  392. スミ入れはエナメルで、ブラックとフラットアースのこげ茶を流しています。<br />
  393. 左側はスミ入れだけですけど、リアリティーが足りない気がしますよね。<br />
  394. サクラ機は、あまり汚れていないイメージだったのですが、少し汚しを加えた方がよさそうだったので、軽く加えてみたのが右側です。<br />
  395. この汚しは、綿棒にコゲ茶を含ませて、エッジでコロコロ転がして着色したものです。<br />
  396. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E7B6BFE6A392E382B3E383ADE382B3E383AD-ccaa5.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E7B6BFE6A392E382B3E383ADE382B3E383AD-ccaa5.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="綿棒コロコロ.jpg" /></a><br />
  397. 失敗しても溶剤で拭き取るだけですので、納得の行くまで何度でもトライ出来ます。<br />
  398. <br />
  399. んで、塗装が終了しました。<br />
  400. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5A197E8A385E7B582E4BA86E38080E5898D.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5A197E8A385E7B582E4BA86E38080E5898D.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="塗装終了 前.jpg" /></a><br />
  401. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5A197E8A385E7B582E4BA86E38080E5BE8CE3828D-1ba1f.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5A197E8A385E7B582E4BA86E38080E5BE8CE3828D-1ba1f.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="塗装終了 後ろ.jpg" /></a><br />
  402. 背中に煙突がありますが、ここはウェザリングマスターのススをこすり付けて再現しています。<br />
  403. スス汚れは関節などにも少々加えており、パウダーでなければ表現できない汚れを加えてみました。<br />
  404. <br />
  405. 最後に、支柱を固定します。<br />
  406. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E694AFE69FB1-adce4.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E694AFE69FB1-adce4.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="支柱.jpg" /></a><br />
  407. 真鍮パイプを曲げて、固定するための溝を彫りました。<br />
  408. パイプを綺麗に曲げるのは難しいのですが、マジックなどの太いパイプに巻き付けるつもりで少しずつ曲げていくと綺麗に曲げられます。<br />
  409. 配線を通し、本体にガッチリと固定します。<br />
  410. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E694AFE69FB1E38393E382B9E6ADA2E38281-c2a74.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E694AFE69FB1E38393E382B9E6ADA2E38281-c2a74.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="支柱ビス止め.jpg" /></a><br />
  411. 本体に差し込んだだけでは回転してしまうので、溝を利用してネジで回転を防止しています。<br />
  412. それからエポキシ接着剤でコーティングしてしまい、二度と外れない程しっかりと固定しました。<br />
  413. この支柱は、歩行動作をする足に負担を掛けないため、本体を空中で支える役目があります。<br />
  414. できるだけしっかりと固定する必要がありました。<br />
  415. <br />
  416. 次回はベースと、満開のサクラの製作をご紹介しますね。<br />
  417. <br />
  418. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  419. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  420. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  421. ]]></content:encoded>
  422. </item>
  423. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-24">
  424. <title>歩行動作の製作</title>
  425. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-24</link>
  426. <description>今回は歩行動作の製作です。ずっと前から歩く動作に興味があって、色々と調べていました。今回製作した歩行動作の原理は、元々は別の模型に使おうと温めていたアイディアだったのですが、あいにく使う機会に恵まれず、放置されていたものです(^_^*)光武を製作する、この機会にやっと実現出来ました。色々と反省点はありますが、とりあえず動いてくれて良かったです。さて、歩行の動きを再現するには、単純にカムとクランクを組み合わせただけでは上手く表現出来ません。どうしても、カクカクした直線的な動きになってしまい、重量のあるロボがノシノシと歩く動きにはならないのです。そこで、今回はシェビチェフリンク(別名:ホーキンスリンク)という構造を使います。このGIFは「Hyrodium laboratory」さんhttps://hylab.blogspot.jp/2012/12/tchebicheff-link.html?showComment=1522511135393#c8343250552248649981でご紹介されていたものを転用させて頂きました。単純な構造でありながら、平行移動で下がる動作、放物線を描きながら素早く戻る動作など、歩行を再現するには最適なリンクであると思います。これを使うには、駆動軸カムの回転半径を1として、図の様な比率を取る必要があります。このルールさえ守れば、歩行動作を再現出来るのですから、ありがたいリンク機構ですね。60rpmのギヤードモーターを使い、ギヤとプラ板で自作してみました。歩幅を2.5cmにするために、各動作軸の長さを逆算して決めています。ギヤは、何かをバラした時に取っておいた手持ちから、同じ径のものを2個、加工して使用しました。軸の外れ止めは、綿棒をカットして、縦に割ったものをエポキシ接着剤で固定しています。全てプラ材で製作しているので、強度に不安があります。実は、これは試作品で、上手く行ったら透明なアクリル板で作り直すつもりでしたが、時間的に追い詰められていたので、これをそのまま使ってしまいました(^_^*)完成品では、マイコンでタイマー動作させ、連続で動かさない様に対策しています。足は、キットではポリキャップを使った構造になっています。あまり可動範囲が広いとはいえませんが、歩行動作には充分なクリアランスで、余分なスキマが出来ないぶん、助かってます。このままでは歩行動作が出来ませんので、全ての関節をユル..</description>
  427. <dc:subject>サクラ大戦 光武 製作記</dc:subject>
  428. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  429. <dc:date>2018-04-24T12:48:10+09:00</dc:date>
  430. <content:encoded><![CDATA[
  431. 今回は歩行動作の製作です。<br />
  432. <br />
  433. ずっと前から歩く動作に興味があって、色々と調べていました。<br />
  434. 今回製作した歩行動作の原理は、元々は別の模型に使おうと温めていたアイディアだったのですが、あいにく使う機会に恵まれず、放置されていたものです(^_^*)<br />
  435. 光武を製作する、この機会にやっと実現出来ました。<br />
  436. 色々と反省点はありますが、とりあえず動いてくれて良かったです。<br />
  437. <br />
  438. さて、歩行の動きを再現するには、単純にカムとクランクを組み合わせただけでは上手く表現出来ません。<br />
  439. どうしても、カクカクした直線的な動きになってしまい、重量のあるロボがノシノシと歩く動きにはならないのです。<br />
  440. そこで、今回はシェビチェフリンク(別名:ホーキンスリンク)という構造を使います。<br />
  441. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/Tchebicheff-22633.gif" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_Tchebicheff-22633.gif" width="352" height="392" border="0" align="" alt="Tchebicheff.gif" /></a><br />
  442. このGIFは「Hyrodium laboratory」さん<br />
  443. <a href="https://hylab.blogspot.jp/2012/12/tchebicheff-link.html?showComment=1522511135393#c8343250552248649981" target="_blank">https://hylab.blogspot.jp/2012/12/tchebicheff-link.html?showComment=1522511135393#c8343250552248649981</a><br />
  444. でご紹介されていたものを転用させて頂きました。<br />
  445. 単純な構造でありながら、平行移動で下がる動作、放物線を描きながら素早く戻る動作など、歩行を再現するには最適なリンクであると思います。<br />
  446. これを使うには、駆動軸カムの回転半径を1として、図の様な比率を取る必要があります。<br />
  447. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382B7E382A7E38393E38381E382A7E38395E383AAE383B3E382AFE6AF94E78E87-9f5ff.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382B7E382A7E38393E38381E382A7E38395E383AAE383B3E382AFE6AF94E78E87-9f5ff.jpg" width="500" height="444" border="0" align="" alt="シェビチェフリンク比率.jpg" /></a><br />
  448. このルールさえ守れば、歩行動作を再現出来るのですから、ありがたいリンク機構ですね。<br />
  449. <br />
  450. 60rpmのギヤードモーターを使い、ギヤとプラ板で自作してみました。<br />
  451. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E383AAE383B3E382AFE5A496E8A6B31-9d770.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E383AAE383B3E382AFE5A496E8A6B31-9d770.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="リンク外観1.jpg" /></a><br />
  452. 歩幅を2.5cmにするために、各動作軸の長さを逆算して決めています。<br />
  453. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E383AAE383B3E382AFE5A496E8A6B32-4eff0.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E383AAE383B3E382AFE5A496E8A6B32-4eff0.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="リンク外観2.jpg" /></a><br />
  454. ギヤは、何かをバラした時に取っておいた手持ちから、同じ径のものを2個、加工して使用しました。<br />
  455. 軸の外れ止めは、綿棒をカットして、縦に割ったものをエポキシ接着剤で固定しています。<br />
  456. 全てプラ材で製作しているので、強度に不安があります。<br />
  457. 実は、これは試作品で、上手く行ったら透明なアクリル板で作り直すつもりでしたが、時間的に追い詰められていたので、これをそのまま使ってしまいました(^_^*)<br />
  458. 完成品では、マイコンでタイマー動作させ、連続で動かさない様に対策しています。<br />
  459. <br />
  460. 足は、キットではポリキャップを使った構造になっています。<br />
  461. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E8B6B3E38080E58583E38085E381AEE6A78BE980A0-d042a.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E8B6B3E38080E58583E38085E381AEE6A78BE980A0-d042a.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="足 元々の構造.jpg" /></a><br />
  462. あまり可動範囲が広いとはいえませんが、歩行動作には充分なクリアランスで、余分なスキマが出来ないぶん、助かってます。<br />
  463. このままでは歩行動作が出来ませんので、全ての関節をユルユルに改造します。<br />
  464. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E8B6B3E38080E383A6E383ABE383A6E383ABE58C96-ae0b0.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E8B6B3E38080E383A6E383ABE383A6E383ABE58C96-ae0b0.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="足 ユルユル化.jpg" /></a><br />
  465. A ヒザはポリキャップですが、ドリルで受けを大きくして、保持力を無くし<br />
  466.   ました。<br />
  467. B 付け根もポリキャップでしたが、シャープペンシルから取り出したスプリ<br />
  468.   ングに置き換えます。<br />
  469.   自由に動く付け根にして、柔軟な動きに対応させます。<br />
  470. C かかとは、ちょうど軸受けのような成型になっていたので、新たにプラパ<br />
  471.   イプで軸を作りました。<br />
  472. D 足の裏は、かかとの一部を切り取り、リンクの軸を接続する軸を作りました<br />
  473.   中央がへこんでいる構造になっている事も、良い方向に働いてくれました。<br />
  474. 全てを組み立てた様子です。<br />
  475. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E8B6B3E38080E8A68BE3819FE79BAEE381AFE382ACE38383E38381E383AA-213d2.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E8B6B3E38080E8A68BE3819FE79BAEE381AFE382ACE38383E38381E383AA-213d2.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="足 見た目はガッチリ.jpg" /></a><br />
  476. 見た目はキットと変わりない様に見えますが、全く保持力の無いヘロヘロな足になりました。<br />
  477. 付け根のスプリングは、スカートの中に隠れて見えなくなってくれるハズです。<br />
  478. この足は、左右貼り合わせなので、接着して合わせ目を消しておきます。<br />
  479. <br />
  480. 歩行装置には、60rpmのギヤードモーターを使ったのですが、1秒間に一回転では早すぎます。<br />
  481. もっと重そうに、ゆっくりと歩行して欲しいので、モーターの回転速度を落とす回路を作りました。<br />
  482. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E6B89BE9809FE59B9EE8B7AF-3ba47.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E6B89BE9809FE59B9EE8B7AF-3ba47.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="減速回路.jpg" /></a><br />
  483. ダーリントントランジスタを使った電圧制御回路です。<br />
  484. ボリュームを回す事で、停止から最大速度まで調節可能です。<br />
  485. 今回は5V1Aの電源を繋ぎますが、この程度なら発熱も心配無いので放熱板は付けませんでした。<br />
  486. 実際、連続動作させてもほんのり温かくなる程度です。<br />
  487. <br />
  488. 歩行装置は、ベースの床下に取り付け、リンクの先だけをスリットから露出させました。<br />
  489. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5BA8AE4B88BE381ABE58F96E3828AE4BB98E38191-84ba6.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5BA8AE4B88BE381ABE58F96E3828AE4BB98E38191-84ba6.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="床下に取り付け.jpg" /></a><br />
  490. 実際にあるくわけで無く、ムーンウォーク状態になります。<br />
  491. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E8B6B3E38080E58F96E3828AE4BB98E38191.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E8B6B3E38080E58F96E3828AE4BB98E38191.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="足 取り付け.jpg" /></a><br />
  492. それでも、ゆっくりした連続動作によって、歩いているように見せる事が出来たと思います。<br />
  493. 実際に動作している様子と、動作原理などは、動画で見て頂けば一発だと思いますので、YouTubeに動画を公開しました。<br />
  494. <iframe width="500" height="281" src="https://www.youtube.com/embed/lTQh35Mqjxc?rel=0" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe><br />
  495. <div style="text-align:right;">※BGMがあります</div><br />
  496. <br />
  497. こちらを見て頂ければ、製作の内容も一発で理解して頂けると思います。<br />
  498. 是非ご覧下さいね(^^)/<br />
  499. <br />
  500. 次回は、塗装・組み立ての様子をご紹介したいと思います。<br />
  501. <br />
  502. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  503. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  504. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  505. ]]></content:encoded>
  506. </item>
  507. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-20">
  508. <title>カメラアイの電動化</title>
  509. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-04-20</link>
  510. <description>2018年4月14日 コトブキヤ秋葉原館5Fにて、第3回16bitModels展示会が開催されました。レトロなゲームを題材として、多数のモデラーが作品を展示するワクワクな展示会ですが、去年は多忙のために参加を断念していたため、今年は気合を入れて製作させて頂きました。今年のテーマは「SEGA」という事で、真っ先に思い浮かんだのは、名作「サクラ大戦」!waveさんから発売されていた「光武・改」を製作してみました。ツイッターで製作過程をツイートしていましたが、ありがたいことにとても好評でしたので、こうしてブログでも製作記として公開することになりましたとさ(^_^*)かなり古いキットですが、仮組みしてみるとプロポーションは良好です。細部まで忠実に再現されていて、ほとんどいじる部分はなさそうです。適度に合わせ目処理が必要な部分があるので、プラモ製作そのものを楽しむ事ができるキットですね。キットには、真宮寺さくらのフィギュアも付属しており、なんと原型は林浩己さん。前後抜きなのでご苦労されたとの事ですが、そんな事は微塵も感じさせない見事な造型で、修正すべき部分は全くありません。‏頑張って塗装してみました(^_^*)金色の部分を残してつや消しでトップコートしてから、ブルーゴールドを筆塗りする事で、キラキラ感を残した仕上げにしています。長いリボンをプラペーパーで追加してみましたが、これがあるともっとサクラちゃんらしくなりますのでお勧めです。さて、今回は電飾よりも動く模型に注力してみたいと思います。来場者のみなさんに楽しんでもらうには、ただ光るだけでは物足りないかな?と思ったもので、ちょっとだけ背伸びしてみます(^_^*)まずはカメラアイですが、光武には上下にチュッパチャップス(?)みたいなカメラアイが2基あり、グリングリン動くんですよね。これを電動で動かしてみたいと思います。60rpmのギヤードモーターに歯車を取り付け、カムとクランクを組み合わせて、左右に動くリンク機構を製作してみました。本体の内部に収めるために、出来るだけコンパクトに製作しています。リンクは上下にあって、2基のカメラアイを同時に動かします。映像では、まるで生き物のようにニュルン!と動きますので、カムの位置を微妙にズラして、同じ動きにならないようにしてみました。左へ動く時と、右へ動く時にはスピードが違いますので、より映像に近い動きを再現できたと思います。実際の動作..</description>
  511. <dc:subject>サクラ大戦 光武 製作記</dc:subject>
  512. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  513. <dc:date>2018-04-20T21:11:25+09:00</dc:date>
  514. <content:encoded><![CDATA[
  515. 2018年4月14日 コトブキヤ秋葉原館5Fにて、第3回16bitModels展示会が開催されました。<br />
  516. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/DaQbpqyVAAAp7R3.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_DaQbpqyVAAAp7R3.jpg" width="353" height="500" border="0" align="" alt="DaQbpqyVAAAp7R3.jpg" /></a><br />
  517. レトロなゲームを題材として、多数のモデラーが作品を展示するワクワクな展示会ですが、去年は多忙のために参加を断念していたため、今年は気合を入れて製作させて頂きました。<br />
  518. 今年のテーマは「SEGA」という事で、真っ先に思い浮かんだのは、名作「サクラ大戦」!<br />
  519. waveさんから発売されていた「光武・改」を製作してみました。<br />
  520. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38391E382B1.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38391E382B1.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="パケ.jpg" /></a><br />
  521. ツイッターで製作過程をツイートしていましたが、ありがたいことにとても好評でしたので、こうしてブログでも製作記として公開することになりましたとさ(^_^*)<br />
  522. <br />
  523. かなり古いキットですが、仮組みしてみるとプロポーションは良好です。<br />
  524. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E4BBAEE7B584E381BFE6ADA3E99DA2-7bc89.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E4BBAEE7B584E381BFE6ADA3E99DA2-7bc89.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="仮組み正面.jpg" /></a><br />
  525. 細部まで忠実に再現されていて、ほとんどいじる部分はなさそうです。<br />
  526. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E4BBAEE7B584E381BFE5BE8CE3828D-e09bd.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E4BBAEE7B584E381BFE5BE8CE3828D-e09bd.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="仮組み後ろ.jpg" /></a><br />
  527. 適度に合わせ目処理が必要な部分があるので、プラモ製作そのものを楽しむ事ができるキットですね。<br />
  528. <br />
  529. キットには、真宮寺さくらのフィギュアも付属しており、なんと原型は林浩己さん。<br />
  530. 前後抜きなのでご苦労されたとの事ですが、そんな事は微塵も感じさせない見事な造型で、修正すべき部分は全くありません。<br />
  531. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38195E3818FE38289E38395E382A3E382AEE383A5E382A2E38080E5A197E8A385E5898D-1230f.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38195E3818FE38289E38395E382A3E382AEE383A5E382A2E38080E5A197E8A385E5898D-1230f.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="さくらフィギュア 塗装前.jpg" /></a>‏<br />
  532. 頑張って塗装してみました(^_^*)<br />
  533. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38195E3818FE38289E38395E382A3E382AEE383A5E382A2E38080E5A197E8A385E5BE8C-9d15c.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38195E3818FE38289E38395E382A3E382AEE383A5E382A2E38080E5A197E8A385E5BE8C-9d15c.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="さくらフィギュア 塗装後.jpg" /></a><br />
  534. 金色の部分を残してつや消しでトップコートしてから、ブルーゴールドを筆塗りする事で、キラキラ感を残した仕上げにしています。<br />
  535. 長いリボンをプラペーパーで追加してみましたが、これがあるともっとサクラちゃんらしくなりますのでお勧めです。<br />
  536. <br />
  537. さて、今回は電飾よりも動く模型に注力してみたいと思います。<br />
  538. 来場者のみなさんに楽しんでもらうには、ただ光るだけでは物足りないかな?と思ったもので、ちょっとだけ背伸びしてみます(^_^*)<br />
  539. まずはカメラアイですが、光武には上下にチュッパチャップス(?)みたいなカメラアイが2基あり、グリングリン動くんですよね。<br />
  540. これを電動で動かしてみたいと思います。<br />
  541. 60rpmのギヤードモーターに歯車を取り付け、カムとクランクを組み合わせて、左右に動くリンク機構を製作してみました。<br />
  542. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382ABE383A1E383A9E382A2E382A4E38080E383AAE383B3E382AFE6A99FE6A78B-62adc.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382ABE383A1E383A9E382A2E382A4E38080E383AAE383B3E382AFE6A99FE6A78B-62adc.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="カメラアイ リンク機構.jpg" /></a><br />
  543. 本体の内部に収めるために、出来るだけコンパクトに製作しています。<br />
  544. リンクは上下にあって、2基のカメラアイを同時に動かします。<br />
  545. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382ABE383A1E383A9E382A2E382A4E38080E4B88BE381ABE38282E383AAE383B3E382AF-60e2e.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382ABE383A1E383A9E382A2E382A4E38080E4B88BE381ABE38282E383AAE383B3E382AF-60e2e.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="カメラアイ 下にもリンク.jpg" /></a><br />
  546. 映像では、まるで生き物のようにニュルン!と動きますので、カムの位置を微妙にズラして、同じ動きにならないようにしてみました。<br />
  547. 左へ動く時と、右へ動く時にはスピードが違いますので、より映像に近い動きを再現できたと思います。<br />
  548. 実際の動作の様子は、動画でご覧下さい。<br />
  549. <iframe width="500" height="280" src="https://www.youtube.com/embed/ApbvyPsKVWg" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe><br />
  550. <br />
  551. このリンク機構を内部に収めるため、前面カバーの裏になる部分を切り取ります。<br />
  552. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5898DE983A8E58886E58887E3828AE58F96E3828A-d9f97.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5898DE983A8E58886E58887E3828AE58F96E3828A-d9f97.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="前部分切り取り.jpg" /></a><br />
  553. 本体は左右貼り合わせで、合わせ目処理をしなくてはならないため、接着してしまうとリンク機構へアクセス出来なくなります。<br />
  554. グリスアップ等が後から可能になる様に、出来るだけ大きく開口しています。<br />
  555. <br />
  556. 内部に収めると、こんな感じ。<br />
  557. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E58685E983A8E381ABE58F8EE7B48D-76edb.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E58685E983A8E381ABE58F8EE7B48D-76edb.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="内部に収納.jpg" /></a><br />
  558. モーターやリンク機構を固定するために、プラ板で支えを作ってあげる必要があります。<br />
  559. 動くものを製作する場合、固定することは割と重要で、騒音や故障を防ぐために手を抜けない部分です。<br />
  560. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E885B0E381AEE59B9EE8BBA2.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E885B0E381AEE59B9EE8BBA2.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="腰の回転.jpg" /></a><br />
  561. 後程記事にしますが、歩行させる仕掛けも作りますので、本体を閉じる前に腰が回転する仕組みも組み込んでおきます。<br />
  562. 磁石で接続させて、自由に動くようにしているだけですが、これが後程スムーズな動きのために役に立ってくれました。<br />
  563. <br />
  564. カメラアイは、動きながら発光もして欲しいです。<br />
  565. しかも、カバーを外す時に、取り外す事も出来るようにしなくてはなりません。<br />
  566. まずは発光ですが、スプリングに光ファイバーを通して、先端まで光を引っぱってくる仕組みにしておきます。<br />
  567. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382ABE383A1E383A9E382A2E382A4E381ABE38395E382A1E382A4E38390E383BC-ec983.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382ABE383A1E383A9E382A2E382A4E381ABE38395E382A1E382A4E38390E383BC-ec983.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="カメラアイにファイバー.jpg" /></a><br />
  568. カメラアイは上下で形状が少し違うのですが、発光させたい形状にアルミテープを貼って、光を反射させました。<br />
  569. 透明なエポキシ接着剤で、カメラのレンズ部分を作っています。<br />
  570. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38391E382A4E38397E381AEE5A5A5E381ABEFBCACEFBCA5EFBCA4-0baf7.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38391E382A4E38397E381AEE5A5A5E381ABEFBCACEFBCA5EFBCA4-0baf7.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="パイプの奥にLED.jpg" /></a><br />
  571. スプリングがピッタリ差し込めるプラパイプを取り付け、奥にチップLEDを仕込みます。<br />
  572. LEDの光は、光ファイバーを通ってカメラアイの先端を光らせるわけです。<br />
  573. これで取り外し可能で、発光も可能なカメラアイの完成です。<br />
  574. LEDは可動部分に取り付けるため、配線をスパイラル状にして固定しましたが、これが大失敗。<br />
  575. 展示会の途中で配線が断線してしまうトラブルに見舞われました(-_-)<br />
  576. 展示会終了後、ビニール配線で繋ぎなおしています。<br />
  577. カメラアイの動作の様子も、動画でご覧下さい。<br />
  578. <iframe width="500" height="280" src="https://www.youtube.com/embed/vxGPL_thrWY" frameborder="0" allow="autoplay; encrypted-media" allowfullscreen></iframe><br />
  579. <br />
  580. モーターの動作音が大きくて、他の展示されているモデラーさん達に対してご迷惑になりそうだったので、カメラアイはスイッチを押した時だけ動く仕様としました。<br />
  581. でも、実際に展示してみたら、会場の喧騒でモーター音なんて、全く気にならなかったです(^_^;)<br />
  582. こちらも後程改良を加えていますので、記事にしたいと思います。<br />
  583. <br />
  584. 次回は、歩行メカをご紹介したいと思います。<br />
  585. よろしくお付き合い下さい。<br />
  586. <br />
  587. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  588. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  589. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><br />
  590. <a name="more"></a>
  591. ]]></content:encoded>
  592. </item>
  593. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-21-1">
  594. <title>AT-M6完成画像</title>
  595. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-21-1</link>
  596. <description>バンダイのビークルコレクション、AT-M6の完成画像です。軽く組んでオシマイにするつもりだったAT-M6ですが、小さいのに細部まで忠実に再現されており、週末に時間を取って、本格的に製作してみることにしました。今回は作例ではなく、完全にプライベートな趣味として製作しています。ジオラマに仕立て、目(操縦席)とキャノンを電飾しています。キャノンは、マイコン制御でスーッと光り出してドーンと撃って、スーッと消えていくプログラムにしています。手のひらサイズとはいえ、細部まで見事に造型されているのは、流石バンダイです。足のポーズを変え、細部をちょっとだけディテールアップした程度でも、充分な迫力ですね。パネルラインを塗り分け、ウェザリングマスターで汚しも加えました。ベースは、石の惑星クエイトの、塩で出来た地表を再現しています。赤い地面が印象的なシーンでしたね。目の発光は、全面が均一に光る工夫を加えています。キャノンは光ファイバーなので、ちょっと光量不足な感じです(+_+)自然光でも撮影してみました。ちょっと白飛びしちゃいましたが、自然光は良いですねぇ(^^♪何気に製作したAT-M6ですが、作っていてとても楽しいキットでした。この値段でここまで楽しめるキットは、そう無いと思います。たくさん作って並べたくなりますね(^_^*)現在、2つのブログランキングへ参加しています。1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m</description>
  597. <dc:subject>AT-M6 製作記</dc:subject>
  598. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  599. <dc:date>2018-02-21T20:45:17+09:00</dc:date>
  600. <content:encoded><![CDATA[
  601. バンダイのビークルコレクション、AT-M6の完成画像です。<br />
  602. <br />
  603. 軽く組んでオシマイにするつもりだったAT-M6ですが、小さいのに細部まで忠実に再現されており、週末に時間を取って、本格的に製作してみることにしました。<br />
  604. 今回は作例ではなく、完全にプライベートな趣味として製作しています。<br />
  605. ジオラマに仕立て、目(操縦席)とキャノンを電飾しています。<br />
  606. キャノンは、マイコン制御でスーッと光り出してドーンと撃って、スーッと消えていくプログラムにしています。<br />
  607. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5898DE3818BE38289-7591f.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5898DE3818BE38289-7591f.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="前から.jpg" /></a><br />
  608. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5B7A6E5898DE3818BE38289-336f0.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5B7A6E5898DE3818BE38289-336f0.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="左前から.jpg" /></a><br />
  609. 手のひらサイズとはいえ、細部まで見事に造型されているのは、流石バンダイです。<br />
  610. 足のポーズを変え、細部をちょっとだけディテールアップした程度でも、充分な迫力ですね。<br />
  611. パネルラインを塗り分け、ウェザリングマスターで汚しも加えました。<br />
  612. <br />
  613. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E4B88AE3818BE38289-9ac1e.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E4B88AE3818BE38289-9ac1e.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="上から.jpg" /></a><br />
  614. ベースは、石の惑星クエイトの、塩で出来た地表を再現しています。<br />
  615. 赤い地面が印象的なシーンでしたね。<br />
  616. <br />
  617. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38182E3818AE3828AE381A7-c31eb.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38182E3818AE3828AE381A7-c31eb.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="あおりで.jpg" /></a><br />
  618. 目の発光は、全面が均一に光る工夫を加えています。<br />
  619. キャノンは光ファイバーなので、ちょっと光量不足な感じです(+_+)<br />
  620. <br />
  621. 自然光でも撮影してみました。<br />
  622. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E887AAE784B6E585893-3d6fe.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E887AAE784B6E585893-3d6fe.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="自然光3.jpg" /></a><br />
  623. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E887AAE784B6E58589E380804-51a36.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E887AAE784B6E58589E380804-51a36.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="自然光 4.jpg" /></a><br />
  624. ちょっと白飛びしちゃいましたが、自然光は良いですねぇ(^^♪<br />
  625. <br />
  626. 何気に製作したAT-M6ですが、作っていてとても楽しいキットでした。<br />
  627. この値段でここまで楽しめるキットは、そう無いと思います。<br />
  628. たくさん作って並べたくなりますね(^_^*)<br />
  629. <br />
  630. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  631. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  632. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  633. ]]></content:encoded>
  634. </item>
  635. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-21">
  636. <title>ベースの製作</title>
  637. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-21</link>
  638. <description>今回は最終回。ベースの製作です(^^)/AT-M6が活躍するシーンは、石の惑星クエイトです。この星の地面は塩で覆われており、土は真っ赤な不思議な星です。ベース自体は100均のコレクションケースを使い、プラ板をひきますが、塩の地面を表現するため、デコボコにする必要があります。マットジェルメディウムという、絵画の表面に塗って保護するノリみたいなペーストを使いました。画材屋さんで入手できます。これに重曹(アク抜き剤として調味料コーナーにあります)を加えて塗ると、デコボコした表面が出来ます。1回塗っただけではデコボコが少ないので、ドライヤーで乾かして塗るを4~5回繰り返しました。重曹とメディウムは6:4くらいだったかな?それに水を少々加えて伸びを良くしています。筆は平筆で、乾燥するとカチカチになって使えなくなるので、100均の筆を使い捨てです(^_^;)表面にヒビ割れを作ります。マイナスの精密ドライバーを押し付けて、ひび割れを作ります。塩が結晶して体積が増えた分、行き場を無くした塩が盛り上がって割れているのだと思います。カットでは無く、ドライバーを押し付けて、盛り上げながら溝を作って表現しました。溝は均一では無く、太さや形はマチマチである方がリアルだと思います。塗装しました。塩である表面は、メディウムでコートされているので塗装しなくてもOKです。割れた溝は、細筆で306を塗装していますが、コレもランダムな太さで書いています。AT-M6が歩く事で、塩が壊れて赤い地面が露出している部分も塗装しました。赤はガイアカラーのピュアオレンジを使い、鮮やかな発色で塗装しています。本当に赤を使うとくすんで暗くなりますので、オレンジを使った方が赤に見えてくれます。土けむりを追加しました。脱脂綿をピュアオレンジで塗装して、土けむりを付けてみました。指でつまんで引き伸ばすと密度が調整できるし、高さも低く抑えられます。足を脱脂綿の上に乗せて固定し、あとから足の周りをピンセットでつまみ上げて、巻き上がったけむりを再現しますので、配分を調整します。実は、鳥の羽の根元にある、フワフワした部分を使おうと思っていたのですが、塗装するとくっついてしまい、フワフワ感が無くなってしまったので、ボツになっています(+_+)瞬着で貼り付けますが、接着剤は光沢がありますので、出来るだけ少量で済ませます。なお、本当は右の前足を付いた部分も赤くなっていなくてはなりません..</description>
  639. <dc:subject>AT-M6 製作記</dc:subject>
  640. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  641. <dc:date>2018-02-21T20:26:00+09:00</dc:date>
  642. <content:encoded><![CDATA[
  643. 今回は最終回。ベースの製作です(^^)/<br />
  644. <br />
  645. AT-M6が活躍するシーンは、石の惑星クエイトです。<br />
  646. この星の地面は塩で覆われており、土は真っ赤な不思議な星です。<br />
  647. ベース自体は100均のコレクションケースを使い、プラ板をひきますが、塩の地面を表現するため、デコボコにする必要があります。<br />
  648. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38399E383BCE382B9E381AFE9878DE69BB9.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38399E383BCE382B9E381AFE9878DE69BB9.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="ベースは重曹.jpg" /></a><br />
  649. マットジェルメディウムという、絵画の表面に塗って保護するノリみたいなペーストを使いました。<br />
  650. 画材屋さんで入手できます。<br />
  651. これに重曹(アク抜き剤として調味料コーナーにあります)を加えて塗ると、デコボコした表面が出来ます。<br />
  652. 1回塗っただけではデコボコが少ないので、ドライヤーで乾かして塗るを4~5回繰り返しました。<br />
  653. 重曹とメディウムは6:4くらいだったかな?それに水を少々加えて伸びを良くしています。<br />
  654. 筆は平筆で、乾燥するとカチカチになって使えなくなるので、100均の筆を使い捨てです(^_^;)<br />
  655. <br />
  656. 表面にヒビ割れを作ります。<br />
  657. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E589B2E3828C-7d992.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E589B2E3828C-7d992.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="割れ.jpg" /></a><br />
  658. マイナスの精密ドライバーを押し付けて、ひび割れを作ります。<br />
  659. 塩が結晶して体積が増えた分、行き場を無くした塩が盛り上がって割れているのだと思います。<br />
  660. カットでは無く、ドライバーを押し付けて、盛り上げながら溝を作って表現しました。<br />
  661. 溝は均一では無く、太さや形はマチマチである方がリアルだと思います。<br />
  662. <br />
  663. 塗装しました。<br />
  664. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5A197E8A385-d45d3.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5A197E8A385-d45d3.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="塗装.jpg" /></a><br />
  665. 塩である表面は、メディウムでコートされているので塗装しなくてもOKです。<br />
  666. 割れた溝は、細筆で306を塗装していますが、コレもランダムな太さで書いています。<br />
  667. AT-M6が歩く事で、塩が壊れて赤い地面が露出している部分も塗装しました。<br />
  668. 赤はガイアカラーのピュアオレンジを使い、鮮やかな発色で塗装しています。<br />
  669. 本当に赤を使うとくすんで暗くなりますので、オレンジを使った方が赤に見えてくれます。<br />
  670. <br />
  671. 土けむりを追加しました。<br />
  672. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E78599-918a7.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E78599-918a7.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="煙.jpg" /></a><br />
  673. 脱脂綿をピュアオレンジで塗装して、土けむりを付けてみました。<br />
  674. 指でつまんで引き伸ばすと密度が調整できるし、高さも低く抑えられます。<br />
  675. 足を脱脂綿の上に乗せて固定し、あとから足の周りをピンセットでつまみ上げて、巻き上がったけむりを再現しますので、配分を調整します。<br />
  676. 実は、鳥の羽の根元にある、フワフワした部分を使おうと思っていたのですが、塗装するとくっついてしまい、フワフワ感が無くなってしまったので、ボツになっています(+_+)<br />
  677. 瞬着で貼り付けますが、接着剤は光沢がありますので、出来るだけ少量で済ませます。<br />
  678. なお、本当は右の前足を付いた部分も赤くなっていなくてはなりませんが、無いほうが躍動感が出る感じがしたので、足跡を付けませんでした。<br />
  679. リアリティーよりビジュアルを優先しました(^_^*)<br />
  680. <br />
  681. AT-M6を固定します。<br />
  682. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E3838DE382B8E6ADA2E38281-7292b.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E3838DE382B8E6ADA2E38281-7292b.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="ネジ止め.jpg" /></a><br />
  683. 地面に付いている足3本は、ネジを使ってプラ板にしっかりと固定しました。<br />
  684. 今回は地面がメディウムだし、脱脂綿を挟むので、接着剤だけの固定では不安です。<br />
  685. ネジの頭が飛び出すので、大きめの穴を開けて逃げ部分を作っています。<br />
  686. 配線は電源供給の2本だけです。<br />
  687. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/EFBCB5EFBCB3EFBCA2-9e527.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_EFBCB5EFBCB3EFBCA2-9e527.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="USB.jpg" /></a><br />
  688. マイクロUSBコネクタを取り付けて、USBの5V電源を利用する事にしました。<br />
  689. コネクタは、秋月電子通商で入手できます。<br />
  690. 表面実装用USBコネクタ・マイクロB・メス(microB)(5個入)<br />
  691. <a href="http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-05254/" target="_blank">http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-05254/</a><br />
  692. 基板用マイクロUSBコネクタ(電源専用)<br />
  693. <a href="http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-10398/" target="_blank">http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-10398/</a><br />
  694. 汎用性のある、マイクロUSBコネクタを使う事で、100均のスマホの充電用のアダプタが使えるし、パソコンでも、モバイルバッテリーを使いまわしてもOK。USBハブを使えば、一度にたくさんの作品へも給電可能になっちゃいます(^^)/<br />
  695. <br />
  696. 100均のコレクションケースは、透明なカバーが付くので持ち運びも楽チンです。<br />
  697. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5AE8CE68890-4c198.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5AE8CE68890-4c198.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="完成.jpg" /></a><br />
  698. 100均サマサマなAT-M6は、これで完成となりましたo(^_^)o<br />
  699. 完成画像は、別記事としてアップしますね。<br />
  700. <br />
  701. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  702. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  703. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  704. ]]></content:encoded>
  705. </item>
  706. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-19">
  707. <title>塗装とマイコン</title>
  708. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-19</link>
  709. <description>今回は塗装とマイコンの仕込みです。塗装は一番楽しくて、我を忘れる作業です。っという訳で、ほとんど写真を撮っていません(^_^*)いきなり基本塗装終了です。まずは全体をガイアのブラックで塗装して、透けを防止しておきます。それからガイアのニュートラルグレーⅠを塗装しています。グレーは、深くなっているところにシャドーを残すだけでなく、ベタ塗りしないでムラムラに塗装しています。ムラムラは僅かな差でも、後から大きく見えてくれる効果があります。それからエクストラーダークシーグレーでパネルを塗り分けました。パネルも均一ではなく、濃淡を付けて吹いています。下地が明るいグレーなので、ちょっと吹いただけでハッキリ色が付いてしまいます。パネルの色違いは、コントラスト差が付き過ぎるとウソっぽくなりますので、もし吹き過ぎたらグレーを重ねて濃度を調整します。パネル以外にも、マスキングで軽く塗り分け部分を作っておきました。ちょっとやってみると吹き加減が判ってくるので、後はフィーリングで何とかなります(^_^;)それからフラットブラック+フラットアースを4:6で混色したエナメルでスミ入れしました。パネルラインがハッキリし過ぎていると、これまたウソっぽくなりますので、かなり薄めて流しています。ここで一度組み立てて、様子を見てみます。立体感マシマシになって、大分良くなったと思いますが、綺麗過ぎます(-_-)SWメカは汚れていないと雰囲気がでないですねタミヤのウェザリングマスターBセットで汚しを加えました。汚し塗装も、ただ汚せば良いわけでなく、物理的な現象を加えてリアルさを加えたいです。A AT-ATにもあった雨だれは、0.3mmで2Bの芯を使ったシャープペンシ  ルで書きました。  書き損じたら消しゴムで消せば、何度でも書き直せます。B 側面は、一番高いところは汚れが少なく、一番低いところは汚れが溜まって  いる感じです。  アチコチに、黒い点を加えるとSWっぽくなります。  偉そうに書きますが、汚しはやり過ぎてしまう事が最大の敵です(^_^;)  何も描き加えていない部分を、いかに残せるかがカギだと思っています。  白い機体が汚れている事を意識して汚しましょう。C エッジにも、汚れを薄く乗せておきます。  立体感がマシマシになります。  ただ、これも全てのエッジに乗せると逆効果で、返って目立たなくなります  ここぞ!というエッジにサラリと乗せてあ..</description>
  710. <dc:subject>AT-M6 製作記</dc:subject>
  711. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  712. <dc:date>2018-02-19T21:32:59+09:00</dc:date>
  713. <content:encoded><![CDATA[
  714. 今回は塗装とマイコンの仕込みです。<br />
  715. <br />
  716. 塗装は一番楽しくて、我を忘れる作業です。<br />
  717. っという訳で、ほとんど写真を撮っていません(^_^*)<br />
  718. いきなり基本塗装終了です。<br />
  719. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382B9E3839FE585A5E3828CE381A8E5A197E3828AE8A8B3.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382B9E3839FE585A5E3828CE381A8E5A197E3828AE8A8B3.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="スミ入れと塗り訳.jpg" /></a><br />
  720. まずは全体をガイアのブラックで塗装して、透けを防止しておきます。<br />
  721. それからガイアのニュートラルグレーⅠを塗装しています。<br />
  722. グレーは、深くなっているところにシャドーを残すだけでなく、ベタ塗りしないでムラムラに塗装しています。<br />
  723. ムラムラは僅かな差でも、後から大きく見えてくれる効果があります。<br />
  724. それからエクストラーダークシーグレーでパネルを塗り分けました。<br />
  725. パネルも均一ではなく、濃淡を付けて吹いています。<br />
  726. 下地が明るいグレーなので、ちょっと吹いただけでハッキリ色が付いてしまいます。<br />
  727. パネルの色違いは、コントラスト差が付き過ぎるとウソっぽくなりますので、もし吹き過ぎたらグレーを重ねて濃度を調整します。<br />
  728. パネル以外にも、マスキングで軽く塗り分け部分を作っておきました。<br />
  729. ちょっとやってみると吹き加減が判ってくるので、後はフィーリングで何とかなります(^_^;)<br />
  730. それからフラットブラック+フラットアースを4:6で混色したエナメルでスミ入れしました。<br />
  731. パネルラインがハッキリし過ぎていると、これまたウソっぽくなりますので、かなり薄めて流しています。<br />
  732. <br />
  733. ここで一度組み立てて、様子を見てみます。<br />
  734. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E7B6BAE9BA97E381AAEFBCA1EFBCB4EFBCADEFBC96-c4ec5.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E7B6BAE9BA97E381AAEFBCA1EFBCB4EFBCADEFBC96-c4ec5.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="綺麗なATM6.jpg" /></a><br />
  735. 立体感マシマシになって、大分良くなったと思いますが、綺麗過ぎます(-_-)<br />
  736. SWメカは汚れていないと雰囲気がでないですね<br />
  737. <br />
  738. タミヤのウェザリングマスターBセットで汚しを加えました。<br />
  739. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E6B19AE38197-66ed6.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E6B19AE38197-66ed6.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="汚し.jpg" /></a><br />
  740. 汚し塗装も、ただ汚せば良いわけでなく、物理的な現象を加えてリアルさを加えたいです。<br />
  741. A AT-ATにもあった雨だれは、0.3mmで2Bの芯を使ったシャープペンシ<br />
  742.   ルで書きました。<br />
  743.   書き損じたら消しゴムで消せば、何度でも書き直せます。<br />
  744. B 側面は、一番高いところは汚れが少なく、一番低いところは汚れが溜まって<br />
  745.   いる感じです。<br />
  746.   アチコチに、黒い点を加えるとSWっぽくなります。<br />
  747.   偉そうに書きますが、汚しはやり過ぎてしまう事が最大の敵です(^_^;)<br />
  748.   何も描き加えていない部分を、いかに残せるかがカギだと思っています。<br />
  749.   白い機体が汚れている事を意識して汚しましょう。<br />
  750. C エッジにも、汚れを薄く乗せておきます。<br />
  751.   立体感がマシマシになります。<br />
  752.   ただ、これも全てのエッジに乗せると逆効果で、返って目立たなくなります<br />
  753.   ここぞ!というエッジにサラリと乗せてあげるのがよろしいかと思います。<br />
  754. <br />
  755. 脚は特に汚れが強い部分です。<br />
  756. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E8849AE381AFE789B9E381AB-85685.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E8849AE381AFE789B9E381AB-85685.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="脚は特に.jpg" /></a><br />
  757. 他よりも多く汚しを加えますが、ここもグレーが無くなる程は加えていません。<br />
  758. こんなに巨大な脚の、全てが汚れているのはおかしいからです。<br />
  759. その代わり、可動する部分には、油汚れとして腺をハッキリさせています。<br />
  760. また、少しだけブラウン成分を加え、細かい点の汚れを多めに加えました。<br />
  761. この辺は好みですね(^_^;)<br />
  762. <br />
  763. そんな汚しを加えて、本体が完成です。<br />
  764. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E383AAE382A2E383ABE381ABE381AAE381A3E3819F-7dc46.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E383AAE382A2E383ABE381ABE381AAE381A3E3819F-7dc46.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="リアルになった.jpg" /></a><br />
  765. 汚しを加える前と比較して頂くと、違いがよく判ると思います。<br />
  766. ちいさなビークルモデルでも、意識して汚せばちゃんと応えてくれるんですよね(^^)<br />
  767. ディテールが素晴らしいキットだからこそ!ですね。<br />
  768. <br />
  769. 今度はマイコンを仕込んでみます。<br />
  770. マイコンといっても、今回は目は光ったままですので、キャノンの発光を制御するだけです。<br />
  771. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/EFBCB0EFBCA9EFBCA3E58685E894B5-d53e7.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_EFBCB0EFBCA9EFBCA3E58685E894B5-d53e7.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="PIC内蔵.jpg" /></a><br />
  772. 内部のダボを1個犠牲にして、PIC12F675を組み込みました。<br />
  773. AはキャノンのLEDで、位置決めできたらエポキシ接着剤で固定しています。<br />
  774. Bがマイコンですが、今回はLED1個を制御するだけなので基盤は使わず、足を平らに曲げて、使わない足はカットしてしまいました。<br />
  775. 目の発光用の保護抵抗や、バイパスコンデンサも取り付けましたが、それでも胴体に余裕で収まっています。<br />
  776. せっかくマイコンを使うので、5秒以内のランダムなタイミングで、ボワッと光り出してパーッと撃って、シューッと消えるプログラムを組みました。<br />
  777. メモリは余りまくっていますが、他にやれる事もないので、贅沢な使い方です(^_^;)<br />
  778. <br />
  779. 最誤はパーツを接着しながら組み立てます。<br />
  780. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E9858DE7B79AE5BC95E3818DE8BEBCE381BF-7cb00.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E9858DE7B79AE5BC95E3818DE8BEBCE381BF-7cb00.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="配線引き込み.jpg" /></a><br />
  781. 移動中に壊れるのがイヤなので、パーツは全てちゃんと接着しています。<br />
  782. 最後は電源を繋ぐだけですが、配線は出来るだけ目立たない位置を通しています。<br />
  783. ポリウレタン線を使っているので、ハンダ付けした部分が他と接触しないように、マステでカバーしました。<br />
  784. <br />
  785. 次回はベースの製作をご紹介します(^^)/<br />
  786. <br />
  787. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  788. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  789. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  790. ]]></content:encoded>
  791. </item>
  792. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-17">
  793. <title>電飾の仕込み</title>
  794. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-17</link>
  795. <description>今回は電飾の仕込みの様子をご紹介します(^^)/電飾すると言っても、AT-M6は光る部分は少ないです。今回は、目というか操縦席の赤い光と、メガキャリバー6キャノンを光らせてみようと思います。まずは目の部分ですが、キットの窓モールドを削り取りました。窓のモールドを削り取り、内部のダボも削って、板が差し込める隙間を作りました。前のデュアル・レーザーは切り離して、プラ板を挟んであごに接着しています。この様に内部を切り取る場合、出来るだけダボは残して、強度と合いの良さを壊さないで置くと、後が楽になります。発光する目の部分は、1mm厚の透明塩ビ板を切り出しました。スキマが開くとカッコ悪いので、この窓の切り出しはタイトです(^_^;)2回程失敗しましたが、何とかピッタリのサイズに切り出し出来ました。ちなみに、ここはアルティメットニッパーで切り出し、断面を綺麗にカットしています。LEDは赤の1608チップLEDです。発光面を下にして、透明板の上へ取り付けました。底と後ろにアルミテープを貼って、透明なエポキシ接着剤で覆う様に固定しています。光を直接前向きにせず、間接照明にする事で、全ての断面が均一に光る仕組みを作りました。ここはそんなに強力に発光しなくても良い部分です。キャノンの方は、光ファイバーを使っています。A 胴体内部に、LEDが収まる空間を作りました。  ニッパーでカットして、ダボ1個を犠牲にしました。  内部には、PICが収まるだけの空間を残してあります。B キットのキャノンは2パーツ構成です。  キッチリとディテールが入っていて素晴らしいのですが、開口されてはいないの  で、このままではファイバーが通せません。C 銃口と銃身の一段太くなっている部分を残してカットし、0.5ミリの穴を貫通  させました。  0.5ミリの光ファイバーを差し込んで、ファイバー自体を銃身の一部として使  います。  銃口もナナメのテーパーが入っているので、穴を貫通させてパーツとして使いま  した。  ちょっと中心がズレて、形が崩れてしまった部分は、瞬着を盛って成型補修して  あります。D LEDは3ミリの砲弾型を使い、熱収縮チューブで遮光しました。  先側を閉じる時に光ファイバーを挟んで、後からファイバーを差し込める穴を作  っておきました。  発光させてみると、ファイバー自体からも光がモレモレですが、塗装で何とかし  たいと思います。ブラッ..</description>
  796. <dc:subject>AT-M6 製作記</dc:subject>
  797. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  798. <dc:date>2018-02-17T21:19:23+09:00</dc:date>
  799. <content:encoded><![CDATA[
  800. 今回は電飾の仕込みの様子をご紹介します(^^)/<br />
  801. <br />
  802. 電飾すると言っても、AT-M6は光る部分は少ないです。<br />
  803. 今回は、目というか操縦席の赤い光と、メガキャリバー6キャノンを光らせてみようと思います。<br />
  804. まずは目の部分ですが、キットの窓モールドを削り取りました。<br />
  805. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E9A0ADE983A8E5898AE3828A.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E9A0ADE983A8E5898AE3828A.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="頭部削り.jpg" /></a><br />
  806. 窓のモールドを削り取り、内部のダボも削って、板が差し込める隙間を作りました。<br />
  807. 前のデュアル・レーザーは切り離して、プラ板を挟んであごに接着しています。<br />
  808. この様に内部を切り取る場合、出来るだけダボは残して、強度と合いの良さを壊さないで置くと、後が楽になります。<br />
  809. <br />
  810. 発光する目の部分は、1mm厚の透明塩ビ板を切り出しました。<br />
  811. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E7AA93E887AAE4BD9C-0ef29.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E7AA93E887AAE4BD9C-0ef29.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="窓自作.jpg" /></a><br />
  812. スキマが開くとカッコ悪いので、この窓の切り出しはタイトです(^_^;)<br />
  813. 2回程失敗しましたが、何とかピッタリのサイズに切り出し出来ました。<br />
  814. ちなみに、ここはアルティメットニッパーで切り出し、断面を綺麗にカットしています。<br />
  815. <br />
  816. LEDは赤の1608チップLEDです。<br />
  817. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E79BAEE381AEEFBCACEFBCA5EFBCA4-a8ecc.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E79BAEE381AEEFBCACEFBCA5EFBCA4-a8ecc.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="目のLED.jpg" /></a><br />
  818. 発光面を下にして、透明板の上へ取り付けました。<br />
  819. 底と後ろにアルミテープを貼って、透明なエポキシ接着剤で覆う様に固定しています。<br />
  820. 光を直接前向きにせず、間接照明にする事で、全ての断面が均一に光る仕組みを作りました。<br />
  821. ここはそんなに強力に発光しなくても良い部分です。<br />
  822. <br />
  823. キャノンの方は、光ファイバーを使っています。<br />
  824. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382ADE383A3E3838EE383B3EFBCACEFBCA5EFBCA4-285d1.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382ADE383A3E3838EE383B3EFBCACEFBCA5EFBCA4-285d1.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="キャノンLED.jpg" /></a><br />
  825. A 胴体内部に、LEDが収まる空間を作りました。<br />
  826.   ニッパーでカットして、ダボ1個を犠牲にしました。<br />
  827.   内部には、PICが収まるだけの空間を残してあります。<br />
  828. B キットのキャノンは2パーツ構成です。<br />
  829.   キッチリとディテールが入っていて素晴らしいのですが、開口されてはいないの<br />
  830.   で、このままではファイバーが通せません。<br />
  831. C 銃口と銃身の一段太くなっている部分を残してカットし、0.5ミリの穴を貫通<br />
  832.   させました。<br />
  833.   0.5ミリの光ファイバーを差し込んで、ファイバー自体を銃身の一部として使<br />
  834.   います。<br />
  835.   銃口もナナメのテーパーが入っているので、穴を貫通させてパーツとして使いま<br />
  836.   した。<br />
  837.   ちょっと中心がズレて、形が崩れてしまった部分は、瞬着を盛って成型補修して<br />
  838.   あります。<br />
  839. D LEDは3ミリの砲弾型を使い、熱収縮チューブで遮光しました。<br />
  840.   先側を閉じる時に光ファイバーを挟んで、後からファイバーを差し込める穴を作<br />
  841.   っておきました。<br />
  842.   発光させてみると、ファイバー自体からも光がモレモレですが、塗装で何とかし<br />
  843.   たいと思います。<br />
  844. <br />
  845. ブラックで遮光しておきます。<br />
  846. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382ADE383A3E3838EE383B3E981AEE58589-decac.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382ADE383A3E3838EE383B3E981AEE58589-decac.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="キャノン遮光.jpg" /></a><br />
  847. 発光させた状態でブラックを吹き付け、完全に光漏れを無くしておきます。<br />
  848. 先端の断面も0.5ミリなので、当然といえば当然なのですが、そんなに強力な光にはなりません(^_^*)<br />
  849. 贅沢に3ミリのLEDを1個まるまる使っても、ショボい光となりました。<br />
  850. <br />
  851. 目の方は、上面だけにブラックを吹いて遮光しています。<br />
  852. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E79BAEE381AEE981AEE58589-1033e.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E79BAEE381AEE981AEE58589-1033e.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="目の遮光.jpg" /></a><br />
  853. もちろん、頭の内部にもブラックを吹いて遮光していますが、窓だけで遮光されている方が安心ですよね。<br />
  854. こちらも光らせながらブラックを吹いて、しっかり遮光しておきました。<br />
  855. ちなみに、どうしても窓の部分にもブラックが付着してしまうので、後から溶剤を綿棒に含ませてふき取っています。<br />
  856. <br />
  857. 次回は塗装と組み立ての様子をご紹介したいと思います。<br />
  858. <br />
  859. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  860. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  861. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  862. ]]></content:encoded>
  863. </item>
  864. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-16">
  865. <title>脚の改修</title>
  866. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-02-16</link>
  867. <description>今回から、バンダイビークルコレクションのAT-M6製作記を連載したいと思います(^^)/実はとっくに完成しておりまして、ツイッターでは製作内容をアップしておりました。作例とかではなく、完全にプライベートで製作していたもので、あまり写真が残っていないのですが、これから製作される方に、少しでも役に立って頂ければ幸いです。まずはキット紹介です。先日公開されたばかりの、「スターウォーズ 最後のジェダイ」のクライマックスに登場する、4足歩行ウォーカーです。軽い気持ちで仮組みしたら、詳細なディテールとAT-AT譲りのカッコ良さで、本格的に作ってみようと思いました。もちろん、電飾も組み込み、簡単なジオラマに仕上げてみようと思います。ディテールは申し分無いのですが、脚がそろった立ち姿であまり強そうに見えません(^_^;)歩いている感じで、片足を浮かせたポーズに変えてみたいと思います。まずは右後ろの足ですが、ここはポーズを変えず、配線を中に通して本体へ電源を供給する足にします。A もも?に溝を彫って、ポリウレタン線を2本埋めました。  厚みが無いので2本埋めるので限界ですね。  チゼルと0.3mmのタガネで溝を彫りました。  付け根まで行けば、胴体で配線が見えなくなりますので、写真の位置までにして  います。B スネ?の部分は、パーツ分割されていますので、ここも内部に溝を彫って配線を  埋めています。  うっかり一度接着してしまって、慌てて剥がしたため、ちょっと接着面が汚いで  す(^_^*)C かかと?へ通すために、一番離れていない前方向を貫通させました。  本来は半円の部分を通すべきなのでしょうが、1mmくらいの間を配線が露出する  だけなので、手抜きしました(^_^;)  実際、余程気を付けて見ないと判らないレベルです。D 足の裏に0.8mmの穴を開けて、配線を逃がしました。  最終的に配線を引き出す穴は、大きめにしておくと設置する時に自由が利いて助か  る場合があります。  配線は内部で固定して、引っぱられても動かない様にしておきます。溝は、エポパテで埋めておきます。実はこの部分はディテールが細かく入っていて、出来れば溝を彫りたくない部分でしたが、内側という事もあり、テキトーな成型でもあまり気になりません。最初にポージングを決めているので、配線を通す際に一番目立たない場所の検討が付いている訳です(^_^)v左後ろ足は、大幅..</description>
  868. <dc:subject>AT-M6 製作記</dc:subject>
  869. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  870. <dc:date>2018-02-16T23:45:45+09:00</dc:date>
  871. <content:encoded><![CDATA[
  872. 今回から、バンダイビークルコレクションのAT-M6製作記を連載したいと思います(^^)/<br />
  873. 実はとっくに完成しておりまして、ツイッターでは製作内容をアップしておりました。<br />
  874. 作例とかではなく、完全にプライベートで製作していたもので、あまり写真が残っていないのですが、これから製作される方に、少しでも役に立って頂ければ幸いです。<br />
  875. まずはキット紹介です。<br />
  876. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38391E38383E382B1E383BCE382B8-6720b.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38391E38383E382B1E383BCE382B8-6720b.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="パッケージ.jpg" /></a><br />
  877. 先日公開されたばかりの、「スターウォーズ 最後のジェダイ」のクライマックスに登場する、4足歩行ウォーカーです。<br />
  878. 軽い気持ちで仮組みしたら、詳細なディテールとAT-AT譲りのカッコ良さで、本格的に作ってみようと思いました。<br />
  879. もちろん、電飾も組み込み、簡単なジオラマに仕上げてみようと思います。<br />
  880. <br />
  881. ディテールは申し分無いのですが、脚がそろった立ち姿であまり強そうに見えません(^_^;)<br />
  882. 歩いている感じで、片足を浮かせたポーズに変えてみたいと思います。<br />
  883. まずは右後ろの足ですが、ここはポーズを変えず、配線を中に通して本体へ電源を供給する足にします。<br />
  884. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/BR20E9858DE7B79A-81d16.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_BR20E9858DE7B79A-81d16.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="BR 配線.jpg" /></a><br />
  885. A もも?に溝を彫って、ポリウレタン線を2本埋めました。<br />
  886.   厚みが無いので2本埋めるので限界ですね。<br />
  887.   チゼルと0.3mmのタガネで溝を彫りました。<br />
  888.   付け根まで行けば、胴体で配線が見えなくなりますので、写真の位置までにして<br />
  889.   います。<br />
  890. B スネ?の部分は、パーツ分割されていますので、ここも内部に溝を彫って配線を<br />
  891.   埋めています。<br />
  892.   うっかり一度接着してしまって、慌てて剥がしたため、ちょっと接着面が汚いで<br />
  893.   す(^_^*)<br />
  894. C かかと?へ通すために、一番離れていない前方向を貫通させました。<br />
  895.   本来は半円の部分を通すべきなのでしょうが、1mmくらいの間を配線が露出する<br />
  896.   だけなので、手抜きしました(^_^;)<br />
  897.   実際、余程気を付けて見ないと判らないレベルです。<br />
  898. D 足の裏に0.8mmの穴を開けて、配線を逃がしました。<br />
  899.   最終的に配線を引き出す穴は、大きめにしておくと設置する時に自由が利いて助か<br />
  900.   る場合があります。<br />
  901.   配線は内部で固定して、引っぱられても動かない様にしておきます。<br />
  902. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38391E38386E59F8BE38281-6a361.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38391E38386E59F8BE38281-6a361.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="パテ埋め.jpg" /></a><br />
  903. 溝は、エポパテで埋めておきます。<br />
  904. 実はこの部分はディテールが細かく入っていて、出来れば溝を彫りたくない部分でしたが、内側という事もあり、テキトーな成型でもあまり気になりません。<br />
  905. 最初にポージングを決めているので、配線を通す際に一番目立たない場所の検討が付いている訳です(^_^)v<br />
  906. <br />
  907. 左後ろ足は、大幅にポーズ変えしました。<br />
  908. 曲がっている足を、真直ぐにしてしまいます。<br />
  909. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/BL20E694B9E980A0-1a239.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_BL20E694B9E980A0-1a239.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="BL 改造.jpg" /></a><br />
  910. A 足が真直ぐになった事で、かかとの接地角度が変わりました。<br />
  911.   半円の部分をカットして、180度回転させて再接着することで接地させ<br />
  912.   ています。<br />
  913.   くるぶし?の角度がおかしいのですが、流石にここは修正するのは難しい<br />
  914.   ので、そのままです。<br />
  915. B ヒザ?は、円形にカットして、真直ぐに再接着しました。<br />
  916.   丸くカットするのは難しく感じるかも知れませんが、裏から丸く溝を彫っ<br />
  917.   て、最後はデザインナイフで少しずつ切り込んで行くと綺麗に切り離せます<br />
  918. C 付け根の角度も変更が必要なので、一度カットしてから余分な角度の分を<br />
  919.   切り取り、再接着しています。<br />
  920. <br />
  921. これで後ろ足が出来ました。<br />
  922. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5BE8CE3828DE8B6B3E694B9E980A0E5BE8C-bf764.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5BE8CE3828DE8B6B3E694B9E980A0E5BE8C-bf764.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="後ろ足改造後.jpg" /></a><br />
  923. 右足はキットのまま配線を通しました。<br />
  924. 左足は真直ぐにポーズ変えをしましたが、だいぶイメージが変わりますね。<br />
  925. <br />
  926. 続いて、前足です。<br />
  927. 左の前足はキットのまま使いますが、右足は1歩前へ踏み出そうとしているポーズで<br />
  928. かかとも地面から浮かせたいです。<br />
  929. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/FLE382ABE38383E38388-3f23e.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_FLE382ABE38383E38388-3f23e.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="FLカット.jpg" /></a><br />
  930. やはり回転軸からカットして、曲がりを大きくしました。<br />
  931. AT-ATと違って、どうも前足は前方向に曲がるみたいですね。<br />
  932. 腕の合わせ目は目立ちますので、しっかり接着して一晩放置し、合わせ目を消しておきます。<br />
  933. <br />
  934. 裏のシリンダーを置き換えました。<br />
  935. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5898DE8849AE694B9E980A0-953b8.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5898DE8849AE694B9E980A0-953b8.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="前脚改造.jpg" /></a><br />
  936. A キットのままですと、4本あるシリンダーがまとめてモールドされています。<br />
  937.   一度削り取って、1/700艦船パーツの砲身を使って、シリンダーの様な<br />
  938.   モールドを再現してみました。<br />
  939.   実物はもっと複雑なリンク機構になっていますので、もうちょっと凝っても<br />
  940.   良かったかな?と、今更思います(^_^*)<br />
  941. B 足の横にある板は、一度切り離してナナメに再接着する事で、重力による垂<br />
  942.   れ下がりを表現しました。<br />
  943. 左足にもシリンダーをつけて、前足も完成です。<br />
  944. <br />
  945. 次回は、電飾の仕込みと塗装をご紹介したいと思います。<br />
  946. よろしくお付き合い下さい(^^)/<br />
  947. <br />
  948. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  949. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  950. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  951. ]]></content:encoded>
  952. </item>
  953. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-23">
  954. <title>しんかい完成</title>
  955. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-23</link>
  956. <description>最終回の今回は、ベースを製作して完成です。作品は水中に沈めますが、そのまま水に入れてもプカプカ浮いてしまいますよね。しんかいの浮力に負けない様に、しっかりと沈めてくれるベースが必要になります。重くて水に溶けず、腐食もしない素材となると、コンクリートが最適かな?A 家の基礎にある通風孔に取り付ける、メッシュ状のカバーを利用しました。  コンクリートがメッシュに入り込み、ガッチリと固定されそうです。  これに、しんかいを取り付けるための金属アングルをネジ止めしました。  このアングルは焼付け塗装してあるので、サビも出にくいです。B ベニヤ板にスチロールで枠を取り付け、合わせ目をガムテープで塞ぎます。  調合済みで、水を混ぜるだけでOKなコンクリートを流し込みました。  コンクリートだけでは強度に不安があったので、川砂を少々加えています。  海底だけでは寂しいので、その辺にあった石を埋め込みました。C 硬化には、この季節では最低でも3日程掛かります。  エッジが立っていて危ないので、金属ヤスリで丸めました。D 一見、上手く行った様に見えますが、拡大して見ると細かい気泡がたくさん  出来てしまっています。  これでは、海底の感じがでませんよねー重曹+メディウムで海底の砂を表現しました。重曹を加えたメディウムを塗って、表面をザラザラにしました。硬化してから水で洗うと、表面に出ている重曹の粒は溶けてしまうのですが、粒状感はしっかり残ってくれます。タンで塗装して、ベースの立ち上がり面はブラックを塗装しました。しんかいを取り付けて沈めてみました。ベースの通気口のサイズにピッタリの水槽を購入しました。安物ですが、ちゃんとガラス製です(^_^;)色々な角度で沈めてみて、一番空気が抜けてくれる角度を探します。キットに穴を開けている時、想定していた角度より大きな角度になりました。最も効率よく空気が抜けていてくれないと、ちょっとしたショックで気泡が出来てしまうので、角度は大事なんです。海洋生物を取り付けました。ダイオウイカは、メインのライトが一番当たる位置へ、支柱をつけて取り付けました。目の前を通り過ぎて行くシーンとしてレイアウトしています。グゾクムシは別の岩場に仲良く3匹を取り付けました。テキトーに取り付けている様に見えますが、実は腹に気泡が出来ない様に、角度をつけて接着しています。これで完成です。水を入れてから15分程度置くと、溶け込..</description>
  957. <dc:subject>しんかい6500 製作記</dc:subject>
  958. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  959. <dc:date>2018-01-23T19:28:31+09:00</dc:date>
  960. <content:encoded><![CDATA[
  961. 最終回の今回は、ベースを製作して完成です。<br />
  962. <br />
  963. 作品は水中に沈めますが、そのまま水に入れてもプカプカ浮いてしまいますよね。<br />
  964. しんかいの浮力に負けない様に、しっかりと沈めてくれるベースが必要になります。<br />
  965. 重くて水に溶けず、腐食もしない素材となると、コンクリートが最適かな?<br />
  966. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382B3E383B3E382AFE383AAE383BCE38388.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382B3E383B3E382AFE383AAE383BCE38388.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="コンクリート.jpg" /></a><br />
  967. A 家の基礎にある通風孔に取り付ける、メッシュ状のカバーを利用しました。<br />
  968.   コンクリートがメッシュに入り込み、ガッチリと固定されそうです。<br />
  969.   これに、しんかいを取り付けるための金属アングルをネジ止めしました。<br />
  970.   このアングルは焼付け塗装してあるので、サビも出にくいです。<br />
  971. B ベニヤ板にスチロールで枠を取り付け、合わせ目をガムテープで塞ぎます。<br />
  972.   調合済みで、水を混ぜるだけでOKなコンクリートを流し込みました。<br />
  973.   コンクリートだけでは強度に不安があったので、川砂を少々加えています。<br />
  974.   海底だけでは寂しいので、その辺にあった石を埋め込みました。<br />
  975. C 硬化には、この季節では最低でも3日程掛かります。<br />
  976.   エッジが立っていて危ないので、金属ヤスリで丸めました。<br />
  977. D 一見、上手く行った様に見えますが、拡大して見ると細かい気泡がたくさん<br />
  978.   出来てしまっています。<br />
  979.   これでは、海底の感じがでませんよねー<br />
  980. <br />
  981. 重曹+メディウムで海底の砂を表現しました。<br />
  982. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E9878DE69BB9-d70c6.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E9878DE69BB9-d70c6.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="重曹.jpg" /></a><br />
  983. 重曹を加えたメディウムを塗って、表面をザラザラにしました。<br />
  984. 硬化してから水で洗うと、表面に出ている重曹の粒は溶けてしまうのですが、粒状感はしっかり残ってくれます。<br />
  985. タンで塗装して、ベースの立ち上がり面はブラックを塗装しました。<br />
  986. <br />
  987. しんかいを取り付けて沈めてみました。<br />
  988. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E8A9A6E38197E381ABE6B288E38281E3828B-0315d.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E8A9A6E38197E381ABE6B288E38281E3828B-0315d.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="試しに沈める.jpg" /></a><br />
  989. ベースの通気口のサイズにピッタリの水槽を購入しました。<br />
  990. 安物ですが、ちゃんとガラス製です(^_^;)<br />
  991. 色々な角度で沈めてみて、一番空気が抜けてくれる角度を探します。<br />
  992. キットに穴を開けている時、想定していた角度より大きな角度になりました。<br />
  993. 最も効率よく空気が抜けていてくれないと、ちょっとしたショックで気泡が出来てしまうので、角度は大事なんです。<br />
  994. <br />
  995. 海洋生物を取り付けました。<br />
  996. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38380E382A4E382AAE382A6E382A4E382AB-8bf34.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38380E382A4E382AAE382A6E382A4E382AB-8bf34.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="ダイオウイカ.jpg" /></a><br />
  997. ダイオウイカは、メインのライトが一番当たる位置へ、支柱をつけて取り付けました。<br />
  998. 目の前を通り過ぎて行くシーンとしてレイアウトしています。<br />
  999. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382B0E382BEE382AFE383A0E382B7-95dde.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382B0E382BEE382AFE383A0E382B7-95dde.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="グゾクムシ.jpg" /></a><br />
  1000. グゾクムシは別の岩場に仲良く3匹を取り付けました。<br />
  1001. テキトーに取り付けている様に見えますが、実は腹に気泡が出来ない様に、角度をつけて接着しています。<br />
  1002. <br />
  1003. これで完成です。<br />
  1004. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5AE8CE68890-6cc22.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5AE8CE68890-6cc22.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="完成.jpg" /></a><br />
  1005. 水を入れてから15分程度置くと、溶け込んでいた気体が水槽の壁やベースなどに気泡として表れてきますので、軽く手でかき回して気泡を取り除く必要があります。<br />
  1006. 展示会などでは、流石に水を入れて展示することは不可能でしょうね(^_^;)<br />
  1007. 水が透明過ぎるので、水彩絵の具で着色してみたら、濁るだけであまり雰囲気アップせず、ベースやキットに色が付く心配があったので着色はしない事にしました。<br />
  1008. X-BASEの上に置くと、無事に発光してくれましたが、ちょっと光が弱いので撮影は長時間露出が必要になります。<br />
  1009. こればかりは仕方ありませんね。<br />
  1010. <br />
  1011. さて、完成画像ですが、実は完成してすぐ納品してしまったので、あまり撮影していません。<br />
  1012. この記事でいくつかご紹介するかたちで完結とさせてください。<br />
  1013. <br />
  1014. まずは全体の画像です。<br />
  1015. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E585A8E4BD93-4fed1.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E585A8E4BD93-4fed1.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="全体.jpg" /></a><br />
  1016. 海底スレスレに浮かぶしんかい6500と、暗闇に照らし出されたダイオウイカです。<br />
  1017. <br />
  1018. しんかい自体も、ディテールアップを加えています。<br />
  1019. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E6A8AAE3818BE38289-49cef.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E6A8AAE3818BE38289-49cef.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="横から.jpg" /></a><br />
  1020. 水中モデルならではの工夫も必要でしたが、初めての経験で楽しかったです。<br />
  1021. <br />
  1022. 水中っぽく、フォトショでエフェクトを加えてみました。<br />
  1023. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E6B0B4E4B8ADE381A3E381BDE3818F.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E6B0B4E4B8ADE381A3E381BDE3818F.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="水中っぽく.jpg" /></a><br />
  1024. 水中でも発光するX-BASEならではの作例になったと思います。<br />
  1025. 配線も不要なので、水中のジオラマ製作にはベストアイテムですね。<br />
  1026. <br />
  1027. 正面から。<br />
  1028. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382A4E382ABE381A82.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382A4E382ABE381A82.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="イカと2.jpg" /></a><br />
  1029. とても神秘的なジオラマになったと思います。<br />
  1030. もっとたくさんのLEDでも、全て光らせる事が可能なので、アクアリウムに使用しても面白いものが出来そうですね。<br />
  1031. X-BASEは、アイディア次第でいろいろと面白いものが作れそうなアイテムだと思います。<br />
  1032. 機会があれば、ぜひお試し下さい(^^)/<br />
  1033. <br />
  1034. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  1035. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  1036. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  1037. ]]></content:encoded>
  1038. </item>
  1039. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-20">
  1040. <title>LEDの仕込み</title>
  1041. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-20</link>
  1042. <description>その他のディテールアップを進め、LEDを仕込みます。A ソナーの隣にあるCTD(深度・塩分計)をディテールアップしました。  注射器の様な部分や、チューブ類がたくさん付いていて、何がどう機能するのか  サッパリ判らないのですが、とりあえず画像を真似て追加工作しています。B 尾翼にデカールを貼りました。  今回は実際に水中に沈めてしまうので、出来るだけデカールを使用しないで製作  していますが、流石にマークはデカールを使うしかありません。C このデカールは、ナナメになっている水平がわかりにくい尾翼にあります。  予めマスキングテープで水平のガイドを作って、キッチリと水平に貼りました。D デカールはそんなに多くありませんが、浮いてしまわない様に気をつけています  水中で剝がれてきちゃったら大変ですからね(^_^;)マニピュレータもディテールアップしています。キットの素組みでも十分に高い再現度ですが、マニピュレータは見所のひとつなので、ちゃんと作ります(笑)油圧や圧縮空気のチューブを追加しました。バラストもスジ彫りしなおして、ブロック状に分割しています。8番シルバーに、エナメルブラックでスミ入れです。レジンパーツも塗装して、光ファイバーを仕込みました。A ダイオウグゾクムシは、薄いパープルにちょっと目を描いた程度で完成です。  もう少し透明感を出したかったのですが、たぶん小さくて見えません。B ダイオウイカは、NHKの特番の映像を参考に塗装しました。  あちこち白くはがれた部分があったので、それを真似しています。  こんなのに出会ったら、さぞビックリするでしょうねぇC ライトはたくさん付いていますが、どれもX-BASEのLEDを収めるには  小さすぎて無理です。  貫通する穴を開けて、0.5mmの光ファイバーを通しました。D カメラ等もありますが、しんかいには6個の照明が付いています。  これでも光が足りないので、マニピュレーターの後ろにも左右2個ずつ追加し  て、合計8個のライトを作りました。LEDを取り付けていきます。A 一番先頭にあるメインのライトは、穴を開けて直接LEDの光が出てくる構造  にしました。  X-BASEのLEDは、何の防水対策も無く、直接取り付けています。  電気をかじっている者にとっては、大丈夫なのか?と心配になります(^_^;)B ファイバーを仕込んだライトは、エポキシ接着剤でレンズを追加し..</description>
  1043. <dc:subject>しんかい6500 製作記</dc:subject>
  1044. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  1045. <dc:date>2018-01-20T18:44:03+09:00</dc:date>
  1046. <content:encoded><![CDATA[
  1047. その他のディテールアップを進め、LEDを仕込みます。<br />
  1048. <br />
  1049. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38387E382ABE383BCE383AB-b4a16.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38387E382ABE383BCE383AB-b4a16.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="デカール.jpg" /></a><br />
  1050. A ソナーの隣にあるCTD(深度・塩分計)をディテールアップしました。<br />
  1051.   注射器の様な部分や、チューブ類がたくさん付いていて、何がどう機能するのか<br />
  1052.   サッパリ判らないのですが、とりあえず画像を真似て追加工作しています。<br />
  1053. B 尾翼にデカールを貼りました。<br />
  1054.   今回は実際に水中に沈めてしまうので、出来るだけデカールを使用しないで製作<br />
  1055.   していますが、流石にマークはデカールを使うしかありません。<br />
  1056. C このデカールは、ナナメになっている水平がわかりにくい尾翼にあります。<br />
  1057.   予めマスキングテープで水平のガイドを作って、キッチリと水平に貼りました。<br />
  1058. D デカールはそんなに多くありませんが、浮いてしまわない様に気をつけています<br />
  1059.   水中で剝がれてきちゃったら大変ですからね(^_^;)<br />
  1060. <br />
  1061. マニピュレータもディテールアップしています。<br />
  1062. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E3839EE3838BE38394E383A5E383ACE383BCE382BF-25f6d.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E3839EE3838BE38394E383A5E383ACE383BCE382BF-25f6d.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="マニピュレータ.jpg" /></a><br />
  1063. キットの素組みでも十分に高い再現度ですが、マニピュレータは見所のひとつなので、ちゃんと作ります(笑)<br />
  1064. 油圧や圧縮空気のチューブを追加しました。<br />
  1065. バラストもスジ彫りしなおして、ブロック状に分割しています。<br />
  1066. 8番シルバーに、エナメルブラックでスミ入れです。<br />
  1067. <br />
  1068. レジンパーツも塗装して、光ファイバーを仕込みました。<br />
  1069. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382A4E382ABE381A8E38395E382A1E382A4E38390E383BC-2e71e.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382A4E382ABE381A8E38395E382A1E382A4E38390E383BC-2e71e.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="イカとファイバー.jpg" /></a><br />
  1070. A ダイオウグゾクムシは、薄いパープルにちょっと目を描いた程度で完成です。<br />
  1071.   もう少し透明感を出したかったのですが、たぶん小さくて見えません。<br />
  1072. B ダイオウイカは、NHKの特番の映像を参考に塗装しました。<br />
  1073.   あちこち白くはがれた部分があったので、それを真似しています。<br />
  1074.   こんなのに出会ったら、さぞビックリするでしょうねぇ<br />
  1075. C ライトはたくさん付いていますが、どれもX-BASEのLEDを収めるには<br />
  1076.   小さすぎて無理です。<br />
  1077.   貫通する穴を開けて、0.5mmの光ファイバーを通しました。<br />
  1078. D カメラ等もありますが、しんかいには6個の照明が付いています。<br />
  1079.   これでも光が足りないので、マニピュレーターの後ろにも左右2個ずつ追加し<br />
  1080.   て、合計8個のライトを作りました。<br />
  1081. <br />
  1082. LEDを取り付けていきます。<br />
  1083. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/EFBCACEFBCA5EFBCA4E4BB95E8BEBCE381BF-30a83.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_EFBCACEFBCA5EFBCA4E4BB95E8BEBCE381BF-30a83.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="LED仕込み.jpg" /></a><br />
  1084. A 一番先頭にあるメインのライトは、穴を開けて直接LEDの光が出てくる構造<br />
  1085.   にしました。<br />
  1086.   X-BASEのLEDは、何の防水対策も無く、直接取り付けています。<br />
  1087.   電気をかじっている者にとっては、大丈夫なのか?と心配になります(^_^;)<br />
  1088. B ファイバーを仕込んだライトは、エポキシ接着剤でレンズを追加しました。<br />
  1089. C LEDは、遮光のため、熱収縮チューブでとじています。<br />
  1090.   光ファイバーを仕込んだライトは、点灯させてみるとものすごく光が弱い事<br />
  1091.   が判明しました(+_+)<br />
  1092.   そこで、両脇に追加したライトは、出来るだけ強力に発光してくれる様に、<br />
  1093.   1mmの光ファイバーにしました。<br />
  1094. D 光ファイバーは1つのlEDへ集めています。<br />
  1095.   両脇に追加したライトには、専用のLEDを付けました。<br />
  1096.   メインの照明と合わせて、計4個のLEDを使用しています。<br />
  1097.   配線が不要なので、好きな位置に取り付けられるのは便利ですね。<br />
  1098.   船体を支える支柱は金属パイプを使用して、内部でプラ板にはさんでガッチリ<br />
  1099.   固定しました。<br />
  1100. <br />
  1101. 全てのパーツを取り付けたしんかいです。<br />
  1102. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5898DE99DA2-3f27e.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5898DE99DA2-3f27e.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="前面.jpg" /></a><br />
  1103. 元々ゴチャゴチャしているので、綺麗に塗り分けてあげるだけで、良い雰囲気になります。<br />
  1104. 最新機器のカタマリですね。<br />
  1105. <br />
  1106. しんかいの表面はツルツルです。<br />
  1107. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38386E382ABE38386E382AB-64c4b.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38386E382ABE38386E382AB-64c4b.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="テカテカ.jpg" /></a><br />
  1108. 実物もそうですが、デカールが水中で剝がれてしまわないように、クリアーでテカテカにトップコートしています。<br />
  1109. 研ぎ出しはしていませんが、5層くらいは重ねています。<br />
  1110. 今回の製作で、一番時間が掛かったのが、クリアーの乾燥だったりします(^_^*)<br />
  1111. <br />
  1112. 次回はベースと水槽のご紹介で最終回とさせていただきますね。<br />
  1113. <br />
  1114. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  1115. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  1116. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  1117. ]]></content:encoded>
  1118. </item>
  1119. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-17">
  1120. <title>しんかいディテールアップ1</title>
  1121. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-17</link>
  1122. <description>HobbyJapan誌 2018.02 No.584 へ、アルカディア号と共に掲載して頂いた、X-BASE with ハセガワ1/72しんかい6500の製作記をスタートしたいと思います(^^)/X-BASE(クロスベース)といえば、配線不要の置くだけで発光させる事が出来る、革命的な電飾装置です。↓ナニソレ、美味いの?って思った方は、こちらをチェック!http://www.x-base.jp/配線不要で電池いらずと、今まで電飾したいけど無理だとあきらめていたモデラーには、大変魅力的なアイテムですね。HobbyJapan誌では、X-BASEを使った作例を数回に渡って紹介してきました。可動を殺さず発光可能とか、豊富なカラーバリエーションを紹介してきましたが、どうせなら、水中でも光らせる事が出来るという利点を活かして製作してみたいと思います。水中で光るアイテムといえば、しんかい6500に決まりですo(^_^)oA しんかい6500のキットは、バンダイとハセガワから出ていますが、今回はジオラマ  として製作する関係上、コンパクトな1/72のキットをチョイスしました。  ハセガワから数種類発売されているしんかい6500のうち、今回はエッチングパーツ  付きで、ダイオウイカとダイオウグゾクムシが付属した、ハイディテールVer.  を使います。B 海底で採取したサンプルを収納するカゴは、エッチングパーツになっています。  これだけでもスケール感が出て効果的ですね。C ダイオウイカはレジン製です。4パーツあります。  ちょっと小さいのですが、再現度は高く、雰囲気作りに活躍してくれそうです。D ダイオウグゾクムシもレジン製ですが、やはり小さいです  爪楊枝の先にチョコンと乗ってしまいますが、ディテールは良好です。  伸ばしランナーで、ヒゲを追加してみました。船体のリベットを目立たせます。船体には、無数のリベットが凸モールドで入っているのですが、このままスミ入れしても消えてしまって実物と見た目が違ってしまいます。そこで、リベットは全て削り落とし、0.3mmのドリルで穴を開けました。スミ入れによって、リベットを目立たせる戦法ですね(^_^*)センサーカバーを自作しました。カバーの留め枠がデカールなので、立体感がイマイチなため、プラペーパーで立体的にディテールを追加しました。キャラクターイエローにオレンジを少々足した色で塗装しています。こ..</description>
  1123. <dc:subject>しんかい6500 製作記</dc:subject>
  1124. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  1125. <dc:date>2018-01-17T08:18:22+09:00</dc:date>
  1126. <content:encoded><![CDATA[
  1127. HobbyJapan誌 2018.02 No.584 へ、アルカディア号と共に掲載して頂いた、X-BASE with ハセガワ1/72しんかい6500の製作記をスタートしたいと思います(^^)/<br />
  1128. <br />
  1129. X-BASE(クロスベース)といえば、配線不要の置くだけで発光させる事が出来る、革命的な電飾装置です。<br />
  1130. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/X-BASEE383ADE382B4.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_X-BASEE383ADE382B4.jpg" width="500" height="256" border="0" align="" alt="X-BASEロゴ.jpg" /></a><br />
  1131. ↓ナニソレ、美味いの?って思った方は、こちらをチェック!<br />
  1132. <a href="http://www.x-base.jp/" target="_blank">http://www.x-base.jp/</a><br />
  1133. 配線不要で電池いらずと、今まで電飾したいけど無理だとあきらめていたモデラーには、大変魅力的なアイテムですね。<br />
  1134. HobbyJapan誌では、X-BASEを使った作例を数回に渡って紹介してきました。<br />
  1135. 可動を殺さず発光可能とか、豊富なカラーバリエーションを紹介してきましたが、どうせなら、水中でも光らせる事が出来るという利点を活かして製作してみたいと思います。<br />
  1136. 水中で光るアイテムといえば、しんかい6500に決まりですo(^_^)o<br />
  1137. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382ADE38383E38388E381AEE8A385E58299.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382ADE38383E38388E381AEE8A385E58299.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="キットの装備.jpg" /></a><br />
  1138. A しんかい6500のキットは、バンダイとハセガワから出ていますが、今回はジオラマ<br />
  1139.   として製作する関係上、コンパクトな1/72のキットをチョイスしました。<br />
  1140.   ハセガワから数種類発売されているしんかい6500のうち、今回はエッチングパーツ<br />
  1141.   付きで、ダイオウイカとダイオウグゾクムシが付属した、ハイディテールVer.<br />
  1142.   を使います。<br />
  1143. B 海底で採取したサンプルを収納するカゴは、エッチングパーツになっています。<br />
  1144.   これだけでもスケール感が出て効果的ですね。<br />
  1145. C ダイオウイカはレジン製です。4パーツあります。<br />
  1146.   ちょっと小さいのですが、再現度は高く、雰囲気作りに活躍してくれそうです。<br />
  1147. D ダイオウグゾクムシもレジン製ですが、やはり小さいです<br />
  1148.   爪楊枝の先にチョコンと乗ってしまいますが、ディテールは良好です。<br />
  1149.   伸ばしランナーで、ヒゲを追加してみました。<br />
  1150. <br />
  1151. 船体のリベットを目立たせます。<br />
  1152. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E383AAE38399E38383E38388-78f18.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E383AAE38399E38383E38388-78f18.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="リベット.jpg" /></a><br />
  1153. 船体には、無数のリベットが凸モールドで入っているのですが、このままスミ入れしても消えてしまって実物と見た目が違ってしまいます。<br />
  1154. そこで、リベットは全て削り落とし、0.3mmのドリルで穴を開けました。<br />
  1155. スミ入れによって、リベットを目立たせる戦法ですね(^_^*)<br />
  1156. <br />
  1157. センサーカバーを自作しました。<br />
  1158. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382BBE383B3E382B5E383BCE38389E383BCE383A0-83378.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382BBE383B3E382B5E383BCE38389E383BCE383A0-83378.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="センサードーム.jpg" /></a><br />
  1159. カバーの留め枠がデカールなので、立体感がイマイチなため、プラペーパーで立体的にディテールを追加しました。<br />
  1160. キャラクターイエローにオレンジを少々足した色で塗装しています。<br />
  1161. ここもボルトは削り取って穴を開け、浅いパネルラインを彫り直しました。<br />
  1162. <br />
  1163. 今回は水中に沈めるので、出来るだけ開口しています。<br />
  1164. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E585A8E381A6E9968BE58FA3-2447e.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E585A8E381A6E9968BE58FA3-2447e.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="全て開口.jpg" /></a><br />
  1165. 船体はつやありのホワイトで、上面はデカールを使わず、レドームをマスキング塗装しています。<br />
  1166. 水中に沈めるので、出来るだけデカールは使用しないようにしました。<br />
  1167. 船体に開いているたくさんの穴も開口して、内部に空気溜まりが出来ない様に抜け道を作っています。<br />
  1168. それでも、どうしても空気が抜け切れない部分が出来てしまいますので、浮力に負けない様にベースを重くしないとダメですね。<br />
  1169. <br />
  1170. 穴の内部を作りました。<br />
  1171. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5A197E8A385E381A8E58685E983A8-56d9e.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5A197E8A385E381A8E58685E983A8-56d9e.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="塗装と内部.jpg" /></a><br />
  1172. A 側面のパネルには、ちょっとだけ黄色になっている部分がありますので、レドーム<br />
  1173.   を薄く吹いています。<br />
  1174.   スミ入れは薄いニュートラルグレーで、ちゃんとリベットも浮き出てくれました。<br />
  1175. B 穴を開けた部分は、暗いグレーで塗装しました。<br />
  1176.   プラの厚みが見えてしまうので、暗く塗装することで目立たなくしています。<br />
  1177. C 開口した部分には、手動で操作できるバルブなどが配置されていいる部分がありま<br />
  1178.   す。<br />
  1179.   内部にプラ板をあてがいフタをして、適当なジャンクパーツでバルブ等を再現しま<br />
  1180.   した。<br />
  1181.   ここも空気が溜まらない様に、閉じてしまわない工作が必要です。<br />
  1182. D 表面から見ると、メカがチラ見えしてくれます。<br />
  1183.   ついでに、シルバーな部分も塗装しておきました。<br />
  1184. <br />
  1185. 船体後部にある、ピンガー(位置情報センサー)をディテールアップしました。<br />
  1186. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38394E383B3E382ACE383BC-0438e.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38394E383B3E382ACE383BC-0438e.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="ピンガー.jpg" /></a><br />
  1187. A キットのまま組み立てると、ピンガーのガードが抜けていなのでイマイチです。<br />
  1188.   スケールを考えると仕方ないのですが、パイピングなども省略されていますね。<br />
  1189. B ガード部分を切り取り、ピンガーをプラパイプで再現しました。<br />
  1190.   ポリウレタン線で自作したガードを用意します。<br />
  1191. C ガードは、プラパイプを丸く成型した型を作って、その表面に組み立てました。<br />
  1192.   完成したら足をカットして取り外します。<br />
  1193.   ポリウレタン線なので、ちょっと力を加えると変形してしまうのですが、スケー<br />
  1194.   ルを考えると出来るだけ細いガードにしたかったので採用しています。<br />
  1195. D 塗装して取り付けてみました。<br />
  1196.   パイピングも加えましたので、だいぶリアルになってくれたと思います。<br />
  1197. <br />
  1198. 次回は、ディテールアップの続きをご紹介したいと思います。<br />
  1199. よろしくお願いします(^^)/<br />
  1200. <br />
  1201. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  1202. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  1203. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  1204. ]]></content:encoded>
  1205. </item>
  1206. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-13-1">
  1207. <title>完成画像</title>
  1208. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-13-1</link>
  1209. <description>HobbyJapan誌 2018.02 No.584 へ掲載して頂いた、ハセガワ1/1500 アルカディア号 原作コミック版の完成画像です(^^)/原作コミックでは様々な色で彩色されいますので、今回は自分のイメージする色で塗装しました。明るめのブルーグリーンで仕上げています。キットは、原作通りグラマラスで優雅なアルカディア号を忠実に再現しています。個人的にはTV版のカラーが好きなのですが、コミック版もカッコイイですね。艦橋はレーダーやセンサー類をエッチングに置き換え、密度をアップさせています。艦橋は全て発光させました。海賊旗は船尾楼ではなく、メインマストに掲げています。宇宙空間だろうと、漢のロマンははためくのです。アルカディア号の特徴ともいえる船尾楼は、全ての窓を電飾しました。ドクロマークはパテで自作しています。灯篭にはチップLEDを直接埋め込んで、明るく発光させました。エンジンもPICマイコンで高速に明減させ、噴射の様子を再現しています。船体下部にある推進装置も発光させてみました。艦橋のアゴにある3個の光は、メインブリッジの床にある丸窓の光を再現しています。海賊船なので、マゾーンへ体当たり攻撃もしちゃいます。ラム(衝角)が飛び出しているシーンも差替えで再現可能です。船体各所に見られるゴールドのリーフは、筆でチマチマと塗り分けました。縦のスジ汚れも少しだけ加えています。ハセガワから多種発売されているアルカディア号ですが、パーツはキレッキレで合いも良く、さすがヒコーキのハセガワです(^_^*)アルカディア号は、情報量の多い部分と、曲線で構成された優雅なボディラインが融合した、とても美しい船ですので、完成後も色々な角度から眺めて楽しめますね。とても作り応えのあるキットでした。機会があれば、ぜひ作ってみてくださいo(^_^)o現在、2つのブログランキングへ参加しています。1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m</description>
  1210. <dc:subject>アルカディア原作版 製作記</dc:subject>
  1211. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  1212. <dc:date>2018-01-13T23:51:34+09:00</dc:date>
  1213. <content:encoded><![CDATA[
  1214. HobbyJapan誌 2018.02 No.584 へ掲載して頂いた、ハセガワ1/1500 アルカディア号 原作コミック版の完成画像です(^^)/<br />
  1215. <br />
  1216. 原作コミックでは様々な色で彩色されいますので、今回は自分のイメージする色で塗装しました。<br />
  1217. 明るめのブルーグリーンで仕上げています。<br />
  1218. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E6ADA3E99DA2E3818BE38289-0ee8f.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E6ADA3E99DA2E3818BE38289-0ee8f.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="正面から.jpg" /></a><br />
  1219. <br />
  1220. キットは、原作通りグラマラスで優雅なアルカディア号を忠実に再現しています。<br />
  1221. 個人的にはTV版のカラーが好きなのですが、コミック版もカッコイイですね。<br />
  1222. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5BE8CE3828DE38182E3818AE3828AE381A7-2fe73.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5BE8CE3828DE38182E3818AE3828AE381A7-2fe73.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="後ろあおりで.jpg" /></a><br />
  1223. <br />
  1224. 艦橋はレーダーやセンサー類をエッチングに置き換え、密度をアップさせています。<br />
  1225. 艦橋は全て発光させました。<br />
  1226. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E889A6E6A98BE382A2E38383E38397-b08a3.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E889A6E6A98BE382A2E38383E38397-b08a3.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="艦橋アップ.jpg" /></a><br />
  1227. <br />
  1228. 海賊旗は船尾楼ではなく、メインマストに掲げています。<br />
  1229. 宇宙空間だろうと、漢のロマンははためくのです。<br />
  1230. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E6B5B7E8B38AE69797.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E6B5B7E8B38AE69797.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="海賊旗.jpg" /></a><br />
  1231. <br />
  1232. アルカディア号の特徴ともいえる船尾楼は、全ての窓を電飾しました。<br />
  1233. ドクロマークはパテで自作しています。<br />
  1234. 灯篭にはチップLEDを直接埋め込んで、明るく発光させました。<br />
  1235. エンジンもPICマイコンで高速に明減させ、噴射の様子を再現しています。<br />
  1236. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E888B9E5B0BEE6A5BC-9b304.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E888B9E5B0BEE6A5BC-9b304.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="船尾楼.jpg" /></a><br />
  1237. <br />
  1238. 船体下部にある推進装置も発光させてみました。<br />
  1239. 艦橋のアゴにある3個の光は、メインブリッジの床にある丸窓の光を再現しています。<br />
  1240. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E4B88BE983A8E99BBBE9A3BE-20bfb.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E4B88BE983A8E99BBBE9A3BE-20bfb.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="下部電飾.jpg" /></a><br />
  1241. <br />
  1242. 海賊船なので、マゾーンへ体当たり攻撃もしちゃいます。<br />
  1243. ラム(衝角)が飛び出しているシーンも差替えで再現可能です。<br />
  1244. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E383A9E383A0-e4c9b.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E383A9E383A0-e4c9b.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="ラム.jpg" /></a><br />
  1245. <br />
  1246. 船体各所に見られるゴールドのリーフは、筆でチマチマと塗り分けました。<br />
  1247. 縦のスジ汚れも少しだけ加えています。<br />
  1248. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382B4E383BCE383ABE38389E383AAE383BCE38395-d8ffc.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382B4E383BCE383ABE38389E383AAE383BCE38395-d8ffc.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="ゴールドリーフ.jpg" /></a><br />
  1249. <br />
  1250. ハセガワから多種発売されているアルカディア号ですが、パーツはキレッキレで合いも良く、さすがヒコーキのハセガワです(^_^*)<br />
  1251. アルカディア号は、情報量の多い部分と、曲線で構成された優雅なボディラインが融合した、とても美しい船ですので、完成後も色々な角度から眺めて楽しめますね。<br />
  1252. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E889A6E6A98BE38182E3818AE3828AE381A7-7acf4.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E889A6E6A98BE38182E3818AE3828AE381A7-7acf4.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="艦橋あおりで.jpg" /></a><br />
  1253. とても作り応えのあるキットでした。<br />
  1254. 機会があれば、ぜひ作ってみてくださいo(^_^)o<br />
  1255. <br />
  1256. <br />
  1257. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  1258. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  1259. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  1260. ]]></content:encoded>
  1261. </item>
  1262. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-13">
  1263. <title>塗装と仕上げ</title>
  1264. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-13</link>
  1265. <description>今回は塗装して、最後の仕上げです(^^)/成型色が青なので、まずはサフを吹きました。それからシーブルーでくぼんだところや立ち上がりの部分に影を吹いています。立体感を強調しようと思って吹いたのですが、この後の船体色を吹いたら殆ど効果が無くなってしまいました(^_^*)船体色を吹きました。今回は緑寄りのブルーグレーを吹いてみました。ミディアムブルーと濃松葉色を7:3です。エナメルのブラックでスミ入れもしましたが、どうもサッパリしていて立体感や巨大感がありません。汚しを加えてみる事にします。A エナメルのブラックで縦のスジをランダムに入れました。B 溶剤を染み込ませた綿棒で縦に拭き取ります。  上から下に、段々と濃くなっていく感じに残します。C パーツはまだ接着していないので、出来るだけ分解した状態で加えます。D ある程度拭き取ったら、薄くしたブラックで目に見えない程の細いスジを  更に加えています。細部も仕上げていきます。A 建造物も縦の微妙な汚しを加える事で立体感マシマシになります。  あまりやり過ぎないのがポイントです(^_^*)  スリットやへこんだモールドには、濃いブラックを流してクッキリと黒くする  と、密度感もマシマシになります。B 汚しはこの程度で抑えました。  あまりやり過ぎると汚いだけになってしまいます。  汚し塗装はリアリティーを出すために行うものなので、現実離れした汚しは  返って逆効果になってしまいます。C ドクロマークは別パーツになっています。  目や鼻の部分は抜けていますので、黒くなる様にデカールが付属しています。D ラムは焼鉄色で塗装してから、刃の部分に8番シルバーを細吹きしました。  硬くて鋭い金属の感じに仕上げています。ゴールドのリーフは筆塗りです。A 船体や船尾楼には、細かいリーフがビッシリモールドされています(^_^;)  超メンドクセーのですが、ひとつひとつGXブルーゴールドで筆塗りしました  こんなに細かいモールドを筆で塗るなんて無理!と思われる方もおられるかも  知れませんが、心配ナッシング。意外といけるもんです。  コツは、良い筆を使う事かな?手先の器用さはそんなに関係ありません。B リーフを塗装したら、エナメルのブラックで影を入れます。  アンティーク調の家具みたいな、豪華な仕上がりになります。C 窓はクリアーイエローで成型されています。  細かい格子はドライブラシで着..</description>
  1266. <dc:subject>アルカディア原作版 製作記</dc:subject>
  1267. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  1268. <dc:date>2018-01-13T23:15:37+09:00</dc:date>
  1269. <content:encoded><![CDATA[
  1270. 今回は塗装して、最後の仕上げです(^^)/<br />
  1271. <br />
  1272. 成型色が青なので、まずはサフを吹きました。<br />
  1273. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E5A197E8A385E38080E382B5E38395.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E5A197E8A385E38080E382B5E38395.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="塗装 サフ.jpg" /></a><br />
  1274. それからシーブルーでくぼんだところや立ち上がりの部分に影を吹いています。<br />
  1275. 立体感を強調しようと思って吹いたのですが、この後の船体色を吹いたら殆ど効果が無くなってしまいました(^_^*)<br />
  1276. <br />
  1277. 船体色を吹きました。<br />
  1278. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E888B9E4BD93E889B2-36169.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E888B9E4BD93E889B2-36169.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="船体色.jpg" /></a><br />
  1279. 今回は緑寄りのブルーグレーを吹いてみました。<br />
  1280. ミディアムブルーと濃松葉色を7:3です。<br />
  1281. エナメルのブラックでスミ入れもしましたが、どうもサッパリしていて立体感や巨大感がありません。<br />
  1282. <br />
  1283. 汚しを加えてみる事にします。<br />
  1284. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E6B19AE38197-3b85c.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E6B19AE38197-3b85c.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="汚し.jpg" /></a><br />
  1285. A エナメルのブラックで縦のスジをランダムに入れました。<br />
  1286. B 溶剤を染み込ませた綿棒で縦に拭き取ります。<br />
  1287.   上から下に、段々と濃くなっていく感じに残します。<br />
  1288. C パーツはまだ接着していないので、出来るだけ分解した状態で加えます。<br />
  1289. D ある程度拭き取ったら、薄くしたブラックで目に見えない程の細いスジを<br />
  1290.   更に加えています。<br />
  1291. <br />
  1292. 細部も仕上げていきます。<br />
  1293. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E4BB95E4B88AE38192E381AAE381A9-c6853.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E4BB95E4B88AE38192E381AAE381A9-c6853.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="仕上げなど.jpg" /></a><br />
  1294. A 建造物も縦の微妙な汚しを加える事で立体感マシマシになります。<br />
  1295.   あまりやり過ぎないのがポイントです(^_^*)<br />
  1296.   スリットやへこんだモールドには、濃いブラックを流してクッキリと黒くする<br />
  1297.   と、密度感もマシマシになります。<br />
  1298. B 汚しはこの程度で抑えました。<br />
  1299.   あまりやり過ぎると汚いだけになってしまいます。<br />
  1300.   汚し塗装はリアリティーを出すために行うものなので、現実離れした汚しは<br />
  1301.   返って逆効果になってしまいます。<br />
  1302. C ドクロマークは別パーツになっています。<br />
  1303.   目や鼻の部分は抜けていますので、黒くなる様にデカールが付属しています。<br />
  1304. D ラムは焼鉄色で塗装してから、刃の部分に8番シルバーを細吹きしました。<br />
  1305.   硬くて鋭い金属の感じに仕上げています。<br />
  1306. <br />
  1307. ゴールドのリーフは筆塗りです。<br />
  1308. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E383AAE383BCE38395-ed03a.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E383AAE383BCE38395-ed03a.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="リーフ.jpg" /></a><br />
  1309. A 船体や船尾楼には、細かいリーフがビッシリモールドされています(^_^;)<br />
  1310.   超メンドクセーのですが、ひとつひとつGXブルーゴールドで筆塗りしました<br />
  1311.   こんなに細かいモールドを筆で塗るなんて無理!と思われる方もおられるかも<br />
  1312.   知れませんが、心配ナッシング。意外といけるもんです。<br />
  1313.   コツは、良い筆を使う事かな?手先の器用さはそんなに関係ありません。<br />
  1314. B リーフを塗装したら、エナメルのブラックで影を入れます。<br />
  1315.   アンティーク調の家具みたいな、豪華な仕上がりになります。<br />
  1316. C 窓はクリアーイエローで成型されています。<br />
  1317.   細かい格子はドライブラシで着色させましたが、筆よりも綿棒をコロコロと<br />
  1318.   転がした方が綺麗に塗りわけ出来ました。<br />
  1319. D 発光させた状態です。<br />
  1320.   船尾楼は、アルカディア号のシンボルともいえる部分ですので、塗装にはじっ<br />
  1321.   くりと時間を掛けました。<br />
  1322. <br />
  1323. 最後に配線して船体を接着します。<br />
  1324. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E9858DE7B79A-fc64e.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E9858DE7B79A-fc64e.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="配線.jpg" /></a><br />
  1325. 全ての配線を繋ぎ、点灯テストを済ませたら、バラバラだったパーツを接着します。<br />
  1326. 支柱の差込みが艦橋パーツに組み合わさる構造なので、しっかりと接着しなければなりません。<br />
  1327. <br />
  1328. さて、これで完成しました(^^♪<br />
  1329. 完成画像は、別記事としてアップしますね。<br />
  1330. <br />
  1331. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  1332. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  1333. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  1334. ]]></content:encoded>
  1335. </item>
  1336. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-11">
  1337. <title>エンジン・ベースの製作</title>
  1338. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-11</link>
  1339. <description>今回は下部推進装置とベース、エンジンの電飾の様子をご紹介します(^^)/船体の下部には、おそらく垂直方向への推進装置と思われる噴射口があります。もしかしたら、ただの窓やセンサーかも知れませんが、発光しているみたいなので電飾してみようと思います。とりあえず、モールド位置を開口しました。2個組で4セットありますので、2個ずつLEDを仕込んでみたいと思います。船体が透けてしまわない様に、ブラックを吹き付けて遮光しておきました。この推進装置のすぐそばに、ベースの支柱を差し込む穴が開いていますので、干渉してしまうかも知れません。先に、ベースからの電源供給部分を製作しておきます。A ベースの支柱はかなり凝ったデザインがされていて、トチローの墓をモチーフ  にしたデザインになっています。  チューブの様なディテールがありますので、電源を通す電線もディテールの  一部として張り巡らせました。B 船体へ差し込む部分に、電源として2ピンのコネクタを取り付けました。  差し込む時に外れてしまわない様に、パテで固定しましたが、ついでにちょ  っとしたメカを貼り付けてベースのモニュメントの一部にしています。C 船体側は、差し込む穴の部分に2ピンのソケットを取り付け、支柱を差し込  めば接続される位置へ固定しました。D 支柱を差し込めば、2Pのコネクタが接続され、船体へ電源が供給される仕組  みです。支柱の差込み部分が出来ましたので、推進装置を電飾します。これは、船体の基本塗装が仕上がってから工作しています。A 噴射口は、2個に対して1個のLEDで点灯させました。  LEDの本数を出来るだけ減らす様に工夫するのも、大切なことです。  噴射口全体が均一に発光する様に、裏から0.3mmのプラ板を貼り付けておき  ました。  ここはそんなに強力に発光させる必要はありませんからねーB プラ板でボックスを作り、黄色LEDを差し込んで遮光しました。  LEDのおしりはパテで包んで、ガッチリと遮光しています。C 噴射口の位置へ取り付けました。  船体は丸く湾曲しているので、合わせ目から光漏れが起こります。  そこもエポパテで塞いで、光漏れをなくしておきました。  今回は5Vの電源で電飾しますが、LED2個を直列で繋ぎ、330Ωの抵抗を  入れています。  電流値を低くして、光量を抑えてしまい、あまり強力に発光させない様にし  ました。D 実際に発光してい..</description>
  1340. <dc:subject>アルカディア原作版 製作記</dc:subject>
  1341. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  1342. <dc:date>2018-01-11T21:38:02+09:00</dc:date>
  1343. <content:encoded><![CDATA[
  1344. 今回は下部推進装置とベース、エンジンの電飾の様子をご紹介します(^^)/<br />
  1345. <br />
  1346. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E4B88BE4B8B8E58FA3E38080E9968BE58FA3.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E4B88BE4B8B8E58FA3E38080E9968BE58FA3.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="下丸口 開口.jpg" /></a><br />
  1347. 船体の下部には、おそらく垂直方向への推進装置と思われる噴射口があります。<br />
  1348. もしかしたら、ただの窓やセンサーかも知れませんが、発光しているみたいなので電飾してみようと思います。<br />
  1349. とりあえず、モールド位置を開口しました。<br />
  1350. 2個組で4セットありますので、2個ずつLEDを仕込んでみたいと思います。<br />
  1351. 船体が透けてしまわない様に、ブラックを吹き付けて遮光しておきました。<br />
  1352. <br />
  1353. この推進装置のすぐそばに、ベースの支柱を差し込む穴が開いていますので、干渉してしまうかも知れません。<br />
  1354. 先に、ベースからの電源供給部分を製作しておきます。<br />
  1355. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E694AFE69FB1E38080E382B3E3838DE382AFE382BF-310f9.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E694AFE69FB1E38080E382B3E3838DE382AFE382BF-310f9.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="支柱 コネクタ.jpg" /></a><br />
  1356. A ベースの支柱はかなり凝ったデザインがされていて、トチローの墓をモチーフ<br />
  1357.   にしたデザインになっています。<br />
  1358.   チューブの様なディテールがありますので、電源を通す電線もディテールの<br />
  1359.   一部として張り巡らせました。<br />
  1360. B 船体へ差し込む部分に、電源として2ピンのコネクタを取り付けました。<br />
  1361.   差し込む時に外れてしまわない様に、パテで固定しましたが、ついでにちょ<br />
  1362.   っとしたメカを貼り付けてベースのモニュメントの一部にしています。<br />
  1363. C 船体側は、差し込む穴の部分に2ピンのソケットを取り付け、支柱を差し込<br />
  1364.   めば接続される位置へ固定しました。<br />
  1365. D 支柱を差し込めば、2Pのコネクタが接続され、船体へ電源が供給される仕組<br />
  1366.   みです。<br />
  1367. <br />
  1368. 支柱の差込み部分が出来ましたので、推進装置を電飾します。<br />
  1369. これは、船体の基本塗装が仕上がってから工作しています。<br />
  1370. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E4B88BE4B8B8E58FA3E38080E99BBBE9A3BE-e862f.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E4B88BE4B8B8E58FA3E38080E99BBBE9A3BE-e862f.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="下丸口 電飾.jpg" /></a><br />
  1371. A 噴射口は、2個に対して1個のLEDで点灯させました。<br />
  1372.   LEDの本数を出来るだけ減らす様に工夫するのも、大切なことです。<br />
  1373.   噴射口全体が均一に発光する様に、裏から0.3mmのプラ板を貼り付けておき<br />
  1374.   ました。<br />
  1375.   ここはそんなに強力に発光させる必要はありませんからねー<br />
  1376. B プラ板でボックスを作り、黄色LEDを差し込んで遮光しました。<br />
  1377.   LEDのおしりはパテで包んで、ガッチリと遮光しています。<br />
  1378. C 噴射口の位置へ取り付けました。<br />
  1379.   船体は丸く湾曲しているので、合わせ目から光漏れが起こります。<br />
  1380.   そこもエポパテで塞いで、光漏れをなくしておきました。<br />
  1381.   今回は5Vの電源で電飾しますが、LED2個を直列で繋ぎ、330Ωの抵抗を<br />
  1382.   入れています。<br />
  1383.   電流値を低くして、光量を抑えてしまい、あまり強力に発光させない様にし<br />
  1384.   ました。<br />
  1385. D 実際に発光している様子です。<br />
  1386.   プラ板を仕込んだおかげで光のスポットも出来ず、均一に発光できました。<br />
  1387.   光量もだいぶ抑えられて、自然な発光状態になったと思います。<br />
  1388. <br />
  1389. ベースにコネクタやスイッチを取り付け、5Vを供給します。<br />
  1390. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E38399E383BCE382B9E38080E99BBBE6BA90-14150.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E38399E383BCE382B9E38080E99BBBE6BA90-14150.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="ベース 電源.jpg" /></a><br />
  1391. A ベースの後ろに12VのACアダプタのジャックを差し込むコネクタを取り付<br />
  1392.   けますが、開口した部分はナナメのテーパーが付いているので、そのままでは<br />
  1393.   ジャックがナナメ上を向いてしまってカッコ悪いです。<br />
  1394.   コネクタを水平向きに変換するボードを作って取り付け、ジャックを挿し込ん<br />
  1395.   でも水平になる様に調節しました。<br />
  1396. B メイン・スイッチと5Vの電源を取り付けました。<br />
  1397.   電源は100均のシガーライターからUSB電源の5Vを作り出すアイテムを<br />
  1398.   分解して利用しています。<br />
  1399.   12Vを5V1Aの電源に変換してくれる便利アイテムです。<br />
  1400.   100円のクセにスイッチング電源で、レギュレーターの様に発熱しないので<br />
  1401.   模型に仕込むには最適です。<br />
  1402. C 電源スイッチとACアダプタの差込口が出来ました。<br />
  1403.   余談ですが、どの作品でもACアダプタは12V1Aと電圧を決めています。<br />
  1404.   色々な電圧のアダプタを揃えてしまうと、このキットはどのACアダプタを使<br />
  1405.   えばよいのか、判らなくなってしまいますからねー(^_^*)<br />
  1406. D トチローの墓をモチーフにした電源付きのベースが出来ました。<br />
  1407.   割としっかりホールドしてくれて、よくあるいつまでもフラフラしてしまうベ<br />
  1408.   ースではありません。<br />
  1409. <br />
  1410. エンジンを電飾します。<br />
  1411. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382A8E383B3E382B8E383B3E99BBBE9A3BE-179ef.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382A8E383B3E382B8E383B3E99BBBE9A3BE-179ef.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="エンジン電飾.jpg" /></a><br />
  1412. A キットのエンジンは上下合わせではなく、円筒を組み合わせていくタイプで、<br />
  1413.   合わせ目が極力出来ないばかりか、断面が真円になってくれるありがたい分割<br />
  1414.   です。<br />
  1415.   噴射口は中心にコーンが付いた一体成型でしたが、中心へ裏から穴を開けると<br />
  1416.   コーンがポロリと外れます。<br />
  1417.   中がカラッポなので、そのままLEDを仕込んでも遮光が大変なので、コトブ<br />
  1418.   キヤのバーニアにLEDを取り付け、光を一方方向に集めるドームを作りまし<br />
  1419.   た。<br />
  1420.   コーンは、曇らせた透明プラ板に取り付けます。<br />
  1421. B バーニアもブラックで遮光して、ピッタリ収まる径に調整した穴に取付けます<br />
  1422. C コーンも接着して発光させた様子です。<br />
  1423.   曇らせた透明プラ板のおかげで、光が綺麗に拡散してくれました。<br />
  1424.   かなり眩しいので、正面から写真を撮る事ができません。<br />
  1425. D せっかくエンジンを電飾したし、5Vの電源も来ているので、PICマイコンで<br />
  1426.   高速に明減させてみました。<br />
  1427.   LED2個のためにマイコンを搭載する贅沢な使い方です。<br />
  1428.   ソケットや基盤を使うのも勿体無いので、PICの足を開いて直接抵抗をハンダ<br />
  1429.   付けしてしまいました。<br />
  1430. <br />
  1431. アルカディアといえば、海賊らしい体当たり戦法が印象的ですが、その時に船首から飛び出してくるラム(衝角)を製作します。<br />
  1432. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E383A9E383A0E381AAE381A9-552de.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E383A9E383A0E381AAE381A9-552de.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="ラムなど.jpg" /></a><br />
  1433. A キットにはラムのパーツが付属しますが、先端のシャッターパーツを取り外し<br />
  1434.   て差し替える仕様です。<br />
  1435.   このシャッターが外れにくくて、塗装をキズ付けてしまう危険があります。<br />
  1436.   そこで、先端を開口して一段低い位置へシャッターパーツをハメ込み、差替え<br />
  1437.   無しでラムパーツを取り付けられる様に改造しました。<br />
  1438. B ラムパーツを差し込んだところです。<br />
  1439.   パーツも出刃包丁の様に鋭利に成型して、硬い金属っぽく塗装しました。<br />
  1440. C ラムパーツは無くしてしまいそうでしたので、ベースの中に収納を作りました<br />
  1441.   って、切り込みを入れたスポンジに挟むだけですけどね(^_^*)<br />
  1442. D 海賊旗は、説明書に印刷されている旗を使用しています。<br />
  1443.   船尾楼の先にポールを立てて取り付ける様に指示されていますが、ボクはここ<br />
  1444.   のメインマストにある海賊旗が好きなので、ポールはオミットしています。<br />
  1445.   モデルカステンのメタルリギング0.15へ、風にはためいている感じでクセ<br />
  1446.   をつけて取り付けています。<br />
  1447.   原作コミックでハーロックが「フヤケた腰ぬけの地球人共によく見せてやるの<br />
  1448.   だ」と言っていますよね。<br />
  1449.   たまらんです(^_^*)<br />
  1450. <br />
  1451. 次回は最終回かな?<br />
  1452. 塗装の様子をご紹介したいと思います。<br />
  1453. <br />
  1454. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  1455. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  1456. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  1457. ]]></content:encoded>
  1458. </item>
  1459. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-09">
  1460. <title>船尾楼の電飾</title>
  1461. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-09</link>
  1462. <description>今回は船尾楼の製作です(^^)/船尾楼は、アルカディア号の特徴とも言える建造物で、戦闘には全く関係無いのにズバ抜けてカッコイイ部分ですね(^_^*)大きな窓がいくつもありますので、電飾しないわけには行かない部分でもあります。A キットのパーツを組むとこの様になります。  どんだけデカイの?という出窓がドドーンと配備されています。B 窓には下屋(天井)が付くのですが、大窓の方はチップLEDがそのまま収まり  そうです。  小窓の方は小さくて収まりそうもありませんので、別の方法で電飾します。  クリアーパーツが引っ掛かる部分を残して開口しました。C 後方にも大窓と小窓がありますので開口しました。D こちらの小窓には、エッチングのメッシュから切り出した格子を貼り付け  ています。  この格子は、ナナメになっている描画と垂直になっている描画の2タイプ  がありますが、今回は横の大窓に合わせて垂直の格子にしました。後方の大窓にドクロを追加します。A この大窓には、困った問題がありまして、そのままでは船尾楼の天井から  飛び出してしまいます。  裏から窓全体に光をあてることが出来ません(どんな窓なん?)B 大窓も垂直の格子になる様にエッチングを切り出しました。  この大窓には、ドクロマークがシルエットとして浮かび上がります。  エポパテを使って、ドクロを造型しました。  デザインは海賊旗のマークを模写しています。C 大窓に接着しました。  エッチングの部分は金属なので、光を通しませんが、エポパテのドクロ部  分は少々透けてしまいます。D ブラックで遮光塗装してから、レッドブラウンで塗装して、ドクロを筆塗  りで塗り分けました。  今回は船体色が明るいので、マホガニーではなくレッドブラウンで明るめ  に調節しています。船尾楼の先端にある灯篭には、チップLEDを直接埋め込みました。A 船尾楼は厚めのプラで成型されているので、チップLEDが収まってくれ  そうです。  溝を彫って、黄色チップLEDを直接取り付けました。  配線も溝を彫って通り道を作っています。B 彫った部分をエポキシパテで埋めて戻し、バックレます。C パテで埋める時、チップLEDの発光面のみ、爪楊枝で穴を開けておきま  した。  ここから直接光が出てくる仕組みです。D 灯篭は黄色のクリアー成型されていますので、置いただけでこの輝きです  光ファイバーでは、ここまで..</description>
  1463. <dc:subject>アルカディア原作版 製作記</dc:subject>
  1464. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  1465. <dc:date>2018-01-09T19:39:03+09:00</dc:date>
  1466. <content:encoded><![CDATA[
  1467. 今回は船尾楼の製作です(^^)/<br />
  1468. <br />
  1469. 船尾楼は、アルカディア号の特徴とも言える建造物で、戦闘には全く関係無いのにズバ抜けてカッコイイ部分ですね(^_^*)<br />
  1470. 大きな窓がいくつもありますので、電飾しないわけには行かない部分でもあります。<br />
  1471. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E888B9E5B0BEE6A5BCE38080E9968BE58FA3.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E888B9E5B0BEE6A5BCE38080E9968BE58FA3.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="船尾楼 開口.jpg" /></a><br />
  1472. A キットのパーツを組むとこの様になります。<br />
  1473.   どんだけデカイの?という出窓がドドーンと配備されています。<br />
  1474. B 窓には下屋(天井)が付くのですが、大窓の方はチップLEDがそのまま収まり<br />
  1475.   そうです。<br />
  1476.   小窓の方は小さくて収まりそうもありませんので、別の方法で電飾します。<br />
  1477.   クリアーパーツが引っ掛かる部分を残して開口しました。<br />
  1478. C 後方にも大窓と小窓がありますので開口しました。<br />
  1479. D こちらの小窓には、エッチングのメッシュから切り出した格子を貼り付け<br />
  1480.   ています。<br />
  1481.   この格子は、ナナメになっている描画と垂直になっている描画の2タイプ<br />
  1482.   がありますが、今回は横の大窓に合わせて垂直の格子にしました。<br />
  1483. <br />
  1484. 後方の大窓にドクロを追加します。<br />
  1485. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E888B9E5B0BEE6A5BCE38080E5A4A7E7AA93E381AEE38389E382AFE383AD-e1645.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E888B9E5B0BEE6A5BCE38080E5A4A7E7AA93E381AEE38389E382AFE383AD-e1645.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="船尾楼 大窓のドクロ.jpg" /></a><br />
  1486. A この大窓には、困った問題がありまして、そのままでは船尾楼の天井から<br />
  1487.   飛び出してしまいます。<br />
  1488.   裏から窓全体に光をあてることが出来ません(どんな窓なん?)<br />
  1489. B 大窓も垂直の格子になる様にエッチングを切り出しました。<br />
  1490.   この大窓には、ドクロマークがシルエットとして浮かび上がります。<br />
  1491.   エポパテを使って、ドクロを造型しました。<br />
  1492.   デザインは海賊旗のマークを模写しています。<br />
  1493. C 大窓に接着しました。<br />
  1494.   エッチングの部分は金属なので、光を通しませんが、エポパテのドクロ部<br />
  1495.   分は少々透けてしまいます。<br />
  1496. D ブラックで遮光塗装してから、レッドブラウンで塗装して、ドクロを筆塗<br />
  1497.   りで塗り分けました。<br />
  1498.   今回は船体色が明るいので、マホガニーではなくレッドブラウンで明るめ<br />
  1499.   に調節しています。<br />
  1500. <br />
  1501. 船尾楼の先端にある灯篭には、チップLEDを直接埋め込みました。<br />
  1502. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E888B9E5B0BEE6A5BCE38080E781AFE7AFAD-1349d.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E888B9E5B0BEE6A5BCE38080E781AFE7AFAD-1349d.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="船尾楼 灯篭.jpg" /></a><br />
  1503. A 船尾楼は厚めのプラで成型されているので、チップLEDが収まってくれ<br />
  1504.   そうです。<br />
  1505.   溝を彫って、黄色チップLEDを直接取り付けました。<br />
  1506.   配線も溝を彫って通り道を作っています。<br />
  1507. B 彫った部分をエポキシパテで埋めて戻し、バックレます。<br />
  1508. C パテで埋める時、チップLEDの発光面のみ、爪楊枝で穴を開けておきま<br />
  1509.   した。<br />
  1510.   ここから直接光が出てくる仕組みです。<br />
  1511. D 灯篭は黄色のクリアー成型されていますので、置いただけでこの輝きです<br />
  1512.   光ファイバーでは、ここまで綺麗に発光してくれません。<br />
  1513. <br />
  1514. 両舷の窓にもLEDを仕込みます。<br />
  1515. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E888B9E5B0BEE6A5BCE38080E7AA93-40759.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E888B9E5B0BEE6A5BCE38080E7AA93-40759.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="船尾楼 窓.jpg" /></a><br />
  1516. A 大窓は、内部をホワイトで塗装して光を均一に拡散させています。<br />
  1517.   下屋の部分に小さな2つの穴が開いていますが、ここにチップLEDの配線<br />
  1518.   を通します。<br />
  1519. B 小窓は開口した部分の上に溝を彫り、表面から見えない位置にチップLED<br />
  1520.   を取り付けました。<br />
  1521.   裏からプラ板を貼って、大窓と同様に白い壁面を作ります。<br />
  1522. C 大窓・小窓・灯篭のLEDを配線します。<br />
  1523.   今回電源は5Vにする事に決定していますので、保護抵抗330Ωを繋ぎ、<br />
  1524.   マイナスも1本にまとめて、電源を繋ぐだけで3個が点灯するようにまとめ<br />
  1525.   てしまっています。<br />
  1526. D 点灯させた様子です。<br />
  1527.   窓はバックを白にしたおかげで、どの角度から見ても均一な光となりました<br />
  1528.   窓枠もレッドブラウンで塗り分け、細かい格子はドライブラシで塗装してい<br />
  1529.   ます。<br />
  1530. <br />
  1531. 最後尾の窓は、ちょっと工夫が必要です。<br />
  1532. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E888B9E5B0BEE6A5BCE38080E5BE8CE3828DE381AEE9858DE7B79A-b51f2.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E888B9E5B0BEE6A5BCE38080E5BE8CE3828DE381AEE9858DE7B79A-b51f2.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="船尾楼 後ろの配線.jpg" /></a><br />
  1533. A 窓が床から飛び出してしまうので、裏から全体に光を当てることが出来ません<br />
  1534.   窓のサイズに切り出した1mmの透明プラ板をはめ込み、その断面にチップ<br />
  1535.   LEDの光を入れました。<br />
  1536.   バックに白色のプラ板を貼り付けると、光が白地に反射して面で発光してく<br />
  1537.   れます。<br />
  1538.   LEDは透明エポ接着剤でコーティングします。<br />
  1539. B 配線しました。<br />
  1540.   こちらも3個のLEDを保護抵抗を入れて並列で繋いでいます。<br />
  1541.   後は電源を繋ぐだけで3つの窓が発光してくれます。<br />
  1542. C ブラックで遮光しました。<br />
  1543.   点灯させたまま吹き付けて、完全に光漏れが無くなるまで塗装します。<br />
  1544. D 船尾楼を組み立てた様子です。<br />
  1545.   全ての窓と灯篭が綺麗に発光してくれました。<br />
  1546.   後部の窓はLEDの配置の関係で光源の明るい部分が見えてしまいましたが<br />
  1547.   発光していないよりはマシです(^_^;)<br />
  1548. <br />
  1549. 次回は、エンジン、ベースの製作をご紹介しますね。<br />
  1550. <br />
  1551. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  1552. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  1553. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  1554. ]]></content:encoded>
  1555. </item>
  1556. <item rdf:about="http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-07">
  1557. <title>艦橋の電飾</title>
  1558. <link>http://dorobou.blog.so-net.ne.jp/2018-01-07</link>
  1559. <description>今月のHobbyJapan誌 2018.02 No.584 へ掲載して頂いている、「ハセガワ 1/1500 アルカディア号 原作コミック版」の製作記をスタートしたいと思います。今回は艦橋の製作で、電飾のための下ごしらえ、ディテールアップ、そしてLEDの仕込みまでご紹介させて頂きます(^^)/まずは、艦橋の窓を開口します。A キットは、TV版アルカディアを使用して製作していますので、成型色  は青です(^_^;)  とても細かいモールドが入っていて素晴らしいです。B ブリッジの窓を開口しました。  ドリルで穴を開けて、デザインナイフで繋いでいき、ヤスリで成型する  という、非常にオーソドックスな方法で開口しています。  ブリッジの床に三つの丸穴を開けていますが、コミックでもTVシリー  ズでも床にこんな窓が開いていますので、それを再現しています。C 最上部にある艦橋にも、窓らしきスリットがありますので、ここも電飾  してみたいと思います。  かなり小さくて、綺麗に開口するのは大変かも知れません。D 司令塔の中腹にもブリッジなのか、窓らしいディテールがあります。  こちらも電飾してみたいので開口しました。司令塔の全ての窓を開口した事になります。どの窓も小さくて細長いので、開口するのは大変でしたが、全ての窓が発光したアルカディア号って、見たこと無いので挑戦してみようと思います。アルカディア号のシンボルともいえる、巨大なレーダーをディテールアップします。ここが精密になっていれば、とても効果的ですよね。A キットのレーダーです。  格子状のモールドがビッシリと入っていますが、抜けているわけでは  ありません。B 外郭だけ残して、内側をくり貫きました。  ここもドリルでたくさん穴を開けて繋いで成型する方法で開口していま  す。  色々なキットで同じような工作をしているので、だいぶスキルアップし  てきた様な気がします(^_^*)C 内側にエッチングパーツを使って格子を再現しました。  もっと細かい格子状のエッチングもあったのですが、あまり細かいと後  ろが透けて見えないので、逆に効果が薄くなる様な気がして、スカスカ  にしています。D サフりました。  内側ピッタリに切り出せず、ちょっとヨレてしまった部分がありますが、  元パーツより精度が出てくれたと思います。  後ろ側が透けて見えるってのをやりたかったんですよ(^_^*)..</description>
  1560. <dc:subject>アルカディア原作版 製作記</dc:subject>
  1561. <dc:creator>どろぼうひげ</dc:creator>
  1562. <dc:date>2018-01-07T10:11:26+09:00</dc:date>
  1563. <content:encoded><![CDATA[
  1564. 今月のHobbyJapan誌 2018.02 No.584 へ掲載して頂いている、「ハセガワ 1/1500 アルカディア号 原作コミック版」の製作記をスタートしたいと思います。<br />
  1565. 今回は艦橋の製作で、電飾のための下ごしらえ、ディテールアップ、そしてLEDの仕込みまでご紹介させて頂きます(^^)/<br />
  1566. <br />
  1567. まずは、艦橋の窓を開口します。<br />
  1568. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E889A6E6A98BE7AA93E9968BE58FA3.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E889A6E6A98BE7AA93E9968BE58FA3.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="艦橋窓開口.jpg" /></a><br />
  1569. A キットは、TV版アルカディアを使用して製作していますので、成型色<br />
  1570.   は青です(^_^;)<br />
  1571.   とても細かいモールドが入っていて素晴らしいです。<br />
  1572. B ブリッジの窓を開口しました。<br />
  1573.   ドリルで穴を開けて、デザインナイフで繋いでいき、ヤスリで成型する<br />
  1574.   という、非常にオーソドックスな方法で開口しています。<br />
  1575.   ブリッジの床に三つの丸穴を開けていますが、コミックでもTVシリー<br />
  1576.   ズでも床にこんな窓が開いていますので、それを再現しています。<br />
  1577. C 最上部にある艦橋にも、窓らしきスリットがありますので、ここも電飾<br />
  1578.   してみたいと思います。<br />
  1579.   かなり小さくて、綺麗に開口するのは大変かも知れません。<br />
  1580. D 司令塔の中腹にもブリッジなのか、窓らしいディテールがあります。<br />
  1581.   こちらも電飾してみたいので開口しました。<br />
  1582. <br />
  1583. 司令塔の全ての窓を開口した事になります。<br />
  1584. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E889A6E6A98BE585A8E381A6E9968BE58FA3-72aac.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E889A6E6A98BE585A8E381A6E9968BE58FA3-72aac.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="艦橋全て開口.jpg" /></a><br />
  1585. どの窓も小さくて細長いので、開口するのは大変でしたが、全ての窓が発光したアルカディア号って、見たこと無いので挑戦してみようと思います。<br />
  1586. <br />
  1587. アルカディア号のシンボルともいえる、巨大なレーダーをディテールアップします。<br />
  1588. ここが精密になっていれば、とても効果的ですよね。<br />
  1589. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E383ACE383BCE38380E383BCEFBCA4EFBCB5-e0911.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E383ACE383BCE38380E383BCEFBCA4EFBCB5-e0911.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="レーダーDU.jpg" /></a><br />
  1590. A キットのレーダーです。<br />
  1591.   格子状のモールドがビッシリと入っていますが、抜けているわけでは<br />
  1592.   ありません。<br />
  1593. B 外郭だけ残して、内側をくり貫きました。<br />
  1594.   ここもドリルでたくさん穴を開けて繋いで成型する方法で開口していま<br />
  1595.   す。<br />
  1596.   色々なキットで同じような工作をしているので、だいぶスキルアップし<br />
  1597.   てきた様な気がします(^_^*)<br />
  1598. C 内側にエッチングパーツを使って格子を再現しました。<br />
  1599.   もっと細かい格子状のエッチングもあったのですが、あまり細かいと後<br />
  1600.   ろが透けて見えないので、逆に効果が薄くなる様な気がして、スカスカ<br />
  1601.   にしています。<br />
  1602. D サフりました。<br />
  1603.   内側ピッタリに切り出せず、ちょっとヨレてしまった部分がありますが、<br />
  1604.   元パーツより精度が出てくれたと思います。<br />
  1605.   後ろ側が透けて見えるってのをやりたかったんですよ(^_^*)<br />
  1606. <br />
  1607. 両舷に付くアンテナも、エッチング化しました。<br />
  1608. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382A2E383B3E38386E3838AE58AA0E5B7A5-ebb02.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382A2E383B3E38386E3838AE58AA0E5B7A5-ebb02.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="アンテナ加工.jpg" /></a><br />
  1609. キットのままでも横縞のモールドが入っていますが、原作ではワイヤーフレームの様な立体です。<br />
  1610. エッチングのラッタルを折りたたんで組み立て、立体の格子を作りました。<br />
  1611. これだけでも、だいぶ原作のイメージに近づいたと思います。<br />
  1612. <br />
  1613. 電飾の下ごしらえが整ったので、塗装します。<br />
  1614. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E9BB92E7AB8BE381A1E4B88AE38192-38315.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E9BB92E7AB8BE381A1E4B88AE38192-38315.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="黒立ち上げ.jpg" /></a><br />
  1615. まずはブラックで遮光のための塗装をしました。<br />
  1616. 実際にLEDを当ててみて、光が透過しなくなるまで吹き付けていますが、吹き付け過ぎるとモールドが死んでしまいますので、塗膜の厚さには気を使います。<br />
  1617. <br />
  1618. サフを吹きました。<br />
  1619. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E382B5E38395E58F8DE5B084-eedb7.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E382B5E38395E58F8DE5B084-eedb7.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="サフ反射.jpg" /></a><br />
  1620. 今回塗装する船体色がブルーグレーなので、下地の影響を受け易いです。<br />
  1621. サフを軽く吹いて、ブラックを無くしておきました。<br />
  1622. このサフは、電飾するブリッジなどの内側にも吹いており、反射率をよくする目的もあります。<br />
  1623. <br />
  1624. 船体色を塗装しました。<br />
  1625. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E888B9E4BD93E889B2-7154f.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E888B9E4BD93E889B2-7154f.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="船体色.jpg" /></a><br />
  1626. ブルーグレーを吹きました。<br />
  1627. 実は、原作では黄緑だったりロシアングリーンだったり、作画によってコロコロと色が変わります(^_^;)<br />
  1628. この頃の松本先生はご多忙だったのでしょうね<br />
  1629. ハセガワの作例見本では、もっと明るいブルーグリーンだし、まさかロシアングリーンで塗るわけにも行かないし。<br />
  1630. つまり、自分がカッコイイと思う色で塗っていいんじゃないか?と思いまして、今回は明るいブルーグリーンで塗装してみました。<br />
  1631. 品があるけど重厚感もある色にしたつもりですけど、ここは好みの問題ですね(^_^*)<br />
  1632. ミディアムブルー + 濃松葉色 7:3<br />
  1633. <br />
  1634. 基本塗装を終えましたので、LEDを仕込みます<br />
  1635. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E889A6E6A98BEFBCACEFBCA5EFBCA4E4BB95E8BEBCE381BF-71d9c.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E889A6E6A98BEFBCACEFBCA5EFBCA4E4BB95E8BEBCE381BF-71d9c.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="艦橋LED仕込み.jpg" /></a><br />
  1636. A 最上部の第一ブリッジは、窓の格子の裏に曇らせた透明プラ板を当てて<br />
  1637.   光を拡散させます。<br />
  1638.   更に、LEDは天井に向けてしまって、直接光が見えない間接照明にし<br />
  1639.   ました。<br />
  1640. B メインブリッジも同様に、透明プラ板を当てましたが、こちらは多少奥<br />
  1641.   にLEDを設置出来ますので、窓の方に向けて一番明るく発光させます。<br />
  1642. C メインブリッジは、内部の空間に余裕があるため、後ろ側にも光が漏れ<br />
  1643.   まくりです(+_+)<br />
  1644.   そこで、エポキシパテで後ろ側を遮って、接着する時にムギュッとして<br />
  1645.   密着させました。<br />
  1646. D 一番下のブリッジは、光をよく反射してくれる様に、内部にホワイトを<br />
  1647.   筆塗りしました。<br />
  1648.   あ、書き忘れていましたが、両舷のスポンソンには、エッチングで手摺<br />
  1649.   を追加しています。<br />
  1650. <br />
  1651. 最下部のブリッジの窓を透明化します。<br />
  1652. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E7ACACE4B889E889A6E6A98BEFBCACEFBCA5EFBCA4-b45a6.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E7ACACE4B889E889A6E6A98BEFBCACEFBCA5EFBCA4-b45a6.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="第三艦橋LED.jpg" /></a><br />
  1653. 表面から見えない位置にLEDを取り付け、白く塗った床面を照らす位置関係にします。<br />
  1654. 透明なエポキシ接着剤を充填して、窓ガラスを作りました。<br />
  1655. 接着剤は一生懸命かき混ぜて、細かい泡をたくさん作り、内部で光を乱反射させています。<br />
  1656. ある程度硬化したら、さらに盛り付けてLEDまで包み込んでしまい、ブラックで塗装して遮光しました。<br />
  1657. <br />
  1658. 組み立てて、垂れ下がった電線を追加します。<br />
  1659. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E889A6E6A98BE99BBBE7B79A-6e666.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E889A6E6A98BE99BBBE7B79A-6e666.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="艦橋電線.jpg" /></a><br />
  1660. 原作でも描画されている電線を、モデルカステンのメタルリギング0.15で追加しました。<br />
  1661. 両舷のスポンソンに手摺を追加したのは、このためです(^_^*)<br />
  1662. ただ線が垂れ下がっているだけなんでけど、何なんでしょうね?ここに男のロマンを感じます。<br />
  1663. <br />
  1664. 艦橋の製作はここで一旦止め、他の部分が仕上がってから、スミ入れや汚しを加えますが、完成状態での電飾点灯状態はこんな感じです。<br />
  1665. <a href="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/E889A6E6A98BE782B9E781AFE38080E58588E8A68BE3819B-79a33.jpg" target="_blank"><img src="http://dorobou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_2d5/dorobou/m_E889A6E6A98BE782B9E781AFE38080E58588E8A68BE3819B-79a33.jpg" width="500" height="375" border="0" align="" alt="艦橋点灯 先見せ.jpg" /></a><br />
  1666. 航行灯や翼端灯などが無いので、ブリッジだけの発光ですけど、苦労して開口した甲斐もあって綺麗に発光してくれました。<br />
  1667. 電球色や白色ではなく、黄色にしたのもケレン味があって良かったと思います(^_^*)<br />
  1668. 当時のムック本などでは黄色になっていましたからねー<br />
  1669. <br />
  1670. 次回は船尾楼の製作をご紹介したいと思います。<br />
  1671. よろしくお付き合い下さい。<br />
  1672. <br />
  1673. 現在、2つのブログランキングへ参加しています。<br />
  1674. 1日1回、応援のワンクリックをぜひお願いしますm(__)m<br />
  1675. <a href="http://blog.with2.net/link.php?421072" target="_blank"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_22.gif" width="88" height="31" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>   <a href="http://taste.blogmura.com/mokei/" target="_blank" ><img src="http://taste.blogmura.com/mokei/img/mokei88_31.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ" /></a><br /><a href="http://taste.blogmura.com/mokei/"></a><a name="more"></a>
  1676. ]]></content:encoded>
  1677. </item>
  1678. </rdf:RDF>
  1679.  

If you would like to create a banner that links to this page (i.e. this validation result), do the following:

  1. Download the "valid RSS" banner.

  2. Upload the image to your own server. (This step is important. Please do not link directly to the image on this server.)

  3. Add this HTML to your page (change the image src attribute if necessary):

If you would like to create a text link instead, here is the URL you can use:

http://www.feedvalidator.org/check.cgi?url=http%3A//dorobou.blog.so-net.ne.jp/index.rdf

Copyright © 2002-9 Sam Ruby, Mark Pilgrim, Joseph Walton, and Phil Ringnalda