Congratulations!

[Valid RSS] This is a valid RSS feed.

Recommendations

This feed is valid, but interoperability with the widest range of feed readers could be improved by implementing the following recommendations.

Source: http://cte.main.jp/newsch/backend/news.rss

  1. <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  2.  
  3. <rss version="2.0" xmlns:trackback="http://madskills.com/public/xml/rss/module/trackback/" xmlns:atom="http://www.w3.org/2005/Atom" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/">
  4. <channel>
  5. <title>三国志ニュース>記事</title>
  6. <link>http://cte.main.jp/newsch</link>
  7. <description>三国志ニュースの記事部分</description>
  8. <managingEditor>[email protected]</managingEditor>
  9. <webMaster>[email protected]</webMaster>
  10. <copyright>Copyright 2017 三国志ニュース</copyright>
  11. <generator>Geeklog</generator>
  12. <pubDate>Tue, 28 Mar 2017 19:39:18 +0900</pubDate>
  13. <language>ja</language>
  14. <atom:link href="http://cte.main.jp/newsch/backend/news.rss" rel="self" type="application/rss+xml" />
  15. <item>
  16. <title>「達人伝」×「蒼天航路」 王欣太先生 原画展(2017年3月27日-4月26日)</title>
  17. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4154</link>
  18. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4154</guid>
  19. <pubDate>Sun, 05 Mar 2017 19:34:11 +0900</pubDate>
  20. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4154#comments</comments>
  21. <dc:subject>展覧会</dc:subject>
  22. <description>下記歴人マガジンの下記記事で知ったこと。&lt;br&gt;
  23. &lt;br&gt;
  24. ・歴人マガジン&lt;br&gt;
  25. &lt;a href=&quot;http://rekijin.com/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://rekijin.com/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  26. &lt;br&gt;
  27. ・【 人気作品奇跡のコラボ!】15年ぶりの生原画展「達人伝×蒼天航路 王欣太原画展」が開催 | 歴人マガジン&lt;br&gt;
  28. &lt;a href=&quot;http://rekijin.com/?p=20156&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://rekijin.com/?p=20156&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  29. &lt;br&gt;
  30. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3928&quot;&gt;学習まんが 日本の歴史 1巻 日本のあけぼの(2016年10月28日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  31. &lt;br&gt;
  32. 下記書店サイトの下記イベントページによると、2017年3月27日から4月26日水曜日まで神奈川県横浜市西区の有隣堂 横浜駅西口コミック王国イベントスペースにて「「達人伝」×「蒼天航路」 王欣太先生 原画展」が開催されるという。ちなみにお店の営業時間は10時から22時まで。敢えて説明すると、王欣太「蒼天航路」は1994年10月27日から2005年11月10日まで『週刊モーニング』で連載していた曹操主役の三国志マンガだ。上記の記事のタイトルにもなっているように、原画展は15年ぶり二度目とのこと。&lt;br&gt;
  33. &lt;br&gt;
  34. ・有隣堂 横浜駅西口コミック王国&lt;br&gt;
  35. &lt;a href=&quot;http://www.yurindo.co.jp/yokohama-comic/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.yurindo.co.jp/yokohama-comic/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  36. &lt;br&gt;
  37. ・「達人伝」×「蒼天航路」 王欣太先生 原画展|有隣堂 横浜駅西口コミック王国&lt;br&gt;
  38. &lt;a href=&quot;http://www.yurindo.co.jp/yokohama-comic/5609&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.yurindo.co.jp/yokohama-comic/5609&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  39. &lt;br&gt;
  40. ※関連記事&lt;br&gt;
  41.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2703&quot;&gt;漫狂 2号「特集・横山光輝」(1979年11月25日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  42.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/216&quot;&gt;2005年11月10日「蒼天航路」堂々完結&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  43.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2738&quot;&gt;贈りもの 安野モヨコ・永井豪・井上雄彦・王欣太(2012年11月22日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  44.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3298&quot;&gt;王者の遊戯 5巻(2014年11月8日)&lt;/a&gt;
  45. &lt;br&gt;
  46. &lt;br&gt;
  47. 上記関連記事にもあるように「コミック王国」の名のとおり、三国マンガも含めマンガ文化に支えているところがすばらしい&lt;br&gt;
  48. 上記ページより下記に展覧会紹介文を下記に引用する。&lt;br&gt;
  49. &lt;br&gt;
  50. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  51. &lt;div class=&quot;read_content&quot;&gt;
  52. &lt;h3 class=&quot;title_h3&quot;&gt;&lt;p&gt; この貴重な機会をお見逃しなく!&lt;/p&gt;&lt;/h3&gt;
  53. &lt;/div&gt;
  54. &lt;div class=&quot;post_content&quot;&gt;
  55. &lt;p&gt;双葉社「達人伝-9万里を風に乗り」16巻の発売を記念いたしまして、&lt;/p&gt;
  56. &lt;p&gt;約15年ぶりとなる、 王欣太先生二度目の原画展を開催しております。&lt;/p&gt;
  57. &lt;p&gt;今回の原画展のために特別に書き下ろした「達人伝」×「蒼天航路」コラボイラストも展示中!!&lt;/p&gt;
  58. &lt;p&gt;オールカラーで23点、全て生原稿となります。&lt;/p&gt;
  59. &lt;p&gt;迫力ある原画を是非、ご覧下さい。&lt;/p&gt;
  60. &lt;p&gt;&amp;nbsp;&lt;/p&gt;
  61. &lt;p&gt;<原画展用購入特典>&lt;/p&gt;
  62. &lt;p&gt;「達人伝」既刊の1巻~15巻には表紙のラフ画を使用したイラストカードが付きます。&lt;/p&gt;
  63. &lt;p&gt;新刊の16巻には、今回の原画展用に描き下ろしたイラストカードが付きます。&lt;/p&gt;
  64. &lt;p&gt;※ 全巻違う絵柄となります。&lt;/p&gt;
  65. &lt;p&gt;この原画展のために作成した特典となりますので、当店のみの限定配布となります。&lt;/p&gt;
  66. &lt;p&gt;&amp;nbsp;&lt;/p&gt;
  67. &lt;p&gt;&amp;nbsp;&lt;/p&gt; &lt;hr /&gt;
  68. &lt;/div&gt;
  69. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  70. &lt;br&gt;
  71. 個人的には横浜駅といえば「ゆるぷち三国志の集い ~忘年会も兼ねて...~」を思い出す。&lt;br&gt;
  72. &lt;br&gt;
  73. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4105&quot;&gt;レポ:ゆるぷち三国志の集い ~忘年会も兼ねて...~(2016年12月3日) ...&lt;/a&gt;</description>
  74. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4154</trackback:ping>
  75. </item>
  76. <item>
  77. <title>劇場版アニメーション  三国志  HDリマスター版 DVD-BOX(2017年5月2日)</title>
  78. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4153</link>
  79. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4153</guid>
  80. <pubDate>Sat, 04 Mar 2017 08:15:25 +0900</pubDate>
  81. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4153#comments</comments>
  82. <dc:subject>アニメ</dc:subject>
  83. <description>下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。&lt;br&gt;
  84. &lt;br&gt;
  85. ・敎団 (Vitalize3K) on Twitter&lt;br&gt;
  86. &lt;a href=&quot;http://twitter.com/Vitalize3K&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://twitter.com/Vitalize3K&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  87. &lt;br&gt;
  88. ・Twitter / Vitalize3K: 【新盤情報】
  89. 1992~1994年に東宝より上映されたシナノ企画製作アニメ映画「三国志」三部作がのDVD BOX「劇場公開25周年記念 劇場版アニメーション『三国志』HDリマスター版」 ...&lt;br&gt;
  90. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/Vitalize3K/status/799918164742025216&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/Vitalize3K/status/799918164742025216&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  91. &lt;br&gt;
  92. 下記サイトの下記DVDページによると、2017年5月2日に劇場公開25周年記念として『劇場版アニメーション  三国志  HDリマスター版』が12000円(税別)で発売するという。清岡の周りでは「シナノ企画 三国志」と呼ばれているアニメ作品だね。&lt;br&gt;
  93. &lt;br&gt;
  94. ・Happinet Pictures - ハピネットピクチャーズ&lt;br&gt;
  95. &lt;a href=&quot;http://www.happinet-p.com/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.happinet-p.com/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  96. &lt;br&gt;
  97. ・劇場公開25周年記念 劇場版アニメーション 『三国志』 HDリマスター版 DVD-BOX&lt;br&gt;
  98. &lt;a href=&quot;http://www.happinet-p.com/jp3/releases/HPBR-113&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.happinet-p.com/jp3/releases/HPBR-113&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  99. &lt;br&gt;
  100. ※関連記事&lt;br&gt;
  101.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2406&quot;&gt;熱き漢たち!「三国志」特集(ファミリー劇場2012年6月)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  102.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4133&quot;&gt;中央本線東端の思い出巡り(2017年2月5日)&lt;/a&gt;
  103. &lt;br&gt;
  104. &lt;br&gt;
  105. 上記サイトから下記へ紹介文とDVD内容を続けて引用する。&lt;br&gt;
  106. &lt;br&gt;
  107. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  108. &lt;div id=&quot;releaseDetailMedia&quot; class=&quot;clearfix&quot;&gt;&lt;p id=&quot;releaseDetailMediaDVD&quot;&gt;DVD:セル専用&lt;/p&gt;&lt;/div&gt;
  109. &lt;h2&gt;
  110. 劇場公開25周年記念 劇場版アニメーション 『三国志』 HDリマスター版 DVD-BOX&lt;/h2&gt;
  111. &lt;p id=&quot;releaseDetailCopy&quot;&gt;劇場公開25周年記念、超大作アニメ「三国志」全3部作 HDリマスター版DVD-BOX
  112. 待望のリリース!&lt;/p&gt;
  113. &lt;p id=&quot;releaseDetailIntroduction&quot;&gt;製作年数10年、総製作費15億円(当時)、超豪華スタッフ・キャストによる日本アニメ史上の金字塔となる作品が、
  114. 劇場公開から25年の年月を経てHDリマスター化によって愛蔵版DVD-BOXとして甦る。&lt;/p&gt;
  115. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  116. &lt;br&gt;
  117. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  118. &lt;div id=&quot;releaseDetailStory&quot;&gt;
  119. &lt;h3&gt;ストーリー&lt;/h3&gt;&lt;p&gt;Disc.1 「第一部 英雄たちの夜明け」(本編138分)&lt;br /&gt;
  120. 後漢朝末期の中国は、黄巾の乱をきっかけにして乱世に突入していた。劉備は関羽、張飛と義兄弟の契りを交わして、義勇軍を結成。乱世を収めようと力を尽くす。その頃、漢の首都である洛陽では、皇帝を傀儡にして、董卓が暴政を布いていた。官軍の近衛隊長・曹操は、董卓の暗殺を計画するが…。&lt;br /&gt;
  121. &lt;br /&gt;
  122. Disc.2 「第二部 長江燃ゆ!」(本編155分)&lt;br /&gt;
  123. 今から約1800年前、中国は後漢朝から三国分立時代に入ろうとしていた。劉備、関羽、張飛は、心ならずも魏の曹操に&lt;br /&gt;
  124. 下っていたが、謀反の計画を気づかれて逃亡。その途中で、3人はバラバラになってしまう。劉備、張飛と&lt;br /&gt;
  125. はぐれてしまった関羽は、劉備の妻・麗花を守り、志を曲げて曹操に仕える。&lt;br /&gt;
  126. 一方、劉備は河北の袁紹のもとに身を寄せていた。&lt;br /&gt;
  127. &lt;br /&gt;
  128. Disc.3 「完結編 遥かなる大地」(本編147分)&lt;br /&gt;
  129. 孔明が劉備に提案した「天下三分の計」。それは天下を三分に分け、孫権と協力して曹操を倒そうとするものだった。&lt;br /&gt;
  130. 計画は実現したかのように思えたが、呉の裏切りによって孔明は劉備、関羽、張飛らを失ってしまう。皆の願いを&lt;br /&gt;
  131. 実現させるべく、魏に対抗していく孔明だったが…。&lt;br /&gt;
  132. 孔明の最後の戦いである「五丈原の戦い」など数々の名場面を交えつつ、物語は進んでいく。&lt;/p&gt;&lt;/div&gt;
  133. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  134. &lt;br&gt;
  135. 主題歌・エンディングテーマとして谷村新司「風姿花伝」が上がっていて、下記関連記事のノリを引きずり、「東々さんは谷村新司「風姿花伝」を持ち歌に加えて三国志 桃園のつどい」で初披露すればよいと思う」と無責任なことを言いたくなる&lt;br&gt;
  136. &lt;br&gt;
  137. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4152&quot;&gt;三国志 桃園のつどい(2017年4月30日渋谷) ...&lt;/a&gt;</description>
  138. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4153</trackback:ping>
  139. </item>
  140. <item>
  141. <title>三国志 桃園のつどい(2017年4月30日渋谷)</title>
  142. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4152</link>
  143. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4152</guid>
  144. <pubDate>Fri, 03 Mar 2017 07:09:58 +0900</pubDate>
  145. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4152#comments</comments>
  146. <dc:subject>ショー</dc:subject>
  147. <description> 下記のTwitter Accountの下記statusで知ったこと。&lt;br&gt;
  148. &lt;br&gt;
  149. ・哲舟 (Tetsu_uenaga) on Twitter&lt;br&gt;
  150. &lt;a href=&quot;http://twitter.com/Tetsu_uenaga&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://twitter.com/Tetsu_uenaga&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  151. &lt;br&gt;
  152. ・Twitter / Tetsu_uenaga: 速報。トークイベント『三国志 桃園のつどい』東京・渋谷にて開催決定! です。【2017年4月30日(日)12:00開演】横山光輝『三国志』&『人形劇三国志』トークショーなど。当日限定の三国志メニューを提供!詳細後日。 ...&lt;br&gt;
  153. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/Tetsu_uenaga/status/832567293422899201&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/Tetsu_uenaga/status/832567293422899201&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  154. &lt;br&gt;
  155.  下記公式サイトにもあるように、2017年4月30日日曜日12時から15時まで東京都渋谷区渋谷の東京カルチャーカルチャーにて「三国志 桃園のつどい」が開催されるという。開場は11時より。前売3000円(今のところ130枚)、当日3500円(但し前売完売の場合は当日がないかもと)。チケット販売は3月4日土曜日12時より。&lt;br&gt;
  156.  著作権表記は「2017 三国志 桃園のつどい実行委員会/三国志フェス実行委員会」(チケットでは「三国志サロン」って単語があったっけかな)で協力は「三国志学会、株式会社潮出版社、川本プロダクション」とのこと。また記念的な煽りに「魯粛子敬 没後 1800年」「横山光輝『三国志』連載開始45周年 & 飯田市川本喜八郎人形美術館 開館10周年 関連イベント」とある。&lt;br&gt;
  157.  ついで書くとMETA-tagの「Keywords」は「三国志,三國志,桃園のつどい,渡邉義浩,哲舟,桃園の集い,桃園の誓い,桃園の契り,桃園結義,上永哲矢」と、主催や出演者を除くと、イベント名(表記のゆれも考慮)でフックさせる意図が見える。&lt;br&gt;
  158. &lt;br&gt;
  159. ・三国志 桃園のつどい 2017年4月30日開催!&lt;br&gt;
  160. &lt;a href=&quot;http://kakutei.cside.com/3594toen/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://kakutei.cside.com/3594toen/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  161. &lt;br&gt;
  162. ※関連記事&lt;br&gt;
  163.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3700&quot;&gt;メモ:三国志サミットが始まるまで(2015年11月21日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  164.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3600&quot;&gt;メモ1:三国志フェス2015 水魚の交わり(2015年1月30日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  165.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3978&quot;&gt;三国志学会 第十二回大会(2017年9月2日9日土曜日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  166.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4100&quot;&gt;メモ:三国志研究会(全国版)第7回例会(2016年12月25日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  167.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4080&quot;&gt;横山光輝『大判 三国志』全21巻(2017年1月25日より毎月)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  168.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4096&quot;&gt;飯田市川本喜八郎人形美術館 開館10周年記念イベント(2017年3月25日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  169. &lt;br&gt;
  170.  えーと、内容や出演者が3時間という開演時間の割には盛りだくさんなんでいちいち紹介するのも手間がかかりそうなので(=閲覧者にとっては速報性を失する)、上記公式サイトから下記へ続けて引用する。&lt;br&gt;
  171. &lt;br&gt;
  172. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  173.                  &lt;CENTER&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#CC0099&quot;&gt;&lt;B&gt;&lt;BR&gt;
  174.                  【 イベント内容 】&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;
  175.                  
  176.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・横山光輝『三国志』連載開始45周年記念トークショー&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  177.                  
  178.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・飯田市川本喜八郎人形美術館
  179.                  開館10周年 人形劇三国志トークショー&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  180.                  
  181.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・神戸
  182.                  新長田発!密着型WEBラジオ「ラジオちゃんごくし in
  183.                  SHIBUYA」&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  184.                  
  185.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・三国志
  186.                  爆笑「回文」ライブ&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  187.                  
  188.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・特典付!物販コーナー(潮出版社『大判
  189.                  三国志』など)あります!&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  190.                  
  191.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・当日限定の「三国志メニュー」(ドリンク・フード)提供!&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  192.                  
  193.                  &lt;P&gt; &lt;/P&gt;
  194.                  
  195.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#CC0099&quot;&gt;&lt;B&gt;【出演者】&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  196.                  
  197.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・渡邉義浩(三国志学会事務局長/早稲田大学教授)&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  198.                  
  199.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・
  200.                  船塚洋子(NHK人形劇三国志
  201.                  操演者=曹操ほか)&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  202.                  
  203.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・ 岡谷信明(潮出版社
  204.                  横山光輝『三国志』担当編集)&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  205.                  
  206.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・
  207.                  仙石知子(三国志演義研究者/早稲田大学非常勤講師)&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  208.                  
  209.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・
  210.                  手賀沼ジュン(シンガー・芸人・回文師)&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  211.                  
  212.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・原寅彦(横山光輝「三国志」文化人)&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  213.                  
  214.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・渡部麗(歴史クリエイター/レキシズル首脳)&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  215.                  
  216.                  &lt;P&gt;&lt;FONT COLOR=&quot;#0000CC&quot;&gt;&lt;B&gt;・
  217.                  上永哲矢(歴史コラムニスト/三国志紀行家)ほか&lt;/B&gt;&lt;/FONT&gt;&lt;/P&gt;
  218.                  
  219.                  &lt;P&gt; &lt;/P&gt;
  220.                  
  221.                  &lt;P&gt;&lt;B&gt;初心者から上級者まで老若男女の三国志ファンが気軽に参加できる和気あいあいのイベント。&lt;/B&gt;&lt;/P&gt;&lt;/CENTER&gt;&lt;br&gt;
  222. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  223. &lt;br&gt;
  224. ※関連記事&lt;br&gt;
  225.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3561&quot;&gt;ラジオCha-ngokushi(ちゃんごくし)第1回(2015年7月20日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  226.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4087&quot;&gt;全譯 三國志(2017年)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  227.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4115&quot;&gt;メモ:飯田オフ会(2016年11月5日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  228.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3645&quot;&gt;北京大学版 中国の文明 3(2015年7月25日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  229.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3966&quot;&gt;三国志「その後」の真実(2016年9月6日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  230.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3681&quot;&gt;超意訳 三国志(2015年11月20日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  231.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3616&quot;&gt;さいごの三国志(2015年9月30日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  232.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3792&quot;&gt;三国志と日本人 1800年の交流(2016年3月13日)&lt;/a&gt;
  233. &lt;br&gt;
  234. &lt;br&gt;
  235.  著作権表示のところから勘違いされやすいけど、今回、清岡はスタッフ等の関係者ではないんで、ネタで少々無責任なことをいってて、その前提を言う前に、出演関係者に「「Mini三国志フェス2012」のUSHISUKEさんみたいにSkypeで出演してくださいよ~」とか申し上げていたら、真面目に「依頼があれば」と返ってきていて、ちょっと慌てて前提を申し上げたってこともあったっけ。&lt;br&gt;
  236. &lt;br&gt;
  237. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2609&quot;&gt;ノート1:Mini三国志フェス in レキシズルスペース&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  238. &lt;br&gt;
  239. ※新規関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4153&quot;&gt;劇場版アニメーション  三国志  HDリマスター版 DVD-BOX(2017年5月2日) ...&lt;/BR&gt;&lt;/a&gt;</description>
  240. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4152</trackback:ping>
  241. </item>
  242. <item>
  243. <title>さんぽけ ~三国志大戦ぽけっと~(2017年)</title>
  244. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4151</link>
  245. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4151</guid>
  246. <pubDate>Thu, 02 Mar 2017 07:03:50 +0900</pubDate>
  247. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4151#comments</comments>
  248. <dc:subject>ゲーム</dc:subject>
  249. <description>※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4141&quot;&gt;三国志大戦 新カードカテゴリ「LEGEND」追加(2017年)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  250. &lt;br&gt;
  251. 上記関連記事を書く際に知ったこと。&lt;br&gt;
  252. &lt;br&gt;
  253. ・さんぽけ ~三国志大戦ぽけっと~【事前登録受付中】セガ公式サイト&lt;br&gt;
  254. &lt;a href=&quot;http://www.sangokushi-taisen.com/app/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.sangokushi-taisen.com/app/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  255. &lt;br&gt;
  256. 上記サイトによるとセガからリリース予定のスマホアプリゲーム『さんぽけ ~三国志大戦ぽけっと~』は現在事前登録受付中とのことだ。正式リリースの日付がわかり次第、追記予定だけど、ゲームの売り文句として「カワイイキャラが大暴れ!/新感覚パズルRPG!」「魅力的なキャラクターが織りなす/本格三国志物語!」「アプリもゲームセンターでも/ダブルでお得に楽しめる!」(※『三国志大戦』との連動性)が挙がってた。
  257. 後追い感を吹き飛ばせるのかな?&lt;br&gt;
  258. &lt;br&gt;
  259. パズルと(モバイル)ソーシャルゲームの愛称の良さ、というより中毒性を「発見」したのは『パズル&ドラゴンズ』なのか、いや『テトリス』の文脈を引っ張らないとね、と思いつつ。&lt;br&gt;
  260. &lt;br&gt;
  261. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3080&quot;&gt;新モンスター「三国の神」シリーズ(パズル&ドラゴンズ2014年3月28日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  262. &lt;br&gt;
  263. 正式リリースの日付に気づき次第追 ...</description>
  264. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4151</trackback:ping>
  265. </item>
  266. <item>
  267. <title>英雄列伝(飯田市川本喜八郎人形美術館2017年2月23日-11月26日)</title>
  268. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4150</link>
  269. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4150</guid>
  270. <pubDate>Wed, 01 Mar 2017 04:48:50 +0900</pubDate>
  271. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4150#comments</comments>
  272. <dc:subject>展覧会</dc:subject>
  273. <description>※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4096&quot;&gt;飯田市川本喜八郎人形美術館 開館10周年記念イベント(2017年3月25日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  274. &lt;br&gt;
  275. 上記関連記事で触れたように、2017年3月25日土曜日で飯田市川本喜八郎人形美術館は10周年を迎え、それに合わせ様々な企画があるのだけど、いつものように飯田市川本喜八郎人形美術館からのRSS配信で気付く。&lt;br&gt;
  276. &lt;br&gt;
  277. ・飯田市川本喜八郎人形美術館&lt;br&gt;
  278. &lt;a href=&quot;http://www.city.iida.lg.jp/kawamoto/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.city.iida.lg.jp/kawamoto/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  279. &lt;br&gt;
  280. ・第20回展示内容  (※上記サイトのお知らせページ)&lt;br&gt;
  281. &lt;a href=&quot;http://kawamoto-info.jugem.jp/?eid=513&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://kawamoto-info.jugem.jp/?eid=513&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  282. &lt;br&gt;
  283. ※関連記事&lt;br&gt;
  284.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4115&quot;&gt;メモ:飯田オフ会(2016年11月5日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  285.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4077&quot;&gt;後漢末-三顧の礼ー 展示延長(飯田市川本喜八郎人形美術館 -2017年2月19日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  286. &lt;br&gt;
  287. &lt;iframe src=&quot;http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=okakiyo7-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=B00005U29V&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=FFFFFF&amp;f=ifr&quot; style=&quot;width:120px;height:240px;&quot; scrolling=&quot;no&quot; marginwidth=&quot;0&quot; marginheight=&quot;0&quot; frameborder=&quot;0&quot; align=&quot;right&quot;&gt;&lt;/iframe&gt;上記のお知らせページにあるように、今回の展示換えは「開館10周年記念常設展示」と銘打ち、長野県の飯田市川本喜八郎人形美術館での番組「人形劇 三国志」関連の展示テーマは「英雄列伝」とのことで、2017年2月23日木曜日から11月26日日曜日までの会期とのことだ。
  288. 具体的には上記ページから下記に引用する人形が展示されるという。いつものように誤字が多いが訂正省略で。&lt;br&gt;
  289. &lt;br&gt;
  290. ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  291. &lt;p&gt;&amp;nbsp;&lt;/p&gt;
  292.  
  293. &lt;p&gt;&lt;span style=&quot;color: rgb(51, 204, 0);&quot;&gt;2017年2月23日(木)~11月26日(日)&lt;/span&gt;&lt;/p&gt;
  294.  
  295. &lt;p&gt;&amp;nbsp;&lt;/p&gt;
  296.  
  297. &lt;p&gt;&lt;span style=&quot;font-size: 18px;&quot;&gt;【ギャラリー】&lt;/span&gt;&lt;/p&gt;
  298.  
  299. &lt;p&gt;&lt;span style=&quot;color: rgb(102, 102, 255);&quot;&gt; 開館10周年記念常設展示&lt;/span&gt;&lt;/p&gt;
  300.  
  301. &lt;p&gt;&lt;span style=&quot;color: rgb(0, 0, 205);&quot;&gt;&lt;span style=&quot;font-size: 20px;&quot;&gt;■三国志 57体/テーマ「英雄列伝」&lt;/span&gt;&lt;/span&gt;&lt;/p&gt;
  302.  
  303. &lt;p&gt;&amp;nbsp;&lt;/p&gt;
  304.  
  305. &lt;p&gt;◇ギャラリー入口◇&lt;/p&gt;
  306.  
  307. &lt;p&gt;  紳々、竜々&lt;/p&gt;
  308.  
  309. &lt;p&gt;◇黄巾党蜂起◇&lt;/p&gt;
  310.  
  311. &lt;p&gt;  張梁、張角、張宝、廬植&lt;/p&gt;
  312.  
  313. &lt;p&gt;◇宮廷の抗争・連環の計◇&lt;/p&gt;
  314.  
  315. &lt;p&gt;  何后、何進、薫太后、弘農王、陳留王、呂布、董卓、貂蝉、王允、李儒&lt;/p&gt;
  316.  
  317. &lt;p&gt;◇玄徳の周辺◇&lt;/p&gt;
  318.  
  319. &lt;p&gt;  玄徳、関羽、張飛、趙雲、黄忠、馬超、孫乾、関平、淑玲、美芳、&lt;/p&gt;
  320.  
  321. &lt;p&gt;  白竜(馬)、赤兎馬(馬)、張飛の馬&lt;/p&gt;
  322.  
  323. &lt;p&gt;◇曹操の王国◇&lt;/p&gt;
  324.  
  325. &lt;p&gt;  曹操、郭喜、荀攸、荀彧、程昱、仲達、徐庶、典葦、夏候惇、夏侯淵、許&amp;#35098;、曹仁&lt;/p&gt;
  326.  
  327. &lt;p&gt;◇江東の群像◇&lt;/p&gt;
  328.  
  329. &lt;p&gt;  孫権、呉国太、孫夫人、黄蓋、喬国老、諸葛瑾、&amp;#38366;沢、周瑜、陸遜、魯粛&lt;/p&gt;
  330.  
  331. &lt;p&gt;◇特異なキャラクター◇&lt;/p&gt;
  332.  
  333. &lt;p&gt;  千吉仙人、左慈、紫虚上人、華佗&lt;/p&gt;
  334.  
  335. &lt;p&gt;◇ギャラリー中央◇&lt;/p&gt;
  336.  
  337. &lt;p&gt;  孔明、&amp;#40848;統&lt;/p&gt;
  338.  
  339. &lt;p&gt;&amp;nbsp;&lt;/p&gt;
  340. ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━&lt;br&gt;
  341. &lt;br&gt;
  342. ※リンク追記&lt;br&gt;
  343. 長野県 諸葛亮孔明、ぐるり360度 飯田で「三国志」の人形ずらり|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ&lt;br&gt;
  344. &lt;a href=&quot;http://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000009970&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000009970&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  345. ※今回、開館当時の展示を再現しているそうな。だとしたらポージング担当者様の実力は11月以降拝見できるってこ ...</description>
  346. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4150</trackback:ping>
  347. </item>
  348. <item>
  349. <title>青春の尻尾(GORO 1975年5月8日-1978年5月11日)</title>
  350. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4149</link>
  351. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4149</guid>
  352. <pubDate>Tue, 28 Feb 2017 01:41:11 +0900</pubDate>
  353. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4149#comments</comments>
  354. <dc:subject>マンガ</dc:subject>
  355. <description>※前の記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4147&quot;&gt;赤坂魯粛の看板(2017年2月10日確認)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  356. &lt;br&gt;
  357.  前の記事の続き。2017年2月10日金曜日9時過ぎ、赤坂見附の一ツ木通りにいて、そこからいつものように新坂を上ってメキシコ大使館の横を通り、国立国会図書館へ到達する。&lt;br&gt;
  358. &lt;br&gt;
  359. ・東京本館|国立国会図書館―National Diet Library&lt;br&gt;
  360. &lt;a href=&quot;http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  361. &lt;br&gt;
  362. ※前回記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4111&quot;&gt;【対談】尽きぬ『三国志』の魅力(潮1998年1月号)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  363. &lt;br&gt;
  364.  上記の前回記事同様、まず新館の電子情報室に行って、端末から大宅壮一文庫検索Web版にアクセスする。&lt;br&gt;
  365. &lt;br&gt;
  366.  ・公益財団法人大宅壮一文庫&lt;br&gt;
  367. &lt;a href=&quot;http://www.oya-bunko.or.jp/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.oya-bunko.or.jp/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  368. &lt;br&gt;
  369.  前回で味を占めたので、三国関係だと今回は「横山光輝」先生で検索してみた。そこから三国に関係ありそうな雑誌記事を一つ一つ目を通す流れだ。
  370. &lt;br&gt;
  371.  それらの中で横山先生死後のものもいくつかあって、最新のは、下記関連記事で触れた二階堂善弘先生のものだった。全然、中身を知らず、新しい『潮』なものだからデジタルデータ化されておらず、閲覧申請をして手にとって開いてみると、名は伏せられていたけど、拙稿のことに触れてあって驚いた。&lt;br&gt;
  372. &lt;br&gt;
  373. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4137&quot;&gt;横山マンガを彩る英雄たち(潮 2016年8月号)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  374. &lt;br&gt;
  375.  あと印象に残ったのは『週刊現代』1990年11月10日号のpp.205-207の特集。グラビア で、「なるほど!ザ・三国志in大阪」中之島中央公会堂の記事や「五虎三国志」、切り絵作家の伊藤かおりさんのインタビューなんかがあった。&lt;br&gt;
  376. &lt;br&gt;
  377. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3733&quot;&gt;お便り紹介コーナー 三国志のページ(1980年4月-1995年3月)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  378. &lt;br&gt;
  379.  金曜日は土曜日と違って、それほど混雑しておらず、待ち時間にわずらわせられることもなく、さくさく閲覧申請することができた。時にはプリントアウトし、時には複写して。&lt;br&gt;
  380. &lt;br&gt;
  381.  昼には知人と待合わせして麹町でランチ。鮨処 平河。おすし。1000円前後とリーズナブルでおいしい! 1.5人前でたっぷり楽しんだ。&lt;br&gt;
  382. &lt;br&gt;
  383. ・レストラン 鮨処 平河【ホテルルポール麹町】東京都の結婚式場&lt;br&gt;
  384. &lt;a href=&quot;http://www.leport.jp/restaurant/hirakawa/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.leport.jp/restaurant/hirakawa/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  385. &lt;br&gt;
  386.  もうひとつの目的は1970年代のマンガ作品、小池一夫/作・平野仁/画「青春の尻尾」の初出を探すこと。それが今回の記事タイトルだ。&lt;br&gt;
  387.  もちろん前々から三国を題材としたマンガでどういったものかは概要は知っていた。確か個人サイト「英雄集結」で知ったんだ。&lt;br&gt;
  388. &lt;br&gt;
  389. ※関連記事&lt;br&gt;
  390.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/45&quot;&gt;三国志系のweblog&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  391.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/2668&quot;&gt;京都で哲舟さんを囲む会(2013年2月5日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  392. &lt;br&gt;
  393.  興味を持ち出したのは下記関連記事で追記した、2016年7月17日開催の「三国志研究会(全国版)第2回例会」でのSAKAI(R・F)さんによる研究報告だ。&lt;br&gt;
  394. &lt;br&gt;
  395. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3860&quot;&gt;三国志研究会(全国版) (2016年6月26日より毎月第三日曜日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  396. &lt;br&gt;
  397.  見せてもらうと、デザインが同時代の横山光輝「三国志」の影響を受けているし、後の本宮ひろ志「天地を喰らう」に影響を与えただろう数々の設定(子供の諸葛亮が主役、妖怪を出す、工口の要素を入れる等)があるし、一度、日本における三国受容という観点で見てみたいと思った。その例会に出席されていた&lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://twitter.com/akiyon8&quot;&gt;あきよん&lt;/a&gt;さんがその単行本を持っているとのことで、2017年1月28日土曜日開催の三国志旅游局 神戸オフ会の時にお借りした。&lt;br&gt;
  398. &lt;br&gt;
  399. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4048&quot;&gt;三国志旅游局 神戸オフ会(2017年1月28日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  400. &lt;br&gt;
  401.  これを何らかの研究材に使うとなると、必要になってくるのが初出情報。お借りした単行本にはなかった。というわけで、SAKAI(R・F)さんがおっしゃっていた掲載誌情報を思い出しつつ、国会図書館にあるか端末で検索してみると、見つかった。&lt;br&gt;
  402.  それは隔週の雑誌で『GORO』(「ゴロー」と読む)。SAKAI(R・F)さんが強調されていたように、工口雑誌だった。周りの目を気にしてしまうほど「肌色率の高い」…いや使用方法の誤った用語の使い方だとは思うが。&lt;br&gt;
  403. &lt;br&gt;
  404. ・肌色率の高い幽助、蔵馬、飛影(2010年12月18日の雑記)&lt;br&gt;
  405. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://cte.main.jp/sunshi/2009/1209.html#18&quot;&gt;http://cte.main.jp/sunshi/2009/1209.html#18&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  406. &lt;br&gt;
  407.  それで何とかたどり着いたのが、『GORO』Vol.2 No.10 1975年5月22日号(5月8日発売)だ。マンガ専門誌ではないので、ストーリーマンガ…というより劇画は2本しかなく、『青春の尻尾』と同じく小池一夫/作・池上遼一/画『I・餓男』が掲載してあった。後者は武論尊/原作・池上遼一/作画『覇-LORD-』に繋がっていってたらイヤだな(主観)と思いつつ…いやステキなことかもしれないが。&lt;br&gt;
  408. &lt;br&gt;
  409. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/911&quot;&gt;『マンガノゲンバ』で『覇-LORD-』&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  410. &lt;br&gt;
  411.  それで連載終了は『GORO』VOL.5 No.10 1978年5月25日号(5月11日発売)となる。「意思の男は意地の男で石の男でありました(六)」で最後に「〈未完の完〉」と。&lt;br&gt;
  412.  じっくり見る暇はなかったが印象的なのが、なぜかもう出てきていた祝融夫人。もちろん「三国志演義」に即してないのだけど。作品が作品だけに、最終的に下半身が裸になるのだけど、初登場は変装気味とはいえ、後の横山光輝「三国志」と違ってビキニ姿ではなかった。「三国演義連環画」(上海人民美術出版社1957-1964年)では鎧でガチガチな祝融なのに、今や「真・三國無双」などではビキニ姿が当り前となっているので、これはやはり横山光輝「三国志」の発明と捉えてもよいのかもしれない。&lt;br&gt;
  413. &lt;br&gt;
  414.  その他の閲覧や複写は割愛し、17時45分から赤坂見附の一ツ木通りに戻り、西洋菓子しろたえのイートイン(テイクアウトは行列ができていた)で、19時からは青山通りを越えた所のアジアンビストロ Daiで女子会。その二次会はサイゼリアでおしゃべり。話の内容は美容と健康で三国がほとんどでなかったので割愛。&lt;br&gt;
  415. &lt;br&gt;
  416. &lt;img src=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/8/8_20170210b.jpg&quot;&gt; &lt;img src=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/6/6_20170210c.jpg&quot;&gt; &lt;img src=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/c/c_20170210d.jpg&quot;&gt; &lt;img src=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/1/1_20170210e.jpg&quot;&gt; &lt;img src=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/8/8_20170210f.jpg&quot;&gt; &lt;img src=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/d/d_20170210g.jpg&quot;&gt; &lt;img src=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/f/f_20170210h.jpg&quot;&gt;&lt;br&gt;
  417. &lt;br&gt;
  418.  なんだこの昼に調べる対象と夕方以降のお店のギャップは! 男性性と女性性?&lt;br&gt;
  419. &lt;br&gt;
  420. < ...</description>
  421. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4149</trackback:ping>
  422. </item>
  423. <item>
  424. <title>開館10周年記念入館手形(飯田市川本喜八郎人形美術館2017年2月23日-12月10日)</title>
  425. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4148</link>
  426. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4148</guid>
  427. <pubDate>Mon, 27 Feb 2017 01:14:56 +0900</pubDate>
  428. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4148#comments</comments>
  429. <dc:subject>展覧会</dc:subject>
  430. <description>※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4096&quot;&gt;飯田市川本喜八郎人形美術館 開館10周年記念イベント(2017年3月25日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  431. &lt;br&gt;
  432. 上記関連記事で触れたように、2017年3月25日土曜日で飯田市川本喜八郎人形美術館は10周年を迎え、それに合わせ様々な企画があるのだけど、下記公式サイトの書きお知らせページによると、「開館10周年記念入館手形」が2017年2月23日から9月5日まで2000円で発売されるという。利用期間は2017年2月23日から12月10日まで。特典として三国志ミニフィギュア(※3/25に美術館で確認するに海洋堂第二集の復刻版)、三国志ポストカード8枚セット、展示替え見学が挙げられていた。&lt;br&gt;
  433. &lt;br&gt;
  434. ・飯田市川本喜八郎人形美術館&lt;br&gt;
  435. &lt;a href=&quot;http://www.city.iida.lg.jp/kawamoto/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.city.iida.lg.jp/kawamoto/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  436. &lt;br&gt;
  437. ・【訂正】開館10周年記念入館手形、発売!  (※上記サイトのお知らせページ)&lt;br&gt;
  438. &lt;a href=&quot;http://kawamoto-info.jugem.jp/?eid=510&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://kawamoto-info.jugem.jp/?eid=510&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  439. &lt;br&gt;
  440. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/88&quot;&gt;海洋堂フィギュア第弐集発売中&lt;/a&gt;
  441. &lt;br&gt;
  442. &lt;br&gt;
  443. なるべく美術館でお金を落としたいんで、この手形を買って、使用せずに入館料を払う、って方もいらっしゃいそう。ちなみにこれにあわせ従来の回数券は利用可能ながら発売休止だそ ...</description>
  444. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4148</trackback:ping>
  445. </item>
  446. <item>
  447. <title>赤坂魯粛の看板(2017年2月10日確認)</title>
  448. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4147</link>
  449. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4147</guid>
  450. <pubDate>Sun, 26 Feb 2017 10:17:28 +0900</pubDate>
  451. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4147#comments</comments>
  452. <dc:subject>物品</dc:subject>
  453. <description>※前の三国関連の記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4133&quot;&gt;中央本線東端の思い出巡り(2017年2月5日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  454. &lt;br&gt;
  455.  日記的記述でひっぱるんで、以下、表題のことにはなかなか到達せず。適当に読み飛ばしてくださると幸い。
  456. &lt;br&gt;
  457.  2017年2月8日水曜日の晩に狩野直禎会長の訃報を目にし、目の前が真っ暗になってとりあえず眠る。9日木曜日2時おき。日常は否応なく続くのだけど、まず区切りとして下記関連記事を書く。&lt;br&gt;
  458. &lt;br&gt;
  459. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4129&quot;&gt;狩野 直禎 先生、死去(2017年2月7日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  460. &lt;br&gt;
  461.  日常の一環、ACミラン戦を観戦。まさかのアレッシオ・ロマニョーリの負傷交代、まさかのガブリエウ・パレッタの退場、まさかの続いてのユライ・クツカの退場で9人になったミラン、まさかのアンドレア・ポーリの負傷、そして復活、そして最大のまさか、終了数分前での劇的ゴールでミランの勝利!笑いながら号泣。&lt;br&gt;
  462. &lt;br&gt;
  463. ・その連敗を止めろ (2017年2月9日のカルチョ関連の雑記)&lt;br&gt;
  464. &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/calcio/blog.cgi?n=1250&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://cte.main.jp/calcio/blog.cgi?n=1250&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  465. &lt;br&gt;
  466.  17時すぎ。朝の雨、昼の雪、やんでてよかった。例によって、17時半過ぎの京都駅発のJR京都線(米原行)に乗る。三国志ニュースの記事「&lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4105&quot;&gt;レポ:ゆるぷち三国志の集い ~忘年会も兼ねて...~(2016年12月3日)&lt;/a&gt;」を書く。少しいねむり。米原駅近くのヤンマー中央研究所の電光掲示板では気温2℃。18時51分米原駅着。14分待機。&lt;br&gt;
  467.  前から2両目。クロスシート、右の窓際。ホームに居た頃からさねよしさんの音楽を聞きほれる。「イーハトーブ」から。19時5分発、東海道本線(東海)新快速(浜松行)。DM書き。20時9分書き上げる。名古屋駅につく。21時7分+遅れ3分、豊橋駅到着。&lt;br&gt;
  468.  22分の乗り換え時間。下記関連記事にあるように前回のネット接続もあって、レストラン前でネットにつなげようとねばっていたが、実は乗り換え先の列車の中でもつながるというオチ。すいていたからよかったけど。&lt;br&gt;
  469. &lt;br&gt;
  470. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4126&quot;&gt;メモ:Cha-ngokushi(2017年2月4日訪店)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  471. &lt;br&gt;
  472.  21時29分発、東海道本線(東海)(静岡行)。ロングシート。23時過ぎに静岡駅に到着。23時19分からマンガ喫茶。完全前払い制になってた。5時間1550円。ラジオCha-ngokushiの第40回と「はじめの一歩」ばかりに集中していた。後者は90巻まで読む。25時すぎ就寝&lt;br&gt;
  473.  2月10日金曜日。早く目が覚めて、とりあえずカプチーノを飲めた。コンビニに行こうとしたら、意外と静岡駅の地下で迷う。結局、元のマンガ喫茶のところで地上に出て、近くのローソンでネットで注文した『イブの息子たち』の支払い。菓子パン3つも買う。ホームで15分ほど待つ。寒い。徹夜明けの若者が馬鹿なことを話していた。馬鹿なことは言うもんだ。&lt;br&gt;
  474.  5時2分静岡駅発 東海道本線(東海)(沼津行)、菓子パンを食べつくしがっつり眠る。5時56分、沼津駅到着。ホーム変えての乗り換え。いつものように後方の陸橋使用。トイレにいくため最後尾にいく。6時5分発、東海道本線(東海)(宇都宮行)&lt;br&gt;
  475.  節約のため、小田原駅で小田急線に乗り換え。7時18分発、小田急線快速急行(新宿行)。さすがに平日とあってだんだんと混んでくる。8時48分、代々木上原駅に到着。対面乗換えで、東京メトロ千代田線(綾瀬行)へ。ここからはさすがに立つ。通勤ラッシュだ。8時51分発。表参道駅で乗換え。東京メトロ銀座線(浅草行)へ。9時発。金曜夜より全然マシだけど、通勤ラッシュだね。9時6分、赤坂見附駅到着。&lt;br&gt;
  476. &lt;br&gt;
  477.  夕方に待ち合わせるお店の下見しようとあるいていたら、気づけば一ツ木通りを歩いていた。そういや、この辺に、創作和食店「赤坂 魯粛」があったな、と思い、時間的に余裕があるんで、今、どうなっているか、歩きながら目は店の跡地を探していた。行列ができるほどではないものの、途切れることのない、通勤の通行人を尻目にね。&lt;br&gt;
  478.  「赤坂 魯粛」は10年以上前に三国のオフ会を開いたときに会場として使ったお店。あの時は5人参加だっけ。&lt;br&gt;
  479. &lt;br&gt;
  480. ※関連記事&lt;br&gt;
  481.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/168&quot;&gt;和食料理店「赤坂 魯粛」&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  482.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/170&quot;&gt;2005年9月3日「三国志納涼オフ会in東京」報告&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  483. &lt;br&gt;
  484. &lt;img src=&quot;http://cte.main.jp/newsch/mediagallery/mediaobjects/disp/7/7_20170210a.jpg&quot; align=&quot;right&quot;&gt; と思い出に浸りながら歩いていて、見覚えのある2階に続く階段を見かけ、よく見ると外の壁面に懐かしいデザインの看板があった。右の写真。まさか10年のときを越え看板が残っているとは思ってもいなかった。&lt;br&gt;
  485. &lt;br&gt;
  486. ※関連記事&lt;br&gt;
  487.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4008&quot;&gt;古典のなかの〈治療世界〉〈癒〉へのインサイド・アウト(2016年8月18日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  488.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4118&quot;&gt;美酒味菜 鳳雛 閉店(東京都練馬区江古田 2016年12月29日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  489. &lt;br&gt;
  490.  念のため、お店の前まで行ったが、それ以外の痕跡は認められなかった。&lt;br&gt;
  491. &lt;br&gt;
  492. ※次の記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/4149&quot;&gt;青春の尻尾(GORO 1975年5月8日-1978年5月11日) ...&lt;/a&gt;</description>
  493. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4147</trackback:ping>
  494. </item>
  495. <item>
  496. <title>第22回中華コスプレ大会(2017年5月27日28日)</title>
  497. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4146</link>
  498. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4146</guid>
  499. <pubDate>Sat, 25 Feb 2017 10:00:26 +0900</pubDate>
  500. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4146#comments</comments>
  501. <dc:subject>二次創作</dc:subject>
  502. <description>※前回開催 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3925&quot;&gt;第21回中華コスプレ大会(2016年11月19日20日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  503. &lt;br&gt;
  504. 上記関連記事にあるように、2016年11月19日20日に鳥取県の燕趙園で「第21回中華コスプレ大会」が開催され、下記リンク先にあるように次の「第21回中華コスプレ日本大会」の開催日が2017年5月27日土曜日28日日曜日に決まったそうな。&lt;br&gt;
  505. &lt;br&gt;
  506. ・中華コスプレプロジェクト公式ホームページ&lt;br&gt;
  507. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://china-cos.net/&quot;&gt;http://china-cos.net/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  508. &lt;br&gt;
  509. ・第22回大会の開催日が決定しました&lt;br&gt;
  510. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://china-cos.net/archives/1465&quot;&gt;http://china-cos.net/archives/1465&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  511. &lt;br&gt;
  512. ・中国庭園 燕趙園【えんちょうえん】&lt;br&gt;
  513. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://www.encho-en.com/&quot;&gt;http://www.encho-en.com/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  514. &lt;br&gt;
  515. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/371&quot;&gt;2006年9月24日 中華コスプレ日本大会(in鳥取・燕趙園)&lt;/a&gt;
  516. &lt;br&gt;
  517. &lt;br&gt;
  518. 詳細に気付き次第追記予定。&lt;br&gt;
  519. &lt;br&gt;
  520. ※リンク追記&lt;br&gt;
  521. ・第22回大会参加申込み受付開始&lt;br&gt;
  522. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://china-cos.net/archives/1486&quot;&gt;http://china-cos.net/archives/1486&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  523. ※「参加申込みの締切:平成29年5月15日(月)/参加料支払い締切:平成29年5月22日(月)」とのこと。&lt;br&gt;
  524. &lt;br&gt;
  525. ※リンク追記&lt;br&gt;
  526. ・【お願い】次回大会用ちらしに使用する写真をご提供ください&lt;br&gt;
  527. &lt;a target=&quot;_blank&quot; href=&quot;http://china-cos.net/archives/1489&quot;&gt;http://china-cos.net/archives/1489 ...&lt;/a&gt;</description>
  528. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4146</trackback:ping>
  529. </item>
  530. <item>
  531. <title>化粧 KEWAI -舞台の顔-(逸翁美術館2017年1月21日-3月26日日曜日)</title>
  532. <link>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4169</link>
  533. <guid isPermaLink="true">http://cte.main.jp/newsch/article.php/4169</guid>
  534. <pubDate>Fri, 24 Feb 2017 23:53:50 +0900</pubDate>
  535. <comments>http://cte.main.jp/newsch/article.php/4169#comments</comments>
  536. <dc:subject>展覧会</dc:subject>
  537. <description>3月20日の記事&lt;br&gt;
  538. &lt;br&gt;
  539. 下記のTwitter AccountのStatusなどで知ったこと。&lt;br&gt;
  540. &lt;br&gt;
  541. ・うめ (umeharam) on Twitter&lt;br&gt;
  542. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/umeharam&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/umeharam&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  543. &lt;br&gt;
  544. ・Twitter /umeharam: 逸翁美術館「化粧 kewai」(~3/26) 歌舞伎の隈取と京劇の臉譜の違いを鮮やかな年画や浮世絵、歌舞伎役者の迫力ある写真等で見せる。三国志題材が多くて楽しかった。阪急文化財団らしく宝塚歌劇を微妙に絡めてきているのにもニヤリ。 ...&lt;br&gt;
  545. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/umeharam/status/843624280038420480&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/umeharam/status/843624280038420480&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  546. &lt;br&gt;
  547. 下記美術館サイトの下記展示ページにあるように、2017年1月21日土曜日から3月26日日曜日まで大阪府池田市栄本町の逸翁美術館にて2017早春展「化粧 KEWAI -舞台の顔-」が開催されるという。タイトルどおり演劇の舞台での化粧がテーマとのことで、歌舞伎や京劇についての展示もあるとのこと。&lt;br&gt;
  548. &lt;br&gt;
  549. ・逸翁美術館 | 阪急文化財団&lt;br&gt;
  550. &lt;a href=&quot;https://www.hankyu-bunka.or.jp/itsuo-museum/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://www.hankyu-bunka.or.jp/itsuo-museum/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  551. &lt;br&gt;
  552. ・化粧 KEWAI -舞台の顔-&lt;br&gt;
  553. &lt;a href=&quot;https://www.hankyu-bunka.or.jp/itsuo-museum/exhibition/1434/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://www.hankyu-bunka.or.jp/itsuo-museum/exhibition/1434/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  554. &lt;br&gt;
  555. 前述のツイートでも下記のツイートでもあるように、三国に関係する展示もあるってことで記事にしてみた。チラシにも京劇の関羽が見える。個人的に、そういう受容には興味があったがスケジュールがあわずいけず。&lt;br&gt;
  556. &lt;br&gt;
  557. ・張茂 (Zhang_Mao) on Twitter&lt;br&gt;
  558. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/Zhang_Mao&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/Zhang_Mao&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  559. &lt;br&gt;
  560. ・Twitter /Zhang_Mao: 臉譜の資料と写真のリンク、隈取りの資料と写真のリンクだけでなく、中国由来のものを歌舞伎で演じている資料と、京劇での臉譜の写真を並べていて、面白かった。同じ関羽で影響は受けてるけど、ちょっと違うんだなー、と。 ...&lt;br&gt;
  561. &lt;a href=&quot;https://twitter.com/Zhang_Mao/status/842975653603434497&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://twitter.com/Zhang_Mao/status/842975653603434497&lt;/a&gt;
  562. &lt;br&gt;
  563. &lt;br&gt;
  564. また前述サイトや下記サイトの下記ページにあるように会期中の2月26日日曜日14時から新潮劇院の張春祥さんによるトークショーがあったそうで。&lt;br&gt;
  565. &lt;br&gt;
  566. ・京劇・新潮劇院 張春祥主催の在日京劇団&lt;br&gt;
  567. &lt;a href=&quot;http://www.shincyo.com/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.shincyo.com/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  568. &lt;br&gt;
  569. ・はじめての京劇Ⅴ~三国志「古城会」&lt;br&gt;
  570. &lt;a href=&quot;http://www.shincyo.com/event/170226/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;http://www.shincyo.com/event/170226/&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  571. &lt;br&gt;
  572. ※関連記事 &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3467&quot;&gt;メモ:はじめての京劇V~三国志「古城会」(2015年4月18日)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  573. &lt;br&gt;
  574. ちなみにその日は東京で三国志 義兄弟の宴、京都で三国志研究会(全国版)例会があった。&lt;br&gt;
  575. &lt;br&gt;
  576. ※関連記事&lt;br&gt;
  577.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3591&quot;&gt;三国志 義兄弟の宴(東京都港区 2015年9月13日-)&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  578.  &lt;a href=&quot;http://cte.main.jp/newsch/article.php/3860&quot;&gt;三国志研究会(全国版) (2016年6月26日より毎月第三日曜日) ...&lt;/a&gt;</description>
  579. <trackback:ping>http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4169</trackback:ping>
  580. </item>
  581. </channel>
  582. </rss>
  583.  

If you would like to create a banner that links to this page (i.e. this validation result), do the following:

  1. Download the "valid RSS" banner.

  2. Upload the image to your own server. (This step is important. Please do not link directly to the image on this server.)

  3. Add this HTML to your page (change the image src attribute if necessary):

If you would like to create a text link instead, here is the URL you can use:

http://www.feedvalidator.org/check.cgi?url=http%3A//cte.main.jp/newsch/backend/news.rss

Copyright © 2002-9 Sam Ruby, Mark Pilgrim, Joseph Walton, and Phil Ringnalda