Congratulations!

[Valid RSS] This is a valid RSS feed.

Recommendations

This feed is valid, but interoperability with the widest range of feed readers could be improved by implementing the following recommendations.

Source: http://blogs.yahoo.co.jp/kozfc/rss.xml

  1. <?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
  2. <rss version = "2.0"  xmlns:blogChannel="http://backend.userland.com/blogChannelModule">
  3. <channel>
  4. <title>Down to The 144 World/koz∴</title>
  5. <description>2009年7月、それまで食玩の「144ヒコーキ」を集めてきたけれど、「機種を増やしたい」という願いを果たすには、「プラモデルの進出せざるを得ない」という結論に至る。
  6. 以来、仕事場の机の上で毎日、数十分ごとの制作作業を続けている。
  7.  
  8. 小学~中学生の頃のガンプラ、大学時代の43クルマの経験はあったけれど、本格的に制作するのは初めてのように思う。
  9. 「食玩よりもちょっといいくらいの出来」を目標に、「少々の後悔なら、完成を優先」「手を付けたキットは、完成まで浮気しない」と誓いを立て、手を動かしていた。。。が、気付けばエアブラシまで導入しちゃって、大変なことになってきた。
  10. まだまだ「少々の後悔なら、完成を優先」「手を付けたキットは、完成まで浮気しない」は、守っているけれど。
  11.  
  12. 「ジェット戦闘機」がメインで「欧州機好き」なうえ、偏執的なので「国」をテーマに制作を進めている状態。
  13. スウェーデン、イタリアの機体を満足するまで作り、NASAに取りかかったところで生活環境の変化に見舞われる。
  14.  
  15. 1年ほどのブランクの後、なぜが1/48に手を付けてしまう。
  16. そこから、1/48練習機をひたすら作ろうと思い立った矢先、1/72Jaguarを着手し、1/72でフランスの戦闘機を網羅してみようかと思い立ってしまい、キットを収集中の今日この頃。</description>
  17. <link>https://blogs.yahoo.co.jp/kozfc</link>
  18. <language>ja</language>
  19. <copyright>Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.</copyright>
  20. <image>
  21. <title>Down to The 144 World/koz∴</title>
  22. <url>https://s.yimg.jp/i/jp/blog/iym_img.gif</url>
  23. <description>2009年7月、それまで食玩の「144ヒコーキ」を集めてきたけれど、「機種を増やしたい」という願いを果たすには、「プラモデルの進出せざるを得ない」という結論に至る。
  24. 以来、仕事場の机の上で毎日、数十分ごとの制作作業を続けている。
  25.  
  26. 小学~中学生の頃のガンプラ、大学時代の43クルマの経験はあったけれど、本格的に制作するのは初めてのように思う。
  27. 「食玩よりもちょっといいくらいの出来」を目標に、「少々の後悔なら、完成を優先」「手を付けたキットは、完成まで浮気しない」と誓いを立て、手を動かしていた。。。が、気付けばエアブラシまで導入しちゃって、大変なことになってきた。
  28. まだまだ「少々の後悔なら、完成を優先」「手を付けたキットは、完成まで浮気しない」は、守っているけれど。
  29.  
  30. 「ジェット戦闘機」がメインで「欧州機好き」なうえ、偏執的なので「国」をテーマに制作を進めている状態。
  31. スウェーデン、イタリアの機体を満足するまで作り、NASAに取りかかったところで生活環境の変化に見舞われる。
  32.  
  33. 1年ほどのブランクの後、なぜが1/48に手を付けてしまう。
  34. そこから、1/48練習機をひたすら作ろうと思い立った矢先、1/72Jaguarを着手し、1/72でフランスの戦闘機を網羅してみようかと思い立ってしまい、キットを収集中の今日この頃。</description>
  35. <link>https://blogs.yahoo.co.jp/kozfc</link>
  36. </image>
  37. <item>
  38. <title>1/72 SEPECAT Jaguar E□Day22</title>
  39. <description>&lt;div&gt;キット/ITALERI&lt;/div&gt;
  40. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  41. &lt;div&gt;東武デパートへ持っていこうと思っています。&lt;/div&gt;
  42. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  43. &lt;div&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/24/19774924/img_0_m?1529329809&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 1&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;いよいよ本体の制作は大詰めとなったJaguar Eです。&lt;/div&gt;
  44. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  45. &lt;div&gt;主脚扉にはパイピングとロッドを追加して取り付け。&lt;/div&gt;
  46. &lt;div&gt;エアブレーキも角度に気を付けながら、自作したロッドで位置決め。&lt;/div&gt;
  47. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  48. &lt;div&gt;ダブルスロテッドフラップと、アレスティングフックを取り付け。&lt;/div&gt;
  49. &lt;div&gt;航行灯は、いつものwave Hアイズです。&lt;/div&gt;
  50. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  51. &lt;div&gt;前脚は、扉が歪んでたり、まっすぐ立たなかったりで、2回組立直してます。&lt;/div&gt;
  52. &lt;div&gt;&lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/24/19774924/img_1_m?1529329809&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 2&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;その後、前後フラップに0.3mm真鍮棒で作動ロッドを取り付け。&lt;/div&gt;
  53. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  54. &lt;div&gt;実機よりも大げさな汚しになっていますが、実機の汚れを踏襲したものにはなったはずです。&lt;/div&gt;
  55. &lt;div&gt;&lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/24/19774924/img_2_m?1529329809&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 3&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;下回りの作業が全て終わったので、スティック・シート・キャノピの取り付け。&lt;/div&gt;
  56. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  57. &lt;div&gt;キャノピには、ハンドルとバックミラーを取り付けてみました。&lt;/div&gt;
  58. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  59. &lt;div&gt;また、開口部には、延ばしプラ棒でウェザーストリップを表現してみました。&lt;/div&gt;
  60. &lt;div&gt;(ウェザーストリップってクルマの言い回しなのですが、ヒコーキでも同じですかね?)&lt;/div&gt;
  61. &lt;div&gt;開口部の情報量が増えて、イイ感じ。これは、オススメの作業です。&lt;/div&gt;
  62. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  63. &lt;div&gt;キャノピの取付には、真鍮棒でロッドを付けて位置決めしています。&lt;/div&gt;
  64. &lt;div&gt;もう、瞬着盛った真鍮棒を目検討で接着した後に、キャノピを載せるわけです。&lt;/div&gt;
  65. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  66. &lt;div&gt;つづくプレキシグラス周囲のコーキングを描くのと併せて、息を止める作業となりました。&lt;/div&gt;
  67. &lt;div&gt;&lt;hr&gt;初めてとなりますが、今年の「タミヤモデラーズギャラリー」に、このJaguar Eで参加してみようと思っています。&lt;/div&gt;
  68. &lt;div&gt;1/72を1品のみと小さいのですが、私がこの展示会に出品できる作は、このあと無さそうなので。&lt;/div&gt;
  69. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  70. &lt;div&gt;そのためには、ベースを作らなければいけません。&lt;/div&gt;
  71. &lt;div&gt;しかし、そろそろ次作をはじめたくて仕方ない状態で。&lt;/div&gt;
  72. &lt;div&gt;キットの箱を開けて、中袋も開けて、資料も広げてあります。&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  73. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  74. &lt;div&gt;近々、完成報告はさせていただくと思いますが、ベース製作編は。。。え&amp;#12316;っと。。。(スケジュール確認中)&lt;/div&gt;
  75. &lt;div&gt;このまま、ベース製作編に移ります!&lt;/div&gt;
  76. &lt;div&gt;(僕のことだから、もうはじめないと、間に合わない)&lt;br&gt;&lt;/div&gt;</description>
  77. <link>https://blogs.yahoo.co.jp/kozfc/19774924.html</link>
  78. <pubDate>Mon, 18 Jun 2018 22:50:09 +0900</pubDate>
  79. <category>模型・プラモデル</category>
  80. </item>
  81. <item>
  82. <title>1/72 SEPECAT Jaguar E□Day21</title>
  83. <description>&lt;div&gt;キット/ITALERI&lt;/div&gt;
  84. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  85. &lt;div&gt;加入した同好会の定例会に初参加!&lt;/div&gt;
  86. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  87. &lt;div&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/21/19766721/img_0_m?1529327069&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 1&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;前回「汚れ」について書いたところで、Jaguarをガシガシ汚していきます。&lt;/div&gt;
  88. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  89. &lt;div&gt;まずは、エナメル塗料をユルユルに溶いて、退色表現としたいところに載せていき、エナメル溶剤を含ませた筆でコントロール。&lt;/div&gt;
  90. &lt;div&gt;&lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/21/19766721/img_1_m?1529327069&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 2&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;でしたが、いまひとつイメージ通りにならないので、パステルを導入しました。&lt;/div&gt;
  91. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  92. &lt;div&gt;エナメル塗料の表現で1/72よりもオーバースケールとなってしまった部分を、粉状にしたパステルをこすりつけることで潰していく感じです。&lt;/div&gt;
  93. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  94. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  95. &lt;div&gt;ここで、「汚し」は2種類あると気付きました。&lt;/div&gt;
  96. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  97. &lt;div&gt;1・スケール通りの汚し&lt;/div&gt;
  98. &lt;div&gt;1/72なら汚しも1/72で表現できれば完璧ですよね。&lt;/div&gt;
  99. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  100. &lt;div&gt;2・ピントアウトした汚し&lt;/div&gt;
  101. &lt;div&gt;1/72よりも大きな表現になってしまったなら、ボカすなどして、解像度を下げてし逃げるということに。。。&lt;/div&gt;
  102. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  103. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  104. &lt;div&gt;しかし、パステルは、定着のためにクリアを吹くと、薄くなるね。&lt;/div&gt;
  105. &lt;div&gt;&lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/21/19766721/img_2_m?1529327069&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 3&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_4032_3024&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;240&quot;/&gt;そういう意味では、下面は「スケール通りの汚し」にできたかなと。&lt;/div&gt;
  106. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  107. &lt;div&gt;それは、ガイアノーツのエナメル塗料「煤」と「オイル」を導入したおかげかも。&lt;/div&gt;
  108. &lt;div&gt;特に「オイル」は、ちょっとユルめにしておいてエアで飛ばすと、イイ感じに伸びてくれます。しかも、濃淡で色相に差が出るので、均一な表現にならないので使いやすいですね。&lt;/div&gt;
  109. &lt;div&gt;(「煤」は1/72だとオーバースケール気味だし、色も単調なのでひと工夫必要かも)&lt;/div&gt;
  110. &lt;div&gt;&lt;hr&gt;先日、「いるま模型同好会(&lt;a href=&quot;https://blogs.yahoo.co.jp/irumamokeidkk&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;https://blogs.yahoo.co.jp/irumamokeidkk&lt;/a&gt;)」の定例会に参加してきました。&lt;/div&gt;
  111. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  112. &lt;div&gt;昨年のいるま模型同好会の展示会で加入をお願いしておきながら、半年経って、やっと定例会場へ。&lt;/div&gt;
  113. &lt;div&gt;3時間ほどの会合の中で、初参加にもかかわらず「C-1輸送機の右エンジンだけが汚れているのは何故?」なんていうマニアックな話題を投入させていただきまして。&lt;/div&gt;
  114. &lt;div&gt;楽し時間を過ごさせていただきました。&lt;/div&gt;
  115. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  116. &lt;div&gt;来月の定例会には、完成させたJaguar Eを持って行けるように頑張るぞ!&lt;br&gt;&lt;/div&gt;</description>
  117. <link>https://blogs.yahoo.co.jp/kozfc/19766721.html</link>
  118. <pubDate>Tue, 12 Jun 2018 17:28:15 +0900</pubDate>
  119. <category>模型・プラモデル</category>
  120. </item>
  121. <item>
  122. <title>1/72 SEPECAT Jaguar E□Day20</title>
  123. <description>&lt;div&gt;キット/ITALERI&lt;/div&gt;
  124. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  125. &lt;div&gt;ヒコーキ模型を作っている人はみんな、「汚れ」好きですよね!?&lt;/div&gt;
  126. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  127. &lt;div&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/09/19758909/img_0_m?1528551963&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 1&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_768_1024&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;前回の画像より大分、彩度が下がってきました。&lt;/div&gt;
  128. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  129. &lt;div&gt;ハイライトを入れて、それを残しながらシャドウを入れたのですが、全体にダークになっています。&lt;/div&gt;
  130. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  131. &lt;div&gt;もう一段、シャドウとハイライトをエアブラシで入れようかとも思ったのですが、ここでひとまず手を止めまして。&lt;/div&gt;
  132. &lt;div&gt;&lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/09/19758909/img_1_m?1528551963&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 2&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;下回りも吹きました。&lt;/div&gt;
  133. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  134. &lt;div&gt;ついでにノズル後部の遮熱板部分もスターブライトシルバーで塗装。&lt;/div&gt;
  135. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  136. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  137. &lt;div&gt;付け合わせの2CVは、こんな感じになりました。&lt;/div&gt;
  138. &lt;div&gt;イメージソースにしている画像では、整備員が片手間に、その辺にあったカーキで塗ったようになっているのですが、機体を汚すことにしたので、コントラストを高めるために彩度高めのオリジナル塗装としました。&lt;/div&gt;
  139. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  140. &lt;div&gt;Magisterで余ったフランス・ラウンデルも貼り込んで、塗り分け・墨入れもしてあります。&lt;/div&gt;
  141. &lt;div&gt;この後、組み立てて。トーバーを引いてもらいます。&lt;/div&gt;
  142. &lt;div&gt;&lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/09/19758909/img_2_m?1528551963&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 3&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;後回しにしておいた脚のパインピング作業を進めます。&lt;/div&gt;
  143. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  144. &lt;div&gt;0.14mmと0.3mmの素材を取り回して、ラッカーで塗装しています。&lt;/div&gt;
  145. &lt;div&gt;ついでに脚庫内も筆をツッコんで塗り分け。&lt;/div&gt;
  146. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  147. &lt;div&gt;ディティールを組み上げる作業が楽しくなってきたので、前脚扉の組み立ても。&lt;/div&gt;
  148. &lt;div&gt;主脚にはこの後、ロッドが2本つきました。&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  149. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  150. &lt;div&gt;この後、機体と一緒に汚していきます。&lt;/div&gt;
  151. &lt;div&gt;&lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/09/19758909/img_3_m?1528551963&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 4&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_1024_768&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;240&quot; height=&quot;180&quot;/&gt;&lt;/div&gt;
  152. &lt;div&gt;汚れは個性ですよね。&lt;/div&gt;
  153. &lt;div&gt;運用されているからこその「汚れ」を見て、いきいきとした姿と嬉しくなりますよね!&lt;/div&gt;
  154. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  155. &lt;div&gt;ここからオイルが漏れてきて、ジェットブラストに飛ばされて、垂直尾翼が作る渦に巻き込まれて、流れが変わって&amp;#12316;とか、妄想するの、楽しくて仕方ないですよね。&lt;/div&gt;
  156. &lt;div&gt;汚れの色や質感から、汚れの原因を、タイヤカスなのか廃棄に含まれるススなのか想像したり。手で触った後の汚れから、外板パネルの中身を考えたり。&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  157. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  158. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  159. &lt;div&gt;皆さんは、こういう想像、どのくらいしますか?&lt;/div&gt;
  160. &lt;div&gt;そして、その想像が正解かどうか、知りたいですか?&lt;br&gt;&lt;/div&gt;</description>
  161. <link>https://blogs.yahoo.co.jp/kozfc/19758909.html</link>
  162. <pubDate>Wed, 06 Jun 2018 14:02:12 +0900</pubDate>
  163. <category>模型・プラモデル</category>
  164. </item>
  165. <item>
  166. <title>1/72 SEPECAT Jaguar E□Day19</title>
  167. <description>&lt;div&gt;キット/ITALERI&lt;/div&gt;
  168. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  169. &lt;div&gt;1/48練習機のキットが揃いつつあります。&lt;/div&gt;
  170. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  171. &lt;div&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/85/19742485/img_0_m?1527240640&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 1&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_768_1024&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;前回までの作業の後、ノーズに接着した風防があまりに汚れていたので、取り外して磨き、再度接着しています。&lt;/div&gt;
  172. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  173. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  174. &lt;div&gt;その合間に、ヴィネットに使う2CVとトーバーを作成。&lt;/div&gt;
  175. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  176. &lt;div&gt;2CVは1/72だと思って買ったUSBメモリ。手に取ると1/64位っぽいのですが、そのまま使います。&lt;/div&gt;
  177. &lt;div&gt;32GBのメモリはモッタイないので取りだして、穴を塞ぎ、表面を整えました。&lt;/div&gt;
  178. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  179. &lt;div&gt;トーバーはプラ棒で。&lt;/div&gt;
  180. &lt;div&gt;1/48のキットがあるようで。ディティールが確認できる画像があったので、サクッと作成完了です。&lt;/div&gt;
  181. &lt;div&gt;&lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/85/19742485/img_1_m?1527240640&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 2&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_768_1024&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;これにて作成は完了したので、塗装に移行します。&lt;/div&gt;
  182. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  183. &lt;div&gt;しかし、けっこう手を入れてしまったので、落ち着くまでには4回のサフ吹きを要しました。(それでもヤスリ傷が残ってた…)&lt;/div&gt;
  184. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  185. &lt;div&gt;グレーサフの在庫がなくて、シルバーサフを吹いて、3Mのスポンジヤスリで表面を整えて。&lt;/div&gt;
  186. &lt;div&gt;さて、ここからどう塗るか。。。&lt;/div&gt;
  187. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  188. &lt;div&gt;この時点では、通常のグリーン系迷彩にするか、湾岸戦争時のサンド系にするか悩んでいました。&lt;/div&gt;
  189. &lt;div&gt;&lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/85/19742485/img_2_m?1527240640&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 3&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;で、結局、通常のグリーン系に。&lt;/div&gt;
  190. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  191. &lt;div&gt;しかし、「練習機らしくあまり汚れていない姿」にするか、「退色したがさがさな感じ」にするか、決めあぐねていました。&lt;/div&gt;
  192. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  193. &lt;div&gt;でも、塗ってみると見えてくるもので。&lt;/div&gt;
  194. &lt;div&gt;退色表現を入れようと、エアブラシの細吹きで風合いを出そうとしているところです。&lt;/div&gt;
  195. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  196. &lt;div&gt;実機と比べると大分、彩度が高い状態ですので、じっくりと彩度を落としていくことで汚れを演出していくつもりです。&lt;/div&gt;
  197. &lt;div&gt;&lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/85/19742485/img_3_m?1527240640&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 4&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_1975_1298&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;240&quot; height=&quot;158&quot;/&gt;昨年夏頃にアナウンスのあったKineticのM346がついに、正式発表となりました。&lt;/div&gt;
  198. &lt;div&gt;2018年8月中の発売と言うことです。&lt;/div&gt;
  199. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  200. &lt;div&gt;Magisterを作ったので、1/48で練習機を並べたくて。&lt;/div&gt;
  201. &lt;div&gt;T-4、AlphaJet、T-38は既に積んであります。&lt;/div&gt;
  202. &lt;div&gt;ここにM346が加わると、ひとまず満足なラインナップになります。&lt;/div&gt;
  203. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  204. &lt;div&gt;しかしな&amp;#12316;HawkやT-2 BuckEyeも気になるんだよな。&lt;/div&gt;
  205. &lt;div&gt;プロペラ機だけどTucanoも好きだし、フランス空軍採用機だ。機体規模がちょっと大きくなっちゃうけどAMX-T Ghibliも作りたい。&lt;/div&gt;
  206. &lt;div&gt;&lt;br&gt;&lt;/div&gt;
  207. &lt;div&gt;おすすめの、カッコイイと思う練習機、教えてください。&lt;br&gt;&lt;/div&gt;</description>
  208. <link>https://blogs.yahoo.co.jp/kozfc/19742485.html</link>
  209. <pubDate>Fri, 25 May 2018 01:09:58 +0900</pubDate>
  210. <category>模型・プラモデル</category>
  211. </item>
  212. <item>
  213. <title>1/72 SEPECAT Jaguar E□Day18</title>
  214. <description>キット/ITALERI&lt;br&gt;
  215. &lt;br&gt;
  216. 「ハッチオープン」って、どのくらい興味あります???&lt;br&gt;
  217. &lt;br&gt;
  218. &lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/34/19721134/img_0_m?1526087610&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 1&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;昨日、模型制作している机の周りを整理していたら、紛失していた後席キャノピが発見されましたが。。。&lt;br&gt;
  219. &lt;br&gt;
  220. ヒートプレスとフレームづくりが終わっています。&lt;br&gt;
  221. 前席のキャノピは紛失していなかったので、そのままヒートプレス型に。後席はディティールを追加してしまっていたので、プラ板とパテでヒートプレス型をつくっています。&lt;br&gt;
  222. &lt;br&gt;
  223. 塩ビ板(硬質カードケース)をヒートプレスしたら、ザックリと摺り合わせ(オープンにするので、かなり適当)。&lt;br&gt;
  224. そこへ0.3mmプラ板を貼り込んでフレームとしました。&lt;br&gt;
  225. &lt;br&gt;
  226. &lt;br&gt;
  227. その作業の合間に、フラップのレールカヴァを作りました。&lt;br&gt;
  228. が。。。外翼側のレール角度を間違えていたので、作り直します。&lt;br&gt;
  229. &lt;br&gt;
  230. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/34/19721134/img_1_m?1526087610&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 2&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;ノーズに付く給油プローブは、2mmプラ棒をリュータに喰わせて、削り出しました。&lt;br&gt;
  231. &lt;br&gt;
  232. キットのパーツよりもちょっと長くしたかったので、さらにプラ棒をかませて、パテで調整しながらノーズに埋め込みました。&lt;br&gt;
  233. &lt;br&gt;
  234. Jaguar Eのぽいんとですから。&lt;br&gt;
  235. ちょっと気合いが入ります。&lt;br&gt;
  236. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/34/19721134/img_2_m?1526087610&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 3&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_768_1024&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;だいたい作業が終わったので、パーツを並べてみました。&lt;br&gt;
  237. &lt;br&gt;
  238. こうやってみると、それほど作業していないように見えるのが悔しいわ。。。&lt;br&gt;
  239. これで半年かかってるとか、思われないよねぇ。(手が遅いのは認める)&lt;br&gt;
  240. &lt;br&gt;
  241. &lt;br&gt;
  242. さて、そろそろ、塗装に入りますか。&lt;br&gt;
  243. &lt;br&gt;
  244. &lt;br&gt;
  245. と、思っていたのですが、ヴィネットのための作業を開始してしまいました。&lt;br&gt;
  246. 今週は湿度高いしね&amp;#12316;。&lt;br&gt;
  247. &lt;br&gt;
  248. &lt;br&gt;
  249. それに、グリーン系の通常迷彩にするか、サンド系の砂漠迷彩にするか悩み中。&lt;br&gt;
  250. &lt;br&gt;
  251. 機種変更訓練に使われるのみのJaguar Eは基本的にキレイ。&lt;br&gt;
  252. 砂漠迷彩にすると、汚れているし、剥がれているし、塗装に見せ場が作れます。&lt;br&gt;
  253. さて。。。どうしよう。&lt;br&gt;
  254. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/34/19721134/img_3_m?1526087610&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 4&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_1243_813&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;240&quot; height=&quot;157&quot;/&gt;ところで「ハッチオープン」って、どのくらい興味あります?&lt;br&gt;
  255. &lt;br&gt;
  256. ヒコーキの模型ですから「飛んでいる姿」がいちばんカッコイイ姿だと思います。&lt;br&gt;
  257. 航空祭などで実際に目にすることの多い、「Remove Before Flight」のタグが下げられた駐機状態っていうのも、醍醐味の有る姿ですね。&lt;br&gt;
  258. &lt;br&gt;
  259. 対して「ハッチオープン」はメンテナンス中な訳で、「本来の姿」ではないですよね。&lt;br&gt;
  260. けれど、この姿が結構好きな私です。ヒコーキの何処に何が入っているか知ることができるって、楽しいです。どんな機材が何処に納まっているか分かると、よりヒコーキのことを知ることができた喜びがあるというか。&lt;br&gt;
  261. &lt;br&gt;
  262. と言うわけで、次作は「ハッチオープン」をテーマに取り組む予定です。&lt;br&gt;
  263. (と、終わる前から次作のこと考えてると、痛い目を見るよね。。。&lt;br&gt;</description>
  264. <link>https://blogs.yahoo.co.jp/kozfc/19721134.html</link>
  265. <pubDate>Wed, 09 May 2018 16:00:30 +0900</pubDate>
  266. <category>模型・プラモデル</category>
  267. </item>
  268. <item>
  269. <title>1/72 SEPECAT Jaguar E□Day17</title>
  270. <description>キット/ITALERI&lt;br&gt;
  271. &lt;br&gt;
  272. 3D本、発売になっております&amp;#12316;♪&lt;br&gt;
  273. &lt;br&gt;
  274. &lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/92/19708292/img_0_m?1524992756&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 1&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;ついに、主翼を貼り合わせました。&lt;br&gt;
  275. &lt;br&gt;
  276. すっきりとは取り付かず、胴体との間にエポキシパテを薄くのばしたモノを入れて高さを調整したり、パテを入れたり、削り込んだりして、なんとか合わせています。&lt;br&gt;
  277. &lt;br&gt;
  278. &lt;br&gt;
  279. その後、スジ彫りを入れています。&lt;br&gt;
  280. 実機画像と照らし合わせて、キットのモールドはほとんど使っていません。&lt;br&gt;
  281. &lt;br&gt;
  282. &lt;br&gt;
  283. さらに、あちこちにエアアウトレット、航行灯基部、アンテナなどを取り付け。&lt;br&gt;
  284. 二次熱交換器上のアンテナは洋白板にしました。&lt;br&gt;
  285. &lt;br&gt;
  286. &lt;br&gt;
  287. 二次熱交換器の後端の高さが気になったので、低くしています。&lt;br&gt;
  288. 穴開いちゃったから、0.5mmプラ板で補完です。&lt;br&gt;
  289. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/92/19708292/img_1_m?1524992756&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 2&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;垂直尾翼も取り付け。&lt;br&gt;
  290. &lt;br&gt;
  291. アンテナは0.3mmプラ板で取り付けてあったので、胴体に据え付けるだけ。。。&lt;br&gt;
  292. と言うわけに行かず、けっこうパテ入ってます。&lt;br&gt;
  293. &lt;br&gt;
  294. &lt;br&gt;
  295. さらにエンジンノズルのディティールアップも。&lt;br&gt;
  296. リヒートのアイリス(っていうかベーン?)の表現をもう少しやりたい気もしたけれど。&lt;br&gt;
  297. &lt;br&gt;
  298. もうね。3D本の編集やったから「こんなん3Dでやらんでどうする!」っていう気持ちになっちゃって。&lt;br&gt;
  299. ちょっとそれっぽい工作をしてみました。&lt;br&gt;
  300. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/92/19708292/img_2_m?1524992756&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 3&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;と、いいながら、前脚のディティールアップには気合いが入りました。&lt;br&gt;
  301. &lt;br&gt;
  302. オレオ部分、ステアリング機構などなど。&lt;br&gt;
  303. 実機画像と照らし合わせながら、プラ材で。&lt;br&gt;
  304. &lt;br&gt;
  305. パイピングは塗装後の予定です。&lt;br&gt;
  306. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/92/19708292/img_3_m?1524992756&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 4&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_768_1024&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;240&quot; height=&quot;320&quot;/&gt;4月21日に「DMM.make &amp;amp; Fusion360 3Dプリントサービス活用テクニック」が発売となりました。&lt;br&gt;
  307. &lt;br&gt;
  308. →&lt;a href=&quot;http://www.shinkigensha.co.jp/book/978-4-7753-1574-3/&quot; target=&quot;_blank&quot;&gt;出版社ページ&lt;/a&gt;&lt;br&gt;
  309. &lt;br&gt;
  310. このブログを訪れてくれる方々も、購入いただいたようで、本当にありがとうございました。&lt;br&gt;
  311. 実質、本の企画・編集・デザインを全面で担当したのは初だったのですが、著作をお願いしたIKEさんや協力いただいたヘタ朗さん、kurageさん、EMONさんのおかげで楽しい仕事となりました。&lt;br&gt;
  312. &lt;br&gt;
  313. あとは、買って頂いた皆さんが、本書の意図通り「3Dプリント使って、プラモデルのディティールアップをしてみたくなった」ということになればと思っているのですが。&lt;br&gt;
  314. いかがでした?&lt;br&gt;
  315. ぜひとも、ご感想をお聞かせください。&lt;br&gt;
  316. &lt;br&gt;</description>
  317. <link>https://blogs.yahoo.co.jp/kozfc/19708292.html</link>
  318. <pubDate>Sun, 29 Apr 2018 18:05:56 +0900</pubDate>
  319. <category>模型・プラモデル</category>
  320. </item>
  321. <item>
  322. <title>1/72 SEPECAT Jaguar E□Day16</title>
  323. <description>キット/ITALERI&lt;br&gt;
  324. &lt;br&gt;
  325. 順調に積んでいます。&lt;br&gt;
  326. &lt;br&gt;
  327. &lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/93/19692393/img_0_m?1523953037&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 1&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_2123_2830&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;作業はコクピット周りに移りました。&lt;br&gt;
  328. &lt;br&gt;
  329. 計器板は、0.3mmプラ板を2枚貼り合わせて作ったものを彩色して、取り付けました。&lt;br&gt;
  330. メータは、針だけ白く残るように塗り分けるつもりでしたが、諦めまして。。。キャノピ載せちゃったら、このくらい白が入ってた方が見栄えするんじゃないかと、言い訳。&lt;br&gt;
  331. &lt;br&gt;
  332. フードはキットのパーツを整形したモノを、調整しながら取り付け。&lt;br&gt;
  333. フードの上のディティールは、アルミ板やプラ板でテキトーに造作してみました。&lt;br&gt;
  334. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/93/19692393/img_1_m?1523953037&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 2&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;風防を取り付け。&lt;br&gt;
  335. &lt;br&gt;
  336. 成形が悪くて歪んでいたため、曇らないように祈りながら瞬着で、広げながら接着しています。&lt;br&gt;
  337. &lt;br&gt;
  338. 後席前には、ブラストシールドを追加して、フレーム表現。&lt;br&gt;
  339. &lt;br&gt;
  340. しかし、機体外部とのラインが出なくて。&lt;br&gt;
  341. 3回くらいパテを盛り直しました。&lt;br&gt;
  342. &lt;br&gt;
  343. &lt;br&gt;
  344. その最中、後席のキャノピを紛失していることが発覚。。。&lt;br&gt;
  345. ディティールアップしちゃっているから、直接パテを盛ってヒートプレス型を作るわけに行かないので、どうしようか、数日悩みました。&lt;br&gt;
  346. (キットをもう一つ買っちゃおうかとも思ったけど、絶版になっているのか、高くて。。。)&lt;br&gt;
  347. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/93/19692393/img_2_m?1523953037&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 3&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;作業も、かなり進んできたので、細かいパーツの造作を。&lt;br&gt;
  348. &lt;br&gt;
  349. 一つ目は、ノーズの給油プローブ。&lt;br&gt;
  350. 2mmプラ棒をリュータに噛ませて、カッターとタガネで削り込みました。&lt;br&gt;
  351. Jaguar Eの特徴的な部分ですから、ディティールをきっちり押さえたかったんです。&lt;br&gt;
  352. &lt;br&gt;
  353. &lt;br&gt;
  354. 二つ目は、アレスティングフック。&lt;br&gt;
  355. 下面だから目立たないせいだとは思いますけど、アレスティングフックって、テキトーな再現されていること、多くないですか?(144の経験値による)&lt;br&gt;
  356. 角断面の真鍮棒を持っていなかったので、0.4mm丸真鍮棒を四角く削り出して、ディティール追加。&lt;br&gt;
  357. フック部は、キットのパーツを削ってそれっぽくすることに成功しました。&lt;br&gt;
  358. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/93/19692393/img_3_m?1523953037&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 4&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;240&quot; height=&quot;320&quot;/&gt;144から48と72に、制作するスケールが大きくなって、さらに時間がかかるようになってしまいました。&lt;br&gt;
  359. &lt;br&gt;
  360. そのため、キットを1つ買うたびに「これで、また半年分…」なんて考えてしまい、キットを積むことに精神的なブレーキがかかっていたのですが。。。&lt;br&gt;
  361. &lt;br&gt;
  362. そんな話を模型仲間にしたら、叱責されましてね!&lt;br&gt;
  363. 「作る人格と、積む人格は別だ!」と言う人も。&lt;br&gt;
  364. &lt;br&gt;
  365. &lt;br&gt;
  366. そこから、約3ヶ月で、ひとまずこれだけ積みました。&lt;br&gt;
  367. &lt;br&gt;
  368. Mirage IIIとフランス戦車セット、コスモゼロは模型仲間から譲り受けたモノ。&lt;br&gt;
  369. フランス空軍機をコンプリートすべく、RafaleのBとCはHobbyBoss。(Mirage 4000がModelvisitから発売になっているから、それも積まねば。OuraganとかMysterまで手を出すか、悩み中)&lt;br&gt;
  370. フォッシュ甲板を再現すべく、F-8EはAcademyで、kurageさんと寄ったアキバの駿河屋で発見しました。(amazonなどのオンラインショップでは0.5&amp;#12316;1.2万円とプレミア付いてた。のに、Hannantsでは3,000円くらいで在庫あり)&lt;br&gt;
  371. T-38は、お気に入りの練習機を1/48で並べたくて、Magister、AlphaJet、T-4の隣りに。(あとはBuckeyeとTucanoを買おうかな)&lt;br&gt;
  372. VT-1は、単なる勢いですね。(スチラドゥ複座も積んで「アニメの練習機」として並べようかな。ついでにコスモゼロを複座改造する???)&lt;br&gt;
  373. &lt;br&gt;
  374. &lt;br&gt;
  375. 積むことの罪悪感から解放されたら、さらに楽しくなって参りました!!!&lt;br&gt;</description>
  376. <link>https://blogs.yahoo.co.jp/kozfc/19692393.html</link>
  377. <pubDate>Tue, 17 Apr 2018 17:17:17 +0900</pubDate>
  378. <category>模型・プラモデル</category>
  379. </item>
  380. <item>
  381. <title>1/72 SEPECAT Jaguar E□Day15</title>
  382. <description>キット/ITALERI&lt;br&gt;
  383. &lt;br&gt;
  384. やっと、本ができます。&lt;br&gt;
  385. &lt;br&gt;
  386. &lt;br&gt;
  387. &lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/17/19676617/img_0_m?1522910013&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 1&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;胴体下部のディティールを追加しました。&lt;br&gt;
  388. &lt;br&gt;
  389. ベントラルフィンは、キットのダボよりも下側にスジ彫りして、0.3mmプラ板を埋め込んでいます。&lt;br&gt;
  390. 黒いラインが見えますが、これは、間違えて掘ったもので、黒瞬着で埋め直しています。&lt;br&gt;
  391. &lt;br&gt;
  392. その間に見えるディティールは、キットでも十分なニュアンスだったのですが。。。&lt;br&gt;
  393. なぜか左右対称に間違えていました。&lt;br&gt;
  394. 機体の前後を間違えた画像を参照してキットが設計されているのかも知れません。&lt;br&gt;
  395. &lt;br&gt;
  396. &lt;br&gt;
  397. 続いて、主翼の作業へ。&lt;br&gt;
  398. 緑の汚れのように見えるのが、前縁フラップの作りかけ。&lt;br&gt;
  399. 0.3mmプラ板を整形して、内側の曲面を均すためにパテを盛った状態なのです。&lt;br&gt;
  400. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/17/19676617/img_1_m?1522910013&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 2&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;後縁フラップは、ダブルスロテッドフラップなので、こんな作り方をしてみました。&lt;br&gt;
  401. &lt;br&gt;
  402. レール部を、0.5と0.3mmプラ板で制作し、動翼を彫り込んで接着。&lt;br&gt;
  403. その間に、翼断面に削り出した0.5mmプラ板を差し込みます。&lt;br&gt;
  404. 裏から、0.3mmプラ板で支えを入れるようにしています。&lt;br&gt;
  405. &lt;br&gt;
  406. この要領で、外翼も作りまして…&lt;br&gt;
  407. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/17/19676617/img_2_m?1522910013&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 3&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;動翼のパーツが揃いました。&lt;br&gt;
  408. &lt;br&gt;
  409. 前縁、内翼、外翼ともに、アクチュエータとして、0.3mmくらいの真鍮棒を取り付ける予定です。、&lt;br&gt;
  410. &lt;br&gt;
  411. 強度確保を考えていないので、取付は塗装の後になります。&lt;br&gt;
  412. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/17/19676617/img_3_m?1522910013&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 4&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_1075_1517&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;240&quot; height=&quot;339&quot;/&gt;昨年中よりお知らせしていた、3Dプリントサービスを活用したプラモデルのディティールアップに特化した本の制作が、やっと終わります。&lt;br&gt;
  413. (明日、最終校正なのです)&lt;br&gt;
  414. &lt;br&gt;
  415. 4月24日発売、予価3,000円(ISBN978-4-7753-1574-3)と、出版社から連絡がありました。&lt;br&gt;
  416. &lt;br&gt;
  417. とても時間がかかってしまいましたが「私自身が必要だと思う情報」をたくさん盛り込んでいます。&lt;br&gt;
  418. 模型店等などにも配本されるように、取りはからっているようなので、見かけましたら、ぜひ中を覗いてみてください。&lt;br&gt;
  419. ネット上を検索すれば、個別のノウハウを知ることができると思いますが、3Dモデリングの入口から、3Dプリントサービスの出口まで網羅した内容は、なかなか無いものになっていると思います。&lt;br&gt;
  420. &lt;br&gt;
  421. 改めて、内容の紹介などもいたします。&lt;br&gt;
  422. よろしくお願いいたします。&lt;br&gt;
  423. &lt;br&gt;</description>
  424. <link>https://blogs.yahoo.co.jp/kozfc/19676617.html</link>
  425. <pubDate>Thu, 05 Apr 2018 15:33:33 +0900</pubDate>
  426. <category>模型・プラモデル</category>
  427. </item>
  428. <item>
  429. <title>1/72 SEPECAT Jaguar E□Day14</title>
  430. <description>キット/ITALERI&lt;br&gt;
  431. &lt;br&gt;
  432. 3冊も似たような本を借りることに。。。&lt;br&gt;
  433. &lt;br&gt;
  434. &lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/85/19660785/img_0_m?1521873782&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 1&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_1824_2432&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;前脚扉ができました。&lt;br&gt;
  435. &lt;br&gt;
  436. キットのパーツは外形がダルくて、0.3mmプラ板で作り直してみました。&lt;br&gt;
  437. &lt;br&gt;
  438. &lt;br&gt;
  439. 主脚扉は、キットのパーツをリュータで薄く削り出し。。。たんだけど、薄いのは周辺だけなので、0.3mmプラ板貼り込んで、厚みを出さなきゃいけません。&lt;br&gt;
  440. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/85/19660785/img_1_m?1521873782&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 2&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_2282_3044&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;と言うわけで、主脚扉にプラ板貼り込んで、ディティールアップ。&lt;br&gt;
  441. &lt;br&gt;
  442. 後ほどパイピングを施しますし、リンクロッドも追加します。&lt;br&gt;
  443. &lt;br&gt;
  444. &lt;br&gt;
  445. 反省を活かして、キットのエアブレーキパーツを加工。&lt;br&gt;
  446. 実機画像と見比べて、後端部を薄く削り出し。&lt;br&gt;
  447. 空気抜き穴も、前側だけを塞ぎました。&lt;br&gt;
  448. &lt;br&gt;
  449. キットままでは、エアブレーキのアクチュエータ基部が空気穴の後ろにありますが、前になるのが正解なので、このモールドも削り落としています。&lt;br&gt;
  450. &lt;br&gt;
  451. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/85/19660785/img_2_m?1521873782&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 3&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;320&quot; height=&quot;427&quot;/&gt;そしてエアブレーキの作業完了。&lt;br&gt;
  452. &lt;br&gt;
  453. 空気穴の前列は埋めて、後列を広げています。&lt;br&gt;
  454. そこに、0.3mmプラ板を埋め込んで2列にしています。&lt;br&gt;
  455. &lt;br&gt;
  456. また、アクチュエータ基部を造作し、ヒンジとなるアームも作り直しています。&lt;br&gt;
  457. &lt;br&gt;
  458. これで少しは、実機に近くなったと思います。&lt;br&gt;
  459. Jaguarを脚が出た状態で作るなら、太い主脚に重なるように展開されるエアブレーキは見せ所ですからね。&lt;br&gt;
  460. &lt;br&gt;
  461. プラ板から作るのは大変だけど、キットパーツ加工でここまでなれば、満足です。&lt;br&gt;
  462. なにしろ、パーツだけを眺めたときには、実機よりも1.5倍くらい長いと思ったくらいですから。&lt;br&gt;
  463. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/85/19660785/img_3_m?1521873782&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 4&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; width=&quot;240&quot; height=&quot;320&quot;/&gt;高校時代に仲の良かった日本史の教師が「図書館が買ってくれる本は、借りろ。その分マンガ買え」と言いながら、「日出処の天使」を貸してくれました。&lt;br&gt;
  464. &lt;br&gt;
  465. 今、自宅の近隣には図書館がなく。&lt;br&gt;
  466. しかも、政令指定都市になった結果として、市立図書館の数が増え、1ヶ所の開架図書を眺めただけでは、自分が読みたい本が図書館にあるかどうか、確認することができなくなりました。&lt;br&gt;
  467. &lt;br&gt;
  468. そこで、最近では、SNSなどで気になる本を見付けると、図書館のホームページから貸し出し予約するクセが付いているのですが。&lt;br&gt;
  469. &lt;br&gt;
  470. 最寄りの図書館が改装していた関係で、予約していた本をまとめて借り出してくることになってしまいました。&lt;br&gt;
  471. しかも、似たような内容の本が。。。&lt;br&gt;
  472. &lt;br&gt;
  473. ロック岩崎の本は数日で読み終わりそうだけど。画像の他に経済関係の本もあるので、貸出期間内に読み終わることは無さそう。。。&lt;br&gt;
  474. &lt;br&gt;
  475. &lt;br&gt;
  476. と言うわけで、おすすめの本がありましたら、教えてください。&lt;br&gt;
  477. (小説は、好き嫌いが激しいのですけど。。。&lt;br&gt;</description>
  478. <link>https://blogs.yahoo.co.jp/kozfc/19660785.html</link>
  479. <pubDate>Sat, 24 Mar 2018 15:43:02 +0900</pubDate>
  480. <category>模型・プラモデル</category>
  481. </item>
  482. <item>
  483. <title>1/72 SEPECAT Jaguar E□Day13</title>
  484. <description>キット/ITALERI&lt;br&gt;
  485. &lt;br&gt;
  486. 3D本、4月発売になりそうです。&lt;br&gt;
  487. &lt;br&gt;
  488. &lt;br&gt;
  489. &lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/54/19641054/img_0_m?1520658180&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 1&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; height=&quot;427&quot; width=&quot;320&quot;/&gt;背中の二次熱交換器を取り付けました。&lt;br&gt;
  490. &lt;br&gt;
  491. パーツがかなり歪んでいる上に、前端の開口がなく、境界層流を避ける浮いている部分の再現も甘いものでした。&lt;br&gt;
  492. &lt;br&gt;
  493. パーツを削り、プラ板を貼り込んで。さらにドーサルスパインに合わせて削り込んで。&lt;br&gt;
  494. それでもフィットしなかったので、パテを盛ってなんとか据え付けました。&lt;br&gt;
  495. &lt;br&gt;
  496. &lt;br&gt;
  497. 新たにグリーンパテを導入。&lt;br&gt;
  498. 噂通り、硬めで乾燥が早く、切削性が良いものでした。&lt;br&gt;
  499. &lt;br&gt;
  500. 二次熱交換器に盛ったパテが乾くまでの間に、水平尾翼にも手を付けます。&lt;br&gt;
  501. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/54/19641054/img_1_m?1520658180&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 2&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; height=&quot;427&quot; width=&quot;320&quot;/&gt;水平尾翼のスジ彫りは、深くて太く。&lt;br&gt;
  502. しかも上下面でズレているという。&lt;br&gt;
  503. &lt;br&gt;
  504. モールドは黒瞬着で埋めて彫り治し。&lt;br&gt;
  505. 面出しをしていたら、プラスチックが層状に剥がれてきて、グリーンパテで面を作り直しています。&lt;br&gt;
  506. &lt;br&gt;
  507. また、基部の膨らみが左右で形状が違ったので削り落として、プラ板で作り直しています。&lt;br&gt;
  508. &lt;br&gt;
  509. 対して、垂直尾翼は素直なもので。&lt;br&gt;
  510. 面出しと、一部モールドの調整だけで済みました。&lt;br&gt;
  511. &lt;br&gt;
  512. &lt;br&gt;
  513. ついでに、エンジンカヴァのエアインレットをプラ板から。&lt;br&gt;
  514. &lt;hr&gt;&lt;img src=&quot;https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-d4-01/kozfc/folder/589218/54/19641054/img_2_m?1520658180&quot; alt=&quot;&amp;#x0030a4;&amp;#x0030e1;&amp;#x0030fc;&amp;#x0030b8; 3&quot; class=&quot;alignLeft popup_img_3024_4032&quot; style=&quot;&quot; height=&quot;427&quot; width=&quot;320&quot;/&gt;脚扉の加工を始めました。&lt;br&gt;
  515. &lt;br&gt;
  516. まずは前脚扉から。&lt;br&gt;
  517. 0.3mmプラ板に置き換えています。&lt;br&gt;
  518. &lt;br&gt;
  519. ランディングライトと、アクチュエーションロッドの基部を造作したら完了の予定です。&lt;br&gt;
  520. &lt;br&gt;
  521. &lt;br&gt;
  522. 前脚の扉は、あともう1枚。&lt;br&gt;
  523. 主脚は2枚だけなので、それほど手間はかからないでしょう。&lt;br&gt;
  524. &lt;br&gt;
  525. この作業も「3Dプリンタ使えば楽なのにな&amp;#12316;」って思いながらやってます。&lt;br&gt;
  526. そこで、意識を切り替えて「デジタルを使わないで完成させる」をテーマとして制作することにしました。&lt;br&gt;
  527. &lt;br&gt;
  528. デカールもキット附属の使うんだ。&lt;br&gt;
  529. &lt;hr&gt;さてさて、昨年7月くらいからすすめている、「3Dプリントサービスを使ったプラモのディティール解説本」ですが、順調に発売予定日が延びておりまして。&lt;br&gt;
  530. このままいくと、4月中の発売になりそうです。(今回は、伸びる要素が少ないので「やっぱり5月発売でした]って事にはならなそう。。。&lt;br&gt;
  531. &lt;br&gt;
  532. 「DMM.make &amp;amp; Fusion360 3Dフ&amp;#12442;リントサーヒ&amp;#12441;ス&amp;nbsp; 活用テクニック」という書名で、新紀元社から発売になります。(ココは確定)&lt;br&gt;
  533. よろしくお願いします。&lt;br&gt;</description>
  534. <link>https://blogs.yahoo.co.jp/kozfc/19641054.html</link>
  535. <pubDate>Sat, 10 Mar 2018 14:03:00 +0900</pubDate>
  536. <category>模型・プラモデル</category>
  537. </item>
  538. </channel>
  539. </rss>

If you would like to create a banner that links to this page (i.e. this validation result), do the following:

  1. Download the "valid RSS" banner.

  2. Upload the image to your own server. (This step is important. Please do not link directly to the image on this server.)

  3. Add this HTML to your page (change the image src attribute if necessary):

If you would like to create a text link instead, here is the URL you can use:

http://www.feedvalidator.org/check.cgi?url=http%3A//blogs.yahoo.co.jp/kozfc/rss.xml

Copyright © 2002-9 Sam Ruby, Mark Pilgrim, Joseph Walton, and Phil Ringnalda