Congratulations!

[Valid RSS] This is a valid RSS feed.

Recommendations

This feed is valid, but interoperability with the widest range of feed readers could be improved by implementing the following recommendations.

Source: http://blitzen.dtiblog.com/?xml

  1. <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2. <rdf:RDF xmlns:rdf="http://www.w3.org/1999/02/22-rdf-syntax-ns#" xmlns="http://purl.org/rss/1.0/" xmlns:dc="http://purl.org/dc/elements/1.1/" xmlns:content="http://purl.org/rss/1.0/modules/content/" xmlns:cc="http://web.resource.org/cc/" xml:lang="ja" >
  3. <channel rdf:about="http://blitzen.dtiblog.com/?xml">
  4. <title>REDSTONE 攻速運テイマと愉快な仲魔たち</title>
  5. <link>http://blitzen.dtiblog.com/</link>
  6. <description>攻撃速度運テイマによるエロティック&amp;amp;ドメスティック日記</description>
  7. <dc:language>ja</dc:language>
  8. <items>
  9. <rdf:Seq>
  10.             <rdf:li rdf:resource="http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-157.html" />
  11. <rdf:li rdf:resource="http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-156.html" />
  12. <rdf:li rdf:resource="http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-155.html" />
  13. <rdf:li rdf:resource="http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-154.html" />
  14. <rdf:li rdf:resource="http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-153.html" />
  15. </rdf:Seq>
  16. </items>
  17. </channel>
  18.  
  19.     <item rdf:about="http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-157.html">
  20. <link>http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-157.html</link>
  21. <title>危険なネタ17</title>
  22. <description>■2008年6月29日
  23.  
  24.  
  25.  
  26. 今日の一口話。
  27.  
  28.  
  29.  
  30. まだ幼い甥と姪に囲まれて
  31.  
  32. オママゴトなる遊戯をした日。
  33.  
  34.  
  35. 甥が店の店員サン。
  36.  
  37. 私と姪が客、という設定。
  38.  
  39. </description>
  40. <content:encoded><![CDATA[ ■2008年6月29日
  41. <br />
  42. <br />
  43. <br />
  44. <br />今日の一口話。
  45. <br />
  46. <br />
  47. <br />
  48. <br />まだ幼い甥と姪に囲まれて
  49. <br />
  50. <br />オママゴトなる遊戯をした日。
  51. <br />
  52. <br />
  53. <br />甥が店の店員サン。
  54. <br />
  55. <br />私と姪が客、という設定。
  56. <br />
  57. <br />
  58. <br />甥「いらっしゃいませ〜♪何にしましょ?」
  59. <br />
  60. <br />私「ラーメンとご飯おねがい〜。」
  61. <br />
  62. <br /> 甥が部屋の奥へ引っ込み…
  63. <br />
  64. <br />甥「はい!お待たせしました〜♪次は何にしましょう?」
  65. <br />
  66. <br />私「じゃチャーハンと餃子をおねがいね。」
  67. <br />
  68. <br />
  69. <br />
  70. <br />延々と注文を繰り返し聞いてくるので
  71. <br />
  72. <br />奥で作ってるであろう甥に向かって
  73. <br />
  74. <br />「ちょっと!まだ出来ないんですかぁ?早くしてください〜」って言ったら
  75. <br />
  76. <br />すんげー申し訳なさそうな顔しながら
  77. <br />
  78. <br />
  79. <br />
  80. <br /><span style="font-size:large;"><strong>
  81. <br />「すいません…
  82. <br />
  83. <br />一人でやってるもんで…」</strong></span>
  84. <br />
  85. <br />
  86. <br />
  87. <br />甥っ子よ、どこでそんなシュールな言葉を覚えた…。
  88. <br />
  89. <br />そんな実体験、ぶりっつぇん です。
  90. <br />
  91. <br /> ]]></content:encoded>
  92. <dc:subject>【危険】赤石日記</dc:subject>
  93. <dc:date>2008-06-29T23:42:25+09:00</dc:date>
  94. <dc:creator>ぶりっつぇん</dc:creator>
  95. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  96. </item>
  97. <item rdf:about="http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-156.html">
  98. <link>http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-156.html</link>
  99. <title>ファンのありがたみ</title>
  100. <description>■2008年6月25日
  101.  
  102.  
  103.  
  104. 今日の一口話。
  105.  
  106.  
  107.  
  108. 3年ぶりの旧友と偶然あったら
  109.  
  110. 名前まちがえられた。
  111.  
  112. 私もその人の名前をまちがえた。
  113.  
  114.  
  115.  
  116. どっちもどっち。
  117. </description>
  118. <content:encoded><![CDATA[ ■2008年6月25日
  119. <br />
  120. <br />
  121. <br />
  122. <br />今日の一口話。
  123. <br />
  124. <br />
  125. <br />
  126. <br />3年ぶりの旧友と偶然あったら
  127. <br />
  128. <br />名前まちがえられた。
  129. <br />
  130. <br />私もその人の名前をまちがえた。
  131. <br />
  132. <br />
  133. <br />
  134. <br />どっちもどっち。
  135. <br />
  136. <br />ぶりっつぇん です。
  137. <br />
  138. <br />
  139. <br />
  140. <br /> ]]></content:encoded>
  141. <dc:subject>【ネタ】赤石日記</dc:subject>
  142. <dc:date>2008-06-25T13:50:22+09:00</dc:date>
  143. <dc:creator>ぶりっつぇん</dc:creator>
  144. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  145. </item>
  146. <item rdf:about="http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-155.html">
  147. <link>http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-155.html</link>
  148. <title>運営に物申す!</title>
  149. <description>■2008年6月19日
  150.  
  151.  
  152.  
  153. 今日の一口話。
  154.  
  155.  
  156.  
  157. 最近、あの大相撲を
  158.  
  159. 性の対象として見ている。
  160.  
  161.  
  162.  
  163. だいぶ危ないと感じる。
  164. </description>
  165. <content:encoded><![CDATA[ ■2008年6月19日
  166. <br />
  167. <br />
  168. <br />
  169. <br />今日の一口話。
  170. <br />
  171. <br />
  172. <br />
  173. <br />最近、あの大相撲を
  174. <br />
  175. <br /><span style="color:#ff66ff">性の対象</span>として見ている。
  176. <br />
  177. <br />
  178. <br />
  179. <br />だいぶ危ないと感じる。
  180. <br />ぶりっつぇん です。
  181. <br />
  182. <br />
  183. <br />
  184. <br />変態へのリハビリだと思うことにして
  185. <br />今日も元気に赤石してます。
  186. <br />
  187. <br />
  188. <br /> ]]></content:encoded>
  189. <dc:subject>【ネタ】赤石日記</dc:subject>
  190. <dc:date>2008-06-19T11:48:18+09:00</dc:date>
  191. <dc:creator>ぶりっつぇん</dc:creator>
  192. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  193. </item>
  194. <item rdf:about="http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-154.html">
  195. <link>http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-154.html</link>
  196. <title>危険なおペット達8</title>
  197. <description>■2008年6月15日
  198.  
  199.  
  200.  
  201. 今日の変態小話。
  202.  
  203.  
  204.  
  205. かつて幼稚園児だったころ
  206. 誕生日のときに貰った自分専用アルバムがある。
  207.  
  208. その1ページに
  209. 「あなたの夢」
  210. というのがある。
  211.  
  212. そこには、</description>
  213. <content:encoded><![CDATA[ ■2008年6月15日
  214. <br />
  215. <br />
  216. <br />
  217. <br />今日の変態小話。
  218. <br />
  219. <br />
  220. <br />
  221. <br />かつて幼稚園児だったころ
  222. <br />誕生日のときに貰った自分専用アルバムがある。
  223. <br />
  224. <br />その1ページに
  225. <br />「あなたの夢」
  226. <br />というのがある。
  227. <br />
  228. <br />そこには、先生の直筆で
  229. <br />
  230. <br /><strong><span style="font-size:large;">「ガソリンスタンド」</span></strong>
  231. <br />
  232. <br />と書かれている。
  233. <br />
  234. <br />
  235. <br /> ]]></content:encoded>
  236. <dc:subject>【危険】おペット達</dc:subject>
  237. <dc:date>2008-06-15T15:34:41+09:00</dc:date>
  238. <dc:creator>ぶりっつぇん</dc:creator>
  239. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  240. </item>
  241. <item rdf:about="http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-153.html">
  242. <link>http://blitzen.dtiblog.com/blog-entry-153.html</link>
  243. <title>ちょっと危険なネタ26</title>
  244. <description>■2008年6月13日
  245.  
  246.  
  247. 今日の変態。
  248.  
  249.  
  250.  
  251. 8×4と間違えてヘアスプレーをワキに噴射した。
  252.  
  253. もろちんスーパーハードだ。
  254.  
  255.  
  256.  
  257. 変態教祖ぶりっつ</description>
  258. <content:encoded><![CDATA[ ■2008年6月13日
  259. <br />
  260. <br />
  261. <br /><span style="color:#ff66ff">今日の変態。
  262. <br />
  263. <br />
  264. <br />
  265. <br />8×4と間違えてヘアスプレーをワキに噴射した。
  266. <br />
  267. <br />もろちんスーパーハードだ。
  268. <br /></span>
  269. <br />
  270. <br />
  271. <br />変態教祖ぶりっつぇん です。
  272. <br />
  273. <br />教祖の復活の話題が、にわかに広がりつつあり
  274. <br />
  275. <br />多くの方から耳を頂くようになる。
  276. <br />
  277. <br />
  278. <br />
  279. <br />
  280. <br />非常にありがたいことです。
  281. <br />
  282. <br />ホント嬉しいので股間から涙すること多々。
  283. <br />
  284. <br /><img src="http://9.dtiblog.com/b/blitzen/file/080613-001.jpg" alt="ありがたい耳殺到1" border="0" />
  285. <br />
  286. <br />古都で叫びしようものなら、たいがいお一人から耳が来る。
  287. <br />
  288. <br />
  289. <br />
  290. <br /> ]]></content:encoded>
  291. <dc:subject>【危険】赤石日記</dc:subject>
  292. <dc:date>2008-06-13T23:39:08+09:00</dc:date>
  293. <dc:creator>ぶりっつぇん</dc:creator>
  294. <dc:publisher>DTI-BLOG</dc:publisher>
  295. </item>
  296. </rdf:RDF>

If you would like to create a banner that links to this page (i.e. this validation result), do the following:

  1. Download the "valid RSS" banner.

  2. Upload the image to your own server. (This step is important. Please do not link directly to the image on this server.)

  3. Add this HTML to your page (change the image src attribute if necessary):

If you would like to create a text link instead, here is the URL you can use:

http://www.feedvalidator.org/check.cgi?url=http%3A//blitzen.dtiblog.com/%3Fxml

Copyright © 2002-9 Sam Ruby, Mark Pilgrim, Joseph Walton, and Phil Ringnalda