Congratulations!

[Valid RSS] This is a valid RSS feed.

Recommendations

This feed is valid, but interoperability with the widest range of feed readers could be improved by implementing the following recommendations.

Source: http://blog.livedoor.jp/fairypot/index.rdf

  1. <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
  2. <rdf:RDF
  3. xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#"
  4. xmlns="http://purl.org/rss/1.0/"
  5. xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/"
  6. xmlns:taxo="http://purl.org/rss/1.0/modules/taxonomy/"
  7. xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/"
  8. xmlns:syn="http://purl.org/rss/1.0/modules/syndication/"
  9. xmlns:admin="http://webns.net/mvcb/"
  10. xmlns:atom="http://www.w3.org/2005/Atom"
  11. >
  12. <channel rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/">
  13. <title>お茶妖精</title>
  14. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/</link>
  15. <description>
  16. 肉や菓子よりマシに思えるけど過剰摂取はマジに危険なんだぜ。炭水化物ってやつは!
  17. </description>
  18. <dc:language>ja</dc:language>
  19. <admin:generatorAgent rdf:resource="http://blog.livedoor.com/?v=2.0" />
  20. <atom:link rel="hub" href="http://pubsubhubbub.appspot.com" />
  21. <items>
  22. <rdf:Seq>
  23.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52017274.html" />
  24.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52016962.html" />
  25.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52016345.html" />
  26.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52016265.html" />
  27.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52016093.html" />
  28.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52015923.html" />
  29.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52015893.html" />
  30.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52014789.html" />
  31.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52002903.html" />
  32.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51999644.html" />
  33.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51994314.html" />
  34.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51993012.html" />
  35.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51992715.html" />
  36.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51990781.html" />
  37.  <rdf:li rdf:resource="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51990335.html" />
  38. </rdf:Seq>
  39. </items>
  40. </channel>
  41. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52017274.html">
  42. <title>海外ゴジラファン「次のゴジラ映画は二万年後の設定だと?」</title>
  43. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52017274.html</link>
  44. <description>
  45.  
  46. ・二万年後?なんてこった!
  47.  
  48. ・面白そうじゃん。待ちきれないよ。
  49.  
  50. ・あらすじもビジュアルも面白そう。期待してる。
  51.  
  52. ・あらすじは良さそうだけど、話を複雑にしすぎて台無しになりそうな予感。まあ、成功を祈る。
  53.  
  54. ・で、肝心のゴジラはどこ?98年のアメリカ...</description>
  55. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  56. <dc:date>2017-03-28T12:03:28+09:00</dc:date>
  57. <dc:subject></dc:subject>
  58. <content:encoded><![CDATA[<img src=http://godzilla-anime.com/news/img/1703241800.png width=250><br>
  59. <br>
  60. ・二万年後?なんてこった!<br>
  61. <br>
  62. ・面白そうじゃん。待ちきれないよ。<br>
  63. <br>
  64. ・あらすじもビジュアルも面白そう。期待してる。<br>
  65. <br>
  66. ・あらすじは良さそうだけど、話を複雑にしすぎて台無しになりそうな予感。まあ、成功を祈る。<br>
  67. <br>
  68. ・で、肝心のゴジラはどこ?98年のアメリカ版Godzillaの失敗を繰り返すな。人類は光速を超える技術を見つけたのか、それとも冷凍睡眠か。とにかくワーオとか何これとかいやはやとかそういう感想が出てくる。<br>
  69. <br>
  70. ・98年のGodzillaという低すぎるハードル。<br>
  71. <br>
  72. ・駆逐してやる!(I will kill every last one of them!)<br>
  73. <br>
  74. ・↑やっぱりエレンを連想するよね(笑)<br>
  75. <br>
  76. ・俺たちのゴジラはどこ?そしてSFか。二万年後に目覚めたエレンが両親の仇でもないゴジラを倒すのか。ゴジラもよく二万年も生きてたな。<br>
  77. <br>
  78. ・↑放射線の不思議な治癒効果が現れたんだろう。<br>
  79. <br>
  80. ・ゴジラは日本しか襲わないから他の国は平和に暮らしてたというオチかな。<br>
  81. <br>
  82. ・一度目は敗走し、資源は限られ、技術の進歩もなく、移住にも失敗した連中がどうして戻って戦えば勝てると思ったの?<br>
  83. <br>
  84. ・「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」の服を思い出すビジュアル<br>
  85. <br>
  86. ・なぜ24歳の若者がリーダー格になってるのか?20年後って地球に戻るのに時間はかからないのか?<br>
  87. <br>
  88. ・ゴジラが恐竜からエイリアンっぽい形に変更されてないか不安。<br>
  89. <br>
  90. ・変なパロディ作品にしないでくれよ。<br>
  91. <br>
  92. <br>
  93. 以上。<br>
  94. ゴジラにヤマトと進撃とテラフォーマーズを混ぜた香りがするけど、特撮の話をなぞるよりずっと楽しみです!<br>
  95. ただ、ゴジラの名を使う以上ゴジラのイメージだけはぶっ壊さないでほしいんですよ。「デスノートを頭悪いアイドルオタクが拾ったら」という話があってもいいけど、その主人公に夜神月という名をつけるべきでないように。<br>
  96. <a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0158RV5P8/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B0158RV5P8&linkCode=as2&tag=godcreateship-22&linkId=3b220a810ceddc6cb2bf9019d09b4514"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B0158RV5P8&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL160_&tag=godcreateship-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=godcreateship-22&l=am2&o=9&a=B0158RV5P8" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />
  97. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=52017274" width="1" height="1" />
  98. ]]>
  99. </content:encoded>
  100. </item>
  101. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52016962.html">
  102. <title>英語圏でクールに聞こえるジョジョのスタンド名は何なのか</title>
  103. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52016962.html</link>
  104. <description>「最高のスタンド名は何か」というスレからお送りします。
  105.  
  106. ・Killer QueenとKing Crimsonが大好き。頭韻法(頭が同じ子音や文字で始まる技法)はいつも素晴らしい。王家の名前にkillerやcrimsonって「ゴゴゴゴゴゴ」感を足してるのも良いね。短くも強烈で名前を唱えるのが...</description>
  107. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  108. <dc:date>2017-03-21T00:03:47+09:00</dc:date>
  109. <dc:subject></dc:subject>
  110. <content:encoded><![CDATA[「最高のスタンド名は何か」というスレからお送りします。<br>
  111. <br>
  112. ・Killer QueenとKing Crimsonが大好き。頭韻法(頭が同じ子音や文字で始まる技法)はいつも素晴らしい。王家の名前にkillerやcrimsonって「ゴゴゴゴゴゴ」感を足してるのも良いね。短くも強烈で名前を唱えるのが楽しいスタンドだ。<br>
  113. <br>
  114. ・私はKing Crimsonの方がいい。The worldもいい名前。戦闘中に咆哮するのが良いんだろうね。<br>
  115. <br>
  116. ・私はやっぱりKiller Queenだよ。脅迫的で口に出すのが楽しい。<br>
  117. <br>
  118. ・The worldは簡潔で好き。ディオの自己中心さを明確に表してるし。<br>
  119. <br>
  120. ・Grateful Dead。名前がボスっぽいし、それを主に大量殺人しかできない能力に与えてるのがいい。<br>
  121. <br>
  122. ・響きがすごく良いのはBlack Sabbath、Heaven's Door、Crazy Diamond、Killer Queenあたりかな。<br>
  123. <br>
  124. ・Killer Queen、Crazy Diamond、The World Over Heaven、KING NOTHING。この辺はクールな名前だ。<br>
  125. <br>
  126. ・Death 13はかなり怖い感じがする。<br>
  127. <br>
  128. ・3部の中で最も名前が場違いという意味ならCream。<br>
  129. <br>
  130. ・ゲームでSticky Fingersと叫んでるのを聞くのが大好き。Diver DownとSoft and Wetも好き。<br>
  131. <br>
  132. ・私は能力と名前が一致してないと苦手。だからHighway Starは死ぬほどクールだね。Sticky Fingersはあまり能力と一致してないと思うんだよなあ。最初に聞いたときは指が物体に引っ付くスタンドかと思った。Gold ExperienceやKing CrimsonやKiller Queen(名前が吉良だから?)も私にはイマイチ。<br>
  133. <br>
  134. ・↑あれはアルバムのSticky Fingersにジッパーがついてる事に因んでるんだよ。私は知的な引用だと思うよ。<br>
  135. <br>
  136. ・一番はDiver Down。名前も良いし、体にDを貼り付けた姿がお似合い。Whitesnakeも短くて素敵だね。Killer QueenもSheer Heart Attackとbites the dustという付属品でボーナス点が入ってる。<br>
  137. <br>
  138. ・Fun Fun Funが最高。スタンドの印象は薄いけど名前は素晴らしい。二番目はBall Breaker。<br>
  139. <br>
  140. ・私はWeather Reportかな。能力に合ってるし、やはりクールな響きがある。二番目はPurple Hazeで3番目はHighway Star。<br>
  141. <br>
  142. ・理由はわからないけどHermit Purpleって名前がすごく好き。<br>
  143. <br>
  144. ・Dirty Deeds Done Dirt Cheap<br>
  145. <br>
  146. ・Metallica<br>
  147. <br>
  148. ・King Nothing.<br>
  149. <br>
  150. ・Mandom(リンゴォのスタンド)<br>
  151. <br>
  152. ・↑私もこれ。Heaven's DoorとKiller Queenも好き。外見はマッチョだけどキラーという名前を冠する女王ならイケてる。面白い名前だ。<br>
  153. <br>
  154. <br>
  155. 以上。<br>
  156. えー……結局は好みの問題で大きな傾向はないみたいです!キラークイーンとキングクリムゾンがやや好まれる……のか?<br>
  157. ザ・ハンドとか直訳したら「手」ですけど、どういう印象なんだろう。<br>
  158. <br>
  159. <a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4785959444/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4785959444&linkCode=as2&tag=godcreateship-22&linkId=0cca2a472043e9f465aa7ebd1155993f"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=4785959444&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL160_&tag=godcreateship-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=godcreateship-22&l=am2&o=9&a=4785959444" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br>
  160.  
  161. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=52016962" width="1" height="1" />
  162. ]]>
  163. </content:encoded>
  164. </item>
  165. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52016345.html">
  166. <title>米国アマゾンで高評価な日本の絵本「みんなうんち」</title>
  167. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52016345.html</link>
  168. <description>
  169. 右側の英訳版ですがAmazonで666件もレビューがついており、一部を訳してみます。
  170.  
  171. ・トイレの練習に反抗する子供に見せるべき一冊。私の三歳半の娘はお風呂や就寝前の綺麗なオムツに用を足す習慣があり、トイレを嫌っていたため私は途方に暮れていたが、この本を読ま...</description>
  172. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  173. <dc:date>2017-03-06T21:47:12+09:00</dc:date>
  174. <dc:subject></dc:subject>
  175. <content:encoded><![CDATA[<a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4834008487/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4834008487&linkCode=as2&tag=godcreateship-22&linkId=ee5b797eea91196bf506e82a42c27c6b"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=4834008487&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL160_&tag=godcreateship-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=godcreateship-22&l=am2&o=9&a=4834008487" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><a target="_blank"  href="https://www.amazon.com/gp/product/B00HTJYCWM/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=1789&creative=9325&creativeASIN=B00HTJYCWM&linkCode=as2&tag=worldofone-20&linkId=e9a22bba782ea0490c189adc72957bdd"><img border="0" src="//ws-na.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=US&ASIN=B00HTJYCWM&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL160_&tag=worldofone-20" ></a><img src="//ir-na.amazon-adsystem.com/e/ir?t=worldofone-20&l=am2&o=1&a=B00HTJYCWM" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br>
  176. 右側の英訳版ですがAmazonで666件もレビューがついており、一部を訳してみます。<br>
  177. <br>
  178. ・トイレの練習に反抗する子供に見せるべき一冊。私の三歳半の娘はお風呂や就寝前の綺麗なオムツに用を足す習慣があり、トイレを嫌っていたため私は途方に暮れていたが、この本を読ませたら自分からおまるを使いたいと言い始めた。初日は「リーク」したが翌日には成功し、オムツは用済みとなった。この本は私たちにとってのターニングポイント。<br>
  179. <br>
  180. ・シンプルな絵と色使いでページごとの情報量も適切。物語も筋が通っているので子供が楽しめる。<br>
  181. <br>
  182. ・子供になぜトイレに行くのか、なぜ人はうんちするのかを話すのにちょうどよいきっかけになります。ファンキーな日本風の絵は誰にでも受け入れられるでしょう。注意点をひとつ。私の長男もそうですが、自閉症の子供の中にはうんちについて話すとそれで遊ぶ可能性があり、この場合はお勧めしません。<br>
  183. <br>
  184. ・息子は他の本に興味を示さないのにこの本は夢中になってくれました。人間だって大人も子供もうんちするというページがお気に入りのようです。朝起きたらオムツを外した子供がベビーベッドをうんちまみれにしていないよう祈る親の一人として作者にはひたすら感謝します。<br>
  185. <br>
  186. ・いくつか絵本を買いましたが私たちはこれが一番お気に入りです。子供に読み聞かせた二日後にはちゃんとうんちできるようになりました。誇張ではありません。トイレの練習でうんちを掴もうとする子供と2ヶ月格闘しましたが、救世主は座薬でも通じ薬でもなくこの本でした。<br>
  187. <br>
  188. ・息子を持つ親なら彼らがうんちとおならとお尻に夢中になることは知っているでしょう。私もこれを読んだ子供の一人でしたが、今や自分の子供を持つ身になりこの本を探しました。アマゾンのおかげで簡単に見つかり、思ったとおり私の子供もこの本に夢中になり、何度読んでと頼まれたか覚えていません。間違いなく小さな子供に勧められます。<br>
  189. <br>
  190. ・どういうわけか私も子供のころに「うんちは恥ずかしく悪いことだ」と思い込んでました。バスルームに行くと母親が消防署に連絡するんじゃないかと信じるくらいに。しかし、この本は楽しく可笑しく大事なことを学べます。誰だってうんちすると。もうじき生まれる姪っ子にこの本を読む日が待ちきれません。<br>
  191. <br>
  192. ・たいていの子供は動物が好きで、私の孫もどの動物がどのうんちをするのか当てるのに夢中でした。こうやって子供たちはオムツを卒業する心の準備ができるのでしょう。この本は科学的に上手くできてます。<br>
  193. <br>
  194. ・ふたこぶラクダとふたこぶウンチ。このジョークを小さい頃からずっと覚えています。この絵本がトレイの練習になるかは私にはわかりませんが、これには大事な効果があります。子供たちに「誰だって食べるし、うんちする。それは何も悪くないんだよ」と理解させることです。恥ずかしがることではないと。子供を持つ親としてはトレイの練習のほうが優先順位が高いかもしれませんが、私はそれよりずっと大事なことだと思います。<br>
  195. <br>
  196. <br>
  197. 以上。<br>
  198. 日本でもけっこう有名らしんですが、私の記憶には全くないんです……。ところで桃太郎は英語訳で「ピーチボーイ」なんだよ!<br>
  199. <br>
  200. <a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/0746096658/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=0746096658&linkCode=as2&tag=godcreateship-22&linkId=cf438e61abda01a66b18a55de1581eef"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=0746096658&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL160_&tag=godcreateship-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=godcreateship-22&l=am2&o=9&a=0746096658" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />
  201. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=52016345" width="1" height="1" />
  202. ]]>
  203. </content:encoded>
  204. </item>
  205. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52016265.html">
  206. <title>海外アニメファン「お前らはどうやってエロアニメと遭遇したの?」「ビデオテープ!」「ネットの広告!」</title>
  207. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52016265.html</link>
  208. <description>・どうしてこの世でもっとも奇妙でサイコな映像に出会ったのか聞かせてくれない?私は小学校のときに友達がビデオテープを持ってきて昼休みにその子の家に行って見たんだよ。twin angels(淫獣聖戦)だった。
  209.  
  210. ・ネット上にはポップアップ広告という素晴らしいものがあって...</description>
  211. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  212. <dc:date>2017-03-04T23:33:43+09:00</dc:date>
  213. <dc:subject></dc:subject>
  214. <content:encoded><![CDATA[・どうしてこの世でもっとも奇妙でサイコな映像に出会ったのか聞かせてくれない?私は小学校のときに友達がビデオテープを持ってきて昼休みにその子の家に行って見たんだよ。twin angels(淫獣聖戦)だった。<br>
  215. <br>
  216. ・ネット上にはポップアップ広告という素晴らしいものがあってね。9歳のときだったか。<br>
  217. <br>
  218. ・(スレ主)↑私が始めてコンピュータを買ってもらった時にした事はエロアニメを探すことだったよ(笑)<br>
  219. <br>
  220. ・俺もビデオテープの時代だった。中身を見るまで知らなかったけど、俺は学習してしまったのだ。<br>
  221. <br>
  222. ・14歳のころにゲーム雑誌の広告で知った。<br>
  223. <br>
  224. ・11歳のときに「遺作」に出会わなければ……。ピンクの髪の子がかわいそうだと思ったよ。何度も見たけどな。<br>
  225. <br>
  226. ・GOOGLE<br>
  227. <br>
  228. ・たしか10歳の時だったか。ポップアップ広告とスパムって面白いよな。<br>
  229. <br>
  230. ・小5の時にゲームを編集したCDというのを買ったんだよ。それがそれだったわけだ。<br>
  231. <br>
  232. ・12歳頃にアホな友達から教えられた。ほんの好奇心だった。<br>
  233. <br>
  234. ・友達とインターネットしてる時に「おい、成人ゾーンがあるぜ」「クリックしてみろ。……おっぱいだ!」という感じ。小5だったか。<br>
  235. <br>
  236. ・ネットユーザーなら誰でもネットの広告で見てるだろう。誘惑はどこにでもあるんだよ。<br>
  237. <br>
  238. ・12歳だったかな。俺みたいになるな。早すぎると現実の女性に反応しなくなるぞ。<br>
  239. <br>
  240. <br>
  241. <br>
  242. 以上。<br>
  243. 年代の差を感じさせますが、今の子は親が中途半端にフィルターかけても好奇心で突破しちゃうんでしょうね。親自体がネットの素人ですし。<br>
  244. 親を叩くのは簡単ですが、コンテンツを作る側も18禁ぎりぎりを狙ったりするし、じゃあ法律を厳しくしたらいいかといえば今度は表現の自由が危ないし、まあ、大変な時代ですね!(放棄)<br>
  245. <br>
  246. <a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4426112605/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4426112605&linkCode=as2&tag=godcreateship-22&linkId=dc575c2423cdba4c2b26062e6512ecdc"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=4426112605&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL160_&tag=godcreateship-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=godcreateship-22&l=am2&o=9&a=4426112605" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />
  247. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=52016265" width="1" height="1" />
  248. ]]>
  249. </content:encoded>
  250. </item>
  251. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52016093.html">
  252. <title>海外ゲーマー「俺たちの世界は仮想現実だった!←この展開って嫌か?」</title>
  253. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52016093.html</link>
  254. <description>(本スレはあるゲームの名前を出してますが伏せます)
  255.  
  256. ・プレイをやめるくらい嫌なものか?キャラクターたちがプログラムだったとしてそこまで悪い展開じゃないだろう。ラスボスが本当の神だったらお前らは満足したのか?
  257.  
  258. ・たぶん過去シリーズの物語もどうでもよい出...</description>
  259. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  260. <dc:date>2017-03-01T14:51:29+09:00</dc:date>
  261. <dc:subject></dc:subject>
  262. <content:encoded><![CDATA[(本スレはあるゲームの名前を出してますが伏せます)<br>
  263. <br>
  264. ・プレイをやめるくらい嫌なものか?キャラクターたちがプログラムだったとしてそこまで悪い展開じゃないだろう。ラスボスが本当の神だったらお前らは満足したのか?<br>
  265. <br>
  266. ・たぶん過去シリーズの物語もどうでもよい出来事だったと言われた気分になるんだと思う。<br>
  267. <br>
  268. ・展開自体は悪くないけどそこまでの誘導が悪かったのかも。<br>
  269. <br>
  270. ・神のような強大な敵を期待したのにゲーム会社の職員みたいな奴だった。<br>
  271. <br>
  272. ・創造主VS人類って構図は燃えるけどね。<br>
  273. <br>
  274. ・ゲームをやめるほどじゃないが、主人公たちが仮想現実だと言われたら「あっそう……」としか言えない。あと、ゲームの前半は良かったのに後半は息切れしてきた。<br>
  275. <br>
  276. ・キャラたちもプログラムだと知って絶望するわけじゃなかったよね。削除される前になんとかしようって感じ。とはいえ、世界の真相やエンディングはなかなかよくできてたと思うよ。<br>
  277. <br>
  278. ・ドラマがない。世界を破滅から救うって展開は燃えたのに大きなクリーンの前で「お前はプログラムだ」と若い男に言われてもねえ……。ラスボスを単純な悪として描かなかったのが失敗だと思う。<br>
  279. <br>
  280. ・神にしては弱すぎた。まじめな話、もっと強くしろよ。<br>
  281. <br>
  282. ・弱すぎたなあ。70レベルでも勝てちゃうし、合成やアイテム作成したらもっと弱くても勝てる。<br>
  283. <br>
  284. ・「世界を作ったお前は誰が作ったんだ?」って因果性の問題を考えてしまう。<br>
  285. <br>
  286. ・世界がプログラムだったら意味がないと考えてしまう人は世界の外側を考えないタイプだろう。ゲームの「Reboot」だってプログラムだったけど文句を言う人はいないだろ?<br>
  287. <br>
  288. ・↑映画の「トロン」に文句言うようなものだよね。<br>
  289. <br>
  290. ・過去シリーズへの影響もあるし、主人公たちが仮想現実を受け入れるのが早すぎた。そこに時間をかけて上手くやれば批判は少なかったかも。<br>
  291. <br>
  292. ・俺だって最初は文句なかったよ。「自分の存在を信じれば存在できる」とか言われて窓を叩き割りたくなった。<br>
  293. <br>
  294. ・これは小説でいう夢オチ( ends with a 'It was only a dream...')と同じじゃないか?物語の根底を壊すどんでん返しで、そりゃあ嫌う人もいるだろう。<br>
  295. <br>
  296. <br>
  297. 以上。<br>
  298. どうやっても叩かれそうな展開ですが、演出次第で絶賛される可能性もあるんですかね?<br>
  299. <br>
  300. 何のゲームのことか知りたい?あれですよ。デモシーンで羽がばあーっとなる宇宙を駆けるRPGのあれ。どうしても知りたい人のためにリンクを貼っておきます。<br>
  301. <a href=http://www.eternalsphere.com/so3/><font color=blue>そのゲームのHP</font></a><br>
  302. <a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4047288152/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4047288152&linkCode=as2&tag=godcreateship-22&linkId=a2c818d6c801f7ca81956fabcc62f070"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=4047288152&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL160_&tag=godcreateship-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=godcreateship-22&l=am2&o=9&a=4047288152" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />
  303. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=52016093" width="1" height="1" />
  304. ]]>
  305. </content:encoded>
  306. </item>
  307. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52015923.html">
  308. <title>海外アニメファン「幼女戦記の主人公はサイコパスとみなしていいの?」</title>
  309. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52015923.html</link>
  310. <description>・他人に共感がなく、命を奪うときも陽気で、冷酷な殺人者といっていいだろう。神を信じないが自分の戦闘能力を高めるためなら存在Xを讃えもする。だが、サラリーマンだったころに感情がゼロだったわけではなく、他人をクビにすることを楽しんでる風もない。転生後の環境が...</description>
  311. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  312. <dc:date>2017-02-26T13:17:12+09:00</dc:date>
  313. <dc:subject></dc:subject>
  314. <content:encoded><![CDATA[・他人に共感がなく、命を奪うときも陽気で、冷酷な殺人者といっていいだろう。神を信じないが自分の戦闘能力を高めるためなら存在Xを讃えもする。だが、サラリーマンだったころに感情がゼロだったわけではなく、他人をクビにすることを楽しんでる風もない。転生後の環境が彼を変えたんだろうか?<br>
  315. <br>
  316. ・サラリーマン君ちゃん(Salaryman-kun-chan)は人の命にほとんど価値を見出してないし、社会的に異常行動をとってるように思えるが、他人を殺傷してはいなかった。実力主義者なんだろうね。転生後の舞台は戦場で他人を殺傷することこそ兵士に求められることで、異常とはいえない。<br>
  317. 彼が異常な殺人マシンに見えるのは能力が高すぎて敵を大量殺戮できてしまうせいだろう。<br>
  318. <br>
  319. ・仕事の効率化に誇りと喜びを見出してるね。安全なデスクワークをさせていれば嬉々としてそれをやってたはず。<br>
  320. <br>
  321. ・戦場となればサイコパス的な行動をとるまでのハードルは格段に低いだろう。あと、彼女が神を讃えるのは単なる生存戦略だ。ラノベを読んでないから知らないが、あの祈りは自動的なもので、彼女が毎日教会で真剣に祈ってるわけじゃないだろう?<br>
  322. <br>
  323. ・1話目が衝撃的に見えただけで、話が進むごとに普通の人間っぽく思えてきた。<br>
  324. <br>
  325. ・彼女には共感がなく、エゴイストでもあるが、サイコパスとは違うかな。<br>
  326. <br>
  327. ・サイコパスではなくソシオパス(社会病質者)だと思う。<br>
  328. <br>
  329. ・彼女が彼だった頃の人生がほとんど不明だから判断できない。転生後も環境が特殊すぎて分析が難しい。<br>
  330. <br>
  331. ・サイコパスってわけじゃない。「戦争に勝たなきゃ。ワたしハ真面目に言っテルんダヨ」って感じで少し狂ってるだけ。<br>
  332. <br>
  333. ・自分が精神的にアレなのは本人も認めてるだろ。出世するために大量殺戮が必要になっただけ。<br>
  334. <br>
  335. ・サイコパスではないがまともでもない。<br>
  336. <br>
  337. <br>
  338. 以上。<br>
  339. サイコパスとソシオパスの違いを<a href=http://www.webmd.com/mental-health/features/sociopath-psychopath-difference#1>英語サイト</a>で読んでみましたが、サイコパスは他者への共感や善悪の観念がないけど目的のために常人を演じて周囲を騙せる(ほとんどの者は暴力に訴えないがそれは計算であって良心の呵責はない)<br>
  340. ソシオパスは共感が僅かにあるけど自己を優先し、相手の欠点や失敗を平気で責めるらしいです。<br>
  341. この定義に従えば、幼女は転生前はソシオパス、転生後は(結果はともかく)他人を騙しているからサイコパスかなーと。<br>
  342. 環境のせいでそうなったかはクローンで何度も実験すればわかるかも。
  343. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=52015923" width="1" height="1" />
  344. ]]>
  345. </content:encoded>
  346. </item>
  347. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52015893.html">
  348. <title>海外ゲーマーが語る「なあ、喋る動物ってゲームから消えたよな?」</title>
  349. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52015893.html</link>
  350. <description>
  351.  
  352. ・定期的に投下されるソニック作品は別として、言葉を話す動物マスコットキャラってもはやゲーム業界では絶滅しちゃったんじゃないか?バンジョーとカズーイを一度復活させようとしてたが、失敗してから誰も挑戦しない。スターフォックスも新作出ないし。
  353.  
  354. ・マスコットは...</description>
  355. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  356. <dc:date>2017-02-25T22:12:06+09:00</dc:date>
  357. <dc:subject></dc:subject>
  358. <content:encoded><![CDATA[<img src="http://livedoor.blogimg.jp/fairypot/imgs/8/3/83f06ba5.jpg" width="354" border="0" alt="sabaru01" hspace="5" class="pict" /><br>
  359. <br>
  360. ・定期的に投下されるソニック作品は別として、言葉を話す動物マスコットキャラってもはやゲーム業界では絶滅しちゃったんじゃないか?バンジョーとカズーイを一度復活させようとしてたが、失敗してから誰も挑戦しない。スターフォックスも新作出ないし。<br>
  361. <br>
  362. ・マスコットは一時的な流行だったからねー。勇気があり、それでいて苦悩するリアルな男が求められる。<br>
  363. <br>
  364. ・どうぶつの森……は喋らないな。確かにいない。<br>
  365. <br>
  366. ・それはディズニーに道を譲った。<br>
  367. <br>
  368. ・考えたことなかったけど、ズボン穿いたテディベアよりリアルな英雄が受ける時代なんだろうな。スターフォックスはマジで復活してほしい。俺は喋る動物が好きだよ。<br>
  369. <br>
  370. ・技術の進歩で精巧な人間が作れるようになっちゃったし、声当ても当たり前になったからね。開発がむこうへ移ってしまった。<br>
  371. <br>
  372. ・面白い質問だ!私もカートゥンやアニメのマスコットが主人公のゲームをもっと出てほしいよ。不思議のダンジョンをテイルズ的戦闘システムでやってみたいもんだ。<br>
  373. <br>
  374. ・ラチェット&クランクとスライ・クーパーしか思い出せない。<br>
  375. <a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B01FU8MISS/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B01FU8MISS&linkCode=am2&tag=godcreateship-22&linkId=36e435b330c6a68f58405a70cb87c2cc"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B01FU8MISS&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL110_&tag=godcreateship-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=godcreateship-22&l=am2&o=9&a=B01FU8MISS" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B004AM6C1K/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=B004AM6C1K&linkCode=am2&tag=godcreateship-22&linkId=bf3dcbefb3e21f185244a3fab2cc320c"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B004AM6C1K&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL110_&tag=godcreateship-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=godcreateship-22&l=am2&o=9&a=B004AM6C1K" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br>
  376. <br>
  377. ・ラチェット&クランクはたまに復活するよ。駄作だけど。<br>
  378. <br>
  379. ・スターフォックス64は声優の演技が素晴らしかった。ああいうゲームが出ないのは残念だ。<br>
  380. <br>
  381. ・安いオンラインゲームでは生きてる。でも、金と時間がかかるゲームではもう作りようがないのかもね。<br>
  382. <br>
  383. ・Call of Dutyに責任がある。<br>
  384. <br>
  385. ・いや、元々は人間のグラフィックや動きがしょぼいとゲーマーが楽しめないという理由から動物を使ってたはずだよ。<br>
  386. <br>
  387. ・反社会的で挑発的なことができない。筋書きにどんでん返しも作れないし、勇敢でもダークでもリアルでもない。もはや滅ぶしかないね!<br>
  388. <br>
  389. ・ドンキーコングって喋らなかったっけ?<br>
  390. <br>
  391. ・あっ、キングダムハーツのミッキーやドナルドがいたじゃん。<br>
  392. <br>
  393. ・言われるまで気づかなかった。喋る動物が見られるのは任天堂とディズニーとソニックだけだろう。「Ty the Tasmanian Tiger」ってゲームをかろうじて覚えてるけど、これも古いしXboxからの移植だった。<br>
  394. <br>
  395. ・ラストオブアスとNaughty Dogの脚本家Neil Druckmanが以前にピクサーみたいな物語を書きたいといってたけど、動物のゲームは作ってないようで残念。ラチェットやソニックが懐かしいなあ……。<br>
  396. <br>
  397. ・このスレのせいでお気に入りのスターフォックス64思い出しちゃったよ。あの頃が懐かしい。<br>
  398. <br>
  399. ・「Fur Fighters」が復活するなら歓迎する。<br>
  400. <img src=https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/610QA2SK75L._AC_UL160_.jpg width=150><br>
  401. <br>
  402. ・プレイヤーが歳をとったこともあるが、今は子供まで「Call of Duty」をやりたがるんだよなあ。<br>
  403. <br>
  404. <br>
  405. <br>
  406. 以上。<br>
  407. 日本も昔に比べればずっと少ないですが、ジバニャンやシレンのコッパも含めれば消えてはいないかな?<br>
  408. 特に関係ないですが、アニメの1話Aパートで切ったくせに有名になった途端手の平を返して戻ったニワカ鮭野郎は私です。ごめんなさいごめんなさい。<br>
  409. <a target="_blank"  href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4041054494/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4041054494&linkCode=as2&tag=godcreateship-22&linkId=417df3238c85d507a65156a95748ce8d"><img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=4041054494&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format=_SL250_&tag=godcreateship-22" ></a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=godcreateship-22&l=am2&o=9&a=4041054494" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br>
  410. <a target="_blank" href="https://www.amazon.co.jp/gp/product/4041054494/ref=as_li_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4041054494&linkCode=as2&tag=godcreateship-22&linkId=393c65e393b5ffda3d40a4e113aae574">けものフレンズBD付オフィシャルガイドブック (2)</a><img src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=godcreateship-22&l=am2&o=9&a=4041054494" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />
  411. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=52015893" width="1" height="1" />
  412. ]]>
  413. </content:encoded>
  414. </item>
  415. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52014789.html">
  416. <title>海外アニメファンが語る「西洋の若者向け小説とラノベの比較」</title>
  417. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52014789.html</link>
  418. <description>・もちろんアニメっぽい絵があるか否かみたいな違いもあるんだけど、自己投影できる主人公とか共通点もあると思う。みんなはどう思う?
  419.  
  420. ・西洋は暗くSFチックになるし、そこが好き。キリトが何人の女性と付き合おうが知ったことではないのさ。
  421.  
  422. ・↑暗いかはともかく、...</description>
  423. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  424. <dc:date>2017-02-01T15:51:47+09:00</dc:date>
  425. <dc:subject>アニメ</dc:subject>
  426. <content:encoded><![CDATA[・もちろんアニメっぽい絵があるか否かみたいな違いもあるんだけど、自己投影できる主人公とか共通点もあると思う。みんなはどう思う?<br>
  427. <br>
  428. ・西洋は暗くSFチックになるし、そこが好き。キリトが何人の女性と付き合おうが知ったことではないのさ。<br>
  429. <br>
  430. ・↑暗いかはともかく、西洋ヤングアダルト小説にも並みのハーレムラノベに負けないゴミクズが一杯あるぞ。<br>
  431. <br>
  432. ・ラノベをあまり読まないんだけど、西洋ノベルはラノベより女主人公が多い気がする。図書館でも女主人公の作品をよく見かけるし、作者が女性であることも多い。<br>
  433. <br>
  434. ・正直言うと二つの共通点は人口の大半が読まないってことくらいだと思う。西洋の小説を読むときは主人公の顔がわからないのが厄介かな。どんな顔なんだろうって想像するけど映画化して「平凡な顔だな……」と思ったり。<br>
  435. <br>
  436. ・恋愛物語としてはソードアートオンラインよりTwilightに軍配を上げたい。<br>
  437. <br>
  438. ・ラノベって話が長期化する傾向があるよね。有名どころは必ず10巻以上になるし、一巻が「境界線上のホライゾン」くらいになると何処がライトなんだよって思う。<br>
  439. <br>
  440. ・1500ページくらいを長いとは言わん。<br>
  441. <br>
  442. ・↑いや、長いだろ。普通は500ページ程度でハイファンタジーなら千から千五百ページくらいじゃない?しかも3部作で終わることが多い西洋に対して(A wheel of timeやMalazanみたく例外もあるが)ラノベは10~20巻以上続くんだぞ。<br>
  443. <br>
  444. ・ラノベは有名になると1巻か2巻分の過去編を出したり、延々と話を引き伸ばすところが困るな。<br>
  445. <br>
  446. ・↑それはあくまで例外だろう?98%のラノベは話を引き伸ばす以前に売れなくて終わる。完結する前に打ち切られるほうが多いんじゃない?<br>
  447. <br>
  448. ・そもそもこのサイトでラノベ読んでる人自体が少ないだろ?アニメを見て気に入ったら「ラノベ読んでみるか」って感じ。<br>
  449. <br>
  450. ・↑アニメがないと存在に気づかないからねえ……。そもそも翻訳されてる本が少ない。<br>
  451. <br>
  452. ・西洋小説と違ってラノベは完結まで翻訳してくれないことがある。<br>
  453. <br>
  454. ・どちらも少ししか読んでないから確かなことは言えないが、西洋の作品は知識層ぶってるというか、社会問題や政治問題を一つ以上扱う傾向がある。それに対してラノベはとにかく読者を喜ばせる。ファンサービスやpandering(媚を売る?)がそれだね。ラノベを批判してるわけじゃないよ。間違った思慮よりは良いかもしれない。<br>
  455. 共通点は自己投影できる主人公、ロマンス、奇抜な世界、そして話に矛盾や穴があること。<br>
  456. <br>
  457. ・↑プロットホールを特徴と言ってやるな!(笑)どんな話にも著者の限界があるものさ……。<br>
  458. <br>
  459. <br>
  460. 以上。<br>
  461. >ラノベって話が長期化する傾向があるよね<br>
  462. <br>
  463. トワイライトやパーシージャクソンみたく映画化されたものでも確かに3~5部作で完結してるものが多いんですよね。しかし、日本語圏と英語圏は市場の大きさや異国への波及効果が全く違いますから、1つのヒットを大事にしようという傾向は当然日本の方が大きいでしょう。<br>
  464. 海外もTVドラマとかは製作費や利益配分が違うから長期シリーズ化しやすいと思う。
  465. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=52014789" width="1" height="1" />
  466. ]]>
  467. </content:encoded>
  468. </item>
  469. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52002903.html">
  470. <title>小説「オーバーロード」英語版を原作と読み比べてみた</title>
  471. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/52002903.html</link>
  472. <description>
  473.  
  474.  
  475.  
  476. お喜びください。「背表紙の文字が小さくて何巻かわかりにくい」問題は英語版だと改善されています。原作は今後もあのままだろうけど、英語版なら問題なし。やったね!
  477. 英語版は16歳以上推奨。そして20ドル。高い。
  478.  
  479.  
  480. ・あの単語、どう翻訳したの?
  481.  
  482. ヘロ...</description>
  483. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  484. <dc:date>2016-06-15T14:08:11+09:00</dc:date>
  485. <dc:subject></dc:subject>
  486. <content:encoded><![CDATA[<a href="http://livedoor.blogimg.jp/fairypot/imgs/9/4/94c8b34a.jpg" title="obaro01" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/fairypot/imgs/9/4/94c8b34a-s.jpg" width="200" height="155" border="0" alt="obaro01" hspace="5" class="pict"   /></a><br>
  487. <a href="http://livedoor.blogimg.jp/fairypot/imgs/a/9/a9302800.jpg" title="obaro02" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/fairypot/imgs/a/9/a9302800-s.jpg" width="200" height="163" border="0" alt="obaro02" hspace="5" class="pict"  /></a><br>
  488. <a href="http://livedoor.blogimg.jp/fairypot/imgs/1/5/154c25cb.jpg" title="obaro03" target="_blank"><img src="http://livedoor.blogimg.jp/fairypot/imgs/1/5/154c25cb-s.jpg" width="200" height="48" border="0" alt="obaro03" hspace="5" class="pict"   /></a><br><br>
  489. <br>
  490. お喜びください。「背表紙の文字が小さくて何巻かわかりにくい」問題は英語版だと改善されています。原作は今後もあのままだろうけど、英語版なら問題なし。やったね!<br>
  491. 英語版は16歳以上推奨。そして20ドル。高い。<br>
  492. <br>
  493. <br>
  494. ・あの単語、どう翻訳したの?<br>
  495. <br>
  496. ヘロヘロHeroHero、ぷにっと萌えSquishy Moe、餡ころもっちもちAnkoro Mocchi Mochi、タッチミーTouch Me、ルシ☆ファーLuci☆fer、ぶくぶく茶釜Bubbling Teapot、死獣天朱雀Death Suzaku。<br>
  497. 英語版は「さん」をつけません。みんな呼び捨て。みんなマブダチ。<br>
  498. <br>
  499. 厨二病<br>
  500. never get through adolescence(思春期が終わらない)<br>
  501. <br>
  502. ちなみに、ビッチである<br>
  503. By the way, she's a bitch<br>
  504. (日本語のビッチは性的に不真面目という意味ではslutやwhoreのほうが近いと思うけど、そのままだった)<br>
  505. <br>
  506. 周辺1キロ<br>
  507. a half mile<br>
  508. (アメリカはキロメートル使わないため。0.5マイルは約0.8キロ。少し縮んじゃった。作中のメートルもフィートに換算されてる)<br>
  509. <br>
  510. ヤツメウナギ<br>
  511. dirty rabbit(汚いウサギ。なぜウサギかというと、常に盛りがついてるイメージがあるため)<br>
  512. <br>
  513. コキュートスの喋り方<br>
  514. すべて大文字で「WHAT IS IT」みたく喋ります。<br>
  515. シャルティアの「~ありんす」は私が認識する限り消えており、普通に喋ってます。そのため、コキュートスとマーレ以外は誰のセリフかわかりにくいシーンがちらほらと。<br>
  516. <br>
  517. 伝説のアレ<br>
  518. legendary you-know-what<br>
  519. <br>
  520. くふふふふ<br>
  521. tee-hee-hee<br>
  522. (再翻訳すると女性のウフフ的な笑い)<br>
  523. <br>
  524. 魔人<br>
  525. evil spirits<br>
  526. <br>
  527. 嫉妬マスク<br>
  528. jealous mask<br>
  529. (クリスマスイブに一人でいることがなぜ嫉妬なのか括弧書きで説明あり。海外だと家族と過ごす祝日の印象が強いため)<br>
  530. <br>
  531. 翻訳こんにゃく<br>
  532. translation gum<br>
  533. (元ネタ通じるのか?)<br>
  534. <br>
  535. 巫女、符術師、仙人<br>
  536. miko, talisman wielders, mountain hermits<br>
  537. <br>
  538. 500円ガチャ<br>
  539. five hundred yen gacha<br>
  540. (これも直訳だけどgacha通じるの?)<br>
  541. <br>
  542. 国堕とし<br>
  543. nation breaker
  544. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=52002903" width="1" height="1" />
  545. ]]>
  546. </content:encoded>
  547. </item>
  548. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51999644.html">
  549. <title>海外アニメファン「カドカワが北米のマンガ翻訳出版社に出資したけど、つまりどういうことだってばよ?」</title>
  550. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51999644.html</link>
  551. <description>(もちろん原文に「だってばよ」なんて書いてないよ)
  552. KADOKAWAが北米の日本マンガ翻訳出版社の大手Yen Pressに出資し、合弁会社を設立したニュースへの反応なんですけど、ニュースの詳細はこちらを読んでください。
  553.  
  554.  
  555. ・これを機にもっと多くのラノベが翻訳されるとう...</description>
  556. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  557. <dc:date>2016-04-18T18:25:48+09:00</dc:date>
  558. <dc:subject></dc:subject>
  559. <content:encoded><![CDATA[(もちろん原文に「だってばよ」なんて書いてないよ)<br>
  560. KADOKAWAが北米の日本マンガ翻訳出版社の大手Yen Pressに出資し、合弁会社を設立したニュースへの反応なんですけど、ニュースの詳細は<a href=http://www.animeanime.biz/archives/22541>こちら<a>を読んでください。<br>
  561. <br>
  562. <br>
  563. ・これを機にもっと多くのラノベが翻訳されるとうれしいんだけど。<br>
  564. <br>
  565. ・↑そうなるはず。ここ2,3年でカドカワもかなり海外を意識して行動するようになったからね。Baka-Tsuki(ファンによるラノベ翻訳サイト)を著作権違反で警告して作品公開をやめさせた事と関係あるのかもしれない。日本の企業が海外のファンサイトを閉鎖させるなんて今までは珍しかった。<br>
  566. <br>
  567. ・↑そのとおり。海外市場にまったく挑戦しない日本の会社を見ると私はいつも不思議に思ってる。<br>
  568. <br>
  569. ・もちろん私は合法的に翻訳された作品を買うのが好きだけど、ファンの翻訳を潰すなら代替品を用意してほしい。カドカワが一掃したファンの活動が全て公式出版に代わるなら素晴らしいと思うよ。でも、それは起きないだろう。こちらのラノベ出版事情は数年前よりずっと良くなってるとはいえね。このニュースがどんな意味を持つのかはまだわからない。YenPressは今まで本当に良くやってくれた会社だから悪い意味で変化しないことを祈るよ。<br>
  570. <br>
  571. ・こっちにカドカワ産クソラノベとクソ漫画が大量にやってくるってことか。<br>
  572. <br>
  573. ・作品をどんどん出版してくれるなら私は嬉しいよ。<br>
  574. <br>
  575. ・ラノベの値段に影響があったりするのかな?<br>
  576. <br>
  577. ・出版を加速してほしい。でも、質は落とさないで。<br>
  578. <br>
  579. ・「東京レイヴンズ」のラノベが買えるようになるといいな。あと、電子書籍もっと普及させてくれない?あれで「狼と香辛料」のラノベが買えないことが今も不満なんだ。<br>
  580. <br>
  581. ・「ダンタリアンの書架」と「ゴシック」を翻訳してくれますように。<br>
  582. <br>
  583. ・北米での出版計画を自分達で主導したくなったんだろうね。YenPressはそのインフラと人脈を持ってるから彼らと手を組もうと決めたんだと思う。<br>
  584. <br>
  585. ・YenPressが出版してるカドカワ以外の作品はこれからどうなるんだろう?<br>
  586. <br>
  587. ・カドカワがYenPressから他の出版社を締め出さないか不安だ。他の北米出版社がカドカワの作品を出版できなくなる可能性もある。<br>
  588. <br>
  589. ・YenPressはスクエニの漫画も出版してるけど、スクエニ作品はなくなっちゃうの?ここくらいしか出版してくれないんだが。<br>
  590. <br>
  591. ・他の出版社も扱うだろうけど、カドカワ産は今までより増えると思う。<br>
  592. <br>
  593. ・他の会社がライセンスだけ持ってぜんぜん出版してない作品を救出してやってくれ。<br>
  594. <br>
  595. ・短期的には何も起きないと思う。長期的にはYenPressが今よりずっと退屈な会社になるんじゃないかと不安がある。<br>
  596. <br>
  597. ・とにかく面白いことを始めてほしいもんだ。<br>
  598. <br>
  599. <br>
  600. 以上。<br>
  601. 日本の読者にはほとんど関係ないかもしれませんが、ホント面白いことを始めてくれるといいですね。座して待て!<br>
  602. <br>
  603. 関係ないけど、祝「ハンター×ハンター」連載再開!
  604. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=51999644" width="1" height="1" />
  605. ]]>
  606. </content:encoded>
  607. </item>
  608. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51994314.html">
  609. <title>「オーバーロード」の翻訳を中止した海外ファンサイト、今度は「この素晴らしい世界に祝福を」をGoogleに削除される</title>
  610. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51994314.html</link>
  611. <description>「朝起きてリンク切れに関するメールをチェックしていたところ次のような告知を受けました」
  612.  
  613. タイトル「著作権違反についての告知」
  614. 投稿された記事の中に著作権侵害の恐れがある部分が発見されました。これらの記事は下書きの状態で保存されており、貴方には3つの選択肢...</description>
  615. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  616. <dc:date>2016-01-14T15:35:46+09:00</dc:date>
  617. <dc:subject></dc:subject>
  618. <content:encoded><![CDATA[「朝起きてリンク切れに関するメールをチェックしていたところ次のような告知を受けました」<br>
  619. <br>
  620. タイトル「著作権違反についての告知」<br>
  621. 投稿された記事の中に著作権侵害の恐れがある部分が発見されました。これらの記事は下書きの状態で保存されており、貴方には3つの選択肢があります。<br>
  622. 1,著作権侵害と思われる部分を削除して再投稿する。これで再び閲覧可能になります。<br>
  623. 2,記事そのものを削除する。<br>
  624. 3,著作権侵害でないことを主張する。付随するアドレスでその旨を知らせてください。我々は検討します。<br>
  625. 削除された記事をそのまま再投稿してはいけません。問題の部分が削除されないまま再投稿されたことが確認された場合、貴方の登録を規則違反として処理します。規則違反が繰り返された場合、ブログの削除やアカウントの抹消を含めた更なる改善処置を行う事があります。敬具。<br>
  626. <br>
  627. (これに対するコメント)<br>
  628. <br>
  629. ・まじか。<br>
  630. <br>
  631. ・まだどの会社もあれのライセンスを取得してないんじゃなかった?<br>
  632. <br>
  633. ・↑著作権は国際的なものだからね。アメリカの商品と同じく日本の商品も保護されるよ。<br>
  634. <br>
  635. ・私のお気に入りが消えた!コピーだれか持ってないか。<br>
  636. <br>
  637. ・これはTPPの影響だったりするの?<br>
  638. <br>
  639. ・TPPが締結されそうなこの時代にアメリカのサーバー使ってたらそりゃこうなるよ。<br>
  640. <br>
  641. ・ロシアのサーバー使おう。<br>
  642. <br>
  643. ・よし、Facebookに上げよう。<br>
  644. <br>
  645. ・「このすば」、安らかに眠れ。またYenPressがライセンスを取得したのかね?<br>
  646. <br>
  647. ・↑たぶんそうだろうね。たくさんライセンス取る前に1つの作品に集中して早く翻訳してくれ。アニメ化したからって「よっしゃ、これ翻訳したら売れるわ」と思わないでくれ。<br>
  648. <br>
  649. ・↑取得するライセンスの量としては標準だと思うよ。品質を保つためにも大勢が翻訳するわけにはいかない。<br>
  650. <br>
  651. ・まだ発表はないけど近いうちにどこかの会社がライセンスを取ると思うべきだろう。ログホライズンやオーバーロードや魔法科もそうだけどアニメ化されたラノベは遅かれ早かれライセンスが取られる。グリムガルも時間の問題だと思う。<br>
  652. <br>
  653. ・以前はラノベがアニメ化されるのは嬉しかったけど、今はアニメ化しないことを祈っている。<br>
  654. <br>
  655. ・言っておくがライセンスの有無に関係なく作者や日本の会社が著作権侵害を訴える事は可能だよ。<br>
  656. <br>
  657. ・これって誰がグーグルに訴えたんだろう?<br>
  658. <br>
  659. ・いつか機械翻訳が発達してどんな電子書籍もボタン一つで変えられるようになったらいいね。<br>
  660. <br>
  661. ・このラノベは存在しなかったと思おう。<br>
  662. <br>
  663. ・私がPDFで保存する前に消すのやめて。<br>
  664. <br>
  665. ・数週間前に(おそらくカドカワが)某サイトに多くの作品についてDMCA(デジタルミレニアム著作権法)の違反を警告した。カドカワの扱ってる作品は全てこのリスクがあると思ったほうがいい。<br>
  666. <br>
  667. ・日本のラノベはもう手の届かないところへ行ってしまったのかも。<br>
  668. <br>
  669. ・日本語の勉強を始めかねないくらいショックだよ。<br>
  670. <br>
  671. <br>
  672. 以上。<br>
  673. 「オーバーロード」は海外出版社がライセンスが取得したのでサイトが自主的に翻訳を中止したんですが、こうやって警告なしで削除される事もあるって事です。TPPは関係あるのかな?<br>
  674. <br>
  675. <br>
  676. >某サイトに多くの作品についてDMCA(デジタルミレニアム著作権法)の違反を警告した<br>
  677. <br>
  678. ここはかなり大きなファンサイトだったんですが、2015年12月に警告文が届き、デートアライブ、伝説の勇者の伝説、いつか天魔の黒ウサギ、僕は友達が少ない、問題児たちが異世界から来るそうですよ、ログホライズン、織田信奈の野望、黙示録アリス、とある魔術の禁書目録、なれる!SE、空戦魔導士候補生の教官、さくら荘のペットな彼女、灼眼のシャナ、スレイヤーズ、棺姫のチャイカ、エロマンガ先生、狼と香辛料、バッカーノ、ブラック・ブレット、アクセルワールド、俺の妹がこんなに可愛いわけがない、パパのいうことを聞きなさい!、の翻訳版(英語以外も含む)を一週間以内に削除しないと法的処置を取ると言われたそうで、今はサイトから全て削除されてます。<br>
  679. とっくに英語版が発売されてるシリーズもあり、むしろ今まで放置されたのが異常でしたが、カドカワもそろそろやばいと思ったんでしょうね。
  680. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=51994314" width="1" height="1" />
  681. ]]>
  682. </content:encoded>
  683. </item>
  684. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51993012.html">
  685. <title>海外アニメファンの疑問「なぜワンパンマンは日本人以外にもウケるの?」</title>
  686. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51993012.html</link>
  687. <description>・うちの大学であの作品が話題になってたんだけど、ジャパニメーションのファンでもない人達に認知されるとは予想外だった。原作のウェブコミックがファンの間ですでに人気だったのは知ってるけど、話してる人達に聞いてもそっちは読んだことないと言ってるから別の要因があ...</description>
  688. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  689. <dc:date>2015-12-22T02:20:28+09:00</dc:date>
  690. <dc:subject></dc:subject>
  691. <content:encoded><![CDATA[・うちの大学であの作品が話題になってたんだけど、ジャパニメーションのファンでもない人達に認知されるとは予想外だった。原作のウェブコミックがファンの間ですでに人気だったのは知ってるけど、話してる人達に聞いてもそっちは読んだことないと言ってるから別の要因があるはずだ。ずばり聞きたいが、なんであれがウケたんだ?<br>
  692. <br>
  693. ・「進撃の巨人」と同じ理由じゃない?あと、スーパーヒーローって部分が大きな要素だと思う。<br>
  694. <br>
  695. ・↑だろうね。アニメーションの質が良いのもあるし、一目見ただけで興味を持たせるシーンが多い。<br>
  696. <br>
  697. ・「進撃の巨人」にもいえるけど、戦闘が派手だから。<br>
  698. <br>
  699. ・これって元々は素人のウェブ漫画だったのがファンを獲得したんでしょ?だから絵の質ではないと思う。アニメ化も漫画化も視覚的に恵まれてるのは確かだけどね。<br>
  700. <br>
  701. ・↑漫画が人気だったのは日本だけの話。それをマッドハウスが良質のアニメにしたから西洋の好みになった。<br>
  702. <br>
  703. ・アニメのほうは質の良さで説明がつくでしょ。ジョークも面白いし。漫画も絵が上手くてジョークが面白いから。漫画の原作?たまたま面白かったんじゃない?<br>
  704. <br>
  705. ・考えなくていい面白さがある。だから誰でも楽しめる。それをアニメの質が後押しした。<br>
  706. <br>
  707. ・話が難しくないしアクションがある。それがカジュアルな視聴者にはちょうどいいんだよ。<br>
  708. <br>
  709. ・楽しむのが”楽”なんだよね。<br>
  710. <br>
  711. ・「強さ」に焦点が置かれてるのが西洋には良い。日本人からすれば「可愛さ」が足らないだろうね。<br>
  712. <br>
  713. ・可愛い女の子が登場しないから。アニメのあれは西洋で受け入れられない。<br>
  714. <br>
  715. ・↑タツマキ……。<br>
  716. <br>
  717. ・単純に面白いから。デスノートや進撃の巨人がそうだったように。<br>
  718. <br>
  719. ・かっこいい相棒と一緒にタマゴ頭の男が面白いことをするから。<br>
  720. <br>
  721. ・浅いストーリーといろいろ爆発する戦闘。DBZがウケた理由と同じ。<br>
  722. <br>
  723. ・アニメと西洋のスーパーヒーロー両方のパロディだから。狙ってやったかは不明だけど。<br>
  724. <br>
  725. ・スーパーヒーローという最も偉大なジャンルだから。世界の誰でもスーパーマンとバットマンとスパイダーマンは知ってる。ワンパンマンはそのパロディなんだよ。(一部は少年バトルモノや魔法少女のパロでもあるけど)アニメファンでなくても見やすい。アニメの質やOPのサイタマも魅力がある。<br>
  726. <br>
  727. ・今はインターネットであらゆる情報が広まるからね。どっかでワンパンマンがスーパーマンか孫悟空を倒すファンアートでも広まったんじゃない?<br>
  728. <br>
  729. ・なぜあんなタマゴみたいな主人公を見たいのか私には理解できない。<br>
  730. <br>
  731. ・私も主人公の外見が馬鹿っぽいと見る気をなくす派。なんであれが人気なの?<br>
  732. <br>
  733. ・↑そう言いながらSAOとか見るんだろ!<br>
  734. <br>
  735. ・OPの中毒性は誰も指摘しないのか。<br>
  736. <br>
  737. ・最初から強すぎる主人公という斬新さ。周りのキャラも一度だけの引き立て役に収まらず面白い。<br>
  738. <br>
  739. ・ドラゴンボールの良くない点を抜き取ったものがワンパンマンだから。そりゃアメリカでウケるだろう。<br>
  740. <br>
  741. <br>
  742. 以上。<br>
  743. 「面白ければ売れる」といいますが、ある程度見ないと面白いかわからないわけで、たいていの人はその「ある程度」に付き合ってくれません。1話どころかPVの1シーンでわかる面白さが必要だと思います。その点で進撃の巨人やワンパンマンは優秀だったと。
  744. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=51993012" width="1" height="1" />
  745. ]]>
  746. </content:encoded>
  747. </item>
  748. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51992715.html">
  749. <title>ラノベ「はたらく魔王さま」1巻の日本語版と英語版を読み比べてみた</title>
  750. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51992715.html</link>
  751. <description>
  752.  
  753.  
  754. 英語の本を見るたびに思う事だが、でかい。でかいよ。文字の性質上仕方ないことだけど。そして14ドルと高い。やめてくれカカシその価格は俺に効く。
  755.  
  756. ・推奨年齢
  757. 写真だと見にくくて申し訳ないけど裏表紙の下のほうに「13 &amp; UP」と推奨年齢が書かれてるのが日本と大...</description>
  758. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  759. <dc:date>2015-12-17T12:40:03+09:00</dc:date>
  760. <dc:subject></dc:subject>
  761. <content:encoded><![CDATA[<img src="http://livedoor.blogimg.jp/fairypot/imgs/0/b/0bc089a1.jpg" width="404" height="336" border="0" alt="hataraku1" hspace="5" class="pict" align="left"  /><br>
  762. <img src="http://livedoor.blogimg.jp/fairypot/imgs/5/c/5cc3b6e6.jpg" width="404" height="336" border="0" alt="hataraku2" hspace="5" class="pict" align="left"  /><br>
  763. <br>
  764. 英語の本を見るたびに思う事だが、でかい。でかいよ。文字の性質上仕方ないことだけど。そして14ドルと高い。やめてくれカカシその価格は俺に効く。<br>
  765. <br>
  766. ・推奨年齢<br>
  767. 写真だと見にくくて申し訳ないけど裏表紙の下のほうに「13 & UP」と推奨年齢が書かれてるのが日本と大きく違うところ。むこうはTVや映画もはっきり推奨年齢が表示されてるけど、法的義務があるのか各企業の自主規制なのかは知らない。<br>
  768. <br>
  769. ・履歴書の欄は忠実に手書きを再現<br>
  770. キャラの自己紹介も兼ねてるあれは省略されてるかと思ったけど、きっちり再現している。原作ファンには嬉しい。<br>
  771. <br>
  772. ・臥薪嘗胆は訳せなかった<br>
  773. 英語では「You have to start somewhere」という格言になってた。これだと千里の道も一歩から的な意味だけど、臥薪嘗胆にぴったりの言葉がなかったと思われる。<br>
  774. <br>
  775. ・箸で人を指すのはスルー<br>
  776. 真奥が箸でエミリアを指した時に「行儀の悪い魔王ね」と言われるセリフが英語ではカット。アメリカでも人を指差すのはバッドマナーだと思ったけど、人によるのかな?<br>
  777. <br>
  778. ・マッグ、マグドの呼び方はRonald'sとMaggie<br>
  779. マグロナルドは英語版でもMgRonald。しかし呼称についてはそのまま英語化されたわけでなく、Ronald'sとMaggieに。じゃあ英語圏だとマクドナルドはドナルドとマッキーの2派に分かれてるのかといえば全然そういうわけではない。<br>
  780. <br>
  781. ・敬称はすべて消滅。<br>
  782. さん付け、くん付けは一切残らず。日本人的にはちーちゃんが真奥をMaouと呼び捨てにしてるのは不思議な光景だが仕方ない。ちなみに「ちーちゃん」という呼び方も「ちー(Chi)」になっている。店長が使う「まーくん」はMarko。魔王様という呼び方はYour Demonic HighnessなのだがHighnessって王族じゃなかったっけ?君主ならMajestyじゃないの?<br>
  783. <br>
  784. ・魔王サタンから真奥貞夫になったことは補足<br>
  785. 日本語だと魔王と真奥をかけてるとわかるのだが、英語だとDevil Kingなのでそのままでは通じないのでかっこ書きで追加説明を入れている。これも仕方なし。<br>
  786. ちなみに日本語だと気付かなかったが、エミリアの名字ユスティーナのスペルはJustinaなのね(ジャスティスと同語源)。<br>
  787. <br>
  788. ・ユニシロではなくユニクロ<br>
  789. 原作に出てくるアパレルメーカー「ユニシロ」は英語だとユニクロ。ただしスペルがUniqloではなくUniCloなのでセーフ。<br>
  790. <br>
  791. ・原作とは変更されたセリフ「そもそもどうして鯖なんでしょうね」<br>
  792. 年齢を偽る表現への疑問だったが英語はそういう熟語がなかったので「年齢を上に偽るとしたらビールを買いたい時くらいでしょう」みたいなセリフに変わっている。<br>
  793. <br>
  794. ・原作にあったエミリアのつたない英語は綺麗に修正される<br>
  795. 原作「Thank you for your calling. This is Emi Yusa Docodemo customer support room officer. How about your...」<br>
  796. 英語版「Thank you for your patience! This is Emi Yusa from the Dokodemo cutomer support team. How can I―」<br>
  797. 原作者は英語の専門家でもなんでもないし、それっぽく聞こえてれば日本で売るぶんには何の問題もない。しかし!英語圏ではそうはいかず、原作を尊重する翻訳家もここは恐縮しながら「ここ、英語おかしいので直しますね」と言ったに違いない。<br>
  798. <br>
  799. ・食べ物はだいたい原作どおり。<br>
  800. 肉じゃがはsimmered meat and potatoes。こんにゃくはkonnyaku gelと原作どおり。しかし、「金ダコのたこ焼き」は「Subwaveのバッファローチキンのサンドイッチ」に変更。銀ダコを知るはずもないから仕方ない。<br>
  801. <br>
  802. ・梨香の方言は南部訛り<br>
  803. で、出たー!英語の訛りといえばこれといっても過言ではない「y'all」を使うキャラ!日本語の方言をどう訳すのかといったらそりゃ南部訛りに落ち着くよね。<br>
  804. <br>
  805. ・エメラダの喋り方「です~~」は英語でも健在<br>
  806. エメラダの語尾を延ばす喋り方は「Reeeeeeally?」と英語でも健在。アルバートも「in a blink」を「inna blink」と書いて荒っぽい喋り方を英語で再現している。ただし、二人とも常にこういう話し方をするわけでなく、口調を変えないと誰のセリフかわからない場面だけ仕方なく使ってる感じ。<br>
  807. <br>
  808. <br>
  809. 以上。<br>
  810. 翻訳家の努力があちこちに見られる一作でした。
  811. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=51992715" width="1" height="1" />
  812. ]]>
  813. </content:encoded>
  814. </item>
  815. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51990781.html">
  816. <title>海外読者「ラノベを海外で売りたいなら漫画の絵をなくせ。漫画の棚に置くな。無理に日本語を残すな」</title>
  817. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51990781.html</link>
  818. <description>・(最初に北米でのラノベの起こりと衰退を語っているが長いので省略)ラノベが売れない最大の問題は売り方が間違ってることである。これはとても単純なことで、ほとんどの「漫画」の読者はうわべだけのファンで、毎日熱心にキーボードを通じて自分の愛を語ったりしない。「...</description>
  819. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  820. <dc:date>2015-11-15T00:13:51+09:00</dc:date>
  821. <dc:subject></dc:subject>
  822. <content:encoded><![CDATA[・(最初に北米でのラノベの起こりと衰退を語っているが長いので省略)ラノベが売れない最大の問題は売り方が間違ってることである。これはとても単純なことで、ほとんどの「漫画」の読者はうわべだけのファンで、毎日熱心にキーボードを通じて自分の愛を語ったりしない。「ヴァンパイア騎士」や「ブリーチ」など話題になった作品を買う人々であり、コスプレイヤーが少女革命ウテナの格好をしてもわからない人々であり、高校か大学を終えれば漫画も卒業する人々である。<br>
  823. 彼らが本屋の漫画の棚へ行くのは「本」を読むためではない。ゆえに漫画の棚にラノベを置くべきではない。これは自ら市場を狭める行為だ。彼らの会社の稼ぎ頭である漫画と彼らが売ろうとしてきた多くのラノベには関連がない。だから多くの漫画読者は「文学少女」みたいなタイトルに関心を持たず、仮に手に取ったとしても十中八九「小説?」と思って元に返すだろう。こんな売り方は正しくない。<br>
  824. 次にアニメや漫画のファンだけに対象を絞るのをやめるべきだ。宣伝をAnime News Networkだけに任せてはいけない。彼らに宣伝させるなと言ってるのではなく、それ以外も使うべきだという意味だ。<br>
  825. そして3つ目に、日本の漫画(Japanese cartoon)的な見た目をやめること。これは最も論争になるだろうし、ファンの一部から大きな反発を受けるだろう。しかし、ついでに言えば日本語の用語や「~様」みたいな接尾辞も残すべきでない。ファンの怒りは想像できるが、失うものと得るものを比較すればやる価値がある。市場の多数は漫画を読まないし、大多数は「~様」や「手裏剣」が英語に残らなくても気にしない。<br>
  826. これを聞いて悲鳴をあげる人もいるだろうが、私はラノベから利益を得る方法を言ってるのであってファンを幸せにしたくて言ってるのではない。実を言えば私も「屍鬼」の若先生をOzakiやDoctorに翻訳する考え自体は好きでない。しかし売るために英語版から省こうという考えは好きだ。(この後「屍鬼」について熱く語っているが長いので以下略)<br>
  827. <br>
  828. <br>
  829. ・これは全く同感。<br>
  830. <br>
  831. ・この話で思い出すのは(表紙を実写風に変えた)「狼と香辛料」だね。あれが売れたのか情報がないけど。<br>
  832. <br>
  833. ・「狼と香辛料」はこの例として相応しくない。中世の市場経済に関心を持つ人は少ないし、漫画の棚で売ってなかったか?原作ファンを怒らせるリスクもあるから厳しい。<br>
  834. <br>
  835. ・ハルヒのペーパーバック版も変な表紙に変わってたな。出版社は新しい表紙を作ることにかけては才能がないと思う。でも漫画の棚に置くなってのは賛成。ティーンか一般フィクションの棚に置くべき。原作ファンはどこに置いても買うだろうし。実は私も「~様」とかは不要派なんだよね。ファンサブ等では気にしないけど。<br>
  836. <br>
  837. ・表紙で買う買わないを判断するって馬鹿げてると思うんだけどなあ。漫画で嫌いな表紙とかあるけど、それで買わないなんてことはない。<br>
  838. <br>
  839. ・ラノベを売るためには良い指摘だと思う。原作にこだわる人は原作を買えばいいんだよ。<br>
  840. <br>
  841. ・ファンタジー系のラノベはファンタジー読者に、SF系はSF読者に上手く売ればいいのに、とはいつも思う。ジャンル毎にファンがいるのにそれを無視するのは馬鹿げてるよね。<br>
  842. <br>
  843. ・ラノベって他所の書評を宣伝に使わないよね。漫画はしてるのになんでラノベはしないんだろう。<br>
  844. <br>
  845. ・マーケティングに問題があるのは同意するけど、日本語の用語や敬称はヤングアダルトに対しては異国要素としてプラスにならないか?それより普通の文章が上手に翻訳されてないんじゃないかと疑ってる。<br>
  846. <br>
  847. ・これはBL系のラノベとか特に思う。ヤングアダルト向けのああいう本は少ないんだから売るチャンスなのに。<br>
  848. <br>
  849. ・でもラノベの分類って難しそう。たとえばB&Nでは文学少女シリーズをティーンフィクションに分類してるけど、ハリポタやトールキンのような小説を期待した人は困惑するだろう。あと、私は好きなシリーズだけど「とらドラ!」はどこの棚に置いても英語圏で売れると思えない。話が長すぎるし、若い男子読者にアピールできないし、魔女や吸血鬼を求める人には平凡すぎる。<br>
  850. <br>
  851. ・ラノベが売れなかったのは内容がゴミのようだったからという可能性はないのか? 日本人が書いたGoosebumps(良くてTwilightシリーズ)に金を払う人がいなかったんだ。<br>
  852. <br>
  853. ・TwilightやVampire Diariesのような小説が多くの言語に翻訳されるのに「屍鬼」みたいな本が金にならないという理由で翻訳されないのは残念だ。<br>
  854. <br>
  855. <br>
  856. 以上。<br>
  857. 理屈のうえでは正しいと思います。ただ、絵をなくして全く売れずファンも総スカンという危険があるのでよほど売れる自信がないと厳しいのではないでしょうか(原作側が許可するかという問題もあるし)。<br>
  858. そういえば「オーバーロード」はああいう絵ですが、アメリカでどうなるか注目してます。
  859. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=51990781" width="1" height="1" />
  860. ]]>
  861. </content:encoded>
  862. </item>
  863. <item rdf:about="http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51990335.html">
  864. <title>海外読者「ラノベは誰がどのセリフ喋ってるのかわからん」</title>
  865. <link>http://blog.livedoor.jp/fairypot/archives/51990335.html</link>
  866. <description>・ラノベって時々誰がセリフを喋ってるかわかりにくい時があるよね。あれをすらすら読める人って少しだけ不思議だ。
  867.  
  868. ・ライトノベルは誰の発言か触れない傾向があるからね。「ソードアートオンライン」はそうでもなかったけど、「ノーゲームノーライフ」は少し辛い。
  869.  
  870. ...</description>
  871. <dc:creator>fairypot</dc:creator>
  872. <dc:date>2015-11-09T15:15:04+09:00</dc:date>
  873. <dc:subject></dc:subject>
  874. <content:encoded><![CDATA[・ラノベって時々誰がセリフを喋ってるかわかりにくい時があるよね。あれをすらすら読める人って少しだけ不思議だ。<br>
  875. <br>
  876. ・ライトノベルは誰の発言か触れない傾向があるからね。「ソードアートオンライン」はそうでもなかったけど、「ノーゲームノーライフ」は少し辛い。<br>
  877. <br>
  878. ・かといって「~と私は言った」をつけると読むテンポがくずれる。<br>
  879. <br>
  880. ・↑誰が喋ってるかわからないよりそっちの方がマシだと思う。<br>
  881. <br>
  882. ・日本語は細かいニュアンス満載だからこれが困る。ファンサブも長いセリフが英語で1フレーズに訳されたりするよね。あれは笑ってしまう。<br>
  883. <br>
  884. (別サイト)<br>
  885. ・オーバーロードのファン翻訳が好きなんだけど、多人数で喋ってる時は誰がどのセリフを言ってるかわからず混乱する。~~,said Ainz(~とアインズは言った)みたいに表現することが少ないよね。これは私の脳の問題なのか、それとも日本的な書き方なのか?<br>
  886. <br>
  887. ・日本的な書き方だよ。本当は喋り方が違うんだけど英語に翻訳できない。<br>
  888. <br>
  889. ・推測だけどキャラクターをユニークな喋り方にすることでセリフ外の説明を省いてるんだろうね。<br>
  890. <br>
  891. ・丁寧は喋り方をしたり相手に「殿」とか敬称をつけてるのを目印にするといいよ。女性はdesu~とか言ったり。慣れろ。<br>
  892. <br>
  893. ・英語にないなら翻訳する人が調節すべきじゃないのか?<br>
  894. <br>
  895. ・これを解決するために黒人風の英語にしたりするけど、それにも文句言ったり翻訳が悪いという連中がいるんだよ。他に方法がないのに。<br>
  896. <br>
  897. ・↑英語にも方言とかいろいろあるだろう。違いを出すために田舎の方言をもってくるのは優秀じゃない。<br>
  898. <br>
  899. ・うまく翻訳できないのかそういう信念なのか知らないが、せっかくの会話表現が「虐待」されてると感じる。<br>
  900. <br>
  901. <br>
  902. 以上。<br>
  903. これはファンによる翻訳だけでなく、プロが訳した公式作品でさえ書評で「there were many times where I had no idea who was speaking, and had to go back and reread sometimes. 」(誰が喋ってるのかわからず読み返した部分が多かった)と言われることがあり(どのラノベかは言わない)、難しい問題です。<br>
  904. 日本語なら性別や年齢、上下関係もキャラクターのセリフでだいたいわかりますが、英語だとそれが難しく、たとえば私の手元にある「狼と香辛料」だと、<br>
  905. <br>
  906. 原作<br>
  907. 「今、羊飼いのような音がしなかったかや?」<br>
  908. 「したな。お前がそう思ったという事は、やっぱり角笛か」<br>
  909. 英語版<br>
  910. "Did I not just hear a shepherd's horn?" she asked.<br>
  911. "You did. I wasn't sure, but if you call it a shepherd's horn, then it must be so."<br>
  912. <br>
  913. と原作にないshe asked(彼女は聞いた)が追加されてます。英語で語尾とか僕・私の違いとか正確に再現できないんです。<br>
  914. じゃあ、毎回「~は言った」で解決するかといえば、それだと劇の台本のようですし、上記のように読むテンポがくずれるという人、セリフの後まで正体がわからないとストレスがたまるという人、原作にない文章を入れたら許さんという人もいて簡単にはいきません。
  915. <img src="http://counter2.blog.livedoor.com/c?ro=1&act=rss&output=no&id=1368172&name=fairypot&pid=51990335" width="1" height="1" />
  916. ]]>
  917. </content:encoded>
  918. </item>
  919.  
  920. </rdf:RDF>
  921.  

If you would like to create a banner that links to this page (i.e. this validation result), do the following:

  1. Download the "valid RSS" banner.

  2. Upload the image to your own server. (This step is important. Please do not link directly to the image on this server.)

  3. Add this HTML to your page (change the image src attribute if necessary):

If you would like to create a text link instead, here is the URL you can use:

http://www.feedvalidator.org/check.cgi?url=http%3A//blog.livedoor.jp/fairypot/index.rdf

Copyright © 2002-9 Sam Ruby, Mark Pilgrim, Joseph Walton, and Phil Ringnalda