Congratulations!

[Valid RSS] This is a valid RSS feed.

Recommendations

This feed is valid, but interoperability with the widest range of feed readers could be improved by implementing the following recommendations.

Source: http://cte.main.jp/newsch/backend/news.rss

  1. <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  2.  
  3. <rss version="2.0" xmlns:trackback="http://madskills.com/public/xml/rss/module/trackback/" xmlns:atom="http://www.w3.org/2005/Atom" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">
  4. <channel>
  5. <title>三国志ニュース>記事</title>
  6. <link>http://cte.main.jp/newsch</link>
  7. <description>三国志ニュースの記事部分</description>
  8. <managingEditor>[email protected]</managingEditor>
  9. <webMaster>[email protected]</webMaster>
  10. <copyright>Copyright 2017 三国志ニュース</copyright>
  11. <generator>Geeklog</generator>
  12. <pubDate>Sun, 19 Nov 2017 19:37:51 +0900</pubDate>
  13. <language>ja</language>
  14. <atom:link href="http://cte.main.jp/newsch/backend/news.rss" rel="self" type="application/rss+xml" />
  15. <item>
  16. <title>中国時代劇キラキラ・ガイド(2016年1月5日)</title>
  17. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4403</link>
  18. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4403</guid>
  19. <pubDate>Sun, 19 Nov 2017 19:32:27 +0900</pubDate>
  20. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4403#comments</comments>
  21. <dc:subject>ムック</dc:subject>
  22. <description>&lt;meta name=&quot;twitter:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/3/3_20171028c.jpg&quot;&gt;
  23. &lt;meta name=&quot;twitter:card&quot; content=&quot;summary&quot; /&gt;
  24. &lt;meta property=&quot;og:url&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/&quot; /&gt;
  25. &lt;meta property=&quot;og:title&quot; content=&quot;三国志ニュース:中国時代劇キラキラ・ガイド(2016年1月5日)&quot; /&gt;
  26. &lt;meta property=&quot;og:description&quot; content=&quot;東方書店の店頭で見かけたムックの、いわば前々回のムック。&quot; /&gt;
  27. &lt;meta property=&quot;og:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/layout/sanCSS2/images/logo.gif&quot; /&gt;
  28.  
  29.  
  30. ※前の記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4401&quot;&gt;中国時代劇で学ぶ中国の歴史 2018年版(2017年8月3日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  31. &lt;br&gt;
  32.  2017年10月28日土曜日16時ごろ、前の記事を含め過去4つの記事にあるように東京の神保町の東方書店の中に入ってすぐのところの平積みのものを見ていたのだけど、おなじみの汲古書院の書籍の棚をみたりと他のところに移りつつあった。&lt;br&gt;
  33. &lt;br&gt;
  34. ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~&lt;br&gt;
  35. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.toho-shoten.co.jp/&quot;&gt;http://www.toho-shoten.co.jp/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  36. &lt;br&gt;
  37.  店の奥の階段を下り左手の「アジア遊学など」勉誠出版の棚を見て右の方を見ると、キネマ旬報社の棚もあって、角を越えると中央公論美術出版の書籍があった。そこで目に付いたのが濱田瑞美/責任編集『アジア仏教美術論集東アジアI(後漢・三国・南北朝)』(ISBN 978-4-8055-1130-5)。62564円。ぱらぱらとめくった感じでは前2報に三国関連にかかっている。今、下記の国会図書館のデータを見ると濱田瑞美「後漢から南北朝期の仏教美術」、楢山満照「漢代の立体人物像にみる具象と抽象」とのことなんで記事にするつもりでいたら下記関連記事にあるようにすでに記事にしてた。&lt;br&gt;
  38. &lt;br&gt;
  39. ・トップ|中央公論美術出版&lt;br&gt;
  40. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.chukobi.co.jp/&quot;&gt;http://www.chukobi.co.jp/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  41. &lt;br&gt;
  42. ・アジア仏教美術論集東アジアI(後漢・三国・南北朝) | 既刊書&lt;br&gt;
  43. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.chukobi.co.jp/products/detail.php?product_id=743&quot;&gt;http://www.chukobi.co.jp/products/detail.php?product_id=743&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  44. &lt;br&gt;
  45. ・東アジア (中央公論美術出版): 2017|書誌詳細|国立国会図書館サーチ&lt;br&gt;
  46. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028164564-00&quot;&gt;http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I028164564-00&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  47. &lt;br&gt;
  48. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4260&quot;&gt;アジア仏教美術論集 東アジアI(2017年5月29日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  49. &lt;br&gt;
  50. &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=000000&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as4&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;ref=ss_til&amp;asins=4873768225&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot; align=&quot;right&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; それで変更して前回の記事を作成したときに知ったムックについて。それはキネマ旬報社より2016年1月5日発売の『中国時代劇キラキラ・ガイド』(ISBN978-4-87376-822-9)。1500円(税別)。このムックには三国ドラマが見られないものの、後で引用するように、企画に三国の人物が見られる。こういう流れだとこれは『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』の2016年のときのタイトルのように思える。渡邉義浩先生を監修に迎え『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』となったのかな、と。&lt;br&gt;
  51. &lt;br&gt;
  52. ・キネマ旬報社&lt;br&gt;
  53. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.kinejun.com/&quot;&gt;http://www.kinejun.com/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  54. &lt;br&gt;
  55. ・中国時代劇キラキラ・ガイド&lt;br&gt;
  56. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-822-9/Default.aspx&quot;&gt;http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-822-9/Default.aspx&lt;/a&gt;
  57. &lt;br&gt;
  58. &lt;br&gt;
  59.  上記ページから下記へ内容紹介を引用する。&lt;br&gt;
  60. &lt;br&gt;
  61. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  62.        &lt;p&gt;
  63.            ●豪華絢爛!キラキラした中国時代劇ドラマの魅力を堪能できる巻頭グラビア&lt;br /&gt;
  64.  『古剣奇譚~久遠の愛~』『風中の縁』『岳飛伝 -THE LAST HERO-』&lt;br /&gt;
  65.  『傾城の皇妃~乱世を駆ける愛と野望~』『賢后 衛子夫』&lt;br /&gt;
  66. ●時代劇の見どころ・楽しみ方がわかる!ジャンル別特集&lt;br /&gt;
  67.  ラブロマンス/『風中の縁』『傾城の皇妃〜乱世を駆ける愛と野望〜』『蘭陵王』『宮廷女官 若曦』ほか&lt;br /&gt;
  68.  宮廷ドラマ/『宮廷の諍い女』『賢后 衛子夫』『美人心計〜一人の妃と二人の皇帝〜』『宮廷の泪・山河の恋』ほか&lt;br /&gt;
  69.  戦国ドラマ/『隋唐演義〜集いし46人の英雄と滅びゆく帝国〜』『岳飛伝 -THE LAST HERO-』ほか&lt;br /&gt;
  70.  ファンタジー/『皇后的男人~紀元を越えた恋~』『古剣奇譚 〜久遠の愛〜』ほか&lt;br /&gt;
  71.  ラブコメ/『金蘭良縁』『トキメキ!弘文学院』『月下の恋歌 笑傲江湖』『宮 パレス』ほか&lt;br /&gt;
  72. ●初心者でもわかりやすい解説!各ドラマのDVD情報、放送情報も掲載&lt;br /&gt;
  73. ●2016年リリースの新作先取り情報&lt;br /&gt;
  74.  アンジェラベイビー&チェン・シャオ主演作「大漢情縁之雲中歌(原題)」ほか&lt;br /&gt;
  75. ●いま注目したい時代劇スター78人!プロフィール&フィルモグラフィーを掲載&lt;br /&gt;
  76. ●これを知るともっと時代劇が面白くなる!歴史や文化を解説する読み物コラムも充実&lt;br /&gt;
  77. ●時代劇をもっと楽しみたい人に!&amp;rdquo;時代劇研究&amp;rdquo;特集&lt;br /&gt;
  78.  基礎から学ぶ武侠ドラマ/用語解説、おすすめ作品『天龍八部〈新版〉』『書剣恩仇録』ほか&lt;br /&gt;
  79.  中国で人気の歴史キャラクター/衛子夫、岳飛、包拯など、ドラマの主役となる人気キャラを解説&lt;br /&gt;
  80.  ドラマ別人気キャラクター比較/曹操、則天武后、呂雉など、各ドラマでの描かれ方をチェック!&lt;br /&gt;
  81. ●特別企画!「中国時代劇あるある座談会」「中国時代劇・最前線 この人に聞く!」&lt;br /&gt;
  82. ●ドラマの歴史的背景がわかる!中国時代劇と歴史年表付き
  83.  
  84.        &lt;/p&gt;
  85. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  86. &lt;br&gt;
  87.  それで話を当日に戻し、ある程度、見て回ったので、17時ごろ、また雨の街へとでて行った。&lt;br&gt;
  88. &lt;br&gt;
  89. <三国と無関係な雑記へつ ...&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;</description>
  90. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4403</trackback:ping>
  91. </item>
  92. <item>
  93. <title>第一回中国歴史発表会(Web2017年11月18日)</title>
  94. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4404</link>
  95. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4404</guid>
  96. <pubDate>Sat, 18 Nov 2017 18:03:37 +0900</pubDate>
  97. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4404#comments</comments>
  98. <dc:subject>研究</dc:subject>
  99. <description>&lt;meta name=&quot;twitter:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/sunshi/w/w03082020.jpg&quot;&gt;
  100. &lt;meta name=&quot;twitter:card&quot; content=&quot;summary&quot; /&gt;
  101. &lt;meta property=&quot;og:url&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/&quot; /&gt;
  102. &lt;meta property=&quot;og:title&quot; content=&quot;三国志ニュース:第一回中国歴史発表会(Web2017年11月18日)&quot; /&gt;
  103. &lt;meta property=&quot;og:description&quot; content=&quot;19時-21時。引用するに「後漢の『将軍』について 発表者:董卓」あり。&quot; /&gt;
  104. &lt;meta property=&quot;og:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/layout/sanCSS2/images/logo.gif&quot; /&gt;
  105.  
  106.  
  107. 速報的に。下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。&lt;br&gt;
  108. &lt;br&gt;
  109. ・すぐろ  (kokoronoashiato) on Twitter&lt;br&gt;
  110. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/kokoronoashiato&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/kokoronoashiato&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  111. &lt;br&gt;
  112. ・Twitter /kokoronoashiato: 【中国歴史発表会のお知らせ】
  113. 11/18(土)19:00~21:00で第一回中国歴史発表会を行います。
  114. ご興味のある方は私か、下記HP上のお問い合わせまでご連絡下さい。
  115. (中国歴史発表会HP) ...&lt;br&gt;
  116. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/kokoronoashiato/status/921701498655948800&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/kokoronoashiato/status/921701498655948800&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  117. &lt;br&gt;
  118. 下記サイトの下記ページによると、2017年11月18日土曜日19時から21時までWeb上で「第一回中国歴史発表会」が開催されるとのことで、その2報のうち1報が、引用するに「後漢の『将軍』について 発表者:董卓」とのことだ。発表は「後漢」だけど董卓さんのことだから『三国志』に載る分も触れられるのであろう。&lt;br&gt;
  119. &lt;br&gt;
  120. ・各講座紹介 - mana-viva ページ!&lt;br&gt;
  121. &lt;a href=&quot;https://mana-viva.jimdo.com/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://mana-viva.jimdo.com/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  122. &lt;br&gt;
  123. ・中国歴史発表会 - mana-viva ページ!&lt;br&gt;
  124. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;https://mana-viva.jimdo.com/%E5%90%84%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E7%B4%B9%E4%BB%8B%2F%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%99%BA%E8%A1%A8%E4%BC%9A&quot;&gt;https://mana-viva.jimdo.com/%E5%90%84%E8%AC%9B%E5%BA%A7%E7%B4%B9%E4%BB%8B%2F%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E7%99%BA%E8%A1%A8%E4%BC%9A&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  125. &lt;br&gt;
  126. ※関連記事&lt;br&gt;
  127.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1237&quot;&gt;mixiコミュ「総合三国志同盟」の勉強会&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  128.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1253&quot;&gt;勝手に「三国志検定」おべんきょう会in東京(2009年6月20日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  129.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1914&quot;&gt;第7回三国志de night-新年祭-(2011年1月29日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  130.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3860&quot;&gt;三国志研究会(全国版) (2016年6月26日より毎月第三日曜日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  131.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4270&quot;&gt;三国志研究会(愛知版)(名古屋2017年8月27日)&lt;/a&gt;
  132. &lt;br&gt;
  133. &lt;br&gt;
  134. 上記関連記事はネットを介さない草の根的な発表会をそろえたけど、今回はWeb上ってことで概念としては下記の方が近いのかもしれないね、解釈は人それぞれだという前提で。&lt;br&gt;
  135. &lt;br&gt;
  136. ※関連記事&lt;br&gt;
  137.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1754&quot;&gt;三国志予備校(2010年7月28日より毎週水曜日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  138.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1820&quot;&gt;漢文訓読会(2010年10月8日より毎週金曜21時) ...&lt;/a&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;</description>
  139. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4404</trackback:ping>
  140. </item>
  141. <item>
  142. <title>海月姫(フジテレビ月9ドラマ2018年1月-)</title>
  143. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4402</link>
  144. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4402</guid>
  145. <pubDate>Sat, 18 Nov 2017 06:45:55 +0900</pubDate>
  146. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4402#comments</comments>
  147. <dc:subject>テレビ</dc:subject>
  148. <description>&lt;meta name=&quot;twitter:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/a/a_20170211r.jpg&quot;&gt;
  149. &lt;meta name=&quot;twitter:card&quot; content=&quot;summary&quot; /&gt;
  150. &lt;meta property=&quot;og:url&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/&quot; /&gt;
  151. &lt;meta property=&quot;og:title&quot; content=&quot;三国志ニュース:海月姫(フジテレビ月9ドラマ2018年1月-)&quot; /&gt;
  152. &lt;meta property=&quot;og:description&quot; content=&quot;東村アキコ「海月姫」(マンガ)を原作年アニメ、映画ときて、ついにドラマ化、しかも月9&quot; /&gt;
  153. &lt;meta property=&quot;og:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/layout/sanCSS2/images/logo.gif&quot; /&gt;
  154.  
  155.  
  156. &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/forum/viewtopic.php?showtopic=180&amp;mode=&amp;show=5&amp;page=18#288&quot;&gt;http://cte.main.jp/newsch/forum/viewtopic.php?showtopic=180&amp;mode=&amp;show=5&amp;page=18#288&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  157. &lt;br&gt;
  158. 有り難いことに上記のように「三国志ニュース」の掲示板で教えていただいたこと。&lt;br&gt;
  159. &lt;br&gt;
  160. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4383&quot;&gt;桃源紀行 ろう中古城(中国・四川省)(NHK BSプレミアム2017年10月23日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  161. &lt;br&gt;
  162. 下記放送局サイトの番組表の下記ページによると、2018年1月の月曜日21時のドラマ枠、いわゆる「月9ドラマ」で、東村アキコ原作(マンガ)のドラマ「海月姫」が放送されるという。下記関連記事にある原作、アニメ、映画同様、三国志オタクのまややがレギュラー登場人物だから作中での三国ネタが期待できる。今のところ、主役・月海の主演は芳根京子さんとのことで、肝心のまややは判り次第追記予定。&lt;br&gt;
  163. &lt;br&gt;
  164. ・フジテレビ&lt;br&gt;
  165. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.fujitv.co.jp/&quot;&gt;http://www.fujitv.co.jp/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  166. &lt;br&gt;
  167. ・海月姫 - フジテレビ&lt;br&gt;
  168. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.fujitv.co.jp/kuragehime/index.html&quot;&gt;http://www.fujitv.co.jp/kuragehime/index.html&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  169. ※2017年11月7日オープンのオフィシャルサイト&lt;br&gt;
  170. &lt;br&gt;
  171. ※関連記事&lt;br&gt;
  172.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4167&quot;&gt;メモ:東村アキコ原画展(米沢嘉博記念図書館2017年2月11日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  173.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4389&quot;&gt;尼~ず前夜(Kiss 2015年1月号 2014年11月25日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  174.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1812&quot;&gt;三国志マニアまやや(アニメ『海月姫』2010年10月14日-)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  175.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3322&quot;&gt;海月姫(2014年12月27日-)&lt;/a&gt;
  176. &lt;br&gt;
  177. &lt;br&gt;
  178. 上記ページから内容紹介文を下記へ引用する。&lt;br&gt;
  179. &lt;br&gt;
  180. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  181.            &lt;p class=&quot;main-txt&quot;&gt;東村アキコさんの超人気漫画が&lt;br&gt;
  182.            ついに月9で完全ドラマ化!&lt;br&gt;
  183.            初の月9主演となる芳根京子さんが、&lt;br&gt;
  184.              新境地&lt;span&gt;“オタク女子”&lt;/span&gt;に挑む!&lt;br&gt;
  185.              &lt;span class=&quot;bg-yellow&quot;&gt;「女の子は誰だってお姫様になれる」&lt;/span&gt;&lt;br&gt;
  186.              コンプレックスを持つすべての女性を幸せにする、&lt;br&gt;
  187.              &lt;span&gt;新感覚シンデレラ・コメディー!&lt;/span&gt;&lt;/p&gt;
  188.            &lt;p class=&quot;m50&quot;&gt;2018年1月スタートの月曜午後9時放送の連続ドラマは、&lt;span class=&quot;pink&quot;&gt;『海月姫』&lt;/span&gt;に決定しました。&lt;br&gt;
  189.             原作は人気漫画家・東村アキコさんの最大のヒット作で、作品完結を機に今回、初の完全テレビドラマ化となります。&lt;br&gt;
  190.             &lt;br&gt;
  191.              主演は&lt;span class=&quot;pink&quot;&gt;芳根京子&lt;/span&gt;さん。芳根さんにとって、『べっぴんさん』(NHK 2016年10月放送)以降最初のTVドラマ主演作となる本作は、&lt;span&gt;連続ドラマ出演10作目という節目を迎えると同時に&lt;/span&gt;&lt;span class=&quot;purple&quot;&gt;初の月9ドラマ主演作&lt;/span&gt;となります。&lt;br&gt;
  192.              『海月姫』は&lt;span class=&quot;pink&quot;&gt;「女の子は誰だってお姫様になれる」&lt;/span&gt;がテーマ。クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの &lt;span class=&quot;purple&quot;&gt;“クラゲオタク女子”&lt;/span&gt;が、とある兄弟と三角関係になり、自分には一生縁はないと思っていた恋を知り、新しい自分、新しい生き方を見つけていく姿を、ギャグを交えて描く、&lt;span class=&quot;purple&quot;&gt;新感覚の “シンデレラ・コメディー”&lt;/span&gt;となります。この冬、『海月姫』がコンプレックスを持つすべての女性を幸せにします! どうぞ、心からご期待ください!&lt;/p&gt;
  193. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ...&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;</description>
  194. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4402</trackback:ping>
  195. </item>
  196. <item>
  197. <title>三国志さん(おそ松さん第2期第7話2017年11月14日放送分)</title>
  198. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4408</link>
  199. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4408</guid>
  200. <pubDate>Tue, 14 Nov 2017 20:15:25 +0900</pubDate>
  201. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4408#comments</comments>
  202. <dc:subject>アニメ</dc:subject>
  203. <description>&lt;meta name=&quot;twitter:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/9/9_20171015b.jpg&quot;&gt;
  204. &lt;meta name=&quot;twitter:card&quot; content=&quot;summary&quot; /&gt;
  205. &lt;meta property=&quot;og:url&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/&quot; /&gt;
  206. &lt;meta property=&quot;og:title&quot; content=&quot;三国志ニュース:三国志さん(おそ松さん第2期第7話2017年11月14日放送分)&quot; /&gt;
  207. &lt;meta property=&quot;og:description&quot; content=&quot;アニメ『おそ松さん』第2期第7話は3本立てのうち1本に「三国志さん」。&quot; /&gt;
  208. &lt;meta property=&quot;og:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/layout/sanCSS2/images/logo.gif&quot; /&gt;
  209.  
  210.  
  211. 速報的に。下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。&lt;br&gt;
  212. &lt;br&gt;
  213. ・杜康潤@7/6孔明のヨメ。7巻発売  (toko_wanko) on Twitter&lt;br&gt;
  214. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/toko_wanko&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/toko_wanko&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  215. &lt;br&gt;
  216. ・Twitter /toko_wanko: 今日の「おそ松さん」が三国志ネタをやった上に、曹操の声が松本保典さんだったと知り、テレビをつけていなかった己を深く悔いている。
  217.  
  218. 松本保典さんは、1991〜1992テレ東放映のアニメ「横山光輝三国志」で曹操役をされていた方でしてね…。わしの青春だったのですよ。 ...&lt;br&gt;
  219. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/toko_wanko/status/870606493300572160&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/toko_wanko/status/870606493300572160&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  220. &lt;br&gt;
  221. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4261&quot;&gt;孔明のヨメ。 7巻(2017年7月6日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  222. &lt;br&gt;
  223. 下記テレビ東京公式サイトおよびその下記エピソードページによると、テレビ東京・テレビ愛知で2017年11月14日火曜日1時35分(13日月曜日深夜)から、テレビ北海道で2017年11月15日水曜日1時(14日火曜日深夜)から、テレビ大阪で2017年11月15日水曜日2時5分(14日火曜日深夜)から、AT-Xで2017年11月15日水曜日22時30分から、BSジャパンで2017年11月19日日曜日0時30分(18日土曜日深夜)から30分放送のアニメ『おそ松さん』第2期第7話は3本立てのうち1本に「三国志さん」があるという。下記エピソードページによるとその内容は「漢たちが闘いを繰り広げた三国時代― その一国の中にあの6つ子たちも…」とのことだ。&lt;br&gt;
  224. &lt;br&gt;
  225. ・TVアニメ「おそ松さん」公式サイト&lt;br&gt;
  226. &lt;a href=&quot;http://osomatsusan.com/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://osomatsusan.com/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  227. &lt;br&gt;
  228. ・おそ松さん|テレビ東京アニメ公式&lt;br&gt;
  229. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/osomatsusan/&quot;&gt;http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/osomatsusan/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  230. &lt;br&gt;
  231. ・エピソード おそ松さん|テレビ東京アニメ公式&lt;br&gt;
  232. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/osomatsusan/episodes/&quot;&gt;http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/osomatsusan/episodes/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  233. &lt;br&gt;
  234. ※関連記事&lt;br&gt;
  235.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3757&quot;&gt;おそ松さん 17松で三国ネタ(2016年2月2日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  236.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4393&quot;&gt;この声をきみに(5)(2017年10月20日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  237.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3810&quot;&gt;妖怪三国志(妖怪ウォッチ 113話2016年3月25日-)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  238.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2527&quot;&gt;『イナズマイレブンGO クロノ・ストーン』で劉備登場(2012年10月3日)&lt;/a&gt;
  239. &lt;br&gt;
  240. &lt;br&gt;
  241. 本編とおそらく関係ない前述の内容についての引用だけど、下記関連記事にあるように定型文「漢と書いて「おとこ」と読ませるのは「漢子」という語句が『北斉書』巻二十三魏愷伝にあるようにもっと後の方の時代だね」をはっておこう。&lt;br&gt;
  242. &lt;br&gt;
  243. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1530&quot;&gt;「蒼天」三国志アクションRPG(2010年春)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  244. &lt;br&gt;
  245. 話を本編に戻し、冒頭のStatusにあるアニメ「横山光輝三国志」についての関連記事を挙げておこう(曹操の声は松本保典さんだったか、というかドラマCD「孔明のヨメ。」で辻親八さんを関羽役じゃなくて張飛役で起用してるやんというツッコミが)。拙論でもオチに使ったしね(テレビ東京の文脈でもあるか)。件の話を見終わった後、何か語りたくなったら追記する予定。&lt;br&gt;
  246. &lt;br&gt;
  247. ※関連記事&lt;br&gt;
  248.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3447&quot;&gt;横山光輝三国志(1991年10月18日-1992年9月25日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  249.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1697&quot;&gt;横山光輝三国志(キッズステーション2010年6月16日以降)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  250.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2781&quot;&gt;ドラマCD 孔明のヨメ。(2013年5月15日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  251.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3767&quot;&gt;中国・アジア研究論文データベース(2016年1月25日公開)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  252. &lt;br&gt;
  253. あ、そうそう、今回もTwitterで「&quot;さんごくし&quot;」と検索すると「おそ松さん」関連のツイートが多く見られる。&lt;br&gt;
  254. &lt;br&gt;
  255. ・&quot;さんごくし&quot; - Twitter検索&lt;br&gt;
  256. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/search?f=tweets&amp;vertical=default&amp;q=%22%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%94%E3%81%8F%E3%81%97%22&amp;src=typd&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/search?f=tweets&amp;vertical=default&amp;q=%22%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%94%E3%81%8F%E3%81%97%22&amp;src=typd&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  257. &lt;br&gt;
  258. <追記>
  259. 魏蜀呉の三国の狭間の中心にある「松」の国という設定(三国志ファンだと荊州?ってなるね)。三国鼎立しているのに「赤壁の戦い」に突入するということで逆に目くじら立てずにかるく見れた。いろいろ語れて時間が足りなくなるんで、まずは軽めに。&lt;br&gt;
  260. &lt;br&gt;
  261. リスト(敬称略)&lt;br&gt;
  262. おそ松(赤)(声・櫻井孝宏):皇帝&lt;br&gt;
  263. カラ松(青)(声・中村悠一):猛将&lt;br&gt;
  264. チョロ松(緑)(声・神谷浩史):文官&lt;br&gt;
  265. 一松(紫)(声・福山潤):野蛮王&lt;br&gt;
  266. 十四松(黄)(声・小野大輔):軍師&lt;br&gt;
  267. トド松(ピンク)(声・入野自由):若き才能&lt;br&gt;
  268. 曹操(声・松本保典)&lt;br&gt;
  269. &lt;br&gt;
  270. 声優さんでいうと、おそ松は『十三支演義 偃月三国伝2』諸葛亮、『三国恋戦記~オトメの兵法!~』雲長(つまり関羽)役)、『三国志 Three Kingdoms 公式朗読CD』荀彧、カラ松は『三国志LOVERSドラマCD』郭嘉、十四松は『鋼鉄三国志 歌劇舞台』魏延と共通していて、残りは追いきれてないんだけど、チョロ松は三国ネタの多い『監獄学園』の主役キヨシと共通。&lt;br&gt;
  271. &lt;br&gt;
  272. ※関連記事&lt;br&gt;
  273.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3090&quot;&gt;十三支演義 偃月三国伝2(2014年4月17日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  274.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2235&quot;&gt;三国志 Three Kingdoms 公式朗読CD(全5話2012年2月3日-)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  275.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/852&quot;&gt;『鋼鉄三国志』関連情報&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  276.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3548&quot;&gt;監獄学園(2015年7月11日-)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  277. &lt;br&gt;
  278. <追記>&lt;br&gt;
  279. &lt;br&gt;
  280. 以下、番組を見る前に思っていたことの書き忘れ。&lt;br&gt;
  281. &lt;br&gt;
  282. ・Twitter /okakiyo92: 昨日の「三国志義兄弟の宴」の「三国志を○○で例えると」「おそ松くん」というよりほぼ「おそ松さん」 おそ松:呂布、カラ松:諸葛亮、チョロ松:曹操、一松:孫権、十四松:張飛、トド松:劉備、ダヨーン:許褚、イヤミ:袁術、チビ太:司馬徽、デカパン:龐統、トト子:何皇后、ハタ坊:典韋 ...&lt;br&gt;
  283. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/okakiyo92/status/724138760003186688&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/okakiyo92/status/724138760003186688&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  284. &lt;br&gt;
  285. 2016年4月23日土曜日13時開催「第11回 三国志義兄弟の宴」の「三国志を○○で例えると」のコーナーで決められた配役。これと今回のを比べるとやはり今回のは裏切りの笑いを機能させていたのだな、という感想を持つ。たとえば、十四松を敢えて軍師に配役することね。&lt;br&gt;
  286. &lt;br&gt;
  287. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3591&quot;&gt;三国志 義兄弟の宴(東京都港区 2015年9月13日-)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  288. &lt;br&gt;
  289. あと金田淳子先生がネット番組『真夜中のニャーゴ』金曜日にて「おそ松さん」風のイラストで三国を解説していたのが思い出される ...&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;</description>
  290. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4408</trackback:ping>
  291. </item>
  292. <item>
  293. <title>中国時代劇で学ぶ中国の歴史 2018年版(2017年8月3日)</title>
  294. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4401</link>
  295. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4401</guid>
  296. <pubDate>Tue, 07 Nov 2017 21:57:56 +0900</pubDate>
  297. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4401#comments</comments>
  298. <dc:subject>ムック</dc:subject>
  299. <description>&lt;meta name=&quot;twitter:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/3/3_20171028c.jpg&quot;&gt;
  300. &lt;meta name=&quot;twitter:card&quot; content=&quot;summary&quot; /&gt;
  301. &lt;meta property=&quot;og:url&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/&quot; /&gt;
  302. &lt;meta property=&quot;og:title&quot; content=&quot;三国志ニュース:中国時代劇で学ぶ中国の歴史 2018年版(2017年8月3日)&quot; /&gt;
  303. &lt;meta property=&quot;og:description&quot; content=&quot;東方書店の店頭で見かけたムック。&quot; /&gt;
  304. &lt;meta property=&quot;og:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/layout/sanCSS2/images/logo.gif&quot; /&gt;
  305.  
  306.  
  307. ※前の記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4399&quot;&gt;魏晋南北朝史のいま(2017年9月)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  308. &lt;br&gt;
  309.  2017年10月28日土曜日16時ごろ、前の記事を含め過去三つの記事にあるように東京の神保町の東方書店の中に入ってすぐのところの平積みのものを見ていた。&lt;br&gt;
  310. &lt;br&gt;
  311. ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~&lt;br&gt;
  312. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.toho-shoten.co.jp/&quot;&gt;http://www.toho-shoten.co.jp/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  313. &lt;br&gt;
  314. &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=000000&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as4&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;ref=ss_til&amp;asins=4873767962&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot; align=&quot;right&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; 次に手に取ったのが平積の上のところに立てかけられていたもの。それは渡邉義浩/監修『中国時代劇で学ぶ中国の歴史 2018年版』(ISBN978-4-87376-849-6)。今、下記出版社サイトの下記ページを見るとキネマ旬報社より2017年8月3日に刊行されたとのこと。1600円(税別)。当日は気づかなかったけど、この記事を書く際に「2018年版」とあるのに気づき、年一に発売されている、あるいは年一で発売していく予定とのことなんだろうね。前回分のページを下記に挙げておこう、渡邉義浩/監修『中国時代劇で学ぶ中国の歴史 最新版』(ISBN978-4-87376-834-2、2016年6月30日刊行)ね。あとリンクは割愛するが、『韓国ドラマで学ぶ韓国の歴史』ってのは2016年版から2018年版までサイトに見られる。それで何が三国に関係するかというと、表題の対象となる「中国の歴史」に三国時代も含まれていて、店頭で手にとって見るに、「2018年版」にドラマ「三国志~趙雲伝~」(原題「武神趙子龍」)が取り上げられ、下記ページによると「最新版」にドラマ「三国志 Three Kingdoms」(原題「三国」)が挙がっていた。&lt;br&gt;
  315. &lt;br&gt;
  316. ・キネマ旬報社&lt;br&gt;
  317. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.kinejun.com/&quot;&gt;http://www.kinejun.com/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  318. &lt;br&gt;
  319. ・中国時代劇で学ぶ中国の歴史 2018年版&lt;br&gt;
  320. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-849-6/Default.aspx&quot;&gt;http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-849-6/Default.aspx&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  321. &lt;br&gt;
  322. ・中国時代劇で学ぶ中国の歴史 最新版&lt;br&gt;
  323. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-834-2/Default.aspx&quot;&gt;http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-834-2/Default.aspx&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  324. &lt;br&gt;
  325. ※関連記事&lt;br&gt;
  326.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4099&quot;&gt;三国志 ~趙雲伝~(WOWOWプライム2017年3月11日-9月30日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  327.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4396&quot;&gt;三国志~趙雲伝~(レンタル2017年11月2日、セル11月15日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  328.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1766&quot;&gt;「三国志」前篇 DVD-BOX(2010年12月10日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  329. &lt;br&gt;
  330. ・渡邉義浩ホームページ&lt;br&gt;
  331. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://ywata.gakkaisv.org/&quot;&gt;http://ywata.gakkaisv.org/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  332. &lt;br&gt;
  333. ※関連記事&lt;br&gt;
  334.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3978&quot;&gt;三国志学会 第十二回大会(2017年9月9日土曜日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  335.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4257&quot;&gt;三国志事典(2017年5月22日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  336.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4357&quot;&gt;三国志の世界 ― 赤壁の戦い(2017年10月28日-12月9日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  337.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4368&quot;&gt;視点・論点 時代を超える三国志の魅力(2017年10月4日)&lt;/a&gt;
  338. &lt;br&gt;
  339. &lt;br&gt;
  340.  上記ページから下記へ内容紹介を引用する。&lt;br&gt;
  341. &lt;br&gt;
  342. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  343. 壮大な大河ドラマや豪華絢爛の宮廷絵巻を見ながら、中国の歴史が学べるオールカラーのガイドブック! &lt;br&gt;
  344. &lt;br&gt;
  345. ☆やさしい歴史解説と年表&amp;地図掲載! &lt;br&gt;
  346. 早稲田大学教授の渡邉義浩先生が、中国の歴史をやさしく解説。年表や地図、図版などで、初めての人でも、歴史の流れが、すらすらわかります。&lt;br&gt;
  347. &lt;br&gt;
  348. ☆百花繚乱! 中国時代劇スター&lt;br&gt;
  349. アジアで絶大な人気を誇る明星たちのドラマを紹介! &lt;br&gt;
  350. スン・リー/チャオ・リーイン/ティファニー・タン/ジン・ティエン/ウォレス・フォ/ケニー・リン/ホアン・シュアン/ルハン&lt;br&gt;
  351. &lt;br&gt;
  352. ☆時代で読み解く中国時代劇&lt;br&gt;
  353. 豪華絢爛の「宮廷ロマンス」、壮大なロケも見ものの「大河ドラマ」、重厚な人間描写の「信念×復讐ドラマ」など、人気ドラマのあらすじ、歴史背景の解説、人物相関図をしっかりと掲載! コラムも大充実! &lt;br&gt;
  354. &lt;br&gt;
  355. ドラマの紹介数は全70作! &lt;br&gt;
  356. &lt;br&gt;
  357. DRAMA &lt;br&gt;
  358. 「ミーユエ 王朝を照らす月」「三国志~趙雲伝~」「王女未央‐BIOU‐」「秀麗伝~美しき賢后と帝の紡ぐ愛~」「太子妃 狂想曲&lt;ラプソディ&gt;」「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」ほか新作全12本&lt;br&gt;
  359. 宮廷ロマンス●「武則天‐The Empress‐」「雲中歌~愛を奏でる~」&lt;br&gt;
  360. 大河ドラマ●「隋唐演義~集いし46人の英雄と滅びゆく帝国~」&lt;br&gt;
  361. 信念×復讐●「琅琊榜-麒麟の才子、風雲起こす-」ほか&lt;br&gt;
  362. Coming Soon「大唐栄耀 The Glory of Tang Dynasty」(原題)ルハン主演「擇天記 Fighter of the Destiny」(原題)「名家の恋衣」&lt;br&gt;
  363. &lt;br&gt;
  364. 監修:渡邉義浩(早稲田大学教授)&lt;br&gt;
  365. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  366. &lt;br&gt;
  367.  そんな中国ドラマについてのムックを見ていると、偶然にもカウンターに「大幇会」のポスターを東方書店へ持ってきた方がいらっしゃった。下記のTwitter Accountの下記のStatus参照で。下記のStatusの画像を見ると2017年11月11日土曜日に開催されるそうで、第13回武侠迷大幇会。&lt;br&gt;
  368. &lt;br&gt;
  369. ・忍豚‏ (ninton) on Twitter&lt;br&gt;
  370. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/ninton&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/ninton&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  371. &lt;br&gt;
  372. ・Twitter / ninton: その他
  373. #武侠迷大幇会
  374. ミッション完了❗(⌒▽⌒)
  375. (神田・東方書店) ...&lt;br&gt;
  376. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/ninton/status/924194009982976000&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/ninton/status/924194009982976000&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  377. &lt;br&gt;
  378. ・第13回武侠迷大幇会参加申し込み&lt;br&gt;
  379. &lt;a href=&quot;https://ssl.form-mailer.jp/fms/ba342464261957&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://ssl.form-mailer.jp/fms/ba342464261957&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  380. &lt;br&gt;
  381. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/369&quot;&gt;有鄰館(京都)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  382. &lt;br&gt;
  383. ※次の記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4403&quot;&gt;中国時代劇キラキラ・ガイド(2016年1月5日) ...&lt;/a&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;</description>
  384. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4401</trackback:ping>
  385. </item>
  386. <item>
  387. <title>第41回 秋の古本まつり(京都古書研究会2017年11月1日-11月5日)</title>
  388. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4400</link>
  389. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4400</guid>
  390. <pubDate>Mon, 06 Nov 2017 06:43:26 +0900</pubDate>
  391. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4400#comments</comments>
  392. <dc:subject>書籍</dc:subject>
  393. <description>&lt;meta name=&quot;twitter:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/a/a_20171105b.jpg&quot;&gt;
  394. &lt;meta name=&quot;twitter:card&quot; content=&quot;summary&quot; /&gt;
  395. &lt;meta property=&quot;og:url&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/&quot; /&gt;
  396. &lt;meta property=&quot;og:title&quot; content=&quot;三国志ニュース:第41回 秋の古本まつり(京都古書研究会2017年11月1日-11月5日)&quot; /&gt;
  397. &lt;meta property=&quot;og:description&quot; content=&quot;ワンコインで吉川英治『三国志』全三巻があったら買ってしまうね、こりゃ。&quot; /&gt;
  398. &lt;meta property=&quot;og:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/layout/sanCSS2/images/logo.gif&quot; /&gt;
  399.  
  400. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4300&quot;&gt;メモ:日本の「三国志演義」翻案作品における作画資料としての「三国演義連環画」(2017年6月24日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  401. &lt;br&gt;
  402.  上記の関連記事に続き、きりのいい記事番号の記念記事。今回のNo.4400は京都古書研究会の「第41回 秋の古本まつり」について。&lt;br&gt;
  403. &lt;br&gt;
  404. ※関連記事&lt;br&gt;
  405.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4315&quot;&gt;第30回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2017年8月11日-16日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  406.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3669&quot;&gt;第39回 秋の古本まつり(京都古書研究会2015年10月30日-11月3日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  407. &lt;br&gt;
  408.  上記関連記事にあるように京都古書研究会主催の「第30回下鴨納涼古本まつり」に引き続き、また昨年は行きそびれたので、一昨年の「第39回 秋の古本まつり」に引き続き、「第41回 秋の古本まつり」に足を運ぶ。2017年11月1日火曜日から11月5日日曜日まで、知恩寺境内(京都大学吉田キャンパスの北部構内と本部構内の間辺り)で開催される。&lt;br&gt;
  409. &lt;br&gt;
  410. ・京都古書研究会ブログ&lt;br&gt;
  411. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://koshoken.seesaa.net/&quot;&gt;http://koshoken.seesaa.net/&lt;/a&gt;
  412. &lt;br&gt;
  413. &lt;br&gt;
  414. <前の雑記にリンク予定>&lt;br&gt;
  415. &lt;br&gt;
  416.  足を運んだ日の前日は14時30分ぐらいからながらでだらだらと葡国鶏肝をつくっていて19時ぐらいにでき、23時就寝。当日の2017年11月5日日曜日は4時に目覚ましをかけていたけど6時起き。6時44分発の市バスに乗って府立図書館へと行き、もちろん開館してないんで、ポストに返却する本を入れてきた。&lt;br&gt;
  417.  家に帰ってきて、9時36分発の市バスで再び出かける。百万遍のバス停で降りて、まだ開始の10時になってなかったけど、会場の知恩寺に到着。南口。写真を撮っていた。&lt;br&gt;
  418. &lt;br&gt;
  419.  &lt;img src=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/1/1_20171105a.jpg&quot;&gt; &lt;img src=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/a/a_20171105b.jpg&quot;&gt;&lt;br&gt;
  420. &lt;br&gt;
  421.  スタンプ帖を兼ねるチラシをとって、南門をくぐる。南門から北のお堂に向かって敷かれる石畳の通りの左右に、近畿などから集まる古書店の出店が並ぶのが基本レイアウトとなっていて、いつものように時計回りに見ていくこととする。&lt;br&gt;
  422.  いまさら気づいたけど、常連の古書店は定位置みたいなのがあるようで、南門を入って左は紫陽書店だ。まず目に付いたのが、趙海軍・毛笑冰『中国古代軍事史』(文津出版2003年)だ。目次を見るとやはり普通に三国のが章立てしてあった。&lt;br&gt;
  423. &lt;br&gt;
  424. ・『史記会注考証』『黄金史綱』 - 枕流亭ブログ&lt;br&gt;
  425. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20070324/p3&quot;&gt;http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20070324/p3&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  426. &lt;br&gt;
  427.  次に目に付いたのが阿辻哲次『図説 漢字の歴史』(大修館書店1989年12月)。開けたページに進賢冠を戴いた官吏の画像磚のスケッチがあって、一瞬「おぉっ」となったけど、よく見ると「『中国古代の服飾研究』より」と出典が明記されていた。&lt;br&gt;
  428. &lt;br&gt;
  429. ※関連記事&lt;br&gt;
  430.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/365&quot;&gt;一梁?メモ&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  431.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/641&quot;&gt;メモ:「中国服飾史上における河西回廊の魏晋壁画墓・画像磚墓」&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  432. &lt;br&gt;
  433.  あといつものももちろんあってたとえば、『新釈漢文大系〈14〉文選』詩篇上巻(明治書院1985年8月、実際の発行は確認せず)と『新釈漢文大系〈15〉文選』詩篇下巻(明治書院1964年12月、実際の発行は確認せず)とか。&lt;br&gt;
  434.  他に目に付いたのが、顧頡剛・小倉芳彦『中国古代の学術と政治』(大修館書店1978年1月)。目次を見ると、曹丕の受禅などが見える。北隣の店に向かうと、テントの外の商品には『青天航路』16巻セットが1000円で売られていた。&lt;br&gt;
  435. &lt;br&gt;
  436. &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=9576687152&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4469230707&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=462557014X&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4625570158&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4469230294&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B002DE6XSO&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt;&lt;br&gt;
  437. &lt;br&gt;
  438.  次の津田書店ではテント下の北側の本棚が両面で児童書コーナーっぽくなっており、やはりYMOのジャケットみないたデザインの表紙、駒田信二訳『三国志演義』、確かCha-ngokushiの子供向け三国本の棚でみたやつ。&lt;br&gt;
  439. &lt;br&gt;
  440. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4293&quot;&gt;中国の歴史3 三国志の英雄たち(集英社1987年8月25日発行)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  441. &lt;br&gt;
  442.  あと『集英社版・学習漫画 日本の歴史』2巻(1998年2月)がおいてあってぱらぱら見ると、光武帝は描かれるものの曹叡は描かれてなかった。マンガ部分以外の解説部分では諸葛亮の肖像画は『三才図会』っぽいのが使われていた。&lt;br&gt;
  443. &lt;br&gt;
  444. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/480&quot;&gt;メモ:三才圖會と三禮圖&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  445. &lt;br&gt;
  446.  今、関心があるのは秦始皇兵馬俑が日本のマンガ作品の描写でどう影響を与えたか、で、中央公論社の『中国の歴史』シリーズのバラでの発売を見たが、該当する2巻がおいてなかった。残念。3巻の司馬遷の部分では、もう腹巻タイプになっていたし。&lt;br&gt;
  447. &lt;br&gt;
  448. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3955&quot;&gt;中国の歴史 4 英雄たちの時代 ―孔明と三国志―(1986年8月20日発行)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  449. &lt;br&gt;
  450.  それで次の書店に行こうとしてついでにテントのない3冊500円コーナーを見てたら、平積みの中の『吉川英治全集 三国志 3巻完結記念セット』と銘打たれた箱の直立を目にしてしまう。やはり生賴範義氏の絵に目が行ってしまうね。右から劉備、関羽、張飛の顔アップの絵。左側面に諸葛亮の顔アップの絵&lt;br&gt;
  451. &lt;br&gt;
  452. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3841&quot;&gt;生賴範義展 THE ILLUSTRATOR ―スター・ウォーズ、ゴジラを描いた巨匠の軌跡―(明石市立文化博物館2016年4月16日-5月29日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  453. &lt;br&gt;
  454.  張飛の被り物については葛飾戴斗二世/画「絵本通俗三国志」→今回の生賴範義/画→『希望の友』1972年1月号所載横山光輝「三国志」予告→横山光輝「三国志」という連続性は見られるも、それ以外の人物のについては連続性がないので、どうしても瑣末な議論になってしまうし、何よりそこにある絵が印刷がつぶれたようになっているので研究材としては使えないだろう。そう思いながら、しげしげと見ていると、よく考えたらそこは3冊で500円コーナー。箱に入っているからわかりづらいけどそれは3冊セット。なんと1コインで買えてしまう!(後日、目に付いたのが定価2340円だし) そう思うと、自然とレジに足が向いていた。千円札で払ったけど。&lt;br&gt;
  455. &lt;br&gt;
  456. ※関連記事&lt;br&gt;
  457.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/377&quot;&gt;2006年7月29日「三国志シンポジウム」雑感2&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  458.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3281&quot;&gt;メモ:横山光輝展 豊島区立中央図書館(2014年10月4日)  &lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  459. &lt;br&gt;
  460.  &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B000JB4952&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4082390022&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt;&lt;br&gt;
  461. &lt;br&gt;
  462.  すぐ南北の石畳通路のベンチで写真撮影したよ。あと今回は喫茶コーナーがあるのに気づいた。天気も良いし心に余裕があれば行ってたかもね。会場の東のほうにある。&lt;br&gt;
  463. &lt;br&gt;
  464.  &lt;img src=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/3/3_20171105c.jpg&quot;&gt; &lt;img src=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/1/1_20171105d.jpg&quot;&gt;&lt;br&gt;
  465. &lt;br&gt;
  466.  その北隣の萩書房にはテントのない平積の所に歴史読本コーナーがあって、1989年11月号「特集「三国志」諸葛孔明の戦い」があった。&lt;br&gt;
  467. &lt;br&gt;
  468. ※関連記事&lt;br&gt;
  469.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4215&quot;&gt;特集対談 諸葛孔明の魅力と秘密(歴史読本ワールド1991年8月号)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  470.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3953&quot;&gt;第29回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2016年8月11日-16日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  471. &lt;br&gt;
  472. &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B008TTFJXW&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot; align=&quot;right&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; そこから北に小亀屋、京都スターブックスといくと、東西の道に抜け、その道沿いに左、西に進み、道の南側、会場の西の端にはヨドニカ文庫がある。平積のコーナーには分冊百科が大量にあって、そこで気になったのはデアゴスティーニ社の『歴史のミステリー』。やはり人物を軸とした構成のようで、それぞれの表紙を見た限り1号につき2人で、関連する絵・写真に添えられた肖像画と共に、引きとなる疑問文のテーマがそれぞれの表紙に大きく書かれている。平積のその分冊百科をめくっていくと、やっぱりあったね、『歴史のミステリー』改訂版 15号(2012年8月28日発売9月11日号)に「諸葛孔明は名軍師だったのか?」。フォーマットとなる肖像画は何を使っているのか、見ると前述の『三才図会』っぽいのではなく、成都武侯祠の諸葛亮像。ここらへんなぜか、うまいな、と思ってしまった。&lt;br&gt;
  473. &lt;br&gt;
  474. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1439&quot;&gt;週刊マンガ日本史(2009年10月6日創刊)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  475. &lt;br&gt;
  476.  通りを挟んだ北の向かい側が福田屋書店でそこの新書コーナーを見ると、武光誠『邪馬台国と大和朝廷』(平凡社新書2004年5月1日)、千田稔『図説 地図とあらすじでわかる!邪馬台国』 (青春新書INTELLIGENCE 2010年4月2日)が見えた。その福田屋書店にも分冊百科の平積コーナーがあって、前述の『歴史のミステリー』改訂版 15号もあって、さらに探すと99号(2014年4月22日号)が「邪馬台国はどこに存在したか?」だった。卑弥呼の肖像画はベタに安田靫彦氏のやつね。これって1968年制作なんだね。&lt;br&gt;
  477. &lt;br&gt;
  478. ・卑弥呼 | 滋賀県立近代美術館&lt;br&gt;
  479. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.shiga-kinbi.jp/db/?p=11005&quot;&gt;http://www.shiga-kinbi.jp/db/?p=11005&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  480. &lt;br&gt;
  481.  ほかには『週刊 中国悠遊紀行』「17 成都」(小学館ウイークリーブック2005年)があった。その連載企画として塚本靑史「中国英雄伝」があり、その号はテーマに沿ったのか劉備と諸葛亮がテーマの回だ。他の連載企画として冨谷至「よくわかる中国史」があった。これが冨谷至『教科書では読めない中国史―中国がよくわかる50の話』(小学館2006年3月1日)にまとめられるって流れね。『三国志 上巻 曹操・劉備・孫権、天下への大計』(歴史群像シリーズ 17、学習研究社1990年3月)と『三国志 下巻 諸葛孔明、中原回復への冀望』(歴史群像シリーズ 18、学習研究社1990年3月)もあった。&lt;br&gt;
  482. &lt;br&gt;
  483. ※関連記事&lt;br&gt;
  484.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/180&quot;&gt;2005年9月8日「週刊 中国悠遊紀行」第48号 三国志の旅&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  485.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2281&quot;&gt;仲達(角川文庫2012年1月25日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  486.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4397&quot;&gt;教科書では読めない中国史(2006年3月)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  487. &lt;br&gt;
  488.  &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4582852246&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4413042697&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B007GH6O6O&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4051051544&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4051051552&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt;&lt;br&gt;
  489. &lt;br&gt;
  490.  その北隣の井上書店の本棚には『しにか』が並べておかれていた。1994年1月号の特集が「アジア英雄伝説」で関羽について書かれてあって、1999年2月号の特集が「古代中国の兵法」で石井仁先生や中林史朗先生の寄稿がある。&lt;br&gt;
  491. &lt;br&gt;
  492. ※関連記事&lt;br&gt;
  493.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3347&quot;&gt;ノート:「連環画」の転変(『月刊しにか』2000年10月)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  494.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3978&quot;&gt;三国志学会 第十二回大会(2017年9月9日土曜日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  495.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3124&quot;&gt;【中止】新発見!三国志と日本(2014年6月22日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  496. &lt;br&gt;
  497.  福田屋書店、井上書店の東隣につらなる玉城文庫、赤尾照文堂を越えると南北の通路に出て、これで西側は一通り回る。東側の一番北にある石川古本店には吉川英治「三国志」の文庫本セットがあった。その南側にはおなじみのキクオ書店があるんだけど、今回はその二店の奥、東側に児童書コーナーがある。前回は確認してないが前々回までは会場の南東にあった分だ。そこに前述の駒田信二訳『三国志演義』以外にも文庫本があった、『三国志』(講談社青い鳥文庫1985年11月10日)のね。&lt;br&gt;
  498. &lt;br&gt;
  499.  &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B008B5CGL2&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4061471872&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;br&gt;
  500. &lt;br&gt;
  501.  そこから南下して東西の道を越える。東にシルヴァン書房があって、西には竹岡書店がある。竹岡書店には5冊500円コーナーがあるんだけど、「5冊」の「5」の部分が貼紙だったんで、最終日だから値下げしたのかな、と。そこは結構の数のお客さんが物色されていて、それを端から店員さんらしき人が整理しているという賑わっている所。そんなんだから何か見ていこうと思ったけどなかなか本まで到着できそうにないんで、ちら見だけだった。それでも中華書局の『後漢書』『晋書』がそのコーナーに並んでいるのが確認でき内心ウケていた。&lt;br&gt;
  502. &lt;br&gt;
  503. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1283&quot;&gt;メモ:[唐]許嵩撰『建康實録』&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  504. &lt;br&gt;
  505.  南隣の其中堂だったかもしれないけど、テントの本棚には『中國人名大辭典』(臺灣商務印書館)が5000円で売られていた。適当に開くとちゃんと呂蒙や呂布を発見。それと殷占堂『三国志-中国伝説のなかの英傑』(岩崎美術社1999年7月)を見かけた。&lt;br&gt;
  506. &lt;br&gt;
  507.  &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=7545812964&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B00AYPCQ76&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;br&gt;
  508. &lt;br&gt;
  509.  竹岡書店の南には北から其中堂、谷書店、欧文堂、と並び、最後、南門のそばには三密堂書店がある。そこには中国国家文物事業管理局/編、鈴木博/訳『中国名勝旧跡事典』第5巻 西北・西南篇(ぺりかん社1989年7月)があって、成都武侯祠などが見られた。他には陳舜臣『中国の歴史〈第5巻〉動乱の群像(平凡社1981年7月)があって、本文は未確認だけど冒頭の写真に五丈原にある廟の写真があったりとなかなか貴重感があった。他には井沢元彦『逆説の日本史』1巻(小学館1993年9月3日)があって、本文を見ると、改行の仕方がブログみたいだな、と本末転倒な印象を抱いてしまった。&lt;br&gt;
  510. &lt;br&gt;
  511. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1545&quot;&gt;ビートたけしの教科書に載らない日本人の謎2010(2010年1月2日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  512. &lt;br&gt;
  513.  &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4831504602&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B000J7X5RO&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=409379412X&amp;ref=tf_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt;&lt;br&gt;
  514. &lt;br&gt;
  515.  それで一通り回って、12時前には市バス206系統に乗って府立図書館へ行き、窪添慶文/編『魏晋南北朝史のいま』(アジア遊学 213、勉誠出版2017年9月)が貸出中だな、と思いつつ、結局、5冊フルに借りた、以前借りてたの3冊(マンガ学2冊、メディア学的1冊)と東洋史学2冊。12時30分過ぎには市バスに乗って帰路に ...&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;</description>
  516. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4400</trackback:ping>
  517. </item>
  518. <item>
  519. <title>魏晋南北朝史のいま(2017年9月)</title>
  520. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4399</link>
  521. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4399</guid>
  522. <pubDate>Sun, 05 Nov 2017 08:19:14 +0900</pubDate>
  523. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4399#comments</comments>
  524. <dc:subject>研究</dc:subject>
  525. <description>&lt;meta name=&quot;twitter:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/3/3_20171028c.jpg&quot;&gt;
  526. &lt;meta name=&quot;twitter:card&quot; content=&quot;summary&quot; /&gt;
  527. &lt;meta property=&quot;og:url&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/&quot; /&gt;
  528. &lt;meta property=&quot;og:title&quot; content=&quot;三国志ニュース:魏晋南北朝史のいま(2017年9月)&quot; /&gt;
  529. &lt;meta property=&quot;og:description&quot; content=&quot;東方書店の店頭で見かけた書籍。&quot; /&gt;
  530. &lt;meta property=&quot;og:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/layout/sanCSS2/images/logo.gif&quot; /&gt;
  531.  
  532.  
  533. ※前の記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4397&quot;&gt;教科書では読めない中国史(2006年3月)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  534. &lt;br&gt;
  535.  2017年10月28日土曜日16時ごろ、前の記事やその前の記事ににあるように東京の神保町の東方書店の中に入ってすぐのところの平積みのものを見ていた。&lt;br&gt;
  536. &lt;br&gt;
  537. ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~&lt;br&gt;
  538. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.toho-shoten.co.jp/&quot;&gt;http://www.toho-shoten.co.jp/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  539. &lt;br&gt;
  540.  相変わらず楽史舎さんの同人誌が立てかけられているなと思いつつ。&lt;br&gt;
  541. &lt;br&gt;
  542. ・楽史舎index&lt;br&gt;
  543. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.diced.jp/~rakushi/&quot;&gt;http://www.diced.jp/~rakushi/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  544. &lt;br&gt;
  545. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3939&quot;&gt;メモ:東方書店(2016年7月30日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  546. &lt;br&gt;
  547. &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=000000&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as4&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;ref=ss_til&amp;asins=4585226796&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot; align=&quot;right&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; 次に手に取ったのがひだ積み右奥の書籍。以前から気になっていたのだけど、三国がどれくらいあるか確認したかったのを思い出した。それは勉誠出版より2017年9月に発売の窪添慶文/編『魏晋南北朝史のいま』(アジア遊学 213、ISBN978-4-585-22679-6)だ。2800円(税別)とのこと。下記に目次を引用するのだけど、開いたらいきなり田中靖彦の曹丕についての文だったんで、こりゃ三国志にもろ関係すると。&lt;br&gt;
  548. &lt;br&gt;
  549. ・勉誠出版 --HOME&lt;br&gt;
  550. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://bensei.jp/&quot;&gt;http://bensei.jp/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  551. &lt;br&gt;
  552. ・魏晋南北朝史のいま&lt;br&gt;
  553. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&amp;cPath=9_14_40&amp;products_id=100791&quot;&gt;http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&amp;cPath=9_14_40&amp;products_id=100791&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  554. &lt;br&gt;
  555. ※関連記事&lt;br&gt;
  556.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3793&quot;&gt;中国古代都城の設計と思想(勉誠出版2016年2月)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  557.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3577&quot;&gt;中国知識人の三国志像(2015年7月)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  558.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2288&quot;&gt;「湖南出土魏晋簡牘をめぐる諸問題」「出土資料からみた魏晋時代の河西」(2012年2月19日20日)&lt;/a&gt;
  559. &lt;br&gt;
  560. &lt;br&gt;
  561.  上記ページから下記へ目次を引用する。&lt;br&gt;
  562. &lt;br&gt;
  563. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  564. &lt;div class=&quot;section&quot;&gt;
  565. &lt;h3 class=&quot;productH3Index&quot;&gt;目次&lt;/h3&gt;
  566. &lt;p&gt;総論―魏晋南北朝史のいま 窪添慶文&lt;br&gt;Ⅰ 政治・人物&lt;br&gt; 曹丕―三分された日輪の時代 田中靖彦&lt;br&gt; 晋恵帝賈皇后の実像 小池直子&lt;br&gt; 赫連勃勃―「五胡十六国」史への省察を起点として 徐冲(板橋暁子・訳)&lt;br&gt; 陳の武帝とその時代 岡部毅史&lt;br&gt; 李沖 松下憲一&lt;br&gt; 北周武帝の華北統一 会田大輔&lt;br&gt; それぞれの「正義」 堀内淳一&lt;br&gt;&lt;br&gt;Ⅱ 思想・文化&lt;br&gt; 魏晋期の儒教 古勝隆一&lt;br&gt; 南北朝の雅楽整備における『周礼』の新解釈について 戸川貴行&lt;br&gt; 南朝社会と仏教―王法と仏法の関係 倉本尚徳&lt;br&gt; 北朝期における「邑義」の諸相―国境地域における仏教と人々 北村一仁&lt;br&gt; 山中道館の興起 魏斌(田熊敬之・訳)&lt;br&gt; 史部の成立 永田拓治&lt;br&gt; 書法史における刻法・刻派という新たな視座―北魏墓誌を中心に 澤田雅弘&lt;br&gt;&lt;br&gt;Ⅲ 国都・都城&lt;br&gt; 鄴城に見る都城制の転換 佐川英治&lt;br&gt; 建康とその都市空間 小尾孝夫&lt;br&gt; 魏晋南北朝の長安 内田昌功&lt;br&gt; 北魏人のみた平城 岡田和一郎&lt;br&gt; 北魏洛陽城―住民はいかに統治され、居住したか 角山典幸&lt;br&gt; 統万城 市来弘志&lt;br&gt; 「蜀都」とその社会―成都 二二一―三四七年 新津健一郎&lt;br&gt; 辺境都市から王都へ―後漢から五涼時代にかける姑臧城の変遷 陳力&lt;br&gt;&lt;br&gt;Ⅳ 出土資料から見た新しい世界&lt;br&gt; 竹簡の製作と使用―長沙走馬楼三国呉簡の整理作業で得た知見から 金平(石原遼平・訳)&lt;br&gt; 走馬楼呉簡からみる三国呉の郷村把握システム 安部聡一郎&lt;br&gt; 呉簡吏民簿と家族・女性 鷲尾祐子&lt;br&gt; 魏晋時代の壁画 三崎良章&lt;br&gt; 北朝の墓誌文化 梶山智史&lt;br&gt; 北魏後期の門閥制 窪添慶文&lt;/p&gt;
  567. &lt;!-- /.section --&gt;&lt;/div&gt;
  568. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  569. &lt;br&gt;
  570. それで冒頭のことが伏線として消費されるのだけど、お客の二人組がお店の人に楽史舎さんの同人誌も含めて、興味深くそれらのことを伺いつつ、手にとってすごく楽しんでいたのが印象的だった。&lt;br&gt;
  571. &lt;br&gt;
  572. ※次の記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4401&quot;&gt;中国時代劇で学ぶ中国の歴史 2018年版(2017年8月3日) ...&lt;/a&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;</description>
  573. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4399</trackback:ping>
  574. </item>
  575. <item>
  576. <title>三国志~趙雲伝~(DATV2017年11月29日-)</title>
  577. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4398</link>
  578. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4398</guid>
  579. <pubDate>Sat, 04 Nov 2017 21:28:34 +0900</pubDate>
  580. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4398#comments</comments>
  581. <dc:subject>テレビ</dc:subject>
  582. <description>&lt;meta name=&quot;twitter:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/1/1_20160919i.jpg&quot;&gt;
  583. &lt;meta name=&quot;twitter:card&quot; content=&quot;summary&quot; /&gt;
  584. &lt;meta property=&quot;og:url&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/&quot; /&gt;
  585. &lt;meta property=&quot;og:title&quot; content=&quot;三国志ニュース:三国志~趙雲伝~(DATV2017年11月29日-)&quot; /&gt;
  586. &lt;meta property=&quot;og:description&quot; content=&quot;WOWOWプライム2017年3月11日から9月30日まで放送されていたドラマ「三国志~趙雲伝~」(原題「武神趙子龍」)が今度はCSのDATVで放送される&quot; /&gt;
  587. &lt;meta property=&quot;og:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/layout/sanCSS2/images/logo.gif&quot; /&gt;
  588.  
  589. 下記関連記事を書く際に知ったこと。&lt;br&gt;
  590. &lt;br&gt;
  591. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4396&quot;&gt;三国志~趙雲伝~(レンタル2017年11月2日、セル11月15日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  592. &lt;br&gt;
  593. 下記サイトにあるようにドラマ「三国志~趙雲伝~」(原題「武神趙子龍」)がCSの放送局DATVで2017年11月29日から水曜日木曜日の各20時からの1時間枠で放送されるという。またその宣伝番組的に同局で2017年11月11日土曜日21時から21時30分まで「「三国志 ~趙雲伝~」ユナ(少女時代)インタビューSP」が放送されるという(再放送は「11月20日(月)深夜1:30~」とのこと)。下記関連記事にあるように、その前はWOWOWプライム2017年3月11日から9月30日まで放送されていた作品だ。&lt;br&gt;
  594. &lt;br&gt;
  595. ・三国志~趙雲伝~DVDオフィシャルサイト|ポニーキャニオン&lt;br&gt;
  596. &lt;a href=&quot;https://sangokushi.ponycanyon.co.jp/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://sangokushi.ponycanyon.co.jp/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  597. &lt;br&gt;
  598. ・韓流・華流イケメン見るなら!-DATV&lt;br&gt;
  599. &lt;a href=&quot;https://knda.tv/datv/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://knda.tv/datv/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  600. &lt;br&gt;
  601. ・三国志 ~趙雲伝~|番組詳細|韓流・華流イケメン見るなら!-DATV&lt;br&gt;
  602. &lt;a href=&quot;https://knda.tv/datv/program/dt001261/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://knda.tv/datv/program/dt001261/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  603. &lt;br&gt;
  604. ・「三国志 ~趙雲伝~」ユナ(少女時代)インタビューSP|番組詳細|韓流・華流イケメン見るなら!-DATV&lt;br&gt;
  605. &lt;a href=&quot;https://knda.tv/datv/program/dt001260/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://knda.tv/datv/program/dt001260/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  606. &lt;br&gt;
  607. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4099&quot;&gt;三国志 ~趙雲伝~(WOWOWプライム2017年3月11日-9月30日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  608. &lt;br&gt;
  609. ・「三国志 ~趙雲伝~」の放送スケジュール|韓流・華流イケメン見るなら!-DATV&lt;br&gt;
  610. &lt;a href=&quot;https://knda.tv/datv/program/schedule/dt001261/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://knda.tv/datv/program/schedule/dt001261/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  611. &lt;br&gt;
  612.  &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=000000&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as4&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;ref=ss_til&amp;asins=B0746R619N&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=000000&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as4&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;ref=ss_til&amp;asins=B07537QJXX&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=000000&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as4&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;ref=ss_til&amp;asins=B0763VKRZM&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt;
  613. &lt;br&gt;
  614. &lt;br&gt;
  615. 具体的なスケジュールを上記ページから下記へ引用する。更新に気づき次第追記する予定。&lt;br&gt;
  616. &lt;br&gt;
  617. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  618.            &lt;div class=&quot;broadcast_box&quot;&gt;
  619.                &lt;dl&gt;
  620.                    &lt;dt&gt;2017/11/29 20:00&lt;/dt&gt;
  621.                    &lt;dd&gt;&lt;span class=&quot;tl&quot;&gt;[新][中]三国志 ~趙雲伝~ #1&lt;/span&gt;&lt;br /&gt;第1話 倚天剣と青こう剣&lt;/dd&gt;
  622.                &lt;/dl&gt;                &lt;dl&gt;
  623.                    &lt;dt&gt;2017/11/30 11:15&lt;/dt&gt;
  624.                    &lt;dd&gt;&lt;span class=&quot;tl&quot;&gt;[中]三国志 ~趙雲伝~ #1&lt;/span&gt;&lt;br /&gt;第1話 倚天剣と青こう剣&lt;/dd&gt;
  625.                &lt;/dl&gt;                &lt;dl&gt;
  626.                    &lt;dt&gt;2017/11/30 20:00&lt;/dt&gt;
  627.                    &lt;dd&gt;&lt;span class=&quot;tl&quot;&gt;[中]三国志 ~趙雲伝~ #2&lt;/span&gt;&lt;br /&gt;第2話 弟子入り志願&lt;/dd&gt;
  628.                &lt;/dl&gt;            &lt;/div&gt;
  629. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ...&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;</description>
  630. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4398</trackback:ping>
  631. </item>
  632. <item>
  633. <title>教科書では読めない中国史(2006年3月)</title>
  634. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4397</link>
  635. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4397</guid>
  636. <pubDate>Fri, 03 Nov 2017 20:36:08 +0900</pubDate>
  637. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4397#comments</comments>
  638. <dc:subject>書籍</dc:subject>
  639. <description>&lt;meta name=&quot;twitter:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/3/3_20171028c.jpg&quot;&gt;
  640. &lt;meta name=&quot;twitter:card&quot; content=&quot;summary&quot; /&gt;
  641. &lt;meta property=&quot;og:url&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/&quot; /&gt;
  642. &lt;meta property=&quot;og:title&quot; content=&quot;三国志ニュース:教科書では読めない中国史(2006年3月)&quot; /&gt;
  643. &lt;meta property=&quot;og:description&quot; content=&quot;東方書店のワゴンセールで見かけた書籍。一章分が三国ネタ。&quot; /&gt;
  644. &lt;meta property=&quot;og:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/layout/sanCSS2/images/logo.gif&quot; /&gt;
  645.  
  646. ※前の記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4395&quot;&gt;中国古代化学(2017年9月)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  647. &lt;br&gt;
  648.  2017年10月28日土曜日16時ごろ、前の記事にあるように東京の神保町の東方書店の中に入った。&lt;br&gt;
  649. &lt;br&gt;
  650. ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~&lt;br&gt;
  651. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.toho-shoten.co.jp/&quot;&gt;http://www.toho-shoten.co.jp/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  652. &lt;br&gt;
  653.  いやその前に入り口前にある“ワゴンセール”が気になって。&lt;br&gt;
  654. &lt;br&gt;
  655. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2596&quot;&gt;僕らの三国志大全(2012年12月13日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  656. &lt;br&gt;
  657. &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=000000&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as4&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;ref=ss_til&amp;asins=4093876452&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot; align=&quot;right&quot;&gt;&lt;/iframe&gt;&lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=000000&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as4&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;ref=ss_til&amp;asins=4862980848&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot; align=&quot;right&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; 2012年12月13日発売のムック『僕らの三国志大全』(綜合ムック、綜合図書、ISBN4862980848)が530円で販売していて、その他いろいろあったけど、冨谷至『教科書では読めない中国史―中国がよくわかる50の話』(小学館2006年3月1日)というのが定価1500円(税別)のところ720円であり、ぱらぱらとめくると『三国志』パートもあるようで。後で検索してみると三国志ニュースでちゃんと紹介してなかったようなので、ここで記事に。下記関連記事(1番目)に「三国に関係ないかなと思って手に取ったら、「分裂の時代」という章で『三国志』と『三国演義』の違いや、邪馬台国のことが書かれてあった。」とあるぐらい。&lt;br&gt;
  658. &lt;br&gt;
  659. ・CiNii 図書 - 教科書では読めない中国史 : 中国がよくわかる50の話&lt;br&gt;
  660. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA75983784&quot;&gt;http://ci.nii.ac.jp/ncid/BA75983784&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  661. &lt;br&gt;
  662. ※関連記事&lt;br&gt;
  663.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2568&quot;&gt;第36回 秋の古本まつり(京都古書研究会2012年10月31日-11月4日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  664.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3510&quot;&gt;『漢簡語彙 中国古代木簡辞典』『漢簡語彙考証』(2015年3月25日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  665.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3926&quot;&gt;漢唐法制史研究(2016年2月)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  666.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4019&quot;&gt;2016年度(第28回)日本秦漢史学会大会(2016年11月19日)&lt;/a&gt;
  667. &lt;br&gt;
  668. &lt;br&gt;
  669.  上記ページの内容説明文によると、「気鋭の中国学者が、古代から近代まで中国をひもとく50の歴史トピック。写真、地図も豊富に収録。」とのことなんだけど、それより注記の「小学館ウィークリーブック『週刊中国悠遊紀行』に連載した「よくわかる中国史」を補筆・訂正し、一冊にまとめたもの」に納得。あの分冊百科か。&lt;br&gt;
  670. &lt;br&gt;
  671. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/180&quot;&gt;2005年9月8日「週刊 中国悠遊紀行」第48号 三国志の旅&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  672. &lt;br&gt;
  673. ※次の記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4399&quot;&gt;魏晋南北朝史のいま(2017年9月)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  674. &lt;br&gt;
  675. ※新規関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4400&quot;&gt;第41回 秋の古本まつり(京都古書研究会2017年11月1日-11月5日) ...&lt;/a&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;</description>
  676. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4397</trackback:ping>
  677. </item>
  678. <item>
  679. <title>三国志~趙雲伝~(レンタル2017年11月2日、セル11月15日)</title>
  680. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4396</link>
  681. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4396</guid>
  682. <pubDate>Thu, 02 Nov 2017 18:23:03 +0900</pubDate>
  683. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4396#comments</comments>
  684. <dc:subject>テレビ</dc:subject>
  685. <description>&lt;meta name=&quot;twitter:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/1/1_20160919i.jpg&quot;&gt;
  686. &lt;meta name=&quot;twitter:card&quot; content=&quot;summary&quot; /&gt;
  687. &lt;meta property=&quot;og:url&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/&quot; /&gt;
  688. &lt;meta property=&quot;og:title&quot; content=&quot;三国志ニュース:三国志~趙雲伝~(レンタル2017年11月2日、セル11月15日)&quot; /&gt;
  689. &lt;meta property=&quot;og:description&quot; content=&quot;WOWOWプライム2017年3月11日から9月30日まで放送されていたドラマ「三国志~趙雲伝~」(原題「武神趙子龍」)がレンタル&セルでリリースされる&quot; /&gt;
  690. &lt;meta property=&quot;og:image&quot; content=&quot;http://cte.main.jp/newsch/layout/sanCSS2/images/logo.gif&quot; /&gt;
  691.  
  692.  
  693. 下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。&lt;br&gt;
  694. &lt;br&gt;
  695. ・キリエ@三国志垢 (Kyrie0359) on Twitter&lt;br&gt;
  696. &lt;a href=&quot;http://twitter.com/Kyrie0359&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://twitter.com/Kyrie0359&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  697. &lt;br&gt;
  698. ・Twitter / Kyrie0359: そういや今日って趙雲伝のレンタル開始日やんな? ...&lt;br&gt;
  699. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/Kyrie0359/status/925927266391089155&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/Kyrie0359/status/925927266391089155&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  700. &lt;br&gt;
  701. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4382&quot;&gt;とちぎの三国志「山車人形」まつり(2017年10月28日29日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  702. &lt;br&gt;
  703. 下記サイトにあるようにドラマ「三国志~趙雲伝~」(原題「武神趙子龍」)のDVDが2017年11月2日にレンタル開始で、DVD-BOXが11月15日販売開始だという。下記関連記事にあるように日本ではWOWOWプライム2017年3月11日から9月30日まで放送されていた作品だ。&lt;br&gt;
  704. 具体的にはレンタルのDVDが特典映像付きの最終巻以外は2話ずつ収録の全59話でVol.1-5が2017年11月2日レンタル開始、Vol.6-10が2017年11月15日開始、Vol.11-15が2017年12月6日開始、Vol.16-20が2017年12月20日開始、Vol.21-25が2018年1月10日開始、Vol.26-30が2018年1月17日開始だという。型番はPCBG.73111から73140まで割り振られている。&lt;br&gt;
  705. DVD-BOXは全3組でDVD-BOX 1が2017年11月15日発売「PCBG.61701 / 23,000円(本体)+税」、DVD-BOX 2が2017年12月20日発売「PCBG.61702 / 23,000円(本体)+税」、DVD-BOX 3が2018年1月17日発売「PCBG.61703 / 23,000円(本体)+税」という。&lt;br&gt;
  706. &lt;br&gt;
  707. ・三国志~趙雲伝~DVDオフィシャルサイト|ポニーキャニオン&lt;br&gt;
  708. &lt;a href=&quot;https://sangokushi.ponycanyon.co.jp/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://sangokushi.ponycanyon.co.jp/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  709. &lt;br&gt;
  710. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4099&quot;&gt;三国志 ~趙雲伝~(WOWOWプライム2017年3月11日-9月30日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  711. &lt;br&gt;
  712. ※新規関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4398&quot;&gt;三国志~趙雲伝~(DATV2017年11月29日-)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  713. &lt;br&gt;
  714.  &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=000000&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as4&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;ref=ss_til&amp;asins=B0746R619N&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=000000&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as4&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;ref=ss_til&amp;asins=B07537QJXX&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt; &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&amp;bc1=000000&amp;IS2=1&amp;bg1=FFFFFF&amp;fc1=000000&amp;lc1=0000FF&amp;t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as4&amp;m=amazon&amp;f=ifr&amp;ref=ss_til&amp;asins=B0763VKRZM&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot;&gt;&lt;/iframe&gt;
  715. &lt;br&gt;
  716. &lt;br&gt;
  717. 上記サイトからDVD-BOXの内容を以下、続けて引用する。&lt;br&gt;
  718. &lt;br&gt;
  719. DVD-BOX 1&lt;br&gt;
  720. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  721. &lt;h3&gt;&lt;span&gt;●&lt;/span&gt;特典&lt;/h3&gt;
  722. &lt;p&gt;フォトブックレット with John-Hoon(24P)&lt;/p&gt;
  723.  
  724. &lt;h3&gt;&lt;span&gt;●&lt;/span&gt;特典映像&lt;/h3&gt;
  725. &lt;p&gt;John-Hoon メイキング&amp;インタビュー映像&lt;/p&gt;
  726. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  727. &lt;br&gt;
  728. DVD-BOX 2&lt;br&gt;
  729. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  730. &lt;h3&gt;&lt;span&gt;●&lt;/span&gt;特典&lt;/h3&gt;
  731. &lt;p&gt;フォトブックレット with ユナ(24P)&lt;br&gt;
  732. 「三国志演義」研究者&lt;br&gt;
  733. 立命館大学 上野隆三教&lt;br&gt;
  734. コラム①~③&lt;br&gt;
  735. 『趙雲と女性たち』&lt;br&gt;
  736. 『少年将軍 趙雲』&lt;br&gt;
  737. 『趙雲、張飛、そして関羽』&lt;/p&gt;
  738.  
  739. &lt;h3&gt;&lt;span&gt;●&lt;/span&gt;特典映像&lt;/h3&gt;
  740. &lt;p&gt;ユナ メイキング&amp;amp;インタビュー映像&lt;/p&gt;
  741. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  742. &lt;br&gt;
  743. DVD-BOX 3&lt;br&gt;
  744. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  745. &lt;h3&gt;&lt;span&gt;●&lt;/span&gt;特典&lt;/h3&gt;
  746. &lt;p&gt;フォトブックレット with ケニー・リン(24P)&lt;br&gt;
  747. 「三国志演義」研究者&lt;br&gt;
  748. 立命館大学 上野隆三教授 &lt;br&gt;
  749. コラム④~⑥&lt;br&gt;
  750. 『長坂坡の戦いと糜夫人』&lt;br&gt;
  751. 『1988年、当陽長坂』&lt;br&gt;
  752. 『智将趙雲』&lt;/p&gt;
  753.  
  754. &lt;h3&gt;&lt;span&gt;●&lt;/span&gt;特典映像&lt;/h3&gt;
  755. &lt;p&gt;ケニー・リン メイキング/その他メイキング/日本版予告編/中国版ダイジェスト(予定)&lt;/p&gt;
  756. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  757. &lt;br&gt;
  758. 上野隆三先生が協力されているんだね。そういやそういうお仕事もされているっておっしゃっていた。&lt;br&gt;
  759. &lt;br&gt;
  760. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3775&quot;&gt;メモ:巴と蜀と(2016年2月20日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  761. &lt;br&gt;
  762. あとポニーキャノンといえば「真・恋姫†無双~乙女大乱~」だろ、と思いつつ。&lt;br&gt;
  763. &lt;br&gt;
  764. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/1641&quot;&gt;真・恋姫†無双~乙女大乱~ Blu-ray&amp;amp;DVD(2010年8月4日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  765. &lt;br&gt;
  766. それと前述サイトにあった、キャストを以下にまとめてみよう。そういやWOWOW放送は字幕だったね、吹替あるとは良いな。声優さんのは他の三国作品の出演もつけておこう。&lt;br&gt;
  767. &lt;br&gt;
  768. ・趙雲/趙子龍 ケリー・リン(林更新) 声:置鮎龍太郎&lt;br&gt;
  769.   ゲーム「真・三國無双」シリーズ司馬師、「三国志LOVERSドラマCD」呂布、「三国志 Three Kingdoms 公式朗読CD」周瑜、CD「私説三国志 天の華・地の風」周瑜&lt;br&gt;
  770. ・夏侯軽衣 ユナ<少女時代> 声:喜多村英梨&lt;br&gt;
  771.   「鋼鉄三国志」夏侯淵&lt;br&gt;
  772. ・高則 John-Hoon 声:鳥海浩輔&lt;br&gt;
  773.   「十三支演義 ~偃月三国伝~」曹操、ゲーム「真・三國無双」シリーズ李典、ゲーム「三国恋戦記 魁」仲穎&lt;br&gt;
  774. ・公孫宝月 ジア・チン(賈青) 声:まつだ志緒理&lt;br&gt;
  775. ・李全 コリン・チョウ(鄒兆龍) 声:宮本克哉&lt;br&gt;
  776. ・呂布 カオ・イーシャン(高以翔) 声:木内太郎&lt;br&gt;
  777.   ゲーム「雷子」甘寧&lt;br&gt;
  778. ・劉備 イェン・イークァン(厳屹寛) 声:早川毅&lt;br&gt;
  779. ・貂蝉 グーリーナーザー(古刀娜扎) 声:今井麻夏&lt;br&gt;
  780. ・李飛燕 チャオ・ハンインズ(趙韓櫻子) 声:高山ゆうこ&lt;br&gt;
  781. ・趙安 ユー・ロングァン(于榮光) 声:小山力也&lt;br&gt;
  782.   ドラマ「三国志 Three Kingdoms」周瑜、パチンコ「CR天地を喰らう」張飛&lt;br&gt;
  783. ・柳擎児 スン・シャオシャオ(孫驍驍) 声:苗村有香&lt;br&gt;
  784. ・柳慎 グォ・トントン(郭冬冬) 声:石狩勇気&lt;br&gt;
  785. ・<脚本> ウェイ・ジョン/イン・ニン/リージュオ&lt;br&gt;
  786. ・<監督> グオ・ジェンヨン&lt;br&gt;
  787. &lt;br&gt;
  788. ※関連記事&lt;br&gt;
  789.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2248&quot;&gt;歌手名「司馬師」&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  790.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2040&quot;&gt;三国志LOVERSドラマCD(2011年7月27日,8月24日,9月21日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  791.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2235&quot;&gt;三国志 Three Kingdoms 公式朗読CD(全5話2012年2月3日-)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  792.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2402&quot;&gt;CD 私説三国志 天の華・地の風(2011年10月28日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  793.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/481&quot;&gt;2007年1月10日「鋼鉄三国志」公式サイトオープン&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  794.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2097&quot;&gt;十三支演義 ~偃月三国伝~(2012年5月24日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  795.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2688&quot;&gt;真・三國無双7 キャラクターソング集(2013年3月27日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  796.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4292&quot;&gt;三国恋戦記 魁(2017年8月25日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  797.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3379&quot;&gt;雷子(2015年4月9日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  798.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2616&quot;&gt;CR天地を喰らう(2012年)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  799. &lt;br&gt;
  800. ※新規関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4401&quot;&gt;中国時代劇で学ぶ中国の歴史 2018年版(2017年8月3日) ...&lt;/a&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;&lt;/meta&gt;</description>
  801. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4396</trackback:ping>
  802. </item>
  803. </channel>
  804. </rss>
  805.  

If you would like to create a banner that links to this page (i.e. this validation result), do the following:

  1. Download the "valid RSS" banner.

  2. Upload the image to your own server. (This step is important. Please do not link directly to the image on this server.)

  3. Add this HTML to your page (change the image src attribute if necessary):

If you would like to create a text link instead, here is the URL you can use:

http://www.feedvalidator.org/check.cgi?url=http%3A//cte.main.jp/newsch/backend/news.rss

Copyright © 2002-9 Sam Ruby, Mark Pilgrim, Joseph Walton, and Phil Ringnalda